◎正当な理由による書き込みの削除について:

【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/nanmin/1466905021/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1 :
名無し草 転載ダメ©2ch.net (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:37:01.29 0
考察雑談ホモノマドリ百合単体厨みんなで仲良く語りましょう

※【禁止】支部、ツイ、他スレ等のヲチや晒し、出禁メンバーのプロファイルやお触り、凸行為、半生ネタ(実写のカプ萌えは他で)
※【出禁】ヲチ厨、対立厨、キャラアンチ、カプアンチ、厨アンチ
※ヲチネタにレスつけるやつは全員キャラアンチとカプアンチ認定
※このスレの転載禁止
※エログロリョナ話はpinkで
※実況(番組放送中)は絶対禁止
※スレ立ては>>800がIDを出して宣言してから立てに行くこと(IDは名前欄に!id:on)
※スレ立ての際にテンプレ一行目冒頭に
!extend:none:vvvvv:1000:512で半コテ化【vは5つ】

前スレ
【腐女子カプ厨】巨雑6481【なんでもあり】
http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1466700228/

避難所
巨避難20
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1460503978/
外部の避難所
http://jbbs.shitaraba.net/comic/6922/
絵茶
http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=622606
VIPQ2_EXTDAT: none:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
2 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:45:09.44 0
アーアーアー
3 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:45:26.83 0
イーイーイー
4 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:45:48.44 0
エーエーエー
5 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:46:05.43 0
アイエー
6 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:46:21.40 0
アイエーアイエー
7 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:46:39.09 0
アーアーアーアイエー
8 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:46:55.73 0
アーアーアーイーイーイーエーエーエー
9 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:47:12.80 0
アイエーアーアーアーアイエー
10 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:47:30.63 0
アイエーズンドコズンドコ
11 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:47:47.87 0
ズンドコズンドコ
12 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:48:05.85 0
アーアーアーアイエーアーアーアー
13 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:48:22.45 0
アイエーズンドコズンドコアイエー
14 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:48:39.92 0
ズンドコズンドコアイエーアイエー
15 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:48:56.95 0
ズンドコズンドコアーアーアー
16 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:49:13.71 0
イーイーイーエーエーエーアーアーアー
17 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:49:31.42 0
ズンドコズンドコアーアーアーイーイーイーエーエーエー
18 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:49:48.81 0
アーアーアーアイエーアーアーアーアイエー
19 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:50:06.09 0
アイエーズンドコズンドコズンドコズンドコアーアーアー
20 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:50:22.77 0
アーアーアーアイエーアイエーアイエーアーアーアーアイエー
21 :
名無し草 (ワッチョイ b77d-gJJb)
2016/06/26(日) 10:51:28.46 0
アイエーアイエーアーアーアーアイエー
22 :
名無し草 (アウアウ Sa77-gJJb)
2016/06/26(日) 13:33:49.48 a
エンダーイャー
23 :
名無し草 (ワッチョイ ab85-gJJb)
2016/06/26(日) 21:53:51.95 0
>>1
おつんぽ
24 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:24:56.82 d
浮気 良いぞジャンもっとやれ! ジャンそのままエレンを奪っちゃいなYO!! ジャンエレを幸せにし隊 ジャンー!!!早く助けてあげてー!!!! ジャンエレを援護し隊!!
リヴァイさんに絶望を見せる準備はできてます! エレン!俺と結婚しよう!! ぜひ、私と結婚しておくれ!!!
さーて、包丁を買いに行って来よう! エレンをかっ浚い隊!! ゲス兵長 ジャン頑張れ!超頑張れ(つД`) ジャンエレを全力で援護し隊参上! 浮気は許さない、けど愛ゆえならば何だって出来るよな? エレンを幸せにし隊! エレンの幸せ笑顔がみ隊!!
浮気男以外とエレンが幸せになりますように エレン頑張れ!幸せを掴んで!! 浮気性治んないならエレンといる資格ないっしょ ジャンイケメンすぎるじゃん! ジャンの逆転の可能性は? 切ないジャン ジャンエレを全力で援護し隊参上!
エレンを世界で一番幸せにし隊 はい!私も参加希望です!! フルボッコ参加枠まだありますか?! フルボッコ参加列、最後尾プレート持ちます エレンを幸せにし隊 心底後悔するといいよ!! 浮気者に制裁を!! 浮気リヴァイ これは許さないエンドを!!
エレンを保護し隊 リヴァイさんを後悔させ隊 エレンを幸せにし隊 エレンを今すぐ抱きしめ隊 よしエレン、私と結婚してくれ! リヴァイさんをぶん殴り隊今宵も参上! エレンをかっ浚い隊! リヴァイ殴らせろ隊ここに見参!!!
25 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:25:12.69 d
             _i⌒r-.、    
           ,,-'´   ノ
          ./     .l
          /       l     チ
   ((  ◯  .l  エレン  l     ン
      .ヽヽ、l  i      .l      ポ
       \ヽ l      l   ))  コ
      ,-'´ ̄`ゝ´ ̄`ヽ  ノl      ポ
     .,'    .,'   ◯ニ.ンl      ン
     i    i        .i
     ヽ、  丶      .ノ
      `'ー-.'´`'ー- ''´i .|
        凵      .凵
26 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:25:27.93 d
914 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 09:55:05.86
わいの神様壁博でオフ発参加やねんけどこの人自分の神ぐあいなめてらっしゃるは
売り子なしとか神が亀で叩かれるの見とうないで

920 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 09:58:04.72
>>914
その神一人やしってトイレの心配してた人?

942 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 10:04:47.45
>>929
あの人か!
あの神在庫は凄く持っていく言うてたけどわい最初にあそこに向かう予定や
わいあの神の描くカプ厨やないけどあの人の絵が好きやねん

968 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 10:14:33.99
>>942
わいもや!
鉢合わせしたらよろやで///
神絶対余るは〜言うてたけど倍率高いと思うねん
通販もやらん言うてるけど支部作品の続編ぽいしな
素敵な絵描かれるよな
量産絵やないしカラーも特徴あってめっちゃ綺麗や
あんな絵描いてみたいで
27 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:26:01.89 d
アズ=目玉焼き(魚食えない)
(マジか)o。(눈"눈)そして追加したシーンのせいで注意書き必要か迷ってます...リヴァエレなのにリヴァイの出産直前の妊婦姿なんて誰もみたくないですよね...
わたしもワーイって喜び勇んでもえるようなオプションじゃないので困ってる...あっまだドン引きしないで下さい
2015年1月12日 - 9:43pm

804 名前:愚痴
ABですがAの出産間近の妊婦姿があります????
それはABじゃなくてBAもしくはA受けですよね??????
信者もサークル者も誰も突っ込んで無くて?????????
本当ABサークル者って馬鹿とリバ厨ばっか

806 名前:愚痴
>>804
>ABですがAの出産間近の妊婦姿があります
ワロタ
女体化(Ω?)の時点で勘弁お引取りだけど、攻め妊娠とか更にわけわかんねw

811 名前:愚痴
>>808
>肉体的BA描写もないし作者がABと思ってるのならABなんじゃねえの
やることやってなきゃ妊娠はしないだろw
仮に支部だとしたらキャプションだけじゃなくタグにABAとかAB、BAしてもらいたい案件
ABだと思ってキャプ読んだらA妊婦ってもはや魚雷レベル
オフ本で知らずに買ったら即効で中古やへ叩き売るわ
28 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:26:20.75 d
一日で製本してくれた印刷所に愚痴るアスペルガーアズ=魚食えない
※2015年3月20日(金)ツイッターから愚痴を削除

印刷所からメール来てこないだのやっつけ不備あった(想定内)から直して返信したのが月曜日の夜で火曜日に印刷すっどー連絡来て「出来上がったので今日発送しました」(想定外)←今ココ
早くないですか?これ普通??こんな早くてちゃんと本になってる???納品日22日に設定してたのに
2015年2月19日 - 9:38pm
(嗚咽...)もういい...寝る
2015年2月20日 - 12:03am
-------------------
同人誌は画力が低くてもなぜか売れるリヴァエレのみに終始するも本当はエレリが大好きなアズ
アズ
@ くろかわさんです!リヴァエレリ変換できると幸せに気持ちになりますね...
2015年2月20日 - 11:31pm
アズ
@ えっストーカーだっていいたいんですか?否定はしない...(噛みしめる)自滅してケツ差し出すちこさん潔すぎて感動しました(さわさわ)見る専でならリヴァイ受も!
他CPはエレヒスとか?ジャンエレとか?やだな呼んでませんよいいから尻から手を離しなさいバシッ
2015年2月22日 - 7:24pm
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
29 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:26:36.75 d
http://twitter.com/__o30/
http://twitter.com/__0l0l/
http://touch.pixiv.net/member.php?id=120203

単行本を15巻以降読んでおらず原作も知らないくせに壁博で本を売り更にリヴァイ幼少時の回はネットの違法画バレで見たと平気でツイするアズ
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
-------------------
リヴァイを踏み台にしてエレンのケツを追いかけるリヴァイヘイターアスペ
アズ@
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
こないだ初めて人様に自分のリヴァエレ観語れてすごいたのしくてそこで改めて分かったのは自分エレン厨でした
進撃ハマるきっかけも進撃初描きもリヴァイだったんですがいまや彼を踏み台にしてエレンのケツ追いかけてる 『リヴァイ>>>>>薄い壁<<エレン』薄い壁=なんらかの障害
2015年3月08日 - 1:25am
-------------------
ディズニーホテルを模写してリヴァイの部屋にするアズ
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
-------------------
リヴァイのディズニーホテルをリヴァペトに使い回すアズ
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
-------------------
審議所躾シーンは公式DVと言い張るアズ
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
-------------------
アズが描いたエレンとミカサに処刑前にセックスさせてエレンの子を産ませてリヴァイにその子供を渡すミカサヘイト
-------------------
アズが描いたリヴァエレなのにリヴァイが孕むリヴァイヘイト
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
30 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:26:52.67 d
277 名無し草 sage 2015/05/06(水) 21:17:57.24
アズ
http://twitter.com/a0_3a
恋した人はレンズの向こう側
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚

379 名無し草 sage 2015/05/06(水) 21:29:15.77
>>277
アズまたパクったん?
サークル名も直木賞作家の本のタイトル「サラバ!」からもろパクリの「さらば!」やしパクらななんもできんのやろか?

文学賞
さばえ近松文学賞2014〜恋話(KOIBANA)〜入賞作品
松平昌親賞「レンズの向こう側」
漫画
愛はレンズの向こう側
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚

450 名無し草 sage 2015/05/06(水) 21:36:39.41
>>379
個人サイトやってた時のサイト名
雛が道を横切ったのは何故?
ていうのもアメリカでは有名なジョークて言われてるこれからのパクリやからなぁ草
Q: ニワトリが道を横切ったのは何故?
A: 反対側へ行くためさ!
31 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:27:20.63 d
自分のツイ垢に反応する瀬早めろんウンスジ

http://twpf.jp/shymln
http://twpf.jp/shymln18
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
282 名無し草 sage 2015/05/07(木) 01:03:19.98
>>271
ツイッターアドレスはだめなん?
295 名無し草 sage 2015/05/07(木) 01:06:04.60
誰か>>282に答えてや
ツイッターアド晒しは通報できんの?
-------------------
このスレでなんの脈絡もなくエルドエルド言い出した時にツイでもエルド言うててほんまメロンは難民におるの隠さんのやな
【腐女子カプ厨】進撃の巨人雑談4519【なんでもあり】
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1432342337/
mln– ‏@shymln
エルドかっこいいな…エルドと付き合いたい(顔覆い)
18:33 - 2015年5月23日
-------------------
搾乳パクラー瀬早めろんうんこ
882 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/04/18(土) 17:38:01.39 ID:1vnQXrCn0
メロンは自分が2を出入りして愚痴ったりヲチったり難民に入り浸ったりしてることを本当に隠さないんだねwww
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
32 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:27:35.72 d
ワンドロのために1時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆1

【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
33 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:27:51.12 d
ワンドロのために1時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆2
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
34 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:28:06.48 d
ワンドロのために1時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆3
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
35 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:28:24.09 d
ワンドロのために1時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆4
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
36 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:28:46.28 d
エレン受け厨キチガイ婆
                                          
124 名無し草 sage 2015/04/28(火) 18:42:17.17
>>119,123
ほんまやひどい!;;;;

452 名無し草 sage 2015/04/28(火) 20:03:06.21
イサヤマングリジェル描いてや;;

863 名無し草 sage 2015/04/29(水) 11:28:16.35
イサヤマンが美人や…いうたわいの春馬ジェルなんで白目向いちゃったん?;;

937 名無し草 sage 2015/04/29(水) 11:37:30.07
マギーの逆壁ドンジェルにやって欲しい;;

25 名無し草 sage 2015/04/29(水) 11:46:03.31
ふええ;;

244 名無し草 sage 2015/04/29(水) 14:16:27.09
>>227
かわええねかわええね;; ジェルすごい看病したんやろなあ

301 名無し草 sage 2015/04/29(水) 14:30:00.36
ああん;;

378 名無し草 sage 2015/04/29(水) 14:39:33.76
はあん;;ドラゲナイ

774 名無し草 sage 2015/04/29(水) 23:55:12.89
>>758
なんやの意地悪ババアやな…わいめっちゃ平和的なレスしたやん泣いちゃうで;;
37 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:29:39.86 d
好きになったほうが、
                                            
by sekaE 
負け。
お久しぶりです。リア友にホモの二次創作してるのがバレた私です。
リヴァモブ♀要素大有りです。
昔はエレンに一途だったのに今では来る者拒まずろくでなしな兵長を好きなエレンの報われない転生リヴァエレ。
兵長、きっとあなたは後悔する。
こんな話ばかり書いてますが私はエレンが一番好き。
                                         
--------------------

まょこ エレン、エレン、エレン!!!! 読みながら号泣てしまいました・・・・・・・・。゚(゚ノД`゚)゚。 リヴァイさん酷い!! でも、エレンには、リヴァイと幸せになって欲しいです(。-´ω`-) エレンを幸せにできるのは、兵長だけだから・・・・・・
2015-05-12 03:05

にゃお エレンを幸せにしてあげて下さい。兵長は死ぬ程後悔して頂いた後に死ぬ程頑張って頂いてエレンを幸せにして貰いたい…と思います。
2015-05-11 22:01

toa リヴァイさんを後悔させてやってくださいぃぃいいっ 。・゚・(ノД`)・゚・。
2015-05-11 10:56

陸 どうか、エレンを幸せにしてあげてください(;_;) エレンが幸せなら相手は問いませんので…ただ兵長にはどちらにしても相応の報いがあって然るべきだと思います。 それとリアばれ、御愁傷様でした……
2015-05-11 09:25

凛咲 エ、エレンを幸せにしてあげてくださいぃぃぃぃぃ( ; ; ) ただし兵長以外で というか後悔する兵長を私は見たいです(笑) どんな結末であれ続きをお待ちしております。
2015-05-10 21:32
38 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:29:55.51 d
芦菜> 陸さん はい、アウトですよね(^◇^;)勿論リヴァイさんもこのままじゃ済みませんよw暫くどちらも苦しいターンです(⌒-⌒; )
2015-10-22 19:03
                                            
芦菜> ハルさん もうスーパーアウトですよね(^◇^;)ケツバットですかね?w
2015-10-22 19:02

芦菜> MJカリンさん ああっ、対リヴァイ氏最強女子組ですねw私も一緒に交渉しますw
2015-10-22 19:01

芦菜> やえさん 勿論リヴァイさん、今のままじゃ済みませんよw
2015-10-22 19:00

陸 読了後、前作読み返してbeloved最後の二人の約束にうわあぁ(泣)となりました。 リヴァイさんも辛いんだろうけど、恋人がいることも相手も分かっているのにあれはアウトです…。
この後大人組がどう動いてくれるのか楽しみにしています。エレンがドン底なら次はリヴァイさんを…!
2015-10-22 12:36

ハル リヴァイさん!アウトーーーー!!
2015-10-22 07:04

MJカリン みんなでリヴァイさんフルボッコにしたら思い出す? ちょっとハンジさんやペトラさんと相談してきますっo(`^´*)
2015-10-22 01:49

やえ 早く!リヴァイ氏に八つ当たりを早く!!( ノД`)…
2015-10-21 22:45
39 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:30:10.86 d
このお方はわいの神や…刀で爆死してしもて刀の支部垢も0時前に消す宣言して消してしもたは…;;
やっぱり進撃のルジがええて気付いてくれたねん…評価してあげてや…;;
                                          
赤井百合
エルエレ垢
http://www.pixiv.net/novel/member.php?id=5560178
http://touch.pixiv.net/novel/member.php?id=5560178

                                        
エレン「おっ♡おっ♡おっふぉ♡おっほおおおおっ♡ちんぽっ♡ちんぽっ♡ちんぽっ♡ちんぽっ♡もっとっ♡おくっ♡おくっ♡
おまんこのおくっ♡ごりごりしてぇっ♡ソコッ♡きもちいいのぉおっ♡女の子になっちゃうっ♡えれんっ♡孕んじゃうぅうっ♡
おとこにゃのにっ♡えうびんしゃんにっ♡ちんぽぽぽっ♡いれられてっ♡ザーメンっ♡そそがれてっ♡孕んじゃうぅうっ♡おなかっ♡くるしいよおおっ♡♡」
40 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:30:26.14 d
mrs
太陽物語
リヴァエレ
古代エジプトをテーマにした究極のラブロマンス(笑)
王家の紋章のもろパクリ(笑)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 太 陽 物 語 ゚・*:.。..。.:*・゜゚・* ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
http://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&;illust_id=51504695
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&;illust_id=46861107
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&;illust_id=47227804
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&;illust_id=48628633
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&;illust_id=50208927
                                          

自分で自分にタグを付ける可哀想なリヴァエレ婆4名様をご覧下さい(笑)
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
41 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:30:43.72 d
エ「兵長…まさか、リヴァイ班にあのこと言ったんじゃないでしょうね?」
リ「あ?言ってねぇよ。んなことして一体俺になんの得があるって言うんだ?…それより、ナイフなんか持ち出して何をするつもりだ」
エ「何をするかですって?あなたには殺しても殺しきれない恨みがある…オシッコを見られ…オシッコをかけられ…そしてっ…俺の大事なモノを汚した恨みが!」
リ「あぁ!?」
エ「覚悟してください…あなたにとってこれまでの人生で最も恐ろしく!最も恥ずかしい夜にしてやる!!」
リ「おっ、おい、ちょっと待て!なんでナイフ握り締めながら俺のイチモツ駆逐してやるみてぇなツラしてやがんだ、てめぇ!」
エ「いいからちょっと黙っててくださいよ!!」
リ「おい、エレン!落ち着け!エレン!エレエエエェェェンッ!」
                                          
42 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:30:58.84 d
ー数分後ー
            
エ「はい。これにしてください」
リ「…あ?」
エ「あ?じゃないですよ。さっさとオシッコしてくださいよ。この後訓練があるんですから」
リ「(…よかった!あのナイフはエレンのケツに数々の不貞を成した俺のエリンギをバッサリするためのものじゃなかったのか!)」
エ「溢さないようにちゃんと飲み口の所も切ってあげたんだからとっととやってくださいよ!」
リ「…わかった(バサァッ!!)」
エ「なっ!?なななっなんでズボン脱ぐんですか!」
リ「やってやるよ。見たいんだろ?さぁ、その木筒を持っていろ。小便が出るところを見せてやるよ」
エ「なんで!?なんで兵長はそんなに堂々としてるんですか!?恥ずかしくないんですか!?」
リ「おら、持ってろよ。出してやるから」
エ「なんで俺が持つんですか!自分で持って出せばいいでしょ!」
リ「だめだ。俺は右手を股間に、左手を腰に添えながらでねぇと上手く小便ができねぇ。じゃねぇと、そこら中に小便が飛び散ることになるぞ」
エ「なんだよ!なんなんだよあんた!チビオヤジのくせに!チンコ出したくらいでえらそうにしやがって!!……逃げちゃダメだエレン!俺はやられたらやり返す男!そうだ!いつもいつも兵長に負けてられないっ!!(バサァッ!!)」
リ「!?てめぇ、なんでパンツごとズボンを脱いだ!?」
エ「なんでですって?あんたにオシッコぶっかけるからに決まってるでしょ」
リ「俺に小便をぶっかける!?俺も今からするのに!?…ハッ!同時にするのか!?(頭の中は完全に69でぶっかけ合いの図)」
エ「さぁ!恥ずかしがってください兵長!」
リ「クソッ…何してるのかわからなくなってきやがったが…一つだけ言えることがある…俺の人生にこんな場面(アブノーマルプレイ)があるとは夢にも思わなかった!…よし、エレン。もう御託はいらねぇ。やるぞ(ドサアッ!!)」
エ「えっ!?ちょ、なんっ、えっ!?ええええっ!?なななななっなんで押し倒すんですか!?なんで俺の顔跨ぐんですか!?なんでお互いのチンコがお互いの顔のまえにあるんですか!?なんでっ!?」
リ「さぁ出せエレン!俺の顔中に小便をぶっかけろ!俺もお前にぶっかけてやるぞ!小便と言わずザーメンまできっちりとな!」
エ「えええっ!?なんで!ちがっ、そうじゃなっ、えっ!ちょっ、待っ…………アッー!」
43 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:31:14.36 d
エル「……では、エレン・イエーガーくん。リヴァイの秘書というのは誰よりも辛く何よりも厳しい激務になると思うが、君ならリヴァイの意に沿う立派なルーキーに成長してくれると信じているよ。存分に我が社で君の能力を発揮したまえ」
エレ「はいっ!スミス社長!非力ではありますが、オレ…じゃなかった!わ、私は今後もスミス社に貢献できるよう全力で頑張ります!」
エル「うん、エルヴィンでいいよ。それに私の前でも堅苦しくしなくていい。これからも一緒に頑張っていこう」
エレ「はっ、はい!エ、エルヴィン社長!では失礼します!」

エル「……彼はいい子だね」
リヴ「そうだろ?」
エル「とても真っ直ぐで汚れのない目をしている。今はまだ少し頼りない部分もあるが努力家だ。新たな業務にもすぐに慣れるだろう」
リヴ「当たり前だ。オレが直々に躾けてるんだからな。…それと、エレンがわざわざオレの側で働けるよう計らってくれたことに感謝する」
エル「よせよリヴァイ。君が妻としてパートナーとして選んだほどだ。エレンくんは見た目も君好みで美しいし、彼の秘められた能力もきっと我が社に酬いてくれると信じているんだ。
…何より珍しく君からの頼みだったからね。このくらい造作もないさ」
リヴ「お、おいやめろ…触んじゃねぇ…会社だぞ。誰か来たら…」
エル「私の許可が降りるまで社長室には誰も入って来れない。知ってるだろ?」
リヴ「よせっ…オレはもう決めたんだ…エレンがオレの生涯のパートナーで、オレの妻だ。オレはもうエレン以外とは誰とも」
エル「誰とも…なんだい?寝ないとでも?困ったな…私は君のためならなんでもしてあげられるが、なにもなかったことにすることだってできる。例えばエレンくんの人事を今すぐ取り消し、君とは別の部署に配置することもできるんだよ?」
リヴ「おい、エルヴィン…!てめぇっ…!」
エル「…いい目だ。ゾクゾクするよ…ほら、リヴァイ。こっちに来なさい。エレンくんのためなら、なんだってする…そうだろう?」
リヴ「…エルヴィン…」
エル「さぁ、早く…」
                                         









エル「…ここで私を抱くんだ」
リヴ「えええええー…」
44 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:31:29.34 d
エ「アルミン!俺…病気かもしれない」
ア「えッ!?どうしたの急に!どこか体調が悪いの?」
エ「それが…」
ア「うん」
エ「朝起きたら…ちんこからなんかネバネバした白いのが出てた…パンツがベトベトになるくらい」
ア「…」
エ「最初は、この年になって漏らしちまったのかと焦ったんだけど、どう見ても小便じゃねぇし…」
ア「うん…」
エ「俺すげぇ怖くなって…もしかしたら巨人化と関係があるのかもしれないし…けど、兵長に報告したら団長にも伝わるだろ?
そこから憲兵にまで知られちまう可能性だってあるし…そしたら人類への脅威だとか言われて今度こそ殺されちまうかもしれないし」
ア「そんなことでエレンが殺されるわけがないじゃないか」
エ「え?!だ、だって異常だろこんなの!」
ア「異常なんかじゃないよ。エレンは初めてだったんだね?おめでとう。男になった証だよ」
エ「えっなに言ってんだアルミン!それじゃまるで今まで女だったみたいじゃないか!」
ア「エレン、落ち着いて!これは健全な男なら誰だって通る通過儀礼だよ。エレンや僕だけじゃない、ジャン達だって経験してることなんだ」
エ「そッ、そうなのか?ミカサも?」
ア「ミカサは女の子でしょ。エレンの言うその…男性器から出た白くてネバネバしてるのは精液で、エレンがその体験が初めてならそれを精通って言うんだよ」
エ「せいつう」
ア「うん。これからは定期的にその性欲処理をしなきゃならないんだけど、エレンはその調子だと自慰も知らないよね?」
エ「知らねぇ…これからどうしたらいいんだ?いつも寝て起きたらパンツにその精液が付いてたら洗うの大変だし、毎朝こんなことじゃ兵長に怒られちまう!エルドさんやグンタさんにも笑われちまう!」
ア「大丈夫。兵長も怒らないし先輩たちだって笑わないよ。エレンがパンツを汚さないようにするために自慰行為が必要になってくるんだよ。まぁ…女の人を相手にして解消する手もあるけど、
僕らはまだ娼館に行けるほどの給金もないからね…僕たちぐらいの年代だと自分で処理してるのが大半だよ」
エ「なんだよそれ…ちッ、ちんこから精液出るのになんで金払って女に処理してもらわなきゃいけないんだよ…そんなの嫌だ!」
ア「僕はジャンにしゃぶらせて出してるけどね」 
エ「えっ」
ア「えっ」
45 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:31:44.23 d
アーケード版『進撃の巨人』
                  
名前:エレン・イェーガー
年齢:15才
性別:男
誕生日:3月30日
身長:170cm
体重:63kg
出身地: ウォール・マリア南端シガンシナ区
格闘スタイル:対人格闘技、刺殺
好きなもの:チーズハンバーグ
嫌いなもの:服を破く奴、裏切る奴、人間の姿をした害虫
特技:拐われること
キャッチコピー:人類の希望、あざとイェーガー
必殺技:(技名/セリフ/説明)
・駆逐/「駆逐してやる!この世から…一匹残らず!」/スタンダードな対人格闘技。カウンターヒットすると5連コンボに持ち込める。
・駆逐改/「頑張ってお前らができるだけ苦しんで死ぬように努力するよ」/5連コンボ成功時に発動。6連目がクリティカルヒットした時に10連コンボに持ち込める。
・駆逐零式/「このッ…裏切りもんがあああああ!!」/ゲージMAX時に→←ABD同時押しで発動。 巨人化する。
・真駆逐/「死んじゃえよクソ野郎!!」/刃物で襲いかかる。一撃必殺。
超必殺技:
・へいちょ/「責任…取ってくださいね…」/リヴァイを強制召喚(ほぼ勝手にリヴァイが現れる)してエレンの代わりにリヴァイが戦う。相手のゲージを瞬時にして0にする。
挑発:「服が破けちゃうだろ!!」
勝利:1「このッ…腰抜けどもが!!」2「やった!討伐数1!」
敗北:「俺が…選択を間違えたばっかりに…」
46 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:31:59.80 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 1 〜 】
                  
「ぐッ…!ぐぐうッ…!がッ…!!」

猿轡を噛まされたエレンの薄っすら紅く色付いた唇が悔しさに歪む。
睥睨する鋭い金目の眼差しの先には、ニヤニヤと表情を緩ませ、全裸で逆さに縛られたエレンを見下ろすダリス・ザックレーの姿があった。
股を左右にがばりと開かれたまま全身を固定されているエレンの恥部はまだ明るい陽射しの下に曝され、幼さを残す皮被と薄桃色の性器は縮み上がったままの形でザックレーの前に曝け出されている。
男の象徴とも言うべきそれは、エレンの殺意に満ちた眼と殺気に反し、余りにもトートイ。

「どんな気分かね?エレン・イェーガーくん。人類の希望と呼ばれた君ももはや用無し、ただの塵じゃ。こうして私のオブジェとしてまだ息をしていることを光栄に思うのだな!」
「うううッ…うぐッ…!」

かつて自らの手を食い千切り巨人化していた丈夫な歯は、今や猿轡を噛み締めるただの道具でしかない。
自分の置かれた情けない姿に、そして目の前にいる憎むべき老人に、エレンの殺意は益々増幅していく。

「ん?なんだ?その目は。私のおかげで未だ生き長らえることを許されている身でありながら、生意気な…」

途中からは半ば呟くようにぶつぶつと文句を溢しながらもザックレーは側にあったランタンの中から蝋燭だけを取り出し、ゆらゆらと火を灯すそれをエレンの開かれた白く小振りな尻に近付け、すぼまった慎ましやかな尻の穴にゆっくりと傾けた。
視界の端にその光景を留めたエレンの目が見開かれる。
ぐうぐうと言葉にならないくぐもる声を上げ、自由にならない体を必死で動かそうと試みるが、頑丈な手枷と全身を拘束する器具はびくともしない。
それどころか拘束する器具は更にエレンの若くしなやかな体に食い込み、ますます加虐心をそそるザックレーを喜ばせた。
手元にある蝋燭が溶け、熱を持った蝋がエレンの淡い色の肛門目掛けてポタリと落下する。
そのあまりの熱さにエレンから瞬時に殺意が消え、代わりに一気に言い様のない恐怖が襲い掛かり、エレンは喉元を仰け反らせ、両目をカッと見開いた。
47 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:32:14.49 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 2 〜 】
                  
「あ゛っっっづっ!!あ゛あ゛っっ!あ゛か゛あ゛っ!!」
「ダハハハ!愉快愉快!そぉれ!ケツの穴がどんどん蝋で固まってきとるぞ!?」

ザックレーは、エレンの肛門の入り口のすぼみに溜まっては固まってゆく蝋を爪でカリカリと削って払い除け、また現れた皺の合間までをも丹念に埋め尽くすかのように、
再び蝋燭を慣れた手付きで微妙に移動させ、また肛門を蝋で固めては爪で剥ぎ落とす行為を繰り返した。
そうすることで絶え間無い熱がエレンの小さなすぼまりを攻め立てる。
時にはザックレーの節くれ立ち老いた指先が直に肛門を引っ掻き、エレンの内部に細やかな変化を見出だしていった。
ふるふると震える小さな性器が徐々に主張を始める。
なんなんだと自らに問うまでもない、この感覚は知り尽くしたもの…勃起である。

ー 違うッ…こんなのは違うッ……! ー

己が反応を必死に否定しながらも、あ゛ッ、あ゛ッ、と掠れた声を上げ始めたエレンの先程までとは違う色の混ざり様にザックレーはニタァと頬を持ち上げた。

「…そう言えば君はリヴァイの情婦だったな。ここにリヴァイのイチモツを夜な夜なくわえこんでいたのじゃったな?
こんな拷問では生温いかね?……いや、この下品で厭らしい腰のくねらせ方からして、これは拷問ではなくご褒美になっておるかのう?」

空いた手で顎髭を擦っていたザックレーはふむ…と嘯くと、その手をエレンの尻に伸ばす。
親指と人差し指でエレンの肛門をぐっ!と左右に拡げると、それでもひくひくと痙攣するすぼまりに火を灯したままの蝋燭を頭から一気に突っ込んだ。
火の消えた蝋燭が先端から煙を燻らせながらずぶずぶとエレンの肛門から腸内に姿を消していく。 
エレンは獣のような叫び声を上げながら、射精することなく死に際のゴキブリのように足の指先まで全身隈無くびくびくと痙攣させて拷問が始まって初めての絶頂を迎えた。
火を灯したままエレンの直腸深くに埋め込まれた蝋燭は、腸液によって完全にその役目の戸張を落とし、結合部分から淡い噴煙をくゆらせるだけであった。
48 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:32:29.27 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 3 〜 】
                  
蝋燭の煙か、巨人化能力を持つエレンの特異な体が回復を遂げる際のそれか。
暫しの間ザックレーは、蝋燭の太さの形にぴっちりと拡がりヒクヒクと蠢く紅く熟れた肛門を興味深く眺めていたが、
逆さに拘束されたエレンが半ば白眼を剥いて涎を垂らしながら意識を飛ばしているのを確認すると、ブーツの先でエレンのこめかみ辺りを蹴り上げて飛んだ意識を現実に引き戻してやった。
虚ろなエレンの目がさ迷い、冴え冴えとした目で見下ろしてくるザックレーを視界に捉える。
その目はエレンを死に急ぎと言わしめるほどの狂気とも言える獣の眼差しではない。ただひたすらに快楽を求め続ける雌の獣の目であった。

「うぐぅッ…ぐうぅッ……」
「まだ齢15じゃと言うのにとんだ売躱な体をしよって…そんなに蝋燭は気持ちよかったか?ん?わしの指二本分もない太さじゃぞ?」
「んッ!んぐッ!ぐぎぎぎいいいいぃッ!」

肛門の奥深くまで挿し込んだ蝋燭をヌウウゥゥ…と引きずり出し、抜ける寸ででまたヌブヌブと挿入する。
何度もそれを繰り返すうち、エレンの呻き声は徐々に色を含んだものに代わり始め、ザックレーの手が生み出すピストン運動に合わせるように腰を蠢かし出す。
エレンの意に反して勝手に前後左右にゆるゆると動く腰は艶かしくザックレーを誘った。
49 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:32:44.59 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 4 〜 】
                  
蝋燭を引き抜くたびにそれに吸い付くようにぬぷぬぷと盛り上がって山の形を彩る肛門は、挿し入れるとまた容易に異物を迎え入れ呑み込み窪んでいく。
ピストン運動を素早くしてやると肛門の入り口がその動きに連動して盛り上がり窪むという動きを繰り返して益々ザックレーを歓ばせた。

「ガハハハハ!!エレンよ!お前の尻の穴は糞をするだけでは物足りんようじゃな!ほぉれもっと腰を振り乱して踊れ踊れぇ!ダーッハッハッハ!」
「んごッ!?ぐごごごごぼぉッ!いぎっ!いぎっ!ひぎいいいいーーーーっっっ!!!!」

抜き挿ししては直腸に深く突っ込んだままぐりぐりと大きな円を描くように蝋燭で内部をかき回す。
腸液が入り混ざった結合部分からはブチュブチュとはしたない音を立てて汁を飛び散らせた。
エレンは逆さに固定されM字に足を開いたまま狂ったように腰を振り、後頭部を何度も背後の柱にぶつけては下半身の疼きから解放される瞬間を待った。
出したいッ!射精したいっ!思いっきりぶちまけたいっ!最高の快楽を早くっ!
涙と鼻水と涎を垂れ流しながら目を見開いてガクガクと自らの腰を揺さぶる。
全身がっしりと拘束された体で唯一エレンの思い通りに動かせるのが下腹部から尻にかけてのか細いラインのみ。
完全に勃起したぺニスからは先走りのカウパーがだらだらと糸を引き、縦横無尽に揺れ動くぺニスは時にエレンの腹を叩きながらもエレンの桃色に染まる体のあちこちを思う存分透明の粘液で汚した。

続く
50 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:33:20.62 d
某リジに長期間に渡り粘着しているルリンチ虎糞婆
                  
724 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/05/02(土) 02:43:01.55
>>722
難民でまで暴れて恥ずかしくない?
108 名無し草 sage 2015/05/02(土) 02:15:24.46
あかん高尾みたんのリジ草や
ドエロのルリジリ見た後やと生温いにも程があって大草原不可避や

735 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/05/02(土) 15:44:11.01
このスレで犬か毛玉の主しか描かないって笑われたら人間体主の単体表紙の本出すし
ドエロは兵受けしか描かないって笑われたら兵主18禁ログ投稿するし温くても18禁本出すし
本当に孝雄身たんは強がるのが大好きでダンシング楽しませてくれる弗だよな

12 Classical名無しさん sage 2015/05/02(土) 19:17:36.11
そんなにエロ描きたくないなら無理して描かなきゃ良いのにずっとエロ原稿描きたくないエロ原稿描きたくないって言っててなんなんだろこの人…結局固定じゃなくて逆カプ推しなんでしょ。さっさと逆カプに移動してエロでも何でも描けば良いのにな

206 名前:Classical名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/19(金) 10:09:47.81
まあそれでもAB固定を装いつつ裏垢でA受けどエロ描きまくってるあの人よりずっとマシだけど

488 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/07/26(日) 01:49:07.62
>>423
高尾見が兵主本命はないは
兵受けエロの気合いの入りようと兵主エロのやる気の無さを見たらね

506 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/07/26(日) 07:35:56.40
>>502
団兵厨乙
51 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:33:36.23 d
某リジに長期間に渡り粘着しているルリンチ虎糞婆
                  
395 Classical名無しさん sage 2015/09/27(日) 14:10:24.05
火花で予約してた分厚い本のサークルが個人サイトの裏で逆カプエロ作品大量に上げてるのを知って予約キャンセル申請した
いくらプロフでABメインの雑食と言ってたって支部投稿作品はABだけだし
ツイもサイトもAB固定みたいなこと書いてるから騙されたよ…
道理でこの前から作品ブクマもRTも激減してたわけだよ

402 Classical名無しさん sage 2015/09/27(日) 17:11:36.54
描く方も雑食ならツイと個人サイトのプロフにも雑食と書いておけばいいんだよ
固定と思ってほしいからAB専門垢でーすと言いつつ裏に大量のBAエロ隠しているんだろう

431 Classical名無しさん sage 2015/09/27(日) 23:56:07.99
雑食なら堂々と支部でもBA作品上げたらいいのになんで隠すんだろうね
逆カプ萌えより固定厨が落としてくれるお金の方が大事なのかなやっぱり

↓虎糞↓
168 名無し草 sage 2015/10/06(火) 10:06:07.38
3日連続で同じ本がワンツーやは信者の多いサークルはすごいは草
4位・11位の刀本はぼったくリリやなぁ
裏垢でリリ受けエロ絵描いとった5位のリジ専業の本はお手頃価格やな

720 名無し草 sage 2015/10/07(水) 09:49:06.00
ルリ厨は高尾身たんがどれだけ多くのサークルと海鮮に嫌われとるか知らんのやな
52 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:33:51.41 d
ルリ晒しミンチ=エレナ=虎糞の特徴
                  
・極度のリジ厨、特にアズが大好きっ!!!!!
・リジが貼られるとルリを貼り返す
・支部のみならず個人サイトやメアドまで晒す
・1月に壁博での殺害予告をしたババア=エレナ
・ルリは瀬早めろんの牛ジェルをパクった!と言い張るが全く似てない
・口癖はルリ婆(※ババアではなく婆と表記する)
・リジが命より大事で日々スレ荒らしに奮闘している30代後半喪女
・リジが晒されると荒らすがジリが晒されてもスルーすることから同じリリ受けが晒されていることには興味を持たない
・↑を指摘されると翌日からジリも晒すがリジだけは絶対に晒さない
・このルリンチババアがいる時はミンチがミンチコピペをしない……ルリンチババア=ミンチ=エレナ確定
・↑を指摘されるとミンチコピペをして時間を置いてまたルリジリ晒しをするわかりやすい荒らしミンチ=エレナ婆
53 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:34:07.80 d
8 名無し草 sage 2015/03/16(月) 02:22:03.60
アズ@リプ放置すいません...ありがとございますまた来週!
2015年3月16日 12:01am
【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚
-------------              
>アズ=魚食えないのブログや
>http://blogs.yahoo.co.jp/jsay367gugdsg/folder/75635.html ;
>るーる草が痛々しいやろ 
------------- 
こんな腐れブログに来てくれてありがとう!!
  るーる
1 訪問した際にはコメントを残してください
2 画像を貰う時はコメ&ポチ忘れずに!!
3 荒らしは禁止
4 ファンポチしてくれた人はゲスブか報告所へGO!!
           以上です
守れない人はこないでください。
54 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:34:23.21 d
自分で*500usersタグを付けてたのにここで話題に出てすぐに米印を外して複垢で500usersタグを付け直した恥ずかしい難民ババアがこれな
                                          

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6042292

365 名無し草 sage 2016/01/11(月) 15:55:14.03
昨年の11月に初投稿した作品がもうすがブクマ1000いきそうや
支部デビューしてまだ2ヶ月くらいやのにわい文才ありすぎやろ
55 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:34:38.83 d
 
      
 
 
 
 
 
      こう@壁博8け48a
      http://twitter.com /ko_m06
 
 
 
 
 
   
56 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/27(月) 05:34:57.80 d
http://twitter.com/__o30/
http://twitter.com/__0l0l/
http://www.pixiv.net/member.php?id=120203

アズ=目玉焼き(魚食えない) ‏@az_0x
このアカウント今月いっぱいで消します見てくださってありがとうございました!こっちで飽きるまで息抜きしてます→@__0l0l
特殊性癖描きたいがために作ったR18鍵アカでしたが描けてません…そのうち公開します承認待ちしてくださってた方ごめんなさい


             _i⌒r-.、    
           ,,-'´   ノ
          ./     .l
          /  アズ  l     チ
   ((  ◯  .l魚食えない l     ン
      .ヽヽ、l  i      .l      ポ
       \ヽ l      l   ))  コ
      ,-'´ ̄`ゝ´ ̄`ヽ  ノl      ポ
     .,'    .,'   ◯ニ.ンl      ン
     i    i        .i
     ヽ、  丶      .ノ
      `'ー-.'´`'ー- ''´i .|
        凵      .凵


今月いっぱいも待たず2月14日az_0x削除(大爆笑スプッスプッスプー♡)
57 :
名無し草 (ワッチョイ ab85-y0+0)
2016/06/27(月) 09:25:52.09 0
前にも1位とったことある大手鉄血サークルが新刊も1位獲得やで
4位の赤安本はお粗末で淘汰されての移動組やな
10位のお粗末本と17位の刀本・お粗末本は良心的な価格やな
コナンランキン本19冊のうち15冊が赤安本やで
女王は昨日のイベントの通常販売始まって赤安本祭りやな

お粗末45 コナン19 刀16 決壊8 排球4 ・・・進撃ランキンなしや
ちな全年齢・18禁別200冊中に進撃本は1冊ランキンで、リジ1やで

6/26付  特に表記ないものはB5、価格は税抜き表示やで
 ※順位かぶりを無視した絶対順位では下から10番目の順位は62位、20番目は45位や

1 鉄血 全年齢 34p 720円
2 お粗末 18禁 32p 672円 予約1日目
3 赤安 18禁 28p 746円 予約2日目 完売
4 オリジナル 全年齢 42p 1,000円 予約1日目
4 赤安 全年齢 28p 698円 予約1日目 完売
6 お粗末 18禁 34p 672円 予約1日目
7 お粗末 18禁 A5 52p 1,045円 予約8日目
8 お粗末 全年齢 A5 74p 1,194円 完売
9 赤安 18禁 32p 746円
10 お粗末 18禁 32p 554円 予約1日目
11 刀 全年齢 A5 40p 745円 予約1日目
12 赤安 18禁 A5小説 116p 1,388円 予約1日目
13 決壊 18禁 文庫 228p 1,650円 予約1日目 完売
13 お粗末 全年齢 60p 1,045円 予約2日目
15 赤安 18禁 26p 560円
16 赤安 全年齢 24p 597円 完売
17 刀 全年齢 36p 597円 予約1日目
17 お粗末 全年齢 A5 76p 750円 予約1日目
19 排球 全年齢 26p 552円 予約1日目
20 お粗末 全年齢 40p 746円 予約1日目

同人グッズの進撃グッズは31位に高い専業ジリアクキーとジェルキーホルダーがランキンや
ちな31位が56点、14位が17点順位かぶりやで
トップ3点は赤安関連グッズや

男に売れとる女向け本の上位に進撃本ランキンなしや

男向け本と合わせての総合ランキングの上位35冊は女向けが独占や
女向け本は全部で91冊と週末でさすがにシェア削られたは


女王のデイリーは進撃本ランキンなしや


>>1
乙や

コピバのスマホは早よ死んでや
58 :
名無し草 (ワッチョイ ab85-y0+0)
2016/06/28(火) 09:27:37.07 0
昨日は刀本大量予約開始でシェアだけはトップに返り咲いたは
1位のお粗末本は微妙にぼったくリリやな
コナンランキン本17冊のうち下位の1冊を除いた16冊が赤安本や

刀30 お粗末28 コナン17 決壊8 排球5 黒子5 ・・・進撃ランキンなしや
ちな全年齢・18禁別200冊中にも進撃本ランキンなしや

6/27付  特に表記ないものはB5、価格は税抜き表示やで
 ※順位かぶりを無視した絶対順位では下から10番目の順位は67位、20番目は44位や

1 お粗末 全年齢 128p 2,090円 完売
2 お粗末 全年齢 A5 76p 750円 予約2日目 完売
3 赤安 18禁 64p 1,156円 予約1日目 完売
4 赤安 18禁 20p 625円 予約8日目 完売
5 お粗末 18禁 A5 20p 597円 予約1日目
6 お粗末 18禁 A5 40p 550円 完売
7 排球 全年齢 26p 552円 予約2日目
8 黒子 全年齢 20p 全ページフルカラー 746円 完売
9 刀 18禁 B6小説 152p 1,343円 予約1日目
10 お粗末 18禁 32p 554円 予約2日目
11 赤安 18禁 ページ数表記なし 625円
12 赤安 18禁 32p 730円 予約1日目
13 刀 18禁 A5 26p 493円 予約1日目
14 刀 全年齢 24p 415円 予約1日目 完売
15 赤安 18禁 28p 746円 予約3日目 追納分
16 刀 18禁 A5小説 20p 250円 予約1日目
17 お粗末 18禁 32p 672円 予約2日目
18 刀 18禁 36p 680円 予約1日目
19 お粗末 18禁 12p 149円
20 お粗末 18禁 A5 52p 1,045円 予約9日目

同人グッズの進撃グッズは19位にジェルキーホルダーなど6点ランキンや
ちな19位が57点、13位が6点順位かぶりやで

男に売れとる女向け本の上位に進撃本ランキンなしや

男向け本と合わせての総合ランキングは34位まで女向け本が独占や
女向け本は全部で96冊と5冊増えたで


女王のデイリーは進撃本ランキンなしや
59 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:26:53.70 d
60 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:28:10.31 d
 
×××ゲーム!【リヴァエレ】
  
by コヤマ

プロローグ


「ようこそお越しくださいました。リヴァイ・アッカーマン様、エレン・イェーガー様」

 恭しく頭を垂れる男の、なんと胡散臭いことか。
 後ろに立つエレンも不信感を露わに、執事のような男を睨んでいる。
 兵士ではあるが、まだ子どもと言っても差し支えない少年だ。
 リヴァイの言いつけを守り、離れず一定の距離を保って背後に控えている。
 エレンはいろいろと目立ち過ぎる。
 器量が整っていることもあるが、巨人化出来る少年として有名なのだ。
 出来ることならば、トラブルは避けたい。
 市街地での巨人化など、以ての外だ。
 万が一の事態が起これば、人類最強と名高いリヴァイがエレンを殺すことになるだろう……というのは表向きの理由である。
 リヴァイはとても巧妙に、周りに悟られないように、エレンを大事にしていた。
 エレンもまた、ずっと憧れていた人物への想いが恋愛感情へ移り変わることに、時間はかからなかった。
 リヴァイとエレン、上官と部下、人類最強と危険因子……二人は恋人同士である。

「さぁ、どうぞ中へ」

 不気味な笑顔を貼り付けた執事は、馬鹿がつくほど大きい館の中へと案内する。
 ここは首都ミットラスの一画に大きな屋敷を構える貴族の家である。
 贅沢の限りを尽くした館に、エレンは見るからに辟易していた。
 リヴァイも胸糞悪い気持ちを露わに、小さく舌打ちをした。
 広すぎて少しだけ寒い館の中は、変な香の匂いがする。
 趣味が悪すぎる。

「……兵長」
「分かっていると思うが……貴族の機嫌を損ねるなよ」
「それはもちろん承知しています……でも、この屋敷、なんか変じゃないですか?」

 声を潜めて会話を交わす。
 立体機動装置の装着は許されなかったが、いつも通りの兵団服だ。
 背中には自由の翼を背負っている。
 何か有事があれば、すぐさま行動に移せる準備はできている。
 しかし、それも市街地での話だ。
 今のような貴族の屋敷の中での戦闘など、もちろん許されるはずもない。

「空気が淀んでいます」

 エレンは気丈にしているが、不安なのだろう。
 目線は先程からあちこち泳いでいる。
61 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:28:26.15 d
 リヴァイとエレンを招待した奇特な男は、調査兵団へ贈られる資金の大部分を占めている。
 万年資金不足の調査兵団にとって、この男の機嫌を損ねることは存続の危機すらある。
 金を持て余し、暇を持て余し、何やら楽しげなゲームを思いついたという。
 この屋敷の主は、そう言ってリヴァイを指名した。
 いつもであれば調査兵団団長であるエルヴィンとリヴァイ、ハンジあたりでクソ面倒な挨拶に伺うところだ。
 それなのに、今回ばかりは『リヴァイ』と『エレン』を名指ししてきた。
 一体何を考えているのか分かったものじゃない。
 貴族の道楽など、命を賭けて最前線で戦う兵士に分かるはずもなかった。
 ただ、いつも資金援助をしてくれる男が、

「ゲームをしましょう。負けてもあなた方に損は一切無し。勝てば、大金をお送りするとお約束します」

 なんて手紙を寄越した。
 胡散臭いが、無下にもできない。援助に加えて、さらに金が手に入るというのだから。
 向こうがプレイヤーとして指名してきたため、エレンにもこの話をした。

「行きましょう! こんなチャンス滅多にありません! オレで良ければ、行かせてください」

 なんて、朗らかに答えた。
 青臭い、あまりに急いた判断だ。
 けれどまぁ素早い判断は嫌いじゃない。
 エレンは調査兵団資金のため、動いてくれると言う。
 ここまで来たら、リヴァイも渋ってはいられない。
 どちらにせよ、断ることなど出来ないのだ。
 リヴァイとエレンは指定の日時に合わせ、馬車に長時間揺られ、この貴族の屋敷まで足を運んだ。
 豪奢な屋敷内は薄暗く、人の気配がない。
 不気味すぎる。
 リヴァイは神経を研ぎ澄まして、前を歩く執事の一挙一動を見逃すまいとした。
 やがて、執事は大きな扉の前で足を止めた。
 ノックを三回。

「旦那様、四人目です」

 ――四人目?
 リヴァイとエレンは同時に、眉間に皺を寄せた。
62 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:28:41.82 d
「おぉ、ようやく来たか。入れ」

 扉の向こうから、貴族の声が飛んで来る。

「おい、四人目というのは?」

 執事が扉を開ける前に、リヴァイは鋭く尋ねた。

「……すぐに分かります。どうぞ、ゲームをお楽しみください」

 そう言って執事は勢い良く、重厚な扉を開け放った。

「……え?」

 声を上げたのは、きっと隣のエレンだ。

『レディース・アンド・ジェントルメン! あっプレイヤーに女性はいませんね! ジェントルメン・アンド・ジェントルメン! ハラハラドキドキ中出しゲームへの参加、誠にありがとうございます!』

 馬鹿みたいな声が、ぐわんぐわんと響き渡る。
 司会は一体誰だ、と問わずとも、声からしてこの館の主で間違いない。
 変装のつもりなのか、黒のハットに銀色のマスクをつけている。

「一体これは……どういう状況だ」

 リヴァイは低音で、唸るように呟いた。

「なんだこれ……オレ……オレが……一、二……四人も……いる!?」

 エレンも動転しているのか、声が震えている。
 この部屋には自分たちを含め、同じ顔が四つあった。
 ドッペルゲンガー? それが四人も?
 年齢に差はありそうだが、顔つきは全く同じである。
 服装は違えどもリヴァイが四人、エレンが四人いる。
 だから執事は先ほど、『四人目』と言ったのか。

「司会さーん! 四組目の方々にご説明してあげてー!」

 楽しげな声を上げているのは、特等席から高みの見物をしている貴族の男たちの一人である。
 初老と言っても差し支えない大人たち、が子どものような声を上げて、キャッキャと囃し立てている様は不気味だった。

「そっちの若い子のスリーサイズおしえてー!」

 エレンは不快感を露わに、声の方を睨む。その顔色は真っ青だ。
 睨まれた貴族の男たちは怯むどころか、歓声を上げている。
 駄目だ、狂っていやがる。
 晩餐会用の広い室内には、ギャラリーが壁伝いにぐるりと囲んでいる。
 おそらくこの屋敷で働く者たちだろう。
63 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:29:13.81 d
 コック、庭師、御者、身分問わず楽しげに拍手したり、わぁわぁと何やら叫んでいる。
 けれど、皆男たちばかりだった。
 ざっと見渡しても、女性は一人もいない。
 この屋敷の主が司会進行をするという異質な空間。
 来賓席には同じ貴族の豚どもがワイングラスを片手に高笑いをしている。
 きっと面白い見世物があるから、と招待状を送ったのだろう。
 話の流れは容易に想像できる。
 けれど、自分たちと全く同じ顔をした人間の存在は、全く分からない。
 想像もつかない。

『これは失礼、四組目さん! では今日の主役たちをご紹介しましょうか! 本日は四組のカップルにお越しいただきました。未来?
パラレルワールド? 時空の歪みなど、なんのその! まずは……ダイヤチームのアルファリヴァイさんと、オメガエレンさんです! 今よりも約二千年ほど未来に生きている方たちです』
「アルファ? オメガ?」
「二千年ほど未来……?」

 紹介された一組のカップルは、見たこともない上等な布で出来た服を着ている。
 間違いなく顔はリヴァイとエレンだ。
 けれど、自分たちよりも年上に見える。
 アルファリヴァイは優雅に椅子に座り、紅茶を飲んでいた。
 ずいぶん余裕がある。

『ダイヤチームのオメガエレンくんには、子宮があります。もう発情期は終わったんでしょうか?』

 司会者がノリノリで質問すると、オメガエレンはギッと睨みあげた。
 その表情はエレンそのものだ。

「お前……殴られてぇのか」
『ご機嫌斜めですね! アルファリヴァイさんは四十歳、オメガエレンさんは二十五歳! いいですねぇ! 熟してきましたねぇ』

 エレンはじぃっと、オメガエレンを見つめていた。
 その顔には明らかに「子宮?」という疑問が浮かんでいる。
 その視線に気づいたのか、オメガエレンはこちらを見た後、恥ずかしそうにパッと視線を逸らした。
 エレンが成長したら、きっとあんな感じになるだろう。
 身長も伸びて、頬もシャープになり、今よりも肉厚な身体になり……でも瞳だけは変わらない。
64 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:29:28.90 d
 未来の恋人を見ているようで、なんだか落ち着かない。
 嬉しいような、気恥ずかしさがあった。
 晒された無防備なうなじには、匂い立つような色香がある。
 本当にあの細い身体に子宮があるのだろうか。男なのに?
 リヴァイもエレンにならって、興味津々な目つきで見つめてしまった。
 心なしか、細い体に比べて尻は大きい気がする。
 ぴったりとした服を着ているので、尚更身体のラインが強調されていた。
 少年のエレンよりも、太腿や尻の肉付きは良い。

「……見過ぎです」

 隣のエレンは低い声で、リヴァイのジャケットを引っ張った。
 完全に機嫌を損ねている。
 面白くなさそうな顔で、こちらを睨んでいた。

『はい、お次は未来繋がりのハートチーム!リヴァイプロデューサーとアイドルえれりんです!うわぁ女装男子だ! 可愛いっ!』
「よ、よろしくお願いします!」

 えれりん、と紹介された少年は、勢い良く立ち上がり、勢い良く各方面へおじぎをしていた。
 貴族の少女が着るようなふわふわのスカートを穿いている。
 レースがふんだんにあしらわれたピンクの丈が短いミニドレスだ。
 すらりと伸びた足には白のニーハイソックスを着用していた。
 頭のてっぺんにはドレスと同じ色の大きなリボンが揺れている。
 あまりに深々と礼をするものだから、スカートの中が丸見えだった。

「は……え、男?女?」

 エレンが口をあんぐりと開けて、硬直する。
 顔はエレンそのものなので、動揺が隠せないらしい。

「オレは男だ!きょ、今日は新しい仕事だって言うから、ちゃんとセットして来たっていうのに……なんで、オレが四人もいるんだ?」

 えれりんが頭のリボンを揺らしながら、つかつかとエレンの方へ歩いてきた。
 ヒールを履いているせいか、エレンよりも背が高い。
 短い裾から覗く足は筋肉質で、細くとも間違いなく男の足である。

「男?男なのに、なんでスカート穿いてんだよ」

 エレンは遠慮なく公衆の面前で、えれりんの短いスカートをがっつり捲り上げた。

「ギャーッ!馬鹿、何するんだよ!パンツ見えちゃうだろ!」

 えれりんは慌ててスカートを押さえた。
 後ろの方ではギャラリーの野太い歓声が轟いている。
65 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:29:44.96 d
「うおおおおおおっ! えれりん! えれりん可愛いよ! えれりん!」
「えれりんのパンティ可愛いよ! 白のレース可愛いよ!」
「……お前、なんで女のパンツ穿いてんの……」

 エレンがかなり引いた顔をして、えれりんをわずかに見上げる。
 えれりんは女性用の白のレースのパンツを穿いていた。
 もちろん男なので、前はぱんぱんに膨らんでおり、窮屈そうだった。

「アイドルなんだから、仕方ねぇだろ!リヴァイプロデューサーが用意してくれたんだ!」

 エレンはすかさず隣のリヴァイを振り返る。

「……俺じゃない」

 とんでもない濡れ衣だ。
 エレンは立場も忘れて、般若の顔をリヴァイに向けていた。
 その間にえれりんは、小走りでリヴァイプロデューサーと呼ばれた男の傍に駆け寄る。
 プロデューサーの方も、リヴァイと同じくらいの年齢だと思う。
 けれど、その眼差しは甘やかである。

「大人しく座っていろ」

 そう言って、自分の隣にえれりんを座らせる。その行動はとても紳士的だ。
 表情に現れたりはしないが、えれりんへの労り、慈しみ、愛情が仕草で示されていた。
 リヴァイたちの時代にはない、真っ黒な上等な服を着ている。

「……優しそう」

 ぽつり、とエレンが呟いた言葉は聞き逃さない。

「あ?」
「い、いえ、なんでも……」
『はいっ! お次は愛憎溢れるスペードチーム! キングリヴァイさんと、その騎士ブリリアントエレンさんです! ひゅー! クール!』
「キング? 兵長が、王様……?」

 エレンは頭にクエスチョンマークを浮かべて、キングリヴァイを見つめている。
 ソファに悠々と腰掛けて、ワイングラスを傾けている。

「いつまでこんな茶番を続ける気ですか」

 ブリリアントエレン、と呼ばれた彼は隣のエレンよりも三つほど年上かもしれない。
 不機嫌そうに、司会者に扮した館の主を睨んでいる。
 キングもブリリアントも揃いの濃紺の服を着ている。
 ロングコートには金の装飾が施されており、とても上等な服であることは間違いない。
66 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:30:02.80 d
 ブリリアントはブルーのシャツに、ストライプのベスト・スラックス、黒のブーツを履いている。
 黒と濃紺で合わせられた服には気品が漂っていた。

「オレはこんなところに閉じ込められるなんて、うんざりです。さっさと帰ります」

 しびれを切らしたブリリアントエレンは立ち上がり、この場を去ろうとする。
 その腰には剣が下げられていた。
 いつでも応戦できる、と誇示しているようにも見えた。

「まぁ、待て。キャンキャン吠えてんじゃねぇよ。弱く見えるぞ」

 キングリヴァイは余裕の表情で、赤ワインのボトルを見つめている。
 どうやらあの酒が気に入ったらしい。

「なっ……誰が弱いと? この場で証明しましょうか!」
 ブリリアントエレンは頬を赤らめて憤った。怒った表情はどこか色っぽい。
「騒ぐだけなら、酌でもしろ」
「……ご自分でどうぞ」
 ブリリアントエレンは拗ねたようにぷい、とそっぽを向いてしまう。けれど、彼の隣にどっかと座り込んだ。
「じゃあ、そこの」
 キングリヴァイが、兵団服を着たエレンを指だけで「こっち来い」と招いている。

「え? オレ?」

 エレンは呼ばれるとも思わず、目をぱちぱちさせながら自身を指差した。

「そう、そこの可愛いやつ」
「……オレ、男ですけど」

 ムッとした表情をしたまま、エレンが渋々近づいていく。

「酌してくれ」
「はぁ……」

 エレンは真剣な面持ちで、ワインのボトルをキングリヴァイのグラスに注いだ。
 その一連の流れを、ブリリアントエレンはじーっと瞬きもせずに見ている。

「見ろよ、若ぇな。まだ処女か?」

 高そうなワインボトルを慎重にガラステーブルへ置いたエレンの尻を、キングリヴァイが撫で上げた。

「ひぁっ! な、なにするんですか!」

 キングリヴァイは自分の上官と瓜二つであるため、下手な対応も出来ない様子だ。

「ほぅ……良い反応をする」

 キングリヴァイの片眉が上がった。
 次の瞬間、煌めくものが彼の顎に添えられた。
67 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:30:18.39 d
「殺されたいんですか?」

 瞳孔の開ききった瞳で、ブリリアントエレンが小型ナイフをリヴァイに突きつけている。
 音もなく間合いを詰めたのだ。
 ナイフを突きつける動作も俊敏で、目で追いつけなかった。
 彼は間違いなく、手練だ。
 
「……構ってほしいのなら、そう言えよ」
「しんじゃえ」

 キングリヴァイの耳元に、ブリリアントエレンは熱を孕んだ声で囁く。

「エレン」

「はい!」
 リヴァイも鋭く呼びつけると、エレンは駆け足で戻ってきた。

「離れるな、と言ったはずだ」
「も、申し訳ありません」
『それでは最後に! クラブチームの調査兵団の人類最強リヴァイ兵長さんと、その部下である人類の希望のエレンさんです! リヴァイ兵長、いつ部下に手を出したんですか!?』
「なっ……てめぇ、兵長を侮辱してんじゃねぇっ!」

 エレンがギロリと司会者を睨みあげ、今にも跳びかかって行きそうだった。

「エレン」
「しかし……」

 リヴァイがその一言で窘めると、エレンは渋々と背後に控えた。

『では、四チーム出揃ったところでゲームの説明をしましょうか! ルールは簡単! パートナー以外の人に中出ししてはいけません! パートナーチェンジ中出しゲームです!』

 集められた八人は、皆動揺に「はぁ?」と言っていた。
 盛り上がっているのはギャラリーだけである。

『あなたがたは皆、エレンさんであり、リヴァイさんです。全員偽物ではありません。自分と全く同じ顔の人間が四人いると思ってください! 深いことは気にしちゃ駄目!』
「おい、ちょっと待てよ……中出しって……」
『そーです! えれりん! リヴァイさんはパートナー以外のエレンに、勃起した状態で五十回パコパコしていただきます! 中出ししたらあなたの負け! 見事中出しを我慢出来たリヴァイさんには、賞金百万円をあげちゃいます!』
「百万円……」

 と、目を輝かせたのはダイヤとハートチーム。

「ひゃくまんえん……?」
68 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:30:34.37 d
 通貨が異なるため、価値がわからないのはスペードとクラブチーム。

『ご安心ください、キングリヴァイさん、ブリリアントエレンさん、リヴァイ兵長、エレンくん。あなた方の世界の通貨で換金させていただきますから!』
「それは良いとして…自分以外のエレンと、相手がセックスするところを見ていなくちゃいけないのか…?」

 顔を青ざめたのはブリリアントエレンだ。

『ふふふ…ご心配ご無用!あなたも自分のパートナー以外のリヴァイさんとセックスすることになるんですから!』
「いやだ…」
 声を上げたのは、エレンだ。

『あっ、エレンさんたちは何回イッてもいいですよ?頑張るのはリヴァイさんたちです!自分の恋人以外の中で射精しないように頑張ってくださいね!絶対五十回ピストンしてください!このゲームが終わるまで、皆さんは帰れませーん』
「オ、オレ、妊娠しちまう…避妊薬を…」

 オメガエレンが司会者に告げる。

『それはあなたに当たった人次第ですね!オメガエレンさんは締め付けないように頑張ってください!もし孕んじゃったりしたらぁ…ねぇ?』

 口元だけ見えるマスクをした司会者は、ニタァといやらしく笑った。

『そうそう。もし射精を我慢出来た方が二人いた場合…百万円は山分けとなります!全員我慢出来てしまった場合は、四等分!つまり一組二十五万円となるんですねぇ。
賞金が減ってしまいますねぇ。これはエレンさんたちも、アナル引き締めてペアになった男の射精を促しちゃうしかないですね!』

 司会者がぐるり、と四者四様の表情をしたエレンたちを見回した。

「…要は射精しなければいいんだろう」

 静かに呟いたのは、キングリヴァイである。

「…はぁ!?正気ですか!?こんな馬鹿げた茶番に付き合うとでも?」

 声を荒げたのは、パートナーであるブリリアントエレンだ。

「出口は一つしかありません。八人であの扉を突破すれば…」
『この扉はちょっとやそっとじゃ開かないカラクリになっていますよ。それこそ、ダイナマイトぐらいの威力じゃないと壊れません!』
「だいなまいと……?」

 ダイヤとハートチームは難しい顔をして、スペードとクラブチームは首を傾げている。
 ダイナマイト、がどんなものか分からないのだ。
69 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:30:49.73 d
 トランプの柄で分けられたチームは、文化がだいぶ違うらしい。
 もっとも、自分たちの認識に一番近いのはスペードのキングとブリリアントのチームだ。

『それに…ごく一部の方は、お金にお困りではないですかぁ?いいんですか?援助を受けられなくなっても』

 その言葉にぐうの音も出ない。
 この貴族に逆らうことは、調査兵団解体を意味すると言っても過言ではない。
 考えれば考えるほど堂々巡りで、頭が痛くなってきた。

『ほら、そろそろ身体が熱くなってきたんじゃないですか?ね?この館には催淫効果のある香が焚かれていますからね!』

 そう言われると、だんだんと身体が熱くなってきた気がする。
 隣のエレンに至っては、顔がぽっぽっ、と真っ赤だ。

『…では、ゲームスタートといきますか! 組み合わせはこちらで決めさせて頂きました!まずはエレンさん…パートナーのリヴァイさんのちんぽをしゃぶって、勃起させてくださーい!』

 ピーッとホイッスルが響き渡った。
 エレンはふらり、と傾いで、リヴァイの前に両膝を付いた。

「兵長…失礼します…」

 辿々しい動きで、エレンはリヴァイの腰布をずらす。

「エレン、無理をするな」
「無理なんてしていません…!」

 恋人同士になって、まだ日が浅い。
 性行為だって片手で足りるほどしか繋がったことがない。
 相手はまだ子ども…それでも手を出してしまったわけだが。
 フェラチオもまだ一回しかさせたことがない。
 それもさせているのが辛くなって、自分が早々に止めさせたのだ。

「あの…しゃぶるって、フェラチオでいいんですよね」

 エレンは真剣な表情で問いかけてくる。
 躊躇いもせず、彼はリヴァイの下履きからペニスを取り出した。
 こんな明るい場所でセックスもやったことは無い。
 周りにはギャラリーがそれこそ固唾を呑んで、凝視している。
 股間を膨らませた者や前のめりにこちらを見ている者もいる。
 いつも人目を気にして、夜中にこっそりと、声を潜めてセックスをしていたというのに。

「こ、こうですか?」

 エレンはおずおずと赤い舌先を伸ばして、ぺろ、と亀頭を舐めた。
 その拙い動きに、どうしようもなく愛しさがこみ上げてくる。
70 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:31:04.62 d
「おい。そこの悪人面、フェラはこうやるんだよ」

 近くにいたえれりんが、エレンへ声をかけた。
 慣れているのか、見本を見せてくれるらしい。

「お前も同じ顔だっての…」

 エレンはジト目で睨んだが、それでもえれりんの様子をじぃっと観察している。
 えれりんはリヴァイプロデューサーの陰茎をぱくりと口に含んだ。
 舌でねっとりと舐めあげる。
 それから竿を片手で扱きながら、先端をじゅうっと強く吸い上げていた。
 頬の形が変わるほど、強く。
 しかし、視線だけはリヴァイプロデューサーをうっとりと見つめていた。
 えれりんはフェラチオが得意のようで、陰嚢を優しく転がしたり、裏筋を舐めあげたり、深く咥えこんで頭を前後に動かしたりと、様々な性技をエレンに見せた。
 彼の動きには迷いがない。
 こんな衆人環境でのフェラチオに…慣れているのか。

「ふん…お前、本当に嬉しそうにしゃぶるな?」

 リヴァイプロデューサーも目を細めて、えれりんの頭を撫でた。

「ん、だって…オレ、これ好きだから」
「フェラが?ちんぽが?」
「ふぁ、ん…どっちも。リヴァイプロデューサーにご奉仕できて、んちゅ、うれしい…」
「お前はビッチだからな。俺以外にハメてもらえるから、嬉しいんだろう」
「そんなことない……」

 ぽ、とえれりんの頬が薔薇色に染まる。

「兵長…びっちってなんですか?」

 反対に、エレンが至極真面目な顔をして問いかけてくる。

「…ボランティア精神が多い奴のことだ」

 とてもじゃないが、無垢なエレンに真実を言えるはずもなかった。

「あいつすげぇな…女みてぇにチャラチャラしてると思ったけど。オレもビッチになりますね!」
「…いや、違う、エレン」

 エレンもえれりんのフェラを見よう見まねでやっている。
 その表情がだんだんと蕩けてきて、こちらも腰に来そうだった。

「んぐ……」

 喉の奥までリヴァイの陰茎を咥えこんでいる。
 苦しそうに顔を歪ませて、目尻には涙が浮かんでいる。
 けれど、決して止めようとしない。
 潤んだ瞳でリヴァイを見上げたまま、顔を前後に動かしている。
 リヴァイも声をかける余裕はなくなった。
71 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:31:20.51 d
「若い子いっぱいで嬉しいですか?」

 オメガエレンは慣れたように、アルファリヴァイのペニスをしゃぶった。
 二人は呑気に会話を交わす余裕すらあるようだ。

「嫉妬か」
「オレは嫉妬するよりも、嫉妬されたいんですけどね」

 アルファリヴァイは少しだけ皺が増えた目元をしていた。
 四十代の精悍な顔つきだ。
 けれど、精力が衰えたわけじゃない。
 むしろ、絶倫と言っても差し支えない。

「嫉妬ならいつもしている」
「どうだか……」

 アルファリヴァイの性感帯はもう知り尽くしている。
 それは逆もまた然りで、オメガエレンの性感帯も知り尽くしている。

「お前も若い奴を喰いたいだろ?」
「…早漏は嫌い。オレが気持ちよくなれません」
「俺が遅漏だって?」
「だって、オレたち身体の相性は良いじゃないですか。ぴったり」
「お前が満足しているなら、良かった」
「リヴァイさんこそ…オレに飽きて、若い子にハメたいんじゃないんですか?このでっかいちんぽ」
「鍵穴が合わねぇよ。俺のペニスの形になった奴じゃねぇとな」
「へへ……いくら相手が全員リヴァイさんでも…オレの番はあなただけなんです」
「可愛いことを言う」
「最悪だ…信じらんねぇ。なんでオレが膝をつかなくちゃいけねぇんだ……!」
「…問題はそこか?」

 キングリヴァイは悠々とした態度で、ソファに腰をかけている。
 その視線の先にはブリリアントエレンが頭を抱えて、その場を行ったり来たりと忙しい。

「しゃぶるのが嫌じゃなくて、膝をつくのが嫌だって?」
「……えぇ嫌ですね!」
「お前……変わってるな。もっとすげぇこと、しただろうが」
「オレのプライドの問題です」
「俺は屈辱に歪む顔も好きだぞ?」
「……サディスト?」

 ブリリアントエレンは眉を顰めながらも、リヴァイの足の間に潜り込む。
 渋々といったふうに、両膝を床につけた。

「サディストじゃねぇよ。愛した奴のいろんな顔を見たいと思うのは、普通のことだろう?」
「オレはフェラしてる時の顔見られたくない。見ないで」
「見るなと言われたら、見たくなる」

 ぎろりとキングリヴァイをひと睨みしてから、半勃ちのそれをおずおずと口に含んだ。
72 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:31:35.44 d
「オレは……んむ、これ、苦手なんだ……」
「見ろよ、あそこのピンクのひらひら着たエレン。すげぇぞ」

 キングリヴァイはえれりんを親指で示して言う。
 おそらくここに集められたエレンの中で、一番フェラチオがうまかった。

「よそ見するなよっ!」

 ブリリアントエレンは顔を真っ赤にさせて、怒鳴った。
 他のエレンと比べられていると思い、腹が立ったのだ。
 普段は憎しみにも似た愛情のせいで、素直になることなんてできない。
 嫉妬の炎がすぐに全身を覆い尽くしてしまう。

「かみちぎってやる……」

 言葉とは裏腹に、ブリリアントエレンは赤い舌を伸ばして裏筋を舐めあげる。
 なんと言おうとも、健気なものだ。
 目尻には涙が浮かんでいる。

「可愛い奴」
                                       
『さぁ……皆さん。そろそろ準備はよろしいでしょうか? 組み合わせが決まりました!』
73 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:31:50.36 d
@アルファリヴァイ×ブリリアントエレン

「やめろっ!」
「お前……とんだじゃじゃ馬だな」
「オレはジャンじゃねぇ!」
「ほら、挿れるぞ」
「そ、そんなの入らない……」

 ブリリアントエレンはアルファリヴァイの逸物を見て、恐れ慄いている。
 彼は仰向けに寝転がった状態で、下半身のスラックスはアルファリヴァイに脱がされてしまった。
 隠し持っていたナイフも全部没収されて、丸腰状態である。
 もちろん、靴底の仕込みナイフも見破られ、靴も脱がされた。
 アルファリヴァイの逸物を見てから、悪態をついていたブリリアントエレンは急におとなしくなった。
 先ほどまで「殺してやる」だの「絶対許さねぇ」だの喚きまくっていた。
 自身の濃紺のコートの上に寝転がされ、あられもない姿で足を開かされている。
 プライドの高い彼にとって、かなりの屈辱だろう。

「お前のパートナーも大変だな」
「うるさい……っ!」
「上の服は脱がすのもったいねぇな」

 と言い、上半身のベストとネクタイは少しも乱されていない。

「……まぁ確かに後ろの孔は、狭そうだな。普段キングとしてんだろう?」
「あんたに話すことは何もない」

 ブリリアントエレンはつん、とそっぽを向く。
 それに少しも気を悪くした様子はなく、アルファリヴァイは律儀に用意されていたローションを手に取った。
 見たことがないのか、ブリリアントエレンはきょとん、とその容器を見つめている。
 とろ、とローションを手に垂らし、晒されたブリリアントエレンの秘所に手を伸ばす。
 ひんやりとした感触に「ひあっ」と彼が声を上げた。

「冷たいか? じきに馴染む」
「そのとろとろしたやつ……なんだよ……丁子油?」
「似たようなもんだ」
「ぅ、あ」

 ローションの力を借りて、つぷ、とアルファリヴァイの指が一本埋め込まれていく。
 中はひくついて、熱い。

「お前はどこが好きだ?」

 ぐりぐりと中を刺激して、彼が一番気持ちいい場所を探す。

「は、ん……」

 吐息混じりの可愛らしい声が漏れ出してくる。
 顔を逸らして、ひっそりと指を噛んでいる。
74 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:32:07.77 d
「お前はこっちも開発してるのか?」

 アルファリヴァイの指がシャツの上を滑り、胸の尖りを探る。
 もどかしいのか、青年は腰をくねらせた。

「自分で、前のボタン開けろ」

 耳元で囁くと、ブリリアントエレンは目に涙を溜めたまま、ベストのボタンに手をかける。
 こちらは心置きなく、彼の陰茎に手を伸ばす。

「ぅ、ん……ふ……」

 ベストの前を開け、シャツのボタンを開けると、日にあたっていない白い肌が現れた。
 白磁の肌とはこのこと。
 まだ十代の肌はみずみずしく輝いている。

 小さな淡い色の乳首は、しっかりと勃起している。

「……綺麗な体だな」

 ギッ、とまたブリリアントエレンが睨む。そんな表情さえ扇情的なのだ。

「舐められたりするのか?」

 アルファリヴァイは、ちろりと赤い舌を出して唇を舐めた。
 たったそれだけで理解したかのように、ブリリアントエレンは自らシャツを捲って乳首を露わにした。
 そこへねっとりと、舌を這わす。

「んっあ、ちくび……」

 ベッドの中では相当可愛らしい反応を見せるらしい。
 キングもきっと、ブリリアントエレンとのセックスは楽しいだろう。
 普段はツンケンしている彼が、これほどしおらしくなって喜ばない男はいない。
 ――もちろん一番可愛いのは俺の番だが。
 番の若い頃そのものであるブリリアントエレンの反応は、悪くない。
 先程から股間が張り詰めていて、苦しい。
 呑気にそんなことを考えながら、ブリリアントエレンの乳首を強く吸う。
 歯で軽く噛んだり、舌でねぶってやると、面白いくらい体が跳ねて甘い声があふれた。

「お前ここ好きか?」
「もっと……噛んで」
「ほぅ……お前は痛い方が好きなのか」
「ひゃうっ!」

 強めに噛んでみると、明らかに反応が違う。
 普段からなかなか激しいプレイをしているようだ。

「なんだ、噛んだだけでイッたのか」

 ブリリアントエレンのペニスの先端から、白い液体が溢れ出している。

「ちがう……今のは、事故だ……!」
「じゃあ、そろそろ覚悟を決めてくれるか?」

 体勢を正常位にして、すべすべな足を抱える。
75 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:32:22.92 d
 アルファリヴァイは、ゆっくりと腰を押し進めた。
 その圧迫感に、ブリリアントエレンは息を飲む。

「あっ……あ、あ……きつ……」
「下の口は慎ましいな?」
 アルファリヴァイの指は、ブリリアントエレンの下生えを優しく撫でた。
 さりさりとした感触を楽しんで、指先で弄ぶ。

「あんなに嫌だって騒いでいたくせに、しっかり勃起してるじゃねぇか」
「ふ、ぅ……」

 恥ずかしさのあまりか、ブリリアントエレンは顔を真っ赤にして泣き出した。
 もっと苛めてやりたくなってしまう。

「お前、可愛いな。普段から甘えられねぇんだろう」

 アルファリヴァイには歳相応の余裕がある。
 思えば自分は四十代で、今組み敷いている青年は二十歳に届かないだろう。
 ――犯罪みてぇだな。

「違う……オレは別に甘えたくなんか、ない」
「いいんだぞ? 俺はキングじゃねぇんだ。みっともねぇ姿見られても構わねぇだろう?」
「うぁ……広げんなぁっ……キング……」

 小さな声で、彼は自分のパートナーを呼んだ。
 アルファリヴァイは、キングリヴァイよりも饒舌だった。

「五十回だったな」

 ブリリアントエレンの太腿を抱えて、ゆっくり抽送を開始した。
 電光掲示板に、一、二……とピストン回数が表示されていく。

「でかっ……い……裂けちゃう」

 男として成熟したアルファリヴァイの男根は、太い。
 いつもこれで番であるオメガエレンを悦ばせているのだ。
 年が違えば経験も違う。

「裂けねぇよ……だが、お前の中きついな」
「早くイッちゃえ、……早漏……」

 ブリリアントエレンは己の役目を思い出したかのように、自らも辿々しく腰を振り出した。

「残念、俺は遅漏だ」
「ひっ、あっ……奥っ」

 アルファリヴァイは奥へ奥へと穿っていく。
 彼の中はきつく締め付けて、離そうとはしない。

「ばか、そこ、アッやめっ、イッ……!」

 彼の良いところを見つけて、ごりごりとえぐってやるとブリリアントエレンは簡単に達した。
 白濁液は彼の濃紺の制服を淫らに汚していた。
76 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:32:38.26 d
「気持ちよかったか?媚薬の香も焚いているからな、気にする必要はない」
「も……やだ……やめて……」

 強気な瞳に涙を溜めて懇願する。

「やめねぇよ。お前もセックス好きだろ?」
「好きじゃない……すきじゃないけど……んっ、く」

 必死に奥歯を噛んで、喘ぎ声を押し殺している。
「……なぁ、ブリリアントエレン。俺のバースタイプはアルファなんだが……アルファって知ってるか?」
「?ん、しらないっ」
「アルファの精子は特別でな……雄でも雌でも孕ませることができる」

 もちろん、アルファにそんな能力などあるはずない。
 わざと声を低くして、赤い耳元で囁いた。
 それだけでブリリアントエレンの肩が跳ねた。

「はらませ……?」
「そう。お前も孕ませてやるからな? 赤ちゃんできるんだ」
「……っ、や、いやだっ」

 ブリリアントエレンは信じたようだ。
 暴れれば、暴れるほど中がきつく、ぎゅうぎゅう締め付けられていく。

「はっ……」

 思わず薄く笑っていた。
 なるほど、これは苛めがいがある。
 肌と肌のぶつかる音が響く。
 ブリリアントエレンの下に敷かれたコートはもうぐちゃぐちゃだ。

「んっ、あ、……ひっ、あああっ」

 普段の言動に似合わず、可愛らしい喘ぎ声を漏らす。

「くっ……すげぇ、締め付け……」
「ああっ、ど、どうしよ……やだ……気持ちいい……ごりごり、奥ぅ」

 わけも分からず、ブリリアントエレンはよがる。
 抑えていた喘ぎ声はだんだん大きくなっていく。
 律動も激しくなっていく。

「またイッちゃう!あんっ」
「俺もイきそうだ……」
「おまえはっ……らめ、らからな!中出ししたらぁ……ころしゅ……」

 呂律が回ってない。
 ころしゅ、と言われたって恐くもなんともない。

「ほら、締め付けたら、イッちまうぞ」
「いやぁ……ひ、んっ……あぁ、も、いくいくっ……!」

 ブリリアントエレンの腹が大きく波打ち、また達した。
 中がうねるように、アルファリヴァイの男根を締め付けた。
 ブリリアントエレンは自らの白濁液で、自分のシャツを汚してしまった。
 真っ白な精子は、この服に良く映える。
77 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:32:53.91 d
「……悪い。出した」
「う、うしょだろ……中、あ……ああ……出てるぅ……」

 しくしく泣きながら、ブリリアントエレンは下腹あたりを撫でた。
 アルファリヴァイが腰を引き、埋め込まれたペニスを引き抜いた。
 一緒にとろ……、と中から残滓が零れた。
 慎ましやかなブリリアントエレンのアナルはひくひく、と蠢きまだ物足りなさそうに蠢いている。
 電光掲示板を確認すると、回数は四十七回で止まっている。

『おーっと! アルファリヴァイさん、ブリリアントエレンさんに中出ししてしまいました! 残念!』

 司会者のノリノリな声も部屋中に響き渡った。

「あー……百万円は無しか」
「呑気なこと言ってんな! 孕んじゃったらどうするんだよ!」

 ブリリアントエレンは四つん這いの姿勢になり、自分のアナルからアルファリヴァイの精子を指で掻き出し始めた。
 自らの指を後孔に埋める際、小さく「ん……」と鼻にかかった声を上げたのは聞き漏らさない。

「早く……出さないと……あっ」

 これは何のサービスだろう、とアルファリヴァイは呑気にその光景をじっと見つめる。

「くぅ……ん」

 ブリリアントエレンの尻穴からは白濁液が溢れて、太腿を伝って流れていく。
 卑猥な光景だ。
 これを無意識でやっているのだから、恐ろしい。

「なぁ……ブリリアントエレン。真剣になっているところ悪いが……アルファの精子が他人を孕ませるという話は、嘘なんだ」
「はっ!?」

 驚愕の瞳で、ブリリアントエレンは顔をこちらに向けた。

「まぁおかげで可愛い反応を見ることが出来たわけだが」
「し、しね! 許さねぇ!」

 顔を真っ赤にして、弱々しい右ストレートをかましてくる。
 それをやすやすと手のひらで受け止めて、彼の手を握る。

「今度はキング相手でも素直になれそうだろ?」
「……ばかじゃねぇの」

 そう憎々しげに呟いたブリリアントエレンはなかなかしおらしく、耳や首まで真っ赤に染まっていた。
78 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:33:09.45 d
Aキングリヴァイ×えれりん

「よろしくお願いします!」

 キングリヴァイに向き直ったえれりんは、礼儀正しくおじぎをした。
 それから、自分から白の下着を勢い良く脱いだ。

「…お前は結構思い切りがいいな」

 うちのエレンとは大違いだ。
 最後までこのゲームに渋っていた。
 今頃彼はうまくやれているだろうか。

「…あなたのその衣装は…映画か何かですか?」

 こてん、と首を傾げると、えれりんの頭のリボンも愛らしく揺れた。
 彼の双眸はじっと、キングリヴァイの濃紺の衣装に注がれている。

「えいが?なんだそれは」
「オレ、今日はすげぇ大事な仕事だって聞いてたんで!頑張ります!枕営業ぐらいどうってことありません。はじめましょう!」

 一人で勢い良く喋り、ぺろんと短い裾を持ち上げた。
 先ほど下着を脱ぎ去ったので、そこにはつるりとした性器が露わになり、天を向いている。

「…お前、まだ生えてないのか?」
「え?陰毛ですか?水着の撮影もあるんで、剃りましたけど…」

 剃毛までしてるのか、とキングリヴァイは感心する。
 少女のような風貌だが、なかなか気概がある。
 えれりんの股間は産毛一つも生えていない。
 そのぶん、赤くなったペニスが卑猥に映っている。

「えと……オレを気持ちよくしてくれますか?」

 ちょっと趣旨がズレている。
 えれりんはすっかり雌の顔をして、キングリヴァイを誘う。
 ギャラリーがある中での性行為は、初めてではない。
 セックスの相手はもちろんリヴァイプロデューサーだけだが、たくさんの性技を教わった。
 これも枕営業、サービス……だと本人は勘違いしている。

「剃毛いいな……今度あいつにもしてやるかな」

 キングリヴァイは獰猛な雄の顔をして、えれりんを押し倒した。

「うおっ!あ、いけね……言葉遣いまた注意されちまう……きゃんっ」

 押し倒された衝撃で、えれりんは野太い声を上げたが、すぐに言い直した。
 何故そこまで徹底するのか文化の違うキングリヴァイが分かるはずもない。
 ぷるぷると震えている陰茎に手を添えて、キングリヴァイはそれを口の中に招き入れた。
79 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:33:25.66 d
「ふ、あぁっ、……んっ」

 たったそれだけで、えれりんは熱い吐息を漏らす。

「ぐちゃぐちゃにしてぇ……」
「じゃあ、遠慮無く」

 キングリヴァイは口をすぼめて、えれりんのペニスをフェラした。
 舌先で先端をねぶったり、竿を舐めたり。
 陰毛の生えていない白い股間は手触りも気持ちがいい。
 卑猥な音が響く中、えれりんは自分の胸当てを上にずらして、乳首を露出させた。
 ぷっくりと膨らみ、女性のようなパフィーニップルだ。
 あろうことか、自分で乳首を弄り始めている。

「ひっ、あっ、気持ちいい……おちんちん気持ちいい……!」
「乳首も気持ちいいんだろ?」
「ぅん、そうれす……おっぱいも、気持ちいいっ」

 感じ方は人それぞれ。
 あまりに感じやすいえれりんの体に、キングリヴァイは驚きを隠せない。
 ――こいつに付き合っているリヴァイプロデューサーもすげぇな。よほどの絶倫か。

「悪かったよ、俺も乳首いじってやるからな?」

 ぎゅう、と強くえれりんの乳首を摘んでやると、「ひゃああんっ」と甲高い声を上げて射精した。

「おいおい……たったこれだけで、イッたのか……?」
「ん、オレ……乱暴にいじられるの、慣れてないから……つい……」

 とろん、と蕩けたえれりんの顔には「もっとして」と書いてあるようだった。
 乱暴にされるのは慣れていないらしい。
 いつもどれだけ蝶よ花よと可愛がられているのか。

「お前淫乱なんだなぁ? 痛いの好きか?」

 今度は乳首に歯を当てて噛んでやる。
 強めに吸い上げると、えれりんは海老反りになって悦んだ。

「あっ、あはぁ……エッチが好きぃ……きもちいの、だぁいすき……ぁんっ」

 またイきそうになったので、キングリヴァイはえれりんのペニスの根本を強く握った。
 射精はまださせてやらない。

「なんれ……? なんで、イかせてぇ……イきたいよ……びゅーって出すんだよぉ……」

 射精したくてたまらないえれりんは、恥ずかしい言葉も平気で使う。
 出させて、と懇願する彼は最高にエロかった。
80 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:33:42.15 d
「そんなにすぐイッてたら、へばるぞ」
「らいじょうぶれす……オレ、ローター挿れたままライブしてぇ…イきまくったけど無事に終えたし…」
「ライブ?」
「オレ、アイドルだから…これくらい平気ぃ……」
「アイドル?」

 キングリヴァイは完全にえれりんのペースに飲まれている。

「あっ!もしかして、オレだけ気持ちよくなって怒ってます!?」

 えれりんは、がばりと勢いよく起き上がった。

「すみません、気づかなくて…オレよく注意されるんです。夢中になると全然周りが見えてないって」
「いや、怒ってはいないが……」
「キングリヴァイさん、今すぐオレのけつまんこで気持ちよくしてあげますからね!」

 そう言うと、今度はえれりんがキングリヴァイに跨ってきた。
 どうやら騎乗位をしてくれるらしい。

「わ…すげぇでっかい…リヴァイプロデューサーと同じくらい?」
「お前…よくべらべら喋るな…」

 陰茎のサイズを比べられて、少々気恥ずかしい。
 けれど、えれりんはそんなのお構いなしに、愛おしげにキングリヴァイのペニスを撫でている。
 律儀にスカートの裾を持って、結合部まで見せてくれるというサービス精神だ。

「もう挿れるのか?準備は?」

 と、尋ねると「もうしてきました」と笑った。
 思わず、えれりんとブリリアントエレンを重ねて見ていた。
 彼のこんな笑顔なんて見たことが無かったから、しばし見惚れてしまった。

「よいしょっと…では、いただきます」

 位置を定めて、えれりんがゆっくりと腰を落としていく。

「ん、あぁぁ…奥まで響く…っちんぽしゅごい…」

 一気に根本まで飲み込んでしまった。
 男とやり慣れたビッチなのかと思いきや、彼の中はきつく締め付けてくる。
 まるで処女のような狭さだ。これが名器というものなのだろう。

「ほら、体こっちに傾けてみろ。乳首いじってやるよ」

 えれりんは上半身を傾けて、器用に腰を振り始めた。
 彼がもっと気持ちよくなれるように、キングリヴァイも刺激を待ち望んだ乳首を指で弄ってやる。

「んっあっ、良いっ!全身、きもちいよぉっ!おかしくなるっ」

 ぱちゅ、ぱちゅ、と肌と肌が打ち合う音が響く。
81 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:33:52.40 d
「あんっ! あ、あっ……またイッちゃったぁ……」

 えれりんが飛ばした精液はキングリヴァイの腹に落ちて、ベストを汚した。
 けれど、そんな瑣末なことに構っている余裕はない。
 どうやらえれりんはイきやすい体らしい。

「キングリヴァイしゃんっ!どうですかっ、オレの中……気持ちいいですかっ?」

 揺れながら、えれりんは尋ねてくる。
 彼は他人からどう見られるのか、熟知している。
 一番いやらしくて雌の顔を披露してくる。

「あぁ……悪くない。悪くないが……主導権を握られるのは、好みじゃねぇんだ」
「え? あっ! ひゃぁんっ」

 挿入したまま、体勢を変えてしまう。
 今度は後背位の獣の交尾のような格好だ。

「あー……またちょっと出ちゃったぁ……」

 体勢を変えただけなのに、えれりんはまた達してしまったらしい。
 後ろからスカートを捲ると、白くて小さな尻がいやらしく揺れていた。

「とんでもねぇビッチだな。お前は」
「ビッチじゃないです……!」
「みんなに見られて、気持ちいいんだろう? どうする? ギャラリーのお客さんにもハメてもらうか?」

 尋ねながらも、答えさせない。
 後ろからキングリヴァイの剛直で強く突き上げると、えれりんの細い体はよくしなった。

「あぁっ……! またっいくぅ……っ!」

 あっけなくえれりんはまた射精してしまう。
 先ほどからイきっぱなしなので、こちらが心配になる。
 えれりんの太腿は自分が出したものでしとどに濡れていた。

「ねぇ……お願い……オレの中に精子ちょーらい……」

 肩越しにえれりんは振り返る。
 彼は魔性だ。自分の可愛さを熟知して、男を落とす。

「はっ……」
「ねぇ、我慢しないで……ほらぁ……オレの中でイきたいですよねっ」
82 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:34:09.77 d
 くぱぁ、と指で臀部を掴み、ぽってりと赤く膨らんだ尻穴を見せつけてくる。
 その中にはもちろんキングリヴァイの逸物がみっちりと収まっているのだ。

「ばか、煽るな……!」
「出していい、よ……! オレに種付けしてぇ!」

 完全に我を失っている。
 けれど、理性を失っているのはキングリヴァイも一緒だった。
 えれりんの細い腰を掴み、キングリヴァイはさらに激しく、深く、突き上げた。

「ああああっ」

 えれりんは大きく仰け反り、ぷしゃっ、ぷしゃっ、とペニスの先端から何回か透明な液体を射出した。
 それは間違いなく、潮である。

「……っ!」

 キングリヴァイも悩ましげに眉根を寄せて、彼の中に射精した。

「ん、……あ……潮噴いちゃった……」

 ぽた、ぽた、とスカートの裾から雫が滴っている。
 その様子からして、潮吹きをするのは初めてでは無いらしい。

「おい……大丈夫か?」

 キングリヴァイは気遣うように、えれりんの顔を覗きこむ。
 力が抜けて、尻だけを高く上げてぐったりと伏せている状態だ。
 けれど、彼は思った以上に元気そうだ。
 瞳は潤んでいるが、意識ははっきりしている。

「もう一回します?」
「……お前見た目以上にタフだな」

 やわな子どもだと思っていた。
 とんでもない、えれりんは少女のような格好をしていても侮れない。
 一体、リヴァイプロデューサーという男は日頃からどんな訓練をしているのか、純粋に気になった。

『はい、残念! キングリヴァイさんとえれりんペアは、中出ししてしまいましたー! おやおや、えれりんはまだ足りないのかなー!?』
83 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:34:27.91 d
Bリヴァイプロデューサー×新兵エレン

「同じエレンと言えども、それぞれ違いがあるんだな」
「は……?」

 きょとん、と見上げているエレンは、何が起こっているのか分かっていない様子だった。

「悪いが、百万円とやらは貰うからな?」

 諭すような優しい声音で、リヴァイプロデューサーは言った。
 覆いかぶさるようにして、退路を塞ぐ。
 不安げにエレンの瞳が右へ左へと動いた。
 それはきっと上官であるリヴァイ兵長の姿を探していたのだろう。
 えれりんよりも筋肉がついていて、無骨である。
 リヴァイプロデューサーもわずかに興奮を覚える。

「オレ…百万円、渡しませんよ」

 組み敷かれているエレンも、キッと睨むようにこちらを見ていた。
 その顔つきは幼さを残すものの、立派な兵士である。

「頼もしいな」

 リヴァイプロデューサーは、ふっと目元を笑みの形にした。
 たったそれだけでエレンはどぎまぎしてしまう。
 同じ顔なのに上官のリヴァイとは全然雰囲気が違う。
 強面なのに、蕩けてしまいそうなほどに優しいオーラはなんだろう。
 ぼぅっと見つめているエレンをよそに、リヴァイプロデューサーは無数のベルトが巻き付いた下肢に手を伸ばした。
 ベルトをずらして下履きを脱がしていく。

「すげぇ服だな。ベルトがここ通ってんのか?」

 ほぅ、と感嘆の息を漏らし、際どい部分を指でなぞった。
 それだけでエレンの身体がビクッと震えた。

「へ、変なところ、触るな…っいでくださいっ!大事なベルトなんです…」

 中途半端なところで敬語に直す。
 いくらリヴァイと違うと言われても、上官に見えてしまうのだから仕方がない。

「初めて見る服なんだ。もっと見せてくれ。次のステージで使えそうだ」
「ステージ?」

 リヴァイプロデューサーは決定的な刺激は与えず、足の付け根や薄い陰毛を弄んだり、太腿を撫で回す。

「っ…くすぐったい…!」

 近くですでに喘ぎ声が聞こえてくる。
 水音と肌を打つ音まで。
 もうどこかの組み合わせが始めているらしい。
 エレンも、その音の出処が自分のパートナーではないかと気が気じゃない様子だ。
84 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:34:43.77 d
「……ご、五十回ですよ」

 エレンが意を決したのか、ごくりと唾を飲み込んだ。
 股間を手で隠した状態で、足を広げていく。

「分かっている。酷いことはしないから、安心しろ」

 エレンは屈辱的に顔を歪めながら手をどかした。
 引き締まってはいるけれど、柔らかい太腿にはベルトの跡が蛇のように這っていた。
 それは一時間やそこらでついた跡ではない。
 何年も締め付けていた跡が痣となって、色っぽく映えていた。

「お前は処女か?」
「はぁっ!?」
「小せぇ穴だな……」

 リヴァイプロデューサーの指が、直接エレンのアナルを撫でた。

「ひっ……!」
「まさかヤッたことねぇとか言わねぇよな?」
「あ、ある……! 馬鹿にすんなっ!」
「まぁ、ケツの穴弄られてちんぽ勃たせてるんだから……好きなんだろ?」

 一組に一つ用意されたローションを手のひらに垂らして、エレンのアナルをほぐしていく。

「ちがぁ……好きじゃ、ねぇ……」
 ぬち、ぐちゅ、と粘着質な水音が響き始める。
 すでにリヴァイプロデューサーの指を難なく飲み込んでいる。
 好きじゃない、と言いつつも、エレンの顔はゆるゆるに蕩けていく。

「上の服捲れ」

 その言葉の意味をちゃんと理解して、エレンは裾を胸まで捲り上げる。
 案の定小さな乳首はつん、と勃っていた。
 先程から上半身の薄い布を押し上げて、エレンの胸には小さな尖りがあった。

「初々しい反応をする。えれりんにもこれくらいの恥じらいがあると良いんだが……」
「は、恥ずかしい……から」

 じっと見られた恥ずかしさのあまりか、エレンは裾を下ろして隠そうとする。
 けれど、それをリヴァイプロデューサーが許さない。
 無駄な抵抗も片手一本でいなしてしまう。

「隠すんじゃねぇよ」

 再び現れたエレンの淡い色の乳輪を、触れるか触れないかの位置で円をなぞる。
 はぁん、と悩ましげな声が彼のふっくらとした唇から漏れた。

「……お前、アイドルの素質あるぞ」
「は、……あ……アイドル?」
「体も引き締まっているし、感度も悪くねぇ……ちょっとキズモノだが」
85 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:34:59.05 d
 つぅ、とベルトの跡まで指先でなぞる。
 たったそれだけで、びくっ、びくっ、と肩が跳ねた。

「こっちも、もう良いだろう。ほら、腰を上げろ」
「ひっ……オレ、やっぱり無理……」
「なんだ、お前は百万円欲しくないのか? 大好きなリヴァイ兵長とやらのために」

 彼のパートナーの名を出すと、ハの字眉だった表情は一変した。
 気の強そうな瞳の奥に、ぎらぎらとした獣を飼っている。

「兵長のために……あなたに賞金は渡しません」

 意を決したらしく、エレンの体から、ふっと力が抜けた。
 抵抗をする気は無いらしい。

「えらく従順だな。よく躾されている」
「……あの、オレはどうしたら……」
「気持ちよくなってくれれば、それでいい」
「……兵長と同じ顔で……」

 エレンは顔を真っ赤にさせて、足をぎこちなく開いた。
 兵士なだけあって、その体はえれりんよりも固くて筋肉質だった。
 どうやら、普段から甘い言葉をかけられることに慣れていないらしい。
 リヴァイプロデューサーは結合部をじっと見つめるエレンの視線を感じながら、ついに挿入した。

「ぐ……あ、あぁ……」
「入っていくぞ……」

 痛いのか、エレンは目の縁に涙を溜めて唇を噛んだ。

「は、あっ……入っちゃった……あぁ……くるし……」

 ついにリヴァイプロデューサーの逸物を根本まで飲み込み、少し悲しそうな顔をするエレン。
 無垢そのものだ、と思う。

「なぁ、エレン。バイブって知っているか?」
「バイブ?なんですかそれ……」

 それどころではないエレンに向かって囁く。
 リヴァイプロデューサーが取り出した、文明の利器であるバイブを見ても、きょとんとしていた。
 いわゆる大人の玩具……アダルトグッズ。
 張り型ぐらいは知っているかもしれないが、これはさすがに分からなくて当然だろう。

「……対巨人用の罠か何かですか?」

 頭の中は巨人のことでいっぱいらしい。
 少しばかり意地悪をしてやりたくなってしまう。

「これはこう使うんだ」

 電動の音を響かせて、バイブが震える。
 まだ肌に当てる前からエレンはびくっと体を震わせた。
86 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:35:14.49 d
「な、なんだ!? え? アッ、ひっ」

 戸惑う彼をよそに、先端を陰嚢に触れさせてみる。

「いやだっ、ああああっびりびりくるっ……アァッ……やだそれ!」

 初めての感覚にエレンはよがった。
 弱々しい抵抗を見せながら、じたばたと暴れている。

「っは……!」
「なんだ、バイブでイッちまったのか?」

 バイブの快感に屈してしまったエレンは、ぴゅっぴゅっと射精をして自分の腹を汚した。

「それ……やめてくださ……! もう、イきたくない……っ!」
「俺はまだピストンもしてないんだぞ? ほら、愛しの兵長にイッてるところ見てもらえ」
「へぁ……?」

 潤んだ瞳で見上げた先に、紛れも無いリヴァイの姿を見つけてしまう。
 それどころか、目が合ってしまった。
 じわり、とエレンの大きな目の縁に涙が盛り上がる。
 そのタイミングを見計らって、リヴァイプロデューサーはようやく律動を開始した。

「アアッ見ないでぇ……へいちょうっ、あっ、うあっ」

 足を大きく開かされて、揺さぶられているエレンはいとけない。
 ぷっくりと膨らんだ乳首にバイブを当てながら、リヴァイプロデューサーが最奥を突く。

「すげぇ締まるな……見られていた方が興奮するか?」
「あっあっあっ、も、ブルブルやだっ」

 バイブが嫌な様子だ。
 こんな道具、見たことも初めてで恐いのかもしれない。
 初な様子が庇護欲をそそる。
 リヴァイプロデューサーはエレンの片足を持ち上げて、体勢を変えた。

「な、なに、ひぁっ」
「松葉くずしって言うんだ。覚えておいて損はない」

 エレンの細い腰が目に入る。

「このまま百万円いただきてぇところだな……」

 ぼそり、と呟いた声にエレンが反応する。
 快楽に蕩けてはいるが、眼の奥にぎらりと光るものがあった。

「だめ……オレの中でイかせてやる……」

 自ら片足を持ち、結合部を見せつけてきた。

「あっ、もっと……!もっとおく……ぅ」

 エレンは意図してなのか、中をぎゅうっと締め付けてきた。
 それだけではなく、自分で乳首を指先で転がし始めた。
 動きに迷いがない。
87 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:35:29.93 d
「はっ……初なツラして……やることやってんだな? 慣れてやがる」
「一人遊びは得意なんです……兵長のために、受け入れる体にする準備は怠りません……ん、アッ」

 自慰は彼の日常でもあるらしい。
 それがリヴァイのため、というのだから泣かせる。
 ひいては自分のためでもあるが、よほど『兵長』を大事にしているのだろう。

「兵長は抱いてくれないのか? 毎晩準備万端にしてるんだろう」
「兵長はお忙しい方だから……ん、自分で乳首弄ったり……張り型使うんですよ……あっあっ」

 受け入れる造りをしていない男の体を、毎晩どんな気持ちで準備しているのだろう。
 どんな顔をして自分で弄り、ベッドの中でひっそりと上官を待っているのだろう。

「こんなに敏感で大丈夫、か?」
「でも……オレの中、気持ちいいでしょう?」

 にこ、とエレンは妖艶に笑った。
 さっきまで童貞処女のような顔をしていたのに、急にオンナの顔になった。
 まるで手練の娼婦だ。
 ぞくりと背筋を這うものがある。

「ね、ほら……イッて……オレの中で出してもいいんですよ……」
「馬鹿……煽るな」
「出したいだろ……ん、あんたもえれりん以外の男に中出しするん、ですねっ?」
「あいつはビッチだから興奮しそうだけどな……」

 ため息混じりに言うと、エレンは目を見開いた。

「……あんた、意外と何も分かってないんだ」
「何がだ」
「えれりんのこと。あいつ、絶対嫉妬深いですよ」

 嫉妬深いえれりんなんて、想像もつかない。
 いつも仕事に一生懸命で、それでいてセックスが好きそうな素振りを見せるのに。

「まさか……あいつは男だったら誰でも良いって思っているふしがあるぞ」
「そんなわけありません。全部嫉妬の裏返しですよ……自分だけを見てもらいたいっていう……だから男好きなふりをする……そうすれば、リヴァイプロデューサーに構ってもらえるから」
「……ふぅん」
「アァッ! きゅ、急に動かないで……」
「ずいぶん余裕だなと思ってな」

 リヴァイプロデューサーはエレンの片足を抱えたまま、バイブのスイッチを入れる。
88 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:35:47.54 d
「!? ま、待って……それもう嫌……やだ、ぶるぶるしないで……」
「何故嫌がる? 気持ちいいだろう?」

 がつがつ、と奥を突いて、振動を最大にしたバイブをエレンのペニスに押し付けた。

「あああっ! ああっ、こわれちゃ、うっ! だめだめ……っ! アッ……」

 びくっ、びくっ、と痙攣して、エレンはぷしっ、と潮を噴いた。
 無意識なのだろうが彼の肉壁はペニスを咥え込むようにしてうねり、リヴァイプロデューサーは目的も忘れて射精してしまった。

「あー……お前の中、あったけぇな」

 電光掲示板を確認すると、表示された数字は四十九回で止まっている。
 あともう一歩だったのに。

「惜しいことをしたな……」
「あ……あ……どうしよ……」

 エレンはぶるぶると震えて、この世の終わりのような顔をしている。

「どうした。腹でも下したか」
「オレ……おしっこ……漏らした……?」

 どうやら、エレンはまだ潮というものを知らないらしい。
 もしかして初の潮吹きを奪ってしまったんだろうか。
 それは悪いことをした。
 リヴァイプロデューサーはゆっくり腰を引いて、エレンの顔を覗き込む。
 瞳の縁には涙が盛り上がっている。
 ――そそる泣き顔をしている。
 潮を教えてやるべきかどうか迷い、結局黙っていることにした。
 呆然としているエレンの尻からは、とろとろと白濁液が零れ落ちた。
 それを見て、ギャラリーが興奮したように指を差している。

『はい! リヴァイプロデューサーさん残念でした! エレンくんもバイブが癖になってしまわないことを祈ります!』
89 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:36:05.11 d
Cリヴァイ兵長×オメガエレン

「絶対に……射精しないでくださいね」

 オメガエレンが念を押すように言い、リヴァイはじろりと睨む。
 その視線だけでオメガエレンはぞくぞくと背筋を震わせているとも知らずに。
 現代に生きるアルファリヴァイと違い、兵士である男の視線は少々刺激が強すぎたようだ。
 それに四十代であるアルファリヴァイは色々と落ち着いて、見た目とは裏腹に仕草は優しい。
 けれどリヴァイ『兵長』は野獣を思い起こさせるほど、強い眼差しをしている。
 まるでこの身を捧げに来た気分だ。

「……お前こそ、準備はいいんだろうな」

 リヴァイは首元のクラバットをしゅるしゅると解いた。

「は、はい……」

 急に顔を赤らめたオメガエレンに、リヴァイは訝しむ。
 なんだかしおらしくなったような気がする。
 ただ見ていただけなのに、その視線をどう受け取ったのかオメガエレンは自ら服を脱ぎだした。
 上等な布を使った服だ。
 二十代のオメガエレンは栄養があるものを食べているらしく、自分が知っているエレンよりも肉付きが良かった。
 それは決して太っているわけではない。
 肌ツヤが良く、全身の血色も良い。
 触り心地の良さそうな太ももに、悩ましい腰のラインに、どうしようもなく心をかき乱された。
 ふっくらと赤く色づいた乳首は、普段から愛されている証だ。
 そう、この体は常日頃から愛情をたっぷりと注がれた形をしている。
 顔つきは未来のエレンなのに、どこか別人とすら思える。

「あの……あまり見ないでください……」

 その恥じらい方は、これから起こる快楽を知っている。
 十五歳のエレンであれば、色気も情緒もあったものじゃない。
 兵士らしく素早く脱衣し、全裸になったとしても今頃敬礼しているような少年だ。
 それが……オメガエレンは男の悦ばせ方を熟知している。
 どんな視線が、どんな表情が、どんな脱ぎ方が、自分の体のどこが魅力的か、全て知っている。
90 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:36:29.63 d
 全裸になったオメガエレンはさりげなく、股間を隠して佇む。肖像画にしたら良い、と言ったら彼は怒るだろうか。

「……薄いな」

 つい思ったことをそのまま口に出してしまった。
 股間の茂みが薄くて、まるで思春期前の少年のようだった。
 成熟した体の中で、そこだけが目を引いてしまう。

「ホルモンの関係上、体毛が薄くなってしまうんです……あんまり見ないでください」

 いよいよオメガエレンの顔が羞恥に染まる。
 なるほど、これはなかなか趣がある。

「あの、では……どうぞ。もう挿入できます」

 ぱかっと足を開く様は、やはりエレンだなと思う。思いきりがいい。

「慣らさなくていいのか」
「も、もう濡れてるんで……っ」

 オメガエレンは耳まで真っ赤にさせて、言った。声が裏返っている。

「濡れる?」

 リヴァイは指先をオメガエレンの足の間へ滑りこまされる。陰毛が生えていない分、とてもさわり心地が良い。
 くちゅ……といやらしい音が、予想以上に響いてしまう。
 さらに、滑って指が奥へと飲み込まれてしまった。
 オメガエレンの中に入った指は、温かい媚肉にぎゅうぎゅうと締め付けられる。

「おい……なんだこれは」

 尋ねながら指をかき回すように動かす。
 そうしながら、彼の良いところを探す。

「アッ……ちょ、指……!あああっ」
「びしょ濡れじゃねぇか。何かこの奥に仕込んでるのか?」
「し、仕込んでません!こうなっちゃうんです」
「お前……女なのか?いや、女だってこんなに濡れねぇだろ?聞けよ、ほらこの音。すげぇな?」

 硬い声で責めるように尋問する。
 濡れすぎて、リヴァイの手のひらはオメガエレンの愛液まみれだ。

「やっ……アッ、ん、んんっ……」

 勃っていたオメガエレンのペニスから、少量の精液が溢れた。

「……まさか、これだけでイッたわけじゃねぇよな?」
「ご、ごめんなさい…オレ……イッちゃいました……」
「これがオメガっていうやつなのか? 俺の手をこんなに汚しやがって」

 漏らした訳でもないのに、オメガエレンの股間はぐっしょりと濡れていた。
 彼の目の前に指を持って行くと恥ずかしそうに視線を逸らした。
91 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:36:48.58 d
「綺麗にしろ。できるよな?」
「は、はい…」

 ドキドキと胸を高鳴らせながら、オメガエレンはおずおずとリヴァイの指に舌先を伸ばす。
 最初は仔犬のようにぺろぺろと、それからねっとりと舌全体で舐める。
 まるでフェラチオをしているような顔と舌使いになっている。

「…舐めてるだけなのに腰が揺れてるぞ」
「す、すみません…!あ、あの…オレもう…もう我慢できなく、て」

 先程からオメガの性器が疼いて仕方がない。
 若い時のアルファリヴァイが目の前にいるようで、オメガエレンの思考回路は段々と蕩けてきた。

「ほぅ…確かに、今はゲームの最中だったしな。セックスしねぇと終わらねぇもんな」
「どうぞ…オレの中で果ててください」

 挑むような目つきでリヴァイを見上げる。

「四つん這いになれ」

 めったに命令されないオメガエレンは、言われたとおりの体勢になる。
 少しだけ…ほんの少しだけ命令されて胸を高鳴らせていた。
 ちょっと乱暴にされると、体の奥の方が熱くなる。
 リヴァイはオメガエレンの後ろに周り、そのまろい尻を撫でた。
 たったそれだけで白い体が震える。
 日焼けしていない綺麗な肌だ。

「…う、あ…後ろめたいんですか?」
「何がだ」
「バックの姿勢を取らせるからです。そっちのエレンに申し訳が立たない?」

 オメガエレンは肩越しに振り返り、ふふ、と艶やかに笑った。
 もう少年ではない、青年の大人びた笑い方だ。

「…お前こそ」

 図星を突かれて、リヴァイはばつが悪くなった。
 ぺしっと尻を叩いてやった。
 軽く叩いたつもりなのに、彼は嬉しそうに双丘を跳ねさせた。

「ん!うちは寛大なんです…たぶん…いつも優しい。でも…優しいのが時々嫌になる」

 語尾は小さくなった。
 なんだか不満があるらしい。

「…そっちのアルファリヴァイはずいぶん余裕があるように見えるが」

 自分と違い。
 自分はいつも余裕が無い。
 いつも一回り以上年下の少年に翻弄されている。
 どう愛してやったらいいのか、分からない。

「余裕があるからムカつくんですよ。オレだってたまには嫉妬されたいし…あの余裕のある顔を崩してやりたい」
92 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:37:04.04 d
「そうだ…今頃若いエレンにぶちこんで、あの余裕な顔してるんだ。オレが他の男に孕まされてもいいって言うんだ、きっと」

 オメガエレンの頬を綺麗な涙がほろ、と滑っていった。

「顔は同じでもみんな違う。どのリヴァイさんも違う」
「…射精しないように努力する」

 エレンの泣き顔は苦手だ。
 固くて無骨な指で、彼の透明な涙を拭ってやった。

「優しいですね…兵士のリヴァイさんは。顔はすげぇ怖いけど。そっちのエレンは幸せでしょうね」
「どうだか…いつもベッドの中で辛そうな顔してやがる」
「自分をさらけ出すのが怖いんですよ」

 オメガエレンはくるん、と寝転がって仰向けになる。
 シーツに広がった柔らかそうなダークブラウンの髪は自分の知っているエレンと変わらなそうだった。

「オレを抱いてください」

 この異質な空間で、頭の中が麻痺しそうになる。
 いや……もう、とっくの昔に頭の中はおかしくなっている。

「ああっ、あ」
「油もいらねぇって体は…不思議なもんだな」

 無理やりに押し込んだ自分の陰茎は、オメガエレンが根本までしっかり咥え込んでいる。
 嬉しそうにきゅうきゅうと締め付けて、愛液を垂れ流していた。
 正常位のままオメガエレンは白い首元を反らして荒い呼吸を繰り返している。

「む、無理やり、挿れたぁ…裂けちまう…っ」
「お前は痛い方が好きなのか?」

 色づいた乳首を強めに摘んでやると、甲高い声が上がった。
 ぎゅうっと締め付けられて、危うくイくところだった。

「痛いのはっ、嫌い…!」
「その割には気持ち良さそうだ」

 さらに強く乳首を引っ張ってやると、「ひああっあっ」とよがりながら達した。
 びくっびくっと体が痙攣したかのように跳ねていた。

「お前…ドライでイッたのか?」
「雌イキ…覚えたばっかれ…あぁ」
「お前、ちょっと乱暴にされるとすぐにイくな」

 達したばかりで敏感になっている体を、さらに責め立てる。
 潤いすぎたオメガエレンの体内から、激しい水音が響き渡る。

「はっ、あっ、はしたない音、聞かないでぇ…っ!」
「本当は聞かせてぇくせに」

 腰を掴んでがつがつと揺さぶってやった。
93 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:37:21.85 d
 ふと、視線を上げた先、潤んだ双眸と目が合った。
 エレンだ。自分の恋人であるエレンだ。
 なんで、こんな時に。
 自分以外の男に犯されているエレンは、泣きながら「見ないでっ」と叫んでいた。
 相手はもちろん自分と同じ顔なのだけれど、例えようもない嫉妬心が芽生えた。
 それ以上に、自分が今傷ついている事実に驚く。

「……ショックですか?」
「あ?」

 オメガエレンが同情するような顔で、リヴァイを見上げている。

「慰めてあげます」

 彼は両手を伸ばし、リヴァイの頬を包み込んだ。
 労るような、優しい仕草だった。

「……お前だって、同じだろう」

 リヴァイは彼の指を軽く噛んでやった。

「ん……」

 オメガエレンの膝裏を持ち、ぐっと引き倒してやった。
 まるで上からプレスするかのように律動を始める。

「アッ、ああっ、ふか……あ!」
「お前、体柔けぇな」
「ひ、ああ、」

 乱暴な腰つきでオメガエレンを責め立てた。
 どことなく嬉しそうな表情は気のせいか。

「何笑ってやがる……!」
「必死で、可愛いな、って……」
「何が可愛いだ。俺の方が年上だぞ」

 おちょくられているようで、面白くない。
 オメガエレンの体をひっくり返して、後背位の体勢で穿つ。

「あっ……がっ! だめ……出しちゃだめっ、です」
「運次第だ」
「中出ししないで、お願いっ」
「俺だってしたくねぇよ」

 オメガエレンは必死にシーツを掴んでいる。
 駄目、と言いつつ、彼の中は射精を促すようにうねっている。
 男を悦ばせるための造りをしている。
 熱くて、蕩けそうで、濡れていて……最高にいやらしい。

「はらむっ……孕んじゃう……っ!ナマでされて……ど、どうしよっんっ」

 もう熱に浮かされて、何がなんだかわかっていないらしい。
 オメガエレンは泣き笑いしながら、喘いでいる。
 ――まずい……このままだと……本当に――……
94 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:37:37.07 d
『はーい!そこまでー!リヴァイ兵長おめでとうございます!見事、百万円ゲットですー!』

 プァーッ!とラッパのような音が室内に響き渡る。
 光で数字を映し出す板(電光掲示板)が五十という数字でカウントストップし、点滅している。

『さすが人類最強のリヴァイ兵長!下半身も最強のようです!オメガエレンくん、中出しされなくてちょっと残念かなー!?』

 ふざけた司会者はさておき、リヴァイは慌てて自分の男根を抜いた。
 一拍置いて、ビュッビュッと熱い残滓がオメガエレンの尻や太ももの裏を汚した。

「は、あ…あぁ…あちゅい…はは……リヴァイさん以外の男に汚されちゃった…」

 肩で息をしながら、彼は気だるげに起き上がる。
 達していたらしく、オメガエレンの太ももは自分の精液と彼の精液で酷く汚れていた。

「…俺もリヴァイだが」
「中出しされなくてちょっとホッとしましたけど、なんか物足りないかも…」
「オイ」
「それにちょっと悔しいんですよね…オレの中じゃ満足していただけませんでした? ガバマンでした?」

 完全にスイッチが入っている。いや、確信犯か。

「その辺にしろ。いい加減、俺も怒る」

 オメガエレンの後ろから、額に青筋を浮かべるアルファリヴァイがぬっと手を伸ばして腰を抱いた。

「珍しい。リヴァイさんが怒ってる」
「当たり前だ」
「…いつも余裕のくせに」
「余裕なわけあるか。隠してるんだ、これは」
「どうして隠しているんですか?」
「格好悪いところ、見せられねぇだろうが」
「…どんな姿だって、格好いいですよ」

 オメガエレンはアルファリヴァイの体へ寄り掛かる。

「物足んねぇんだろ?なら、抱かせろよ」

 アルファリヴァイの凶悪的な陰茎は、すっかり天を向いている。
 オメガエレンの瞳がとろん、としている。

「はい……どうぞ…今度はたっぷり中出しして欲しいです」

 オメガエレンは自ら秘所を指で広げて、アルファリヴァイを誘った。
 広げられたそこは熱を孕んで潤み、男根を待ちわびている。

「ひくひくさせやがって…淫乱め」

 リヴァイの目の前でアルファリヴァイとオメガエレンに覆いかぶさった。
95 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:37:54.11 d
「……俺をだしに使いやがって」
「り、リヴァイ兵長!」

 溜息をついているところへ、自分の部下であるエレンが走り寄ってきた。
 そのまま勢い余って抱きついてくる。
 公私共に真面目な彼は、今まで絶対こんなことはしなかった。
 触れ合う時ですら緊張して肩を上げているような少年だったのに。
 今はぎゅうっと全裸の体を自分に押し付けている。

「……エレン」
「リヴァイ兵長はやはり凄いです! ひゃくまん……? とにかく凄い大金を手に入れるなんて……! それに比べてオレは、お役に立てず……」

 とろ、とエレンの内ももを粘着いた白い液体が流れていく。

「……よく頑張った」

 リヴァイは極めて優しい声を意識して、彼の丸い頭を撫でた。

「あ、ありがとうございます……あの、オレを軽蔑、しないんですか?」

 同じリヴァイと言えど他の男に中出しされたんですよ?とその瞳は訴えかけてくる。

「するわけねぇだろ」
「……あの、オレ毎晩リヴァイ兵長を待って、中をほぐしてるんです。兵長が気持ちよくなれるように、張り型使って自慰を……」

 エレンはぽつり、ぽつりと自分の罪を告白するかのように、打ち明ける。

「知っている」
「え!?」
「お前が準備してくれていたことは、体に聞けばすぐわかる。あと、張り型の隠し場所……机の引き出しは止めておいた方がいい。すぐに見つかる」
「う、うわあああああ! 恥ずかしい! 気づかれていたんですか! 恥ずかしい!」
「……もう変な緊張せずに、俺に全てを預けてくれるか。エレン」
「もちろんです……ですが、あの」
「なんだ」
「オレ、さっき……初めて潮吹き、した、みたいで……」

 初めては全部兵長が良かった、と小さく呟く彼が愛おしい。

「いや、以前から時々していたぞ。暗かったからわからなかったか? だが、すげぇ水音させてただろ」
「……えっ」
「安心しろ、エレン。お前の初めての相手はすべて俺だ」

 エレンはようやく安心したように笑い、それから恥ずかしそうに顔を真っ赤にさせていた。
96 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:38:10.65 d
「ふぅっ……疲れた。でも、良いトレーニングになりました。次のライブではもっと良いパフォーマンスができそうです」

 えれりんは大きく伸びをして、堂々と全裸で立っている。
 努力家な彼を、リヴァイプロデューサーは普段と違った見方で見つめていた。

「リヴァイプロデューサー。オレ、これくらい楽勝ですよ。何ならここにいる全員の男とハメたっていい。だから……いつでもオレを使ってください」

 その言葉はきっと本心なんだろう。
 だからこそ、気高い。
 どんなに汚れようとも彼は綺麗なままだ。

「なぁ、えれりん。足を開くのは俺の前だけにしろ」
「え?」
「嫉妬で気が狂いそうになる」
「オレが……ほかの人とエッチすると?」
「そうだ。そんなことをされたら、お前を監禁したくなる。誰の目にも触れないところへ隠したくなる」

 堂々としていたえれりんは急に下を向いてしまった。
 その表情は見えないが、彼の可愛らしい耳が真っ赤に染まっている。

「リヴァイプロデューサーが嫌がることは……絶対しません」
「なら、良かった」

 リヴァイプロデューサーがえれりんを抱きしめると、彼は急に初な少年に戻ってしまった。
 ただ抱きしめているだけなのに、腕の中で恥ずかしそうに身を硬くさせている。
 いつもの娼婦のような艶やかさはみじんもない。
 初恋を知った少年だ。

「ほら、帰るぞ」

 キングリヴァイは早々に身支度を整えて、ブリリアントエレンを振り返る。
 いつもであれば服を素早く着て、キングリヴァイの背後に控えているはずだ。
 だが、今日は全裸のままコートを抱きしめた状態で座り込んでいる。

「おい、どうした」
「……したい」
「あ?」
「あの、今すぐ……せ、性行為をしたくて……」

 恥ずかしそうに視線を逸らしながらブリリアントエレンは呟く。
 彼から誘ってきたのは初めてのことだ。
 いつもキングリヴァイが命令といった形で、体を暴くのだから。

「……今してただろう」

 アルファリヴァイと。

「オレは、キングとしたいんです!」

 彼は必死に叫ぶように言った。
 こんなに素直に自分の気持ちを伝えてくるブリリアントエレンに驚いてしまう。
97 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:38:26.45 d
 急にしおらしくなって、一体どうしたというのだ。
 いつも生意気に憎まれ口を叩き、ぎらつく瞳で睨んでくるのに。

「お願いします…オレを離さないで」
「誰が離してやるかよ」
「あなたに捨てられたら…困る…」
「これはハニートラップか?」

 キングリヴァイは口角を上げながら、座り込んだままのブリリアントエレンの額へ口づけをした。

「…く、口にしてください」

 ブリリアントエレンは歳相応の顔を見せて、強請った。
 この淀んだ空気の室内で拍手が沸き起こる。

『皆さん、おめでとうございます…皆さんの悩みを少しでも軽くすることができたでしょうか…さぁ、足元にお気をつけてお帰りください…』

 ぐわんぐわんと反響する声で、司会者が何やら言っている。
 開け放たれたドアから、新鮮な空気が流れ込み、頬をねぶっていった。
 リヴァイが目を覚ました時、そこはエレンの部屋だった。
 隣には全裸のエレンが気持ち良さそうに眠っている。
 ――夢、だったのか…?
 とても長くていやらしい夢を見ていた気がする。
 床には脱ぎ捨てられた衣服があり、昨晩エレンと体を繋げたことは覚えている。
 時刻はまだ夜明け前。
 身支度を整えて、自分の部屋に戻るとしよう。
 リヴァイは体を起こし、自分が脱いだ服を拾い上げる。

「へいちょう…」
「なんだ、起きたのか」
「はい…あの、今から、しませんか?もう一度」
「…どうした?」
「オレ、なんか変な夢見て…ウズウズしちゃって…」
「奇遇だな、俺もだ」

 恥ずかしそうにしているエレンを再びベッドへ押し倒して、マウントポジションを取る。

「せっかくランプに火を入れたが…消すか?」
「いえ…大丈夫です」
「いいのか?」
「恥ずかしいけど全部、見て欲しいんです」
「悪いが…今日は俺も途中で止まれそうにない」
「中に出して…いいですよ」

 うっすら笑って、リヴァイの眉間に唇を寄せる。
 エレンへの愛しさがこみ上げて、もう止まりそうになかった。

 二人の影が重なり合うベッドの上。
 その足元に大量の紙幣が詰まった包みが置かれていることに気づくのは、もう少し後のことである。



END(屁爆)
98 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:38:44.60 d
 エレンは女遊びの激しい部類の人間だ。
 それ故、セックスフレンドは何人かいたりする。
 それでも社内で変な噂がたたないのは、大人になって相手を選ぶ目が肥えたからだろう。
 この女性ならば面倒なことにはならないと思った相手としか夜を共にしない。
 それは主に年上の女性が多かったが、それ以外でもエレンは女性から誘われることが多く、異性から好かれることが多い。
 一番面倒なのは年下で、自分のことを可愛いと思っている女だ。そういう子には「君にはもっといい男がいるよ」と困ったように笑って言えば、なんやかんやあっても最終的には丸く収まってくれる。

「イェーガーさん、今夜空いてますか?良かったら、ご飯でも一緒にどうかなと思って…」

 少し頬を染めて上目遣いで窺う年下の女性社員は可愛く、不安そうに身を縮ませるものだから胸が寄って柔らかそうに弾んだ。あー、ヤりてぇな。その胸に顔を埋めたらどれだけ心地よいかと想像すると、今すぐにでも誘いに頷いてしまいそうだ。
しかし、この子は明らかに“彼女”という地位に拘るタイプだろう。エレンは面倒なタイプだな、と心の中で溜息をつく。

「あー、ごめん。今日はちょっと約束があって」

 眉を下げて心底申し訳なさそうに謝る。
 本当は約束などなかったし、できればその柔らかそうな体を堪能したかったが、秘書課のお姉さんの家にセックスをしにいく予定ができた。たった今。

「そうなんですか…残念です」
「ごめんな。また今度、皆でどこか食べに行こう」
「はい…」

 決して“二人で”という約束はしない。下手に期待させて踏み込んだ関係を少しでも築いてしまえば面倒な事になるのはわかりきっている。
99 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:38:59.85 d
 彼女は“皆で”と言ったことに少々不満げな顔を見せたが、すぐにその場から去ろうとはしなかった。
 エレンの顔をじっと見つめてくる彼女に、まだ何か用があるのかと首を傾げて見せる。

「何?」
「イェーガーさん、受付の先輩と付き合ってるって本当ですか?」

 拗ねた口調で問われ、エレンは「は?」と聞き返した。
 確かに受け付けには一人、体の関係を持つ女性がいたが…どうやら、二人で会っている所を社員に見られていたらしい。

「いや、付き合ってないよ。ああ、たぶん飲み会が終わった後で、帰る方向が同じだったから送っていった時じゃないかな」

 にっこり笑って答えると、彼女は「そうですか」と言って頭を下げて去って行った。
 受付の子と遊ぶのはしばらくやめておこう。
 今日行こうと思っていた秘書課のお姉さんの所もやめて、社外のセフレの家に行こうかと思案し始める。
 けれど、考えるのも面倒だ。
 学生の頃は良かった。
 何も考えずにセックスできたし、責任だって今ほど重くはない。
 あの頃は感じなかった色々なものが重くのしかかって来て、呼吸がし辛くなる。
 息苦しくて生き苦しい。
しかし、そうは思っても、まあどうにでもなるか、と思ってしまう程にはエレンは楽観的だった。
 だからこそ、こんなにも簡単に“下”を味わうことになってしまったのだ。
100 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:39:15.15 d
「こいつは俺と約束があるんだ」

 エレンは、えっ、と声を上げそうになる。
                  
「どうして課長がイェーガーさんと…?」
「大学の後輩だ」

 本当に?と彼女がエレンの顔を見上げてくる。
 リヴァイがどういうつもりなのかはわからないが、これで腕を離してもらえると言うならうまく合わせるしかない。
 エレンは曖昧に笑って頷いた。

「…わかりました」

 彼女もリヴァイに言われたら従うしかないのだろう。
 渋々ながらも腕を離した彼女の顔は明らかに納得していなかったが、エレンはホッとした。
そうして、二次会へ行くメンバー 早くこの場を去りたいとばかりに頭を下げる。が、

「っ!」

 ぐい、と強い力で腕を掴まれて足が止まる。
 先ほどまで掴まれていた柔らかい手じゃなくて、固くて大きな男の手だ。

「おい、助けてやったんだ。少し付き合え」
「あのオレ約束があるんですけど…」
「キャンセルだ」

 それを決めるのはお前じゃねぇ!と叫びそうになるのを堪えて、じっとリヴァイを見つめる。
 男に腕を掴まれても全く嬉しくない。エレンは柔らかくてすべすべで、暖かい肌が好きなのだ。
101 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:39:25.62 d
 リヴァイは片手で器用に煙草を取り出すと、一本口に咥えるとキンッといい音を立てる金属製のオイルライターで火をつける。
 煙草吸うんだ、と単純な感想が頭に浮かんだ。
                  
「…、吸い終わるまで待ってやる」

 その間に女に連絡しろと言うことなのだろう。
 リヴァイは、エレンのこれからの約束がセフレに会いに行ってセックスをするだけの大した物ではないことだと気が付いているのだ。
 試しに腕を引いてみてもビクともしない。
 力であってもこの男には勝てそうにない。
 エレンは諦めてスマートフォンを取り出すと、女に電話をかける。
 目の前で電話をさせるのだから性質が悪い。
 相手が電話に出る間、リヴァイは余裕で紫煙を吹かす。
 様になっているのが少し腹立たしい。
 エレンは煙草を吸わない。
 女が煙草を吸った後はキスしたくないと言ったからだ。
 まぁ、エレンも特に吸いたいとは思わないし、だからと言って喫煙者を責めるようなことも言わない。
 単に興味がないのだ。

「…もしもし。悪い、今日は行けねぇわ。…うん、また今度」

 電話越しの会話はたったのそれだけだ。
 相手もその辺は割りきっているから文句を言われることもない。
 そう、この程度の約束なのだ。
 エレンが溜息をつきながらスマートフォンをスーツのポケットにしまうと、リヴァイはちょうど足で煙草を踏み消していた。

「行くぞ」

 そしてそのまま強引に腕を引かれて歩き出す。
 どこに行くのか全くわからない。
 リヴァイとは本当に接点がなかったし、これから飲み直すと言われたって決して楽しくはないだろう。
102 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:39:44.39 d
 ようやっと離してもらえた腕を摩って、リヴァイに声を掛けると、彼は何食わぬ顔で上着を脱ぎ始めた。
                  
「エレン」
「えっ、はい」
「お前、先に風呂に入って来い」
「は?どうして風呂に入る必要が?っていうかオレはどうしてここに連れて来られたんですか?」
「うるせぇ。いいから入って来い。俺は潔癖なんだよ」

 こちらの質問は全く無視で、とにかく風呂に入れと言われる。
 リヴァイには何を言っても駄目だということはこの短時間でよくわかった。
 エレンは、まぁ、こんないいホテルの風呂なんてめったに入れないからラッキーくらいに思うことにして、大人しく従った。

 結果的には満足だった。
 風呂はエレンが足を伸ばしても十分すぎるほど広々としていて、何しろジャグジーバスだった。
 さっぱりした気分で部屋に戻ると、リヴァイはこんなところだというのに仕事をしていた。
 本当に仕事人間なんだな、とエレンはイメージ通りなことを一つ見つけた。

「上がりましたけど」
「…ああ」

 リヴァイはパソコンから視線をエレンに向ける。
 なんだか本当に変な感じだ。
 今までろくに会話をしたこともない他の課の課長と高級ホテルの一室に一緒にいて、自分は風呂上がりでバスローブを着ているなんて。
 何だこれ、とエレンは心の中で呟いた。

「えーっと、リヴァイ課長もどうぞ」
「リヴァイでいい」
「? はい。じゃあリヴァイさん?」

 言うと、リヴァイは緩めてあったネクタイをしゅるりと抜いて、こちらに近づいてくる。
 風呂にはいるんだろうな、と思って場所を退く。
103 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:39:59.85 d
だが、それは叶うことなく、まだ機構に新しい手に腕を掴まれて強引に引きずられてしまった。
                  
「えっ!?ちょ、なんですか!?」

 そのまま大きなベッドへと乱暴に転がされる。
 そして、何も言わないリヴァイにマウントポジションをとられてしまった。
 両腕を掴まれたままベッドに押し付けられて全く起きあがることができない。

「お、い!何すんだよ!」
 
 エレンはその手が逃れようと必死でもがくが、驚くほどにリヴァイの体はビクともしなかった。
 嫌な汗が流れる。
 やばい、この状況は危険だ、と頭の中で警報がなっている。

「何をするって?あんだけ女食っておいて今からテメェが何をされるのか本当にわからねぇのか?」
「っ、どけ!」

 わかる。わかるから焦って、逃げようとしているのだ。

「…ハッ、男にこんなことして何が楽しいんだよ、頭おかしいんじゃねぇの…っ?」

 リヴァイを睨み上げ、わざと吐き捨てるように言った。
 怒らせて、少しでも隙ができれば逃げられる。

「生憎、お前をどうにかしたいと思うくらいには頭がイカれちまってるからな。そういう口を利かれるとかえって興奮する」

 顔は笑っていないから到底興奮しているようには見えなかったが、腹に押し付けられている固いものが何なのかくらい分かる。
 エレンは本格的にまずいと焦り、顔を引きつらせた。

「ちょ、ちょっと待ってください、リヴァイさん。落ちついてください、」
「俺は落ちついている。ああ、でも、興奮するなっていう意味ならそれは無理だな」
「ほ、本当に待ってください!オレ男ですよ!?」
「さっき言っただろうが、頭がイカれてるって」

 エレンの抵抗はもうないようなもので、リヴァイは言いながらエレンの両手をネクタイで纏めあげた。
 そして器用に片手で自分のワイシャツを脱ぎ始める。
 徐々に見えてくる筋肉質な体が、今自分の上にのっているのは柔らかい女ではなく男なのだとエレンに分からせた。
104 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:40:15.67 d
「なんで、こんなこと…!」
「お前、女とセックスすんの大好きだろ?そういう奴を自分の雌にしてぇんだよ」
「ク、ソ…!変態野郎…!」

 リヴァイはわざとエレンの耳元で吐息交じりに囁く。
 こうすると相手の体が震えることをエレンはよく知っていた。
 ごりごりと腹に固くなった性器を押し付けられてゾワゾワと不快感が体中に広がった。

「ん!…っ、ゃ、んぅ…っ」

 頭の上で両手を押さえつけられ、顎も掴まれると強引に唇を塞がれる。
 少し唇がカサついていると思ったのは最初だけで、下唇を食まれ、ぬるりと舌をねじ込まれるとすぐにそんなことは忘れた。
 男の舌は思っていたよりも柔らかかった。
 それに、気持ちのいい場所を的確についてくる。
 いつもは自分が相手の唇を好きに貪っているのに、今は逆に貪られている。
 リヴァイの深いキスは食べられてしまいそうなほど強引で、獣のようなキスだった。

「ん、は、ぁ…ぅ、」

 くちゅくちゅと音を立てながら舌で口内をかき混ぜられて、だんだん頭がぼうっとしてくる。
 何も考えられなくなって、リヴァイに支配されてしまったのかもしれないと馬鹿なことを考える。
 だから体に力が入らなくなって、されるがままになっているのだと。
 唇を離したリヴァイが「良い子だ」とでも言うように頬を撫でる。
 エレンは浅く呼吸を繰り返しながら、潤む瞳でリヴァイを睨みあげた。

「おいおい、キスなんて飽きるほどしてんだろうが。ちゃんと応えてみろよ。それとも女にしてもらってんのか?」
「っはあ!?んなわけねぇだろ!」
「じゃあやってみろよ」
「クッソ…!」

 暗にキスが下手くそだと笑われてた。これでも女にはうまいと褒められる。
105 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:40:32.33 d
 そもそもそっちが無理矢理キスしてきたというのに上手いも下手もあるか、とエレンはプライドを傷つけられたようで安い挑発に乗ってしまった。
 縛られた腕をリヴァイの首の後ろに通されて、顔が近くなる。
 エレンはその腕でリヴァイの顔を自分の方へ寄せると、その唇に噛みつくようにキスをした。
 初めは唇をあむあむと食んで、その後で湿った舌を口内にねじ込む。
 上顎をなぞり、相手の舌の裏を舐めあげる。じゅる、と唾液を吸って柔く舌を噛んだ。
                  
「ん、は……ん、……っんん!?」

 いきなりれろりと舌を絡められ、エレンは驚いてくぐもった声を上げる。
 先ほどとは打って変わって大人しかったリヴァイの舌が突如動きだしたのだ。
 頭を枕に押さえつけられて、リヴァイの口内に入りきった舌を吸われ、甘噛みされる。

「ふ、…っん、ぅぅ……はぁっ、」

 先ほどまで握っていた主導権はいとも簡単に奪われて、また食べられてしまいそうな程深いキスにエレンは息をするのも精一杯で、必死にリヴァイの背中をどんどんと叩いた。

「んっ…んぅ!?」

 肌蹴てしまったバスローブの隙間からリヴァイの指がエレンの体に直に触れて、ビクリと跳ねた。
 相変わらず口内への刺激を止めてもらえず、体に力が入らない。
 リヴァイの指がエレンの乳首に触れて、ゆっくりと捏ねられる。
 指の腹でぐりぐりと押しつぶされると、そこからビリビリとした快感が走った。

「ふ、ん、ぁ……ゃめ、っ!」

 そしてぷっくりと腫れてきてしまったそこを、今度は指先で弾かれるように弄られる。
 その度に体がビクビクと跳ねてしまう。
 エレンが女にやるようなことを自分の体にされていた。
 もし自分がするならば次は軽く摘んで少し痛くした後に、それを労わるように舌で愛撫する。
 でもエレンは女じゃない。
 こんな所で感じるわけがないし、リヴァイがそれを男であるエレンにするはずがない。
106 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:40:47.71 d
 エレンは祈るような気持ちでリヴァイの腕から逃れようと必死になった。
 しかしそれは、リヴァイから逃げたいのではなく、確かに感じる快感から逃れたかったのだと気付く。
 いつの間にか唇は解放されていた。
                                      
「ああっ…ぁっ…!」

 散々弄られた乳首にリヴァイの暖かい舌がべろりと這った。
 エレンは目を見開いて体を仰け反らせ、高い声を上げた。言い訳のしようもない喘ぎだった。

「良い声で鳴くな。女の前でもそうなのか?」
「ちが…っん、やめ、…っひぁ!」

 ガリ、と歯を立てられた。
 ビクンッと体が勝手に跳ねる。

「なぁ、気付いてるか?テメェのここ」
「あっ、や…なんで…っ」

 リヴァイの指が触れたソコ。
 熱く、固くなって上を向いている。
 獣のように唇を貪られ、女のように乳首を弄られただけだというのにエレンの性器は固く勃起していた。
 それはリヴァイの愛撫に感じて、興奮してしまったという紛れもない証拠だった。
 エレンは自身が勃ってしまっているということに唖然とした。
 一方でリヴァイは心底楽しそうに笑って、エレンの性器を撫でている。

「一回出させてやる」
「ぁ…っや、やだ…っ」

 もう逃げられないと思ったのか、リヴァイはエレンの上から退くと、その足の間に移動して性器を両手で扱いた。

「あっ…さわんなっ!…ぁ、っく、」

 女のよりもごつごつした掌。
 性器を包みこんで、少し乱暴にも思える扱き方は女にされるそれとは全然違った。
 そして、ぱくり、と大きく口に咥えられた瞬間、エレンは身を捻じって声を上げた。

「ひぅっ!っ、あっあっ、ゃめ、…っ舐め…っぁ!」
「初めてでもねぇだろうが」
「ぁ、ゃだ…っこんな、っ」
107 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:41:03.26 d
 リヴァイの口は大きくて、キスの時のように食われてしまうと思う程深い口淫だった。
 わざとじゅるりと音を立てながら舐めしゃぶられて、尿道の入り口にも強引に舌をねじ込まれる。

「やぁ…っ!たべないで…はぁっ、ぁ」

 クスリとリヴァイが笑った気配がしたけれど、強すぎる快感にエレンは気がつかない。

「あっ、で、でる…っ、んっ…あっ?」
「気が変わった」
「ぁ、なに…っ」

 リヴァイの言っていることの意味を理解できないまま、乱暴にひっくり返される。
 そして尻を高く上げさせられて、四つん這いの格好にされた。

「やめろ…っ何する気だ…っひあ!?」

 べろ、とありえない場所に湿った舌の感触がした。

「ケツでイかせてやる」




このあとめちゃくちゃに奥まで突かれてメスにされた。




中途半端になっちゃったけど時間切れじゃった(笑糞)
108 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:41:18.96 d
 エレンが手の内に堕ちてきたことにリヴァイは少なからず喜んでいた。
 触れるそばから薄い体が跳ねて嬌声が上がる。
ぐずぐずに蕩けた後孔に己の性器をねじ込めば女のようなそこはうねり、きつく締め付けられた。
 気持ちいい、もっと、と向けてくる視線と甘い声が腰にくる。
 普段は澄ましたような顔が真っ赤に染まるのは気分が良かった。
 支配する感覚。
 エレンのことは大学を卒業しても繋がりのあった後輩から話を聞いたことがあった。
 すごくモテる奴がいてめちゃくちゃ女食ってるんですよとかそんな感じだったと思う。
 中には女をとられた奴もいるとも言っていた。
 本当に女にモテる奴と言うのは自分からいかなくても勝手に女から寄ってくるものだ。
 きっとそいつは“とった”んじゃなくて女が馬鹿だったのだろうな、とリヴァイは思った。
 そしてそのエレン・イェーガーが同じ会社に入社していたと知ったのはリヴァイが課長に昇進して何年か経った頃だった。
 女性社員がよく騒いでいる男性社員の名前を聞かされた時リヴァイは記憶の端にあった女遊びの激しい男の名前がエレンだったことを思い出したのだ。
 合同の飲み会の席でリヴァイは初めてエレンをエレンだと認識してその人物を見た。
 隣にはリヴァイの部下である女性社員が座っていて体をべたべたと触られている。
 他の女性社員も皆控えめながらも羨ましそうに視線を向けていた。
 エレンは女遊びが激しいようには見えなかった。
 年下の女性に圧され気味でずっと眉を下げて困っているようだったしどちらかと言えば女性経験が少なそうにも見える。
 部下が豊満な胸を押し付けているというのにエレンは全くそれには動じずに上手に自分を制御しているようだった。
 ああ、わざとか。
 と、すぐにわかった。
 初心な男のような顔をして、おそらくエレンは遊ぶ女をちゃんと選んでいる。
 面白い。あの男を自分のモノしたい。
 リヴァイは酒を煽るふりをして口元を歪ませた。
 エレンを組み敷き、その澄ました顔が快楽に歪んで喘ぐ姿を見たくて堪らなくなった。
 だがそれは、エレンを陥れたいというわけではない。
 女が挙って手に入れたがるエレンを男である自分が支配して、お前らが欲しがる男はこんなにも可愛い顔で強請るんだ、と言う優越感に浸りたかったのだ。
109 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:41:34.23 d
 自分にだけ見せる顔。
 雄の顔ではない、男のリヴァイだけが見ることのできるエレンの雌の顔が見たいのだ。
 
 結果的には…そう、結果的にその顔は見ることができたし、自分のモノにもできたと思う。
 だが、エレンは心までは許してくれなかった。

「ぁ…っん、ァ、…っ…っ」
「良さそうだな、エレン」
「んっ、…は、ぃ…気持ち、いいで…すっ…はぁ、アッ」

 エレンの背中にちゅ、ちゅ、と吸いつきながら、腰を掴んでぐちゅぐちゅになって解れている後孔を何度も穿つ。
 外気に触れれば熱を持つローションがエレンの内側の肉をますます敏感にしてしまうようで、中は火傷しそうなほどに熱かった。
 こうしてセックスするようになって、どのくらい経つだろうか。
 季節は冬から春に変わっていた。
 エレンはやたらセックスをねだるようなことはしなかったが、我慢ができなくなるとリヴァイのところにやってくる、そんな感じだった。
 まだ少し、リヴァイに抱かれることに戸惑っているようだったが、指先でも触れればその体は素直になった。
 だが、エレンは最初の頃よりも声を抑えるようになった。
 息ができているのか心配になるくらい顔を枕に押し付けて、くぐもった喘ぎだけを漏らす。
 手はシーツを強く掴んでいて決して離そうとはしなかった。
 まだ男に抱かれる屈辱に耐えているのかと思いきや、気持ちいいか、と聞けば素直に気持ちいいと言うのだ。
 だったら我慢などせずにもっと喘げばいい。
 縋りつけばいい、そう思っているのにエレンは頑なにそうしようとはしなかった。

「おい、エレン」
「ぁ…な、なに…っン、ぁっ、っ、…アッ、ひあ!」

 声を我慢されるのが不愉快で、一度性器をずるりと抜くと、その体をひっくり返してこちらを向かせた。
110 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:41:49.22 d
 顔を真っ赤にして瞳を潤ませ、荒い息を繰り返すエレンは驚いた様子でリヴァイのことを見た。
                                       
「な、なん…っ」
「たまにはいいだろ。声、我慢するな」
「えっ、ちょっと待っ…アッ、」
「いいな?」
「あぁ…っ、待っ…リヴァイさ、まだ、いれないで…っ」
「ああ?」

 抜いたばかりでまだ少し開く後孔に性器の先端を押しあてようとした所で、エレンがそこに手を伸ばしてそれを阻んだ。

「こっちでするなら、…っ手、縛ってください…っ」
「……なに?」
「お願いします…っ初めての時みたいに、両手、縛ってください…!」

 リヴァイはその懇願に頭がくらくらした。
 確かに初めてエレンとセックスした時はネクタイで両手を縛ったが、あれはエレンが抵抗するからであって、別にリヴァイに緊縛の趣味があるわけではない。

「…理由は?」
「………なんとなく、…っいいから!早く縛れよ!」

 じゃないと入れさせない!みたいに叫ぶものだから、リヴァイは不本意ながらも床に放られた自分のネクタイをとる。
 だが、エレンに「皺にしちゃうからオレのにしてください」と言われて、言うとおりにエレンのネクタイでその両手首を縛った。

「痛くないか?」
「平気です…もっときつくてもいいくらい」

 これでも結構きつめに縛ったのだが、少しの隙間にエレンはまだ不満そうだった。

「跡がついちまうだろうが」
「いい…明日、休みだから」

 そして、手首を縛るために起きあがらせていた上半身をどさりとベッドに横たえると、エレンはリヴァイを見上げて言った。

「ひどく、してください…」

 エレンが何を考えてこんなことを言うのかがわからなかった。
111 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:41:59.40 d
・・・

「…それで、それを聞かせられた私はどうすればいいの?」

 わいわいと騒がしい居酒屋でリヴァイは正面の女性に冷ややかな視線を向けられていた。
 話していた内容は、到底人のいるところでは出来ないほど下世話な話で、この居酒屋が辛うじて個室になっているということだけが救いだった。
 隣の声はもちろん聞こえる。
 まぁ、両隣ともすでに酔っぱらって大騒ぎなので、こちらの会話が聞こえてはいないと思うけれど。
 エレンが縛ってひどく抱いてほしい、と言ってくる。
 と、リヴァイは酒が届くなり言ったのだ。

「俺はアイツと普通にセックスがしたい。優しくしてやりてぇ」
「…すればいいじゃない。」

 自分の話をする時はあんなに嬉々とした表情でマシンガンのように話すくせに、リヴァイの話にどうでも良さそうに答えるのは幼馴染で腐れ縁のハンジ・ゾエだった。

「必死に頼むアイツの顔に弱いんだ」
「それでもしたいならすればいいんだよ。」
「でもアイツは受け入れようとしねぇ。縛れと言われる度に一線を引かれているような気がする」

 ハンジの溜息が聞こえてきた。

「ていうか、もう自分のモノにしたんでしょ?それでいいじゃん。そうして欲しいって言うならやってやりなよ」
「そうだが…いや、そうじゃねぇだろう…」
112 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:42:19.63 d
 それはそうなのだが、リヴァイはそれでは納得できないのだ。
                                      
「どうして?だってさ、君の可愛いエレンはセックスしたい時に来るわけで、リヴァイだって自分の所にきてくれて満足。
彼は気持ちいいし、お互いそれだけの関係でしょう?実際それだけの繋がりでしかないんだし。むしろそれだけの関係ならもっと気持ち良くなりたいと思うんじゃない?」

 女だというのにはっきりと言うハンジに若干ひきつつも、リヴァイは一理あるその言葉に眉を潜めた。

「それじゃあ体だけみてぇじゃねぇか。アイツはセフレじゃない」
「は…本気で言ってる?セフレじゃなかったらなんなの?」

 リヴァイは黙考した。
 エレンはセフレじゃない、と思う。
 確かに会う度にセックス…というかセックスするためにしか会わないけれど、リヴァイの中ではそうではないのだ。
 それだけの関係にしたくない。
 男のエレンが同性のリヴァイに抱かれる。
 そんなのは普通では考えもしないことで、彼が自分の手の中に堕ちてきただけでも僥倖だと言うのに、リヴァイはそれ以上をエレンに求めているのだ。

「リヴァイがそう思ってなくても、きっと彼はそう思ってるよ。だからリヴァイの所に行くし、セックス自体に嫌とも言わない」
「…それでも、アイツは」

 正直に話そう。
 リヴァイはエレンのことを自分のモノにしたいと思っていた時から、たぶん、彼に好意を抱いている。
 支配したいと思うのも、自分のモノにした優越感に浸りたかったのも、全てただの独占欲だったのだ。
113 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:42:36.80 d
 こんな関係になる前、二度も強引に抱いてしまったことを少なからず後悔していたリヴァイは言うなればただの不器用で、これ以上嫌われてしまわないようにするにはどうしたらよいかわからなかった。
 とりあえずもう無理矢理に手を出すことを止めよう。
 そう思っていた。
 けれど、あの日エレンに初めて呼びとめられた。
 何か言いたいことがあるのだろうと、あまり人の入らない保管室に連れていった。エレンは何も言わなかった。
 体に触れてしまうと抑えが利かなくなるから、出来るだけ触れないようにした。
 煽るようなことを言ったのも、エレンがいつでも逃げ出せるように逃げ道を作ったつもりだった。
 けれど、エレンは顔を仄かに赤くして、潤んだような瞳を期待に染める。
 以前とは違う反応だった。
 物欲しそうにリヴァイを見つめ、自分から顔を近づけてくる。
 ああ、可愛い。
 思わず少し笑って、エレンが逃げ出す前に唇を塞いでいた。
 その可愛い顔をもっと見たくなった。
 でも、離れようとしても強くスーツを引き寄せられて、求められた。
 可愛すぎる、このまま食べてやろうか。
 だが、このまま流されてまたセックスしてしまっては関係は変わらないと思った。
 エレンを抱きたい欲求ばかりで埋め尽くされるこの脳みそを冷やす必要がある。
 ちょうど明日から出張だし、この間に頭を冷やして、帰ったらすぐにハンジを呼びだそう。
 そうしてエレンがリヴァイに責任取れと言ってきた日にハンジを呼びつけたのは、一刻も早くエレンとのことをどうにかしたいからだった。
 けれど結局、他の男と寝るなどと言いだしたエレンに腹が立って、強引に腕を引いていた。
 もっと触れて欲しくなるから離せと言うエレンは可愛くて、でも男の所に行くから離せと言うエレンは可愛くなかった。
 他の男などに触れられてたまるか。
114 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:42:53.82 d
 男であるエレンに女を抱くなとは言わない。
 異性を抱きたくなるのは人間として当然のことで、そこまでエレンを縛りつけることはできない。
 リヴァイが抱くのは女も男も関係なくエレン一人で十分だけれど、それはリヴァイが勝手に決めたことだ。
 でも、どうしても、エレンを抱く男は自分だけでありたかった。
 そうしたらエレンは、苦しそうに顔を歪めて自分の元に堕ちてきた。
 女の人のところには行かないで、と声を震わせて。
 エレンももしかしたら自分以外を抱かないでほしいと思ってくれているのかもしれないと思った。
 己だけを求めて欲しいと。
 エレンもリヴァイと同じ気持ちなのかもしれない、と。
 そう思ったら我儘だとわかっていてもエレンの心が欲しくなった。
 優しくして、甘やかして、体だけじゃなくて心も満たせる存在になりたいと思いはじめてしまった。
 エレンは頑なにリヴァイとの間に濃い一線を引いているのだ。それが嫌でたまらない。

「エレンに距離を置かれるのが嫌なんだ」

 は?とハンジが声を上げる。

「あー…ちょっと待って。話が食い違ってる気がする。この話は緊縛プレイじゃなくて普通にセックスしたいんだけど…っていう話?それとも、セフレじゃなくて恋人にしたいんだけど、っていう話?」
「……後者だ」
「リヴァイは言葉が足りないよ。不器用すぎる」

 ハンジが呆れたように言った。
 自分の頭の中だけで考えすぎて、ハンジとの会話が飛んでしまったらしい。
 昔から、肝心なことが伝えられない。
 仕事になれば話は別だけれど、リヴァイは自分の気持ちを言うのが苦手だった。

「てっきりリヴァイとエレンはただのセフレだと思っていたよ。でも、リヴァイは彼が好きなんだね。だったら初めからそう言ってくれる?何で悩んでるのかわからないけど、そんなの好きだって言っちゃえばいいんだよ」

 簡単に言ってくれる。
 けれど、女とのセックスをそれなりに楽しんでいたエレンを無理矢理にでもあんな体にしてしまったのに、心までも手に入れようだなんてリヴァイは思えなかった。
 好きだと告げてしまえば、彼は二度とリヴァイを求めようとはしない気がする。
 リヴァイがエレンを抱く理由をエレンは聞いてこない。
 それはきっと聞く必要がないからだ。
115 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:43:09.66 d
 大方、告白されただとか、ここに来るまでに変な女に捕まったとかそんなことだろうと安易に予測はついたが、そんなこと言わなければわからないのに、わざわざ風呂に入ろうとするなんて、余程不快だったのだろうか。

「…入って来い」

 エレンは少しホッとしたように息を吐いて、バスルームへと向かった。
 手持無沙汰になってしまったリヴァイは窓際の椅子に腰を下ろして煙草に火をつけた。
 戻って来たエレンは性急に求めてきた。
 温まった体はしっとりとして仄かに赤く色づいている。
 作り出された香料の香りが鼻についたが、いつものエレンの香りではないそれを纏っていると、他人のモノになった彼を抱いているようで少し興奮した。
 唇が腫れてしまいそうなほど貪りながら、エレンが弱いところを攻める。
 乳首はすでにぷっくりと固くなって主張し、指で捏ねたり弾いて引っ掻いたりすれば、エレンはアッ、と短く喘いだ。
 性器はもうとっくに固く勃ち上がっていて、ふるふると震えながら先走りを垂らしている。
 触れたらすぐにでも弾けてしまいそうなそれに何の予告もなしにしゃぶりつけば、エレンは背を反らせて一際大きく喘いだ。

「ひあっ、はぁっ……ゃめ、ん〜っ…」

 女とのセックスが好きだったエレンが口淫されたことがないはずはないだろうに、いつだって彼は嫌がる素振りを見せる。
 初めてエレンとセックスした時は「たべないで」と舌ったらずに言われて、早急に入れたくなるほど興奮した。
 女よりも深く、激しい口淫に食べられちゃうかもしれない、と思っているのだとしたら可愛くて堪らない。

「ンッ、も、でちゃ…から、…あっあっ」

 じゅぶじゅぶと音を立て、吸いながら唇で扱き、舌を性器に絡みつかせた。
 だんだん呼吸が短くエレンに、もう限界なのだと察すると、先端をじゅっと吸ってから口を離した。

「あ、くっ…、〜〜っ」

 イきそうなところで口を離されて、思わず出してしまいそうになるのを耐えるように指がシーツを握りこんだ。
 はぁっはぁっ、と詰めていた息を整えるように呼吸を繰り返して、体を震わせる。
 リヴァイが体を起こせば、エレンは敏感になった体に必死に力を入れて慣れたように背を向けて尻を上げた。
116 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:43:24.98 d
 強張っている背中を撫でればビクビクッと震えて中もヒクつく。
 背中に覆いかぶさって乳首をきゅうっと摘めば中もリヴァイの性器をぎゅっと締め付けた。
                  
「動くぞ、」
「あ…っ、はぃ、突いて、奥、いっぱい突いて…っんっ、ああっ、」

 エレンの顔の横に手をついて、エレンの言う通り奥まで突いてやる。
 その度にガクガクと体が震え、ぢゅ、ぐぢゅ、と中をかき混ぜる音とエレンの甘い声がリヴァイの耳にまで届いた。

「あっ、もっと、ひどくして…っ、んぅ、はぁっ、アッ、アッ中に、中にだしていいからぁっ…もっと、してっ…ひああっ」

 また、エレンは「ひどくして」と乞う。
 瞳を潤ませ、快感に熱い吐息を洩らしつつも、その顔は苦しそうに歪められていた。
 これはエレンの本意ではないと思った。だとしたら、何故そんなことを言うのだろう。
 リヴァイは頭の片隅でそんなことを考えながらも、快感には逆らえずに腰を振った。
 奥を突き、ぎりぎりまで抜く度に聞こえるぐじゅ、ぬりゅ、といやらしい音が思考を鈍らせようとしていた。
 リヴァイの放った白濁がうつ伏せになった状態で荒い呼吸を繰り返しているエレンの背中を汚していた。
 セックスを終えた二人の間に甘い時間などは訪れない。
 リヴァイは口下手であるし、エレンは最近リヴァイに控えめな態度で、セックス中以外はあまり言葉を発しなくなった。
 エレンの背中に吐き出したものを雑に拭ってやる。
 その足でベッドから降りると、なんだかやりきれないような気分になって、断りもなく煙草に火をつけた。

「…中に出していいって、言ったのに」

 独り言のように呟かれたエレンの声はしっかりとリヴァイの耳に届いていた。

「体きつくなるだろうが」
「別に。女じゃあるまいし、子どもができるわけでもねぇんだから中出しでも何でもすればいいじゃないですか」

 やけに棘がある言い方だった。

「そういうことじゃねぇ。お前のことを心配してんだ」
「男なんだからそんなに弱くありません」
「…おい。お前さっきから何を言ってる?」
117 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:43:58.02 d
 リヴァイはまだろくに減ってもいない煙草を灰皿に押し付けて、ベッドに近づいた。
 いつの間にかエレンはリヴァイに背を向けるようにして横になり、体を丸めていた。
                  
「だから、優しくすんなって言ってんですよ」
「ああ?」
「ひどくしていいって何度も、」
「俺にそんな趣味はねぇ」

 最初は無理矢理だった。
 だからこそ、今は優しくしてやりたいし、エレンの体にあまり負担がかからないようにしてやりたいと思っているのに、エレンは何故か苛立っているようだった。
「何が気に入らない?」
「…、」
「何でもすればいいって言うなら、俺はお前にひどいことはしたくねぇ」

 言うと、エレンは体を起こして泣きだしそうな声で叫んだ。

「オレは男なんですよ…っだから、女みたいに抱くんじゃねぇよ…っ」

 リヴァイは目を瞠った。

「そんな風にするなら、他を当たってください」
「エレン」
「女みたいにするなら、女とセックスした方がいいに決まってる」
「おい」

 ベッドから降りようとするエレンの腕を思わず掴んだ。
 エレンを女の代わりだと思ったことはないし、女のように抱いていると思ったこともない。
 ただエレンの体を気遣いたくて、甘やかしてやりたかっただけなのに、それが裏目に出ているというのか。

「離してください」

 ハンジが言っていた。
 長い付き合いの私でさえ勘違いするんだから、エレンはもっとわかっていないよ。
 リヴァイは言葉が足りないから、無理やりにでもわからせるしかないかもね。
118 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:44:14.11 d
 ああ、その通りだ。エレンは何もわかっていなかった。
何も伝えていないのだから、理解しろと言う方が無理かもしれない。
 でも、今リヴァイが何を言ったとしてもきっとエレンは信じようとはしないだろう。
 だったら、わからせてやる。
 その腕を引き寄せ、ベッドに組み敷いた。
 顔には出ないが、明らかに苛立っているリヴァイを見て、エレンが目を大きく見開いて驚いた。

「な、離せよ…っ」
「うるせぇ、黙ってろ」
「んぐっ」             

 リヴァイは大きな掌でエレンの口元を塞ぐと、そのまま押さえつけて耳元で囁いた。

「そんなに言うなら、俺のやりたいように抱いてやる…テメェが言ったんだ、何されても文句言うんじゃねぇぞ」

                  






こりゃ続いちまうやつだ(大爆笑)
119 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:44:29.67 d
 リヴァイとのセックスは気持ち良すぎて堪らなかった。
 腹の奥に男根を埋め込まれ、ぐぽぐぽと出し入れを繰り返されれば敏感な肉はそれを締め付ける。
 まるで女のようだ。
 リヴァイに言われたように本当に雌にでもされたのかと思う程に、与えられる快感にエレンの体は喜んだ。
                  
 エレンには複数の異性のセフレがいる。
 けれど、リヴァイとセックスをするようになってから、めっきり連絡をしなくなった。女とのセックスが嫌になったわけではない。
 だが、女を相手にしたところでリヴァイとのセックス以上に気持ち良くなれるとも思えないのだ。
 そうして自然に連絡が薄れれば、相手からの連絡がくることもなく、関係は消滅していった。
 それだけの関係だ。セフレなんて。
 そんな関係を持つ女が複数いるエレンには、リヴァイとの関係もそれと同じなのだと思うことに時間はかからなかった。
 リヴァイとはセフレだ、とエレンの頭は完結する。

 エレンは長らく、恋というものをしていない。
・・・

 社内でリヴァイの姿を見ると、体が疼く。
 あの禁欲的なスーツの下には見た目よりも筋肉質な体が隠されていて、書類を持つあの指が男であるエレンの体を翻弄する。
 そして限界まで高められた体に追い打ちをかけるように太くて固い、熱が…と考えてエレンはハッとした。
 仕事中なのにこんなことを考えてしまうのなんて初めてだ。
 今まで適度にセフレで性欲を発散してきたエレンには、こんな待ちわびるような、我慢できなくなるほど体が疼くなど経験したことない。
 これも、リヴァイとセックスするようになってからだ。
 女では満足できないエレンの性欲は全てがリヴァイに向けられてしまう。
 以前のエレンであれば、相手の都合など考えずに連絡していたが、リヴァイに同じようにするのは何故か躊躇われた。この躊躇いを煩わしいと思いつつも、エレンはどうしてもリヴァイに対しては強く出られなかった。
 それはエレンが抱かれる側だからかもしれない。
120 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:44:45.12 d
 リヴァイは他の男や女を抱くことはできるが、エレンはリヴァイに拒絶されてしまったらただ取り残されるだけで、その体を自分で慰めなければならないのだ。
 エレンは他の男は駄目だ、というリヴァイの言葉を律儀に守っている。元々、他の男に体を差し出す気など少しもないが。
 幸い、先ほどに会って話をした時、今日は比較的忙しくない、と言っていた。
 たぶん今日ならば断られずに済む。『今日行くから』『セックスさせて』なんてセフレ相手にメッセージを送っていたのに、相手の様子を窺うように『今日空いてますか』とメッセージを送るのは何とも笑える話だった。
・・・
                  
 体は正直で、気持ち良すぎる快感に勝手に逃れようとしてしまう。
 何かに掴まっていないと逃げてしまうからエレンはシーツを握りしめ、枕に顔を押し付けて耐える。
 呼吸も苦しい方がいい。
 思考が快楽で埋め尽くされている今、口を遊ばせていたら何を言ってしまうかわからないからだ。
 気持ちいいと素直に言うことも、もっととねだることも、そのためにセックスしているのだから構わないが、何か余計な事を言ってしまうのではないかと何故か不安だった。

「ぁ…っん、ァ、…っ…っ」
「良さそうだな、エレン」
「んっ、…は、ぃ…気持ち、いいで…すっ…はぁ、アッ」

 背中を吸われて体が揺れた。
 リヴァイは最近、抱き方が変わった。
 以前は強引で、全身を食べられてしまうような、圧倒的な雄の欲望を見せつけられるようなセックスだったように思う。
 抵抗しようとするエレンを力でねじ伏せて、無理矢理言うことを聞かせるような。
 けれど、最近のリヴァイはそうではなかった。簡単に言えば、優しい。
 エレンが抵抗をしなくなったからかもしれないと思ったが、それにしたって優しかった。
 無防備になった背中に小さく口付けられて、確かめるように触れられて、中を穿つ力は強いのに体に触れる指は優しかった。
 リヴァイが強く体を押さえつけてくれないから、エレンは余計にシーツを握る指に力が入る。
121 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:45:00.98 d
 そんな風にリヴァイが抱くから、正面から受け止めるのはどうしても躊躇われた。
 掴むものがなくなってしまうし、リヴァイの優しいキスを正面から受けるのは何故かとても怖かった。
 それなのに、
                  
「おい、エレン」
「ぁ…な、なに…っン、ぁっ、っ、…アッ、ひあ!」


 急に中から性器をずるりと抜かれると、正面を向かされた。
 肩で息をしながら額にうっすらと汗をかくリヴァイが瞳に映る。

「な、なん…っ」
「たまにはいいだろ。声、我慢するな」
「えっ、ちょっと待っ…アッ、」
「いいな?」

 リヴァイの性器がもう一度、ヒクついて欲しがる後孔に狙いを定めた。

「あぁ…っ、待っ…リヴァイさ、まだ、いれないで…っ」
「ああ?」

 駄目、駄目だ。
 エレンは急に焦り出して、咄嗟にそれを手で阻んだ。
 このまま入れられてしまったら駄目だ。
 掴むものを失った手はおそらく目の前の男に縋るように手を伸ばしてしまう。
 そして引き寄せて、自由になった唇はリヴァイの耳元で何を言ってしまうかわからない。
 もうすでに喉元まで出かかっている言葉に、エレンはとても嫌悪している。
122 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:45:11.30 d
 社内で偶然リヴァイを見かけただけで熱くなってしまう体を引きずりながら家に帰ってくると、ご飯も食べずにベッドに横になった。
 油断すれば熱を持つソコに手が伸びてしまいそうになる。
 でもまだ、リヴァイとセックスしてから二日しか経っていない。
 頻繁に連絡して迷惑になるかもしれないと考えるなんて本当に笑える。
 リヴァイから連絡が来たことは一度もなかった。
 むしろあっちから連絡が来れば、遠慮なんてしなくて済むのに。
 リヴァイはセックスしたいと思わないのだろうか。
                  
「…あぁ、」

 エレンは思い出した。
リヴァイはあの日、女は許すと言っていた。
 リヴァイはエレンが他の女とセックスすることに対して何も思わない。
 エレンはリヴァイが抱く他の女を自分と重ね、夢の中の自分にさえ嫉妬したというのに、リヴァイは何とも思わない。
 それはたぶん、リヴァイも他の女を抱いているからだ。
 だからリヴァイはエレンに連絡をしてこない。
 所詮、リヴァイにとってエレンは都合のよいセフレでしかないのだ。

「っだったら、なんで」

 そもそもリヴァイが男であるエレンとセックスをする理由なんて、妊娠のリスクなく快感を得ることができるからに決まっている。
 女のように濡れない体は面倒ではあるが、後に面倒事を引き起こすことはない。
 妊娠しない、体も弱くはない。
 自分の欲望を気兼ねなく発散することのできる体。
123 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:45:27.23 d
 だったらどうしてあんな優しく、壊れ物を扱うように触れるのか。
 そんな風に女も抱いているのか。そう思うと堪らなく嫌だった。
見つめる視線も、その指も、女と比べているんじゃないかと不安になる。
 固いばかりの体が女よりも勝っているところなんてない。
 比べるくらいなら、女とセックスしたほうがいいに決まっている。
 エレンとリヴァイの関係はエレンが一方的に手を伸ばしているようなものだ。
 リヴァイはその手をとることも、遠ざけることもできる。
 だからこの関係はエレンがリヴァイに手を伸ばし続け、リヴァイの愛想がつきないよう適度に距離を保たなければすぐに終わってしまう。
 終わらせたくない、とエレンは思う。
 どうして、と問えば今まで気付かないふりをしていた感情はすぐに答えをくれるかもしれない。
 けれど、この薄っぺらな関係にその感情は重すぎる。
 のせればのせるほど歪んで、終いには壊れてしまうかもしれない。
 エレンはそれが怖かった。
 女のようにされたこの体はもう女を抱くことはできない。
 他の男に抱かれることを望まないエレンはリヴァイとの関係が壊れてしまったら、どうなってしまうのだろう。
124 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:45:43.92 d
・・・
                                     
「あー!エレンくん!」
「お疲れ様です」

 リヴァイと時間をずらして会社を出る時、ちょうどエレベーターで一緒になった年上の女性社員二人に挨拶をする。
 金曜日だからか、気分の良さそうな二人はこれから飲みに行くらしい。

「エレンくんも行かない?」
「女二人じゃつまらないし、エレンくんが来てくれたら嬉しいな」

 細い手がエレンの腕に巻きついて、ぐっと寄せられる。
 もはや抱きつかれているのと同じくらいに近い距離に、エレンは少し眉を顰めた。

「…すみません。これから予定があって、すぐに行かなくちゃならないんです。また機会があれば御一緒させてください」

 そう言って頭を下げると、えーつまんない!という高い声を聞きながら、早足でホテルへと向かった。
 スーツに少しだけ残る女の匂いを消したかった。
 女に触れられたのが不快だったわけではない。
 女に触れられた体をリヴァイに差し出すのが嫌なのだ。



「動くぞ、」
「あ…っ、はぃ、突いて、奥、いっぱい突いて…っんっ、ああっ、」

 背中越しにリヴァイの荒い呼吸が聞こえる。
 リヴァイの性器が動かされる度にぐちゅぐちゅと聞こえる音は自分の体の中で出されているのだとは到底思えなかった。

「あっ、ん、ふ…っ、ぅ、」

 中が擦れる。気持ちいい。
 エレンは熱に浮かされたような頭でぼんやりと考える。
125 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:45:59.53 d
 今リヴァイはどんな顔をしているのだろう。
 しかし、振りかえることも、正面からリヴァイを受け止めることもしたくはなかった。
 その顔を見てしまったら、絶対に彼に縋ってしまうと確信していたからだ。
 リヴァイを求め、その体に腕を回して引き寄せて呼吸を近くて感じたい。
 離したくない、離して欲しくないと口走ってしまいそうになる。
 それを耐えるようにエレンは枕に顔を押し付けて、リヴァイに縋りつきたい衝動をシーツを握りしめて耐えるのだ。

「んっ、…っ、ぅ、はぁっ…あ、」

 無防備な背中をリヴァイの指が滑る。優しくするな、まるで大切だとでも言うように触れるな。

「あっ、もっと、ひどくして…っ、んぅ、はぁっ、アッ、アッ中に、中にだしていいからぁっ…もっと、してっ…ひああっ」

 エレンは「ひどくして」と乞う。
 そうでないと、好きになってしまうから。

 もう、限界だ。
 リヴァイに優しく触れられるのが、女のように触れられるのが辛くて堪らなかった。
 そうじゃない。
 アンタがオレを抱くのはそういうことをしたいからじゃねぇだろう。
126 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:46:14.85 d
 エレンは決めつけて、リヴァイに当たった。
 終わらせたくないと思っていたのに、一度口にしてしまえば止まらなくなった。
                  
「オレは男なんですよ…っだから、女みたいに抱くんじゃねぇよ…っ」
「そんな風にするなら、他を当たってください」
「女みたいにするなら、女とセックスした方がいいに決まってる」

 ああ、終わりだ。
 こんな面倒な事を言う奴はセフレに必要ない。
 だったら、捨てられる前に自分から離れた方がマシだ。
 けれど、リヴァイはエレンの腕を掴んだ。
 強引にベッドに組み敷かれて、視界に映ったリヴァイは明らかに苛立っていた。なんで、どうして。
 アンタはオレを引きとめる程オレを想ってはいないだろう。
 他の女を抱いていいと言う程オレを想っていないくせに。
 ただのセフレとしか思ってないくせに。
 どろどろになっているくせにきつく締め付けてくるエレンの後孔に自分の欲望をねじ込んでから、一体どのくらいの時間が経ったのだろう。
 優しくするな、と言って嫌がるエレンに思考が鈍るくらい甘い愛撫を続けた。
 何度射精したかもわからないし、何度かは出さずに、中で達していたと思う。
 エレンの腰にはもう力が入らずに、リヴァイの手によって支えられているようなものだった。
 こちらに背を向けているエレンの体が可哀想な程に震えていた。

「ぁ…、はぁ、…っ、」

 熱い吐息と小さな喘ぎ。
 挿入してから一度も動かしていない性器はもうエレンの中で溶けてしまったのかと思うくらい馴染んでいた。
 リヴァイも頭がぼうっとしてきていた。
 体中が熱くて、痺れて、神経がむき出しになってしまったみたいに、少し動いたり、呼吸が体に触れるだけでゾクリとした快感が走った。
                  
「…っ、」
「あっ…っ、…っ」

 熱くて熱くて堪らない。
 額をつたった汗が白く震える背中にポタリと落ちる。
 エレンの体がビクッと跳ね、内側の肉がリヴァイを締め付けた。
127 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:46:29.63 d
 熱い。苦しい。動きたい。
 悪戯をするみたいにきゅんきゅんと締め付けてくる後孔を叱りつけるようにめちゃくちゃに突いて、擦って、泣かせてやりたくなる。
 しかし、エレンが自分から手を伸ばし縋りついてくるまでは動いてやる気はなかった。

「ゃ…、動いて…っ動いてくらさ…ぁ、はぅ…っ」
「駄目だ…っ」
「ああっ…、ゃめ…っ」

 体に力が入らず、自ら動かすことのできないエレンは顔を真っ赤にし、回らない舌でリヴァイにねだる。
 可愛い、堪らない。
 我慢できずに項にちゅうっと吸いつけば、エレンの口から甘い声が上がった。
 リヴァイの性器を締め付けるのはもはや反射だった。
 エレンは腹の奥からじわじわと全身に広がり犯すような快感から逃れるように必死にシーツを掴み、枕に頬を押し付けていた。
 もうだめ、やだ、うごいて、あつい、とうわ言のように喘ぐ。
 気持ちいい。
 でも、あと一歩のところで手が届かない。
 快楽という水に溺れ続けているような感覚だった。
 この苦しさから引き揚げられて安心したい。
 そうでなければ、もういっそ力尽きて気を失ってしまいたい。
 でも、リヴァイはそのどちらも許さなかった。
                                         
「っ、は…な、なんで…っ動いてくれな…っぁ、」
「なんで?お前がひどくしろって言ったんだろうが」

 文句は言うなって言ったよな?
 そう言って、耳の裏を舐めしゃぶる。
 たっぷりと唾液を絡めた舌で、じゅるっと音を立ててそこを吸うと、またきつく締め付けられた。
 油断すれば持って行かれそうになる。リヴァイとて限界に近かった。
128 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:46:45.73 d
「うぁ…っ、ゃ…っ、あついっ…リヴァ、ィさんの…っあっ」
                                
    
 根元まで沈めた性器はエレンの媚肉に小さく締め付けられて、もう長い間動かしていないのに全く萎える気配もない。
 それどろこか、エレンの喘ぎと熱い呼吸に煽られて興奮しっぱなしだった。

「ぉ、お願い…っリヴァ、イ…さ…っあ、っ」

 シーツを握りしめていた指が震えながら、エレンの腰を掴んでいるリヴァイの手に触れて、きゅっと握りしめた。

「エレン、」

 こんな風にエレンから触れられるのは久しぶりだった。
 何かの拍子に触れることはあっても、セックス中に求めるように触れることをエレンはしなかった。
 いつもそうだった。
 エレンが掴むのはシーツや枕。リヴァイはそれが面白くなかった。
 後ろからしているのだから仕方ないとは思っていたが、気付けば後ろから挿入するように体勢を変えるのはいつもエレンの方だった。
 強引に正面を向かせても、エレンは頑なに縛れと言ってくる。
 ああ、こいつはわかっていて俺に縋ってこない。
 そう理解したのはエレンに線を引かれていると感じたのと同時だった。

「お前は、俺が嫌いか…」

 自然と口から出てしまった声は思っていたよりも弱々しかった。
 繋ぎとめるように握り返した指は震えていたかもしれない。
129 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:47:01.11 d
 強引にこんな体にしてしまったエレンの自由を奪いたくはなかった。
 エレンはリヴァイには抱かれるが、男を好きなわけではない。
 もちろん女とセックスしたくなる時だってあるだろう。
 これから先、一緒に生きていきたいと思う相手も見つけるかもしれない。
 だから、女とセックスすることは許したし、気持ちを告げることもしなかった。
 線を引かれて、心までも渡すつもりはないと思っているのならばそれでも構わなかった。
 だったらせめて、体だけは。セックスしている時くらい恋人のように甘やかして、恋人のように抱き合いたいと思っていた。
 けれど、エレンは決してリヴァイに縋りつこうとはしなかった。
 エレンからメッセージが来る度にホッとして、もっと、とねだられると求められているようで嬉しかった。
 いい歳した男が、年下の男の一挙一動で嬉しくなるし、辛くもなる。
                  
 今だって、エレンが自分の指をちょっと握ってくれただけでぶわりと心の底から沸き上がる何かがあった。
 好きだ、と言ってしまいそうになる。
いっそ告げて、エレンがもう自分の所へこないと言うのならばそれでもいいのかもしれない。
 だったら、最後くらいはエレンが泣いて止めろと言ったって、気を失うまで甘やかしてやりたいと思った。
幸い、エレンは今、今まで散々線を引いてきたリヴァイに縋ってしまう程余裕がないし、もう思考もままならないだろう。
 もしかしたら聞こえていなかった、なんてこともあるかもしれない。
 そんな都合のいいことを考えてしまうくらいにはエレンを手放したくはなかった。
 無理矢理エレンを襲った奴が何を言っているんだ、とリヴァイは自嘲する。
 いくら強い人間でも、弱い部分はある。
 それがリヴァイにとってはエレンだった。
 エレンを自分のモノにしておきたい。でも、縛りつけたくはない。
 この葛藤がリヴァイの判断を鈍らせる。
130 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:47:16.83 d
「ひっ…!?〜〜っ!」
                  
 掴まれた指を放りだすように離して、ぷっくりと固く尖る乳首を指先で刺激する。
 二本の指で挟んで潰すようにねじれば、エレンの体が一際跳ねて、達してしまったのがわかった。
 性器が痛いほどに締め付けられる。その締め付けに性器がさらに大きくなった。
 ゆっくりと、あまり刺激しないように性器をずるりと抜く。
 性器の先端と、ぱくりと開いたままの後孔が粘りのある糸を引いていた。
 頭がくらくらする。少し擦れただけで出してしまいそうになった。

「アッ…っ、ぁ!」

 その小さな刺激でさえエレンは耐えきれずまた達してしまったようだった。  ビクビクと跳ねる性器が先走りと自身の出した精液でどろどろ濡れている光景はなんともいやらしい。
 その力の入らないエレンの体を気遣うようにして仰向けにさせる。
 瞳を潤ませ、とろけた表情を見せるエレンに、さらにリヴァイは興奮して、性器を固く猛らせた。
 はぁ、はぁ…と震えた呼吸が聞こえる。リヴァイは正面からエレンを抱きしめる。
 直に抱きしめたのなんて、初めてかもしれない。

「エレン…、頼むから、俺に触れてくれ…」

 情けない、縋りつくような声だった。
 耳元で、戸惑うように息を呑んだ音が聞こえた気がした。
 まだエレンの手はシーツを弱々しく握っている。

「今日はお前を絶対に縛らない」

 今度こそ、エレンがヒュッと息をしたのを聞いた。

「ゃ、やです…っア!まっ…うぁ…っ」

 エレンの制止の声も聞かず、体の力が入らないのをいいことに太ももを掴みあげると、まだ熱くぬめるそこに性器を押し付け、腰を進めた。
「アアッ!…ぁ、っ…あつ…っま、待ってくださ…っ奥が、熱くて…っあ、んっ…びりびり、する…っ」
                  
 ぬちゅぬちゅと粘りのある液の泡立っている音が聴覚を刺激する。
 今までで一番気持ちが良い。
 女の中のように柔らかくなった後孔がリヴァイを欲しがって締め付ける。
 やっと与えられた快感に体が喜んでいるのがわかる。

「だ、だめ…っア、縛っ、て…っお願い…っああ!ん、ひぁっ」
「縛らないと、よくねぇか?そうじゃないよな?エレン、」
131 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:47:32.31 d
 エレンの手が彷徨って固く拳を作る。
 瞳は縋りつきたくて熱を孕んで潤んでいる。
 後孔もリヴァイの性器に吸いついて、もっと、離したくない、気持ちいいと言っている。
 その手だけがリヴァイを求めていなくて不自然だった。

「エレン、」

 その手を掴んで、指を絡めるとベッドに押し付けた。
 まるでお互い求め続けてやっと嵌ったみたいにぴたりと合わさった掌が熱かった。
 今日は縛られたエレンの手がそれを拒むことはない。
 快感で脳が痺れているエレンはその体を押し返さなければという考えも遅れ、その腕にすら力が入らない。

「ぁ、やめ、っ離して…っア、んっ、ああっ、やだぁ…!」

 直に体がぴったりと触れて、お互いの心臓が驚くくらい速く脈打っているのがわかった。
 ぱちゅ、ちゅぶ、と動かす度に結合部が泡立つ。
 奥を穿つのに合わせるようにエレンの荒い息と喘ぎが漏れて、いつもよりも近いリヴァイの耳に届いた。

「だめ、やだ…っ気持ち良すぎて…怖ぃっ、あぁっ、んっ、ひあ!」
「っ、怖いなら、俺に掴まっていればいい」
「んっ、や、アアッ、だめ…っそ、そんなことしたら…っあ、やらっ…」
「そんなことしたら?」
「す、アッ…好きになっちゃ、う…っは、ああっ!」

 ふ、と思わず笑ってしまった。
 可愛い。本当に、エレンは可愛い。
 リヴァイは、本当は気付いていた。
 エレンがリヴァイとの間に線を引いていたのは好きになってしまわないように、だということを。
132 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:47:47.73 d
 もちろん、リヴァイが好きだと告げたって素直には信じない。

「どうして駄目なんだ?」

 まるで子供に聞くような声音だった。

「アッ、だって…っセフレ、だから…っん、ひどくしてくれないと…っ優しく、されたらっ、あっ、好きに、なっちゃう…っ」

 エレンは涙をぽろぽろ零しながら必死に言葉を紡いでいた。
 そうか、エレンはセフレだと思っていたから、この関係には体以外はいらないと思っていたのか。
                  
「あっ…!?や、奥…っあ、んあっ、ああっ」

 エレンの体に腕を回し、その体を抱き起こす。
 リヴァイの足の上に跨る姿勢になったことで体重がかかり、エレンの中の性器がもっと奥まで埋め込まれた。
 こうなるともうエレンが掴むものは何もなくなる。
 エレンはその衝撃と快感に無意識にリヴァイの体に腕を伸ばした。

「エレン」

 背を丸め、リヴァイの首元に顔を埋めるエレンの耳に小さく囁いた。
 その体が怯えたみたいにビクッと跳ねた。

「縋っていい、好きになっていい。俺は初めから、お前をセフレだなんて思ってねぇ」
「う、や、聞きたくな…っひ、」
「お前以外を抱きたいとも思わないし、興味もねぇ」

 震えるその背中を撫でた。
 リヴァイは言葉が足りないよ、不器用すぎる。

 そう言われたのを思い出した。気持ちをつたえるのは得意じゃない。
 だったら回りくどいことは言わずにはっきり言えばいい。

「俺はお前が好きだから、お前もそう思ってくれるなら、嬉しいと思う」

 一瞬戸惑うような気配がした。
 そして、ゆっくりと背中に回されたエレンの両手が震えながらリヴァイの体をきつく抱きしめた。

「…女を抱いていいとか、言わないでください…オレはアンタが他の人とセックスするのは嫌です…っオレが好きだって言うなら、最後まで、手放さないでください…!」
 
 オレも好きです、と小さく、微かに震える声がリヴァイの耳を擽った。
                                         




ちからつきた(糞大笑)
133 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:48:03.32 d
 指先で人差し指の腹を擽られる。
 そのまま上って、指と指の間を擦られ、掌を滑った。
 愛撫にも似た触れ方に、エレンは顔を俯け、静かに息を吐いた。
 そして掌が重なると、指を絡められてぎゅうっと握られた。
 手に触れられただけなのに、繋いだだけなのに、嬉しいと感じる。
 だが、同時にもっと触れて欲しいと欲張りにもなった。
 エレベーターが目的の階に着いたと音を告げる。
 今日は会う約束も何もしていなかったから、ドアが開き、リヴァイが一歩足を踏み出せば繋がれた手は離れてしまうのだろう。
 まさか帰りが一緒になるとは思っていなかったから、嬉しくて、余計に離れがたくなってしまう。
 一緒に帰りませんか、飲みに行きませんか、なんて誘うのは簡単だけれど、男同士の恋人という世間的には白い目で見られてもおかしくない関係を気にしすぎて、エレンをさらに躊躇わせていた。
                  
「あ…」

 何と声をかけたらいいだろう、と悩んでいるうちにリヴァイの手がするりと離れた。
 リヴァイはただ、「お疲れ、また明日」と言ってこの箱を自らの足で出た。
 もしかしたらリヴァイの方から誘ってくれるかもしれないと思ったのに、その様子が全くないことにエレンは淋しくなった。
134 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:48:19.10 d
 リヴァイは自分のことを好きだと言ってくれたけれど、エレンがリヴァイを想う程は想ってくれていないのかもしれない。
 エレンもリヴァイもいい大人だ。
 中学生や高校生の頃のように好きだけではいられない。
 それはわかっているけれど。
                 
「また明日も会えるかなんてわかんねぇのに」

 エレンは課長であるリヴァイが周りに期待され、色んな仕事を任されていることを知っている。
 だから頻繁に連絡することも、誘うこともしなかった。
 でもそれは、それでエレンが大丈夫というわけではないのだ。
 もちろん会いたい、もちろん淋しい。
 リヴァイが言ってくれればいくらでも一緒にいるのに。
 少し離れたリヴァイの背中を見ながら、エレンも歩き出した。
 周りには有名な課長と、他課の社員にしか見えないだろう。

「イェーガーさん!」

 高い女性の声に呼びとめられて、ハッとした。
 リヴァイの課のいつもの女性社員だ。
 彼女はビルの玄関の所でエレンを待っていたらしく、先にそこを出たリヴァイにも「お疲れ様です」と挨拶をしていた。
                  
「お疲れ様です!」
「ああ、お疲れ。…オレに何か用事?」

 いつもはオフィス前の廊下で話していることが多いから、社内ではなく外でこうして待ち伏せをされていることに少し違和感があった。

「はい!今日はイェーガーさんのお誕生日だって聞いたので、何かお祝いできないかなと思って」
「あ、そっか…誕生日」

 はい!と嬉しそうに笑う彼女を見て驚く。そうか、今日は誕生日か。
 エレンは完全に忘れていた。
 相変わらず仕事は忙しいし、それ以外はほとんどリヴァイのことを考えていたような気がする。
 今日が何日かをわかっていても、今日が何の日かなんて考えてもいなかった。

「お誕生日おめでとうございます!」
「ありがとう」
「この後何か予定ありますか?なかったらご飯食べに行きませんか?もちろん私が出すので!」
「いや…そんな気にしなくていいよ。おめでとうって言ってくれただけで充分嬉しいから」

 彼女の誘いをやんわりと断る。
 異性であれば、一緒に食事に行くことも何らおかしくはないのに、と思いながら。
135 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:49:07.33 d
 少し落ち込んでしまった彼女は「そう言うと思ってました」と言って困ったように笑った。
 断られることを予想していたのだろう。

「じゃあまた今度、合同で飲み会でもしましょう!」
「…うん、そうだな」

 彼女が自ら大勢で、と言うのは初めてだ。
 いつもエレンが皆で、と言えば渋い顔をしたのは彼女だったからこの提案は意外だったけれど、なんとなく、彼女から二人でご飯食べに行きませんか、と誘われることはもうないような気がした。

 誕生日だと、彼女に言われるまで気がつかなかった。
 今日一日を振り返れば、確かに先輩が少し優しかったり、同期がお昼におかずをくれたりしていた。
 あれはもしかしたらそういうことだったのか、と思い当たる。
 おかげでおかずは一品多く食べることができたし、定時で仕事を終えることができたけれど、彼らが予想していたようなロマンチックな誕生日はおそらく過ごせないだろう。
 恋人であるリヴァイはエレンの誕生日を知らないだろうし、エレン自身も今さら言ったりしない。
 約束を取り付けていないエレンは、仕事が早く終わろうが、残業しようが、今夜を一人で過ごすことに変わりはないのだ。
 晩ご飯はいつもよりも豪華なものを買って行こうか。
 例えば何千円ってする焼き肉弁当だとか。いやあれは予約しないといけないのだった。

「エレン」

 だったら、せめて小さなケーキくらい買って行こうか。
 この時間に残っているかはわからないけれど、この際コンビニのケーキだって構わない。
 …そこまでしなくてもいいか。自分の誕生日なんて一年に一回は必ずやってくる日だ。
 そんなことよりも、一緒にいたい人といられる日の方が何倍も、

「エレン!」
「ぅおっ!?は、はい!」

 ぼんやりと考えながら歩いていたら、急に腕を後ろに引かれて体がグラついたのを何とか踏ん張って振り返る。
 その犯人が誰なのかを認識すると、一瞬にして掴まれた腕が熱くなったような気がした。

「リ、リヴァイさん…!?」
「二回呼んだ」
「え?す、すみません」

 ぼうっとしてて、と言うとリヴァイはわかりやすく溜息をついた
136 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:49:24.31 d
 晩ご飯はいつもよりも豪華なものを買って行こうか。
 例えば何千円ってする焼き肉弁当だとか。いやあれは予約しないといけないのだった。

「エレン」

 だったら、せめて小さなケーキくらい買って行こうか。
 この時間に残っているかはわからないけれど、この際コンビニのケーキだって構わない。
 …そこまでしなくてもいいか。自分の誕生日なんて一年に一回は必ずやってくる日だ。
 そんなことよりも、一緒にいたい人といられる日の方が何倍も、

「エレン!」
「ぅおっ!?は、はい!」

 ぼんやりと考えながら歩いていたら、急に腕を後ろに引かれて体がグラついたのを何とか踏ん張って振り返る。
 その犯人が誰なのかを認識すると、一瞬にして掴まれた腕が熱くなったような気がした。

「リ、リヴァイさん…!?」
「二回呼んだ」
「え?す、すみません」

 ぼうっとしてて、と言うとリヴァイはわかりやすく溜息をついた。
 次にちゃんと話せるのは当分後かもしれないと思っていたから、こうして会えたのは嬉しかったが、先ほどエレベーターで会った時よりも明らかに不機嫌な雰囲気を出しているリヴァイに少し戸惑った。
 呼んでいるのに無視されたら嫌なのはわかるが、さっき「また明日」と言ったのはリヴァイの方なのに、と思ってしまう。

「何か急ぎの」
「今日お前が乗るのはこっちだ」
「はっ?」

 何か急ぎの用ですか、と聞く前に掴まれた腕をそのまま引かれて、エレンが乗る電車とは別の電車のホームに連れて行かれる。
 そっちはリヴァイの家へ向かう電車だ。

「あのっ、どうしてそっちに…今日は何の約束もしてないし、明日だって仕事が…!」

 朝一から昼を跨いで行われるそれに、課長であるリヴァイは出なければいけないはずだ。

「あと腕!離してください!」

 周りからの視線を感じる。
 慌てて、黙ったまま腕を引くリヴァイの手をパシパシと叩いた。

「ちゃんとついていきますから!」
「…、隣」
「はい…」

 ようやく腕を離してくれたリヴァイは、それでもまだ機嫌が悪そうだった。
 後ろをついてくるのではなく、隣を歩けと言われて大人しく従った。
 そんなに疑わなくても、もう逃げないのに、と思う。
137 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:49:40.23 d
 リヴァイと一緒にいられることを嫌だと思うはずがない。
 ただ、リヴァイの迷惑にはなりたくないと思っているだけだ。
 ちょうど到着していた電車に乗り込む。
 この路線はいつもエレンが乗る路線よりも比較的乗客が少ないように思えた。
 吊革を掴むリヴァイの隣に並んで同じように掴んだ。
 リヴァイは元々、口数は少ない方だと思うけれど、今日は不機嫌が相まってもっと少なくて、何だか居心地が悪い。
 オレ何かしたかな、と考えてもピンとくることは思いつかなかった。
                  
「リヴァイさんの家に行くんですか?」
「ああ」
「そ、そうですか」

 会話が続かない。
 リヴァイはそれを口にしたきり自分から話すことはなく、眉を顰めながら、時折、何か考えているようだった。

 駅に着くとすぐ、リヴァイは「先に家に行って風呂でもためてろ」と言って逆方向へ歩いて行ってしまった。
 何がしたいんだ、と思いつつもリヴァイのマンションへと向かう。
 エレンのマンションよりも広く、部屋数も多い綺麗なマンションだ。
 エントランスのパネルに部屋番号を入力して開ける。
 部屋へと繋がる玄関の鍵は以前もらっているから問題はない。
 リヴァイが残業だという時は行かないようにしていたし、勿論アポなしできたこともないので、最初の一回以来この鍵はあまり使ったことはないけれど。
「お邪魔します…」
                                       
 鍵を開けて部屋へ入ると、暗く、静かな部屋が出迎えた。
 電気をつける。
 相変わらずゴミ一つ落ちていない、モデルルームのような部屋だ。
 春らしくなってきたとは言え、まだ少し夜は肌寒くなるので弱めに暖房をつけておいた。
 リヴァイがすぐに帰ってくるのかは分からないけれど、あの口ぶりだとそんなに時間はかからないのだと思う。
 もう少ししてから風呂に湯を張ろうと決めて、ふかふかのソファに腰を下ろした。
138 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:49:56.28 d
 今日はラッキーだと思う。
 エレベーターで一緒になっただけでなく、リヴァイの意図はわからないが夜は一緒に過ごせるらしい。
 誕生日だから、神様が気まぐれでプレゼントしてくれたのかもしれない。
 そんな子どものようなことを考えて、ふ、と笑った。

「秘密にしよ」

 秘密にして、自分だけの誕生日の思い出にしよう。
 リヴァイの誕生日はいつなのだろう。その時まで恋人という関係が続いていたらいいな、と思う。
 もうエレンもリヴァイも誕生日を喜ぶような歳でもないけれど、それでも祝ってもらえるなら嬉しい。
 それが好きな相手なら尚更。
 部屋も暖まった頃、風呂をため始めた。
 リヴァイが帰ってくるまで何もやることがなくてぼうっとして、風呂が溜まったという知らせと玄関を開ける音が耳に入ったのは同時だった。
 すぐにお湯を止めに行って、その足で玄関先を覗く。
 両手にスーパーの袋を持ったリヴァイが靴を脱いでいるのが見えた。

「あの、先にお邪魔してます。風呂もためときました」

 言うと、少し目を丸くしたリヴァイがじっとエレンを見つめている。

「どうかしましたか?」
「…ただいま」
「はい」
「ただいま」
「? お、お帰りなさい」

 その場を動かず何度もただいま、と言うリヴァイに戸惑いつつもそう言えば、彼は満足そうにしてリビングへ消えていった。
 その後ろを追いかける。

「いっぱい買い物してきたんですね。仕舞うの手伝いますか?」
「いい。お前は風呂に入ってこい」
「え、でも」
「ゆっくり浸かって来い」
 キッチンにスーパーの袋を置いて、着替えもせずスーツの上着だけを脱いで何やら作業を始めたリヴァイの有無を言わせない態度にエレンも折れた。
 着替えは以前ここに来た時に揃えたものがあったから、それを寝室のクローゼットから出してきた。
 スーツも皺にならないようにハンガーを借りて掛けさせてもらった。
 おそらく今日は自分の部屋へは帰れないだろうし、朝一で家に帰るにしたってまたこのスーツを着なければならないだろうから。
139 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:50:12.17 d
 キッチンではリヴァイが何かを切っている音が聞こえてくる。
 なかなか手際が良かった。
 リヴァイが料理をするなんて想像もしていなかったけれど、コンビニの弁当などを食べている方が想像できなかったから意外ではなかった。
 何を作ろうとしているのか興味はあったが、聞いてはいけないような雰囲気が漂っていたので見つめるだけにしておいた。
                  
「シャツは洗濯機にいれておけ」
「わ、わかりました」

 視線は手元からはずことはなかったけれど、見つめていたのがバレてしまったようで少し恥ずかしい。
 早足で風呂に向かい、羞恥を晴らすようにして脱いだシャツをバサリと洗濯機の中に放り投げた。
 今日のリヴァイは調子が狂う。
 夜はきっとセックスするのだろうと当然のように思ったので、手が勝手に体を隅々まで綺麗にしていた。
 そして髪も洗って湯船に浸かった後はずっとぼんやりとリヴァイのことを考えていた。
 次第に視界もぼんやりとし始めて、逆上せる寸前だと気がついて急いで上がった。
 少しふらつくような気がするけれど、結果的にリヴァイの指示通りゆっくりはできたと思う。
 脱衣所で少し落ちつくまで蹲っていると、扉が開いた。
                  
「…まさか逆上せたのか?」
「はい…あ、いや、いいえ」
「ほら」

 顔を上げると、額に冷たいものが当てられた。
 冷えたミネラルウォーターだった。

「すみません…ありがとうございます」

 それを受け取ると、リヴァイがエレンのまだ濡れて水滴の垂れる髪をタオルで優しく拭ってくれた。

「落ちついたら、ちゃんと髪乾かしてから来い」

 そう言ってリヴァイは脱衣所から出ていった。
 どのくらい風呂に入っていたのだろう。
 リヴァイが様子を見にくるくらいだから相当時間が経っていたのかもしれない。
 はぁ、と溜息をつくと、ミネラルウォーターを煽る。
 少しだけホッとした。
 そしてしばらくしてから髪を乾かして、リビングへ戻る頃にはすっかり体調は良くなっていた。
140 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:50:27.52 d
 リビングへ続くドアを開けると、いい匂いがしてきた。
 途端に空腹なことにも気が付く。
 空腹で、しかも熱い風呂に長時間入っていればそりゃあ逆上せるな、とエレンは情けなくなった。

「もう平気か?」
「はい、すいません。ちょっと目眩がした程度なのでもう大丈夫です」
「そうか」

 座れ、と促されて椅子に座ると、テーブルの上にはこの短時間に作ったのかと驚くほど綺麗な料理が並べられていた。
 エレンはあまり料理をしないから簡単なものなのか難しいものなのかはわからないが、丼料理じゃないことだけはわかる。

「これ全部リヴァイさんが作ったんですか?」
「急だったからそんなに手間がかかるものは作ってねぇ」

 そうは言いつつも自分では作りそうもない鮭とほうれん草のクリームパスタに、鯛のカルパッチョ、きのこのたくさんのったチキンソテーはガーリックのいい香りがして食欲をそそった。
 レストランで出てくるように綺麗に盛られている料理にエレンは少し感動した。
 いただきます、と手を揃えてさっそく料理を口にすると見た目通り、味もとてもエレン好みで美味しかった。
 食後にはデザートまでついてきた。
 手作りだと言う苺のパンナコッタはとろけるような食感で、苺の酸味がまた爽やかだった。
 リヴァイがこんなに料理ができるとは知らなかったし、好きなのも知らなかった。
 これまで自分たちはセックスするためだけに会っていたから、恋人にならなければ一生知ることもなかったかもしれない。
                                  
「すごく美味しかったです。ご馳走様でした」
「こんなモンしか作ってやれなくて悪かったな」
「いえ全然!美味しかったです」
「もっと前から知ってたらちゃんと準備していた」
「?どうしても今日じゃなくちゃダメだったんですか?」

 首を傾げると、リヴァイが眉を顰めてこちらを見ていた。

「…何ですかその顔」
「お前…今日誕生日なんだろう?」
「どうして知ってるんですか?」
「さっきおめでとうって言われてただろうが…」
「あー…なるほど」
「そういうことは先に言っておけ」

 リヴァイは今日が誕生日だと言うことを教えなかったことに対して少し拗ねていたらしい。
141 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:50:37.81 d
 でも、誕生日だと知って慌ててエレンを連れて来て、料理を作って、祝おうとしてくれていたのか。
 ふは、と思わず笑ってしまった。

「すみません、オレ今日誕生日なんです」
「もう知ってる。…おめでとう。何か欲しいものはあるか?」
「ありがとうございます。美味しい料理作ってもらったんで、それだけで嬉しいです」

 今日という日を自分だけの思い出にしようと思っていたけれど、リヴァイはちゃんと祝ってくれた。
 毎年一回は必ずくるこの日を自分の特別な人と過ごせたことはとても嬉しいことだと思う。
 それだけで今日と言う日が特別になる。

「あ、でもリヴァイさんの誕生日も教えてください」
「…十二月二十五日だ」
「クリスマスなんですか?」

 そうだ、と頷くリヴァイを見ながら結構先だなと思う。
 それまで一緒にいられるかはわからないけれど、今度はエレンが祝ってあげたい、と思った。

「じゃあその日はオレが料理を作るので、それまでしっかり料理教えてください」

 これは、これから先も一緒にいたいというエレンの願いだ。

・・・
                  
 風呂上がりのリヴァイから自分と同じ香りがする。
 正確には、今日はエレンがリヴァイと同じ香りを纏っているのだけど、近すぎて、もう境界線なんてわからない。
 全身を隅から隅まで舐められて、吸われて、とにかく泣きだしたくなるほど甘やかされた。
 そのせいでどこに触れられても体が跳ねてしまうし、シーツに擦れるだけで声が出てしまいそうだった。

「んっ、ぁ、…っも、いいって…っ」
「まだだ」
「ああっ、ぅ、…舌で、ぐりぐりって、しないで…っんあ」

 もうぐずぐずになっているはずの後孔にリヴァイの舌がにゅるりと入ってくる。
 そのまま固く尖らせた舌に内側の肉をぐりぐりと押されて、それを押し返すように締め付ける力が強まった。
 自分の後孔が開いていくのがわかる。リヴァイの優しい愛撫で緊張を解いた後孔が、その指と舌によってどんどん柔らかくなっていった。

「う、んぅ…っリヴァイさん…っも、いれてください…っあ、もう充分、だからっ…ぁ、」

 砕けそうになる腰に頑張って力をいれて、向きを変える。
142 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:50:54.63 d
「ここっ…はやく、ぃれて…ください…っ」

 枕に頭をのせ、腰を少し浮かせて散々解された後孔を自身の指で広げて見せると、ローションがくちゅりと音を立てた。
 自分の指がそのぽってりとした入口に触れただけで体がビクンッと跳ねる。
 ここに早く入れて欲しい。
 その熱くて固い熱を埋め込んで、奥まで激しく突いて欲しい。
                  
「ぁ…っ、」

 そこに、ぴとりとリヴァイの熱が宛がわれる。
 後孔が期待してその先端に吸いつくようにキスしているのがわかった。

「はやく、…っリヴァイさん、いっぱいしてください…っいっぱい、ぎゅってしてください…っん」
「エレン、」

 リヴァイが腰を進めると同時に体を少し前に倒す。
 エレンの大好きなリヴァイが、その体がこんなにも近くにある。
 エレンは腕を伸ばしてリヴァイの背中に回すと、そのままぎゅうっと抱きついた。
 ずっとずっと、こうしたかった。
 でも、好きになってはいけないと、好きになるのが怖いと思ってずっと手を伸ばさないようにしてきた。
 でも今はそんなことしなくてもいい。好きなだけ抱きしめていい。
 もうリヴァイはエレンのもので、エレンはリヴァイのものなのだ。

「アッ、ん、好き、です…っリヴァイさ…っひぅ、」
「…俺もだ、エレン」

 疲れてしまったのか、体を丸めて眠るエレンの顔を見て、はあ、と息をついた。
 エレンが可愛くてたまらない。
                  
 与えてやれるものは何でもしてやりたいと思うのに、どこか遠慮するエレンは今日が誕生日だと言うことも教えてはくれなかった。
 それは単に自分でも忘れていただけだと言っていたが、きっとリヴァイがこうして言わなければずっと言わなかったに違いない。
 渡してあった合鍵もめったに使うことがないのだ。
 ただいま、と言って多少は言わせた感があっても「お帰りなさい」と言ってくれたのは正直嬉しかった。
 リヴァイもエレンも我儘なんて言うような歳でもないし、男だから大体のことは何でもできてしまうけれど、それでも我儘を言って欲しいと思う。
143 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:51:11.08 d
「迷惑なんて、考えなくていい。お前は我慢しすぎだ」

 エレンがリヴァイに迷惑をかけてはいけないと思っていることを知っている。もっと会いたいという願いはリヴァイしか聞いてやることができない。
 リヴァイはただ待っているのだ。エレンが自分から一緒にいたいと望んでくれることを。
「リヴァイさん、起きてください。オレ一旦家に帰るので先に出ます」

 隣でまだ眠っているリヴァイを揺り起す。
 ぐっすり寝ているからこのまま起こさずに帰ろうかとも思ったが、以前、帰る時はいくら寝ていても絶対に声をかけろと言われたのだ。
「…いっしょにいけばいい」
「でもオレ着替えが…」

 昨日勢いでシャツを洗濯機の中に入れてしまったから、着ていくシャツはないし、人の少ない朝の電車でならまだ今着ている服でもあまり人に会わずに帰れる。
 だからできるだけ早く家を出たかった。
 このままじゃ寝ぼけたリヴァイに引きとめられて、帰れなくなってしまう。
 仕方がないから無視して出るか、とベッドを降りようとした。
が、枕に顔を押し付けたままのリヴァイに手首を掴まれてしまった。
 離してください、と言っても全く離す様子もないし、寝ているくせに力が強くて全然外せない。
 このままじゃ本当に、とエレンは焦り出す。

「シャツならある」
「は?オレ、リヴァイさんのは着れませんよ?」
「ちがう、お前の、きのうかってきた」
「え?」

 安いので悪いが、と続けられる。
 昨日、買いものに行った時に一緒にエレンのサイズのシャツを買ってきてくれていたらしい。
                                         
「だからまだ寝れる」

 そう言ってまた布団の中に引きずり込まれて、がっちりと抱きつかれてしまった。
 リヴァイが案外朝に弱いことを知った朝だった。

 二度寝して、さすがにもう起きないとやばいと思ってリヴァイを起こして適当に朝食を食べた後、買ってきてくれたシャツを着てスーツに着替えた。
144 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:51:26.66 d
「あ、」
「どうした、サイズ合わねぇか?」
「それは大丈夫です、ありがとうございます。いや、昨日と同じスーツなのは構わないんですけど、ネクタイも一緒ってのは…って思って」

 スーツもネクタイも昨日と同じなんて、自分の家に帰っていません、と背中に張り付けて歩いているようで少し気が引ける。
 そんなに気にする社員もいないだろうけれど、あの同期ならきっとからかってくるに違いない。

「これやってけ」

 リヴァイがクローゼットからネクタイを一本取り出してくれた。

「え…ありがとうございます」

 落ちついた、少し暗めの青色のネクタイだった。
 触った感触が普段自分のつけているようなものとは少し違っていて、ずっと触っていたくなるような生地だ。

「それお前にやる」
「え!?これすごい高そうなんですけど!?」
「俺が一番気に入ってるやつ」
「そ、そんなん貰えませんよ!」

 つっ返そうとしてネクタイを差し出すと、正面に立ったリヴァイがそれを手にしてエレンの首に回した。

「昨日誕生日だったろうが。使ったやつで悪いが、貰ってくれ」

 そう言って、手際良くきっちりとネクタイを結ばれてしまえば、もう貰うしかない。
 嬉しくないわけがないのだ。

「あ…りがとう、ございます」
「誕生日おめでとう。今度はちゃんと何か買ってやる」

 赤い顔は俯いても隠せない。
 リヴァイが、ふ、と笑う声が聞こえた気がした。




番外編・おわり

エレンちゃんお誕生日おめでとう!



 実は同じ会社でリヴァイともエレンとも違う課にいたアルミン曰く

「あれ、エレン。今日はいつもより大人っぽいね」
「いや大人なんだけど」
「えーっとなんて言うのかな、リヴァイ課長っぽい?」
「!!」
「そうだ、誕生日おめでとう」
「…ありがと」
                


 
ファーーーーーーーーーwwwww
145 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:51:41.69 d
 女を抱くことしか知らなかった体が男に抱かれることを知ってしまった。
 内側を抉られるような刺激は思考も快感に染まり、何も分からなくなるほど気持ち良かった。
 これまでにないほど乱れてしまい、こんなのは違う、オレじゃない、と何度思ったかわからない。
 それでもこれ以上の快感を得ることはこの人意外にはあり得ないとわかっていた。
 繋がりは、体以外に何もない。
 だからこそ、彼を見かけた時はいつもセックスしている姿としか結び付かなくて、体が勝手に疼いて期待しまう。
 そして、その事実にやはりセフレでしかないのだと落胆した。
 落胆してしまう理由には気がつかないふりをした。
 そして、いつかこの関係が終わってしまった時、自分はおかしくなってしまうかもしれないと不安になって、これ以上は踏み込まないように線を引いた。
 心の中にいつの間にか生まれていたリヴァイへの恋心は、エレン自身によって無視されることで迷子になり、孤独になっていた。
 けれど彼に、リヴァイに、縋っていい、好きになっていい、と言われた時、とてつもなく安心した。
 やっと救われたような安心感、幸福感。
 同時に、もう二度とこんな思いはしたくないと思った。

 エレンは心配してくれていた同期に「社食で悪いけど」と言って昼飯を奢ることにした。
 この会社の食堂はなかなか美味しくて、軽食からボリュームのあるものまで、メニューも豊富だから女性社員にも人気だ。
 同期に「一番高くてもいいの?」なんて聞かれて、若干顔をひきつらせ頷くと、冗談だと笑われた。
 まだ時間が早いのか、食堂は席を選べるほどには空いていた。
 結局、同期が選んだボリュームのあるカツ丼と、特に食べたいものがなかったエレンは日替わり定食を頼んで、窓際の席へと座った。近くに座っている者はいなかった。

「解決したっぽい?なんか吹っ切れたっつーか、落ちついた…?いや、ホッとしたような顔してるな、最近」
「…そんな顔してるか?」
「してるしてる。前は毎日不機嫌って感じだったし、一時期戻ったかと思えば今度は背中に闇背負って、無理してます、って感じだった」
146 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:51:57.99 d
 なんだそれ、と言ってしまいそうになったが、まぁ…間違いではないかもしれない。
 訳も分からずリヴァイに強引に抱かれ、そのくせ放っておかれて頭にきていたし、自分のところへ来てくれたリヴァイに少しだけ満足もしたが、その後の関係を維持しようと無理をしていたのも事実だ。
 やっぱり、この同期はふざけていそうに見えて案外人のことをちゃんと見ている。

「…悪かったな、気遣わせて」
「気なんか遣ってねーよ」

 そうは言うけれど、話を聞いてくれようとしたり、食事に誘ってくれたりしてくれていたし、エレンに無理矢理聞くこともせずにいてくれた。
 しかし、それを言ってしまうのは野暮というものだ。
 何があったのかを話すことはできなかった。
 ただ「たぶん、もう大丈夫だと思う」と言えば、彼は「そっか」と笑っただけだった。
 午後は外に出ないといけないからと言って先に食堂を出た同期を見送って、エレンはまだ随分と残っている手もとの昼飯をゆっくりと食べ始めた。
 具合が悪いわけでも、気分が落ちているわけでもない。
 何と言うか、実感がわかないような感じで、気がつけばぼうっとしている。
 急に肩の荷を下ろされて、楽になるどころか何が起きたのかわからない、という感覚なのだ。
 リヴァイに好きだと言われたのは二日前だった、と思う。
 金曜の夜にホテルで会う約束をして、そのまま次の日の朝まで気が狂う程セックスをしていた。
 肉体が溶けたかと思うくらい全身が熱くて、思考もぼんやりとして、体に力が入らなくなった。
 眠る、というよりは気を失いそうになる時に、リヴァイに電話がかかって来たのを覚えている。
147 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:52:13.50 d
 そして、そのやり取りを辛うじて視界に入れていると、ペットボトルのミネラルウォーターを煽ったリヴァイが口移しでその水を飲ませてくれた。
 そういえば喉もカラカラだった。
 冷えた水が体内に流れて少しだけ思考がクリアになる。
「トラブったらしいから行ってくる」と言いながら髪を撫でられて、その心地良さにまた目を閉じた。
 目が覚めた時にはリヴァイはいなくなっていた。そういえば呼び出されていたと思い出して、休日なのに大変だな、とぼんやりと思った。そして、シャワーを浴びて戻ると、スマートフォンに『そろそろ起きたか。
 部屋はそのまま出て構わない。また後で』とメッセージが届いていた。そのメッセージには『お疲れ様です。わかりました』と返したが、また後で、と返さなかったのは無意識だったと思う。
 そして休日が開けて今日まで、連絡は一度も来ていない。リヴァイの課は今日も忙しそうだった。
 好きだ、と言われた。好きです、とも言った。でも、果たしてこの関係は本当に変わったのか、エレンには自信がない。
 気がつけば、昼休憩に入った社員が増えてきたようで、ちらほらと食堂に入ってくる人が増え始めていた。早く食べて出ないと、と食べるペースを速めた。
 エレンの後ろの席に誰かが座った気配がした。椅子の背もたれが、コツリとぶつかる。

「あ、すいません」

 幅を取りすぎていたかもしれないと思って謝ると、背中にドン、と何かがのせられたような重みが増した。
 はぁ…と深い溜息が聞こえる。ああ、この匂いは。

「お…お疲れ様です、…リヴァイさん」
「…ああ」

 椅子を合わせ、エレンの背中を背もたれにするようにして寄りかかられている。
 頭ごと預けるようにするリヴァイの声は疲労に染まっていていつもよりも低かった。
 寄りかかられていて体を動かすことができない。
 食事をすることも躊躇われて、疲れたリヴァイの体が楽になるよう、ひたすら背もたれなりきろうとした。
 食堂にはどんどん人が増えていくが、だからと言って離れてください、なんて言うこともできなくて困ってしまった。
 きっと以前までのエレンであれば言っていたと思うけれど。
148 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:52:28.69 d
「お前今日、定時であがれるのか」
「そうですね、たぶん」
「そうか。じゃあ駅前のカフェで待ってろ」 
「え?仕事終わってからですか?」
「ああ。俺も比較的早く帰れる予定だ…というかそろそろ帰らせてもらわねぇとさすがにきつい」

 珍しく弱音を吐いているような気がする。
 今まで普通の会話らしい会話はほとんどしてこなかったから、聞いたことがないのは当たり前かもしれないけれど。

「そろそろって、もしかしてあれから家に帰っていないんですか?」
「…まあな」

 風呂に入りてぇ、とうんざりしたリヴァイの声を聞いて、だから今日はいつもよりもリヴァイの匂いが濃いのか、と考えて急に恥ずかしくなった。
 自然に体が熱くなる。興奮にも似た高揚に頭を振ると、背中の重さがなくなった。
 立ち上がったらしいリヴァイを振りかえる。

「いくら早いって言ってもお前の方が早いだろうから、待っていてくれ」
「でも、お疲れなんじゃ」
「だからだろ。じゃあな」

 何が“だから”なのか。
 見上げたリヴァイの顔には疲労が浮かんでいたが、そう言って肩に手を置かれてしまえば何も言い返すことができなかった。



 定時を迎え、リヴァイに言われた通り、駅前のカフェに入る。
 仕事終わりの時間帯の店内はそれなりに客がいた。
 ホットコーヒーを頼んで席を探すと、運良く外がよく見える席が一つだけ空いていたのでそこに座った。
 土曜日の朝、休日出勤していた社員によって発覚したミスはかなりひどいものだったらしい。
 それでも他課に影響が出なかったのは課長であるリヴァイの働きによるものだと聞いた。
 さすがだと思ったが、あんなに疲労しているところを見てしまうと、働き過ぎなのではないかと思ってしまう。
 そんな状況で休む時間をエレンが奪ってしまうことは尚更躊躇うし、自分なんかと会うよりもゆっくり休むべきだと思う。
 リヴァイの顔を見たら早く休むように言って帰ろう。
 …言ってもいい立場にいるよな?と不安になったが、たぶん、おそらくだがもう体だけの関係ではないのだと思う。
 はっきりしないな、と思う。
149 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:52:44.62 d
 それにしても、リヴァイからこうして約束を取り付けてくるのは初めてだったから、少し変な感じだ。
 普通の恋人みたいだ。
 だが、これまでセックスしかしてこなかったから、リヴァイとすることと言えばそれぐらいしか思いつかない。
今日だって当然のようにセックスをするのだと思っている。
 ただ、リヴァイからも誘ってくれるようになっただけでやることは今までと変わらないのかもしれない。
 好きだとは言われたけれど、果たしてそれで恋人になったと思ってもいいのだろうか。
 これまでの自分では考えもしなかった男同士の恋人。
 男同士の友情以上を経験したことがないのだから実感がわかないのも当たり前なのかもしれない。
 好きになった女を男として守り、支えていきたいと思うのは当然のことだと思う。
 けれど、リヴァイとの関係の中で男であるエレンはどちらかと言えば守られる側なのだろうし、現にセックスでは抱かれる側なのだ。
 だが、エレンもどうしたって男だから、当たり前のようにそうなってしまうことに抵抗があるのも当然のことなのだ。
 エレンは女のように弱い存在ではないのだから。
 一緒にいる時に女のように扱われていい気はしない。
 それがエレンを好きだと言うリヴァイからの愛情だとしても、男であることを忘れたくはない。
 だから、それを素直に受け止められるのは女側になるセックスの時だけなのだ。
 そう思うと、今まで散々体だけの繋がりだと言っていたセックスこそが自分たちを恋人たらしめるものなのかもしれないと思った。
 考え過ぎだと、思うかもしれない。
 自分が好きだと思った相手も自分のことを好きだった。それならそれでいいじゃないか。
 エレンはまた悩みすぎてしまう思考を掻き消すように首を振った。


「エレン。待たせて悪かったな」

 ハッとして顔を上げる。
 外が見える位置に座っていたというのに全く気がつかなかった。
 腕時計を見ると、リヴァイが来たのはエレンがこのカフェに入ってから一時間経った頃だった。
150 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:52:59.79 d
「お疲れ様です。そんなに待っていませんよ。仕事の方はもう大丈夫なんですか?」
「ああ、何とか。今日の仕事が間に合わないところだったが、あいつらが頑張ってくれたおかげだ」
「そうですか、良かったです」

 いつの間にかエレンの隣が空いていたらしく、リヴァイがそこに座る。
 はぁ、と重い溜息が聞こえた。
 何か飲みますか、と聞くと少し考えた後に、いらない、と返って来た。

「今日は早く帰って休んだ方がいいんじゃないですか?」
「…そうだな、帰ろう。俺の家に行くぞ」
「は?」

 ぽかんとするエレンを無視して立ち上がり、当然かのようにエレンの飲んでいたコーヒー代を払おうとするリヴァイを何とか抑えて自分で会計を済ませると、二人でカフェを後にした。
 どんどん先を歩いて行ってしまうリヴァイの後を慌てて追いかけて、いつもとは違う電車に乗り込んだ。

「リヴァイさんの家に行ってもいいんですか?」
「駄目だったら言ってねぇ」
「でも、疲れてるだろうしオレがいたら休めないんじゃ」
「問題ない」
「でも、」
「しつこい」

 聞き入れないのはそっちだろう、と思いつつも、そういえばこの人ははじめから強引だったと思い出して早々にエレンが諦めた。
 ざっと車内を見ても空いている席はなくて、二人並んで吊革に手を伸ばした。
 窓から見える景色がいつもと違う。
こんな風に並んで電車に乗るのは初めてで、リヴァイのいる右側が妙にむずむずした。
 降りるぞ、と言われて降りたのはたぶん乗ってから五つ目くらいの駅だったと思う。
 綺麗な街で、リヴァイに似合うな、と思った。
 道のわからないエレンはリヴァイのあとをついていくしかなくて、疲れている彼に煩わしいと思われないようにと、一歩後ろをただ無言で歩いた。
 途中でコンビニに寄ってミネラルウォーターなどを買ったが、リヴァイの住むマンションは駅から歩いて十分ほどで、うるさくなりがちな駅前から程良く離れた位置にあった。
 さすが優秀なリヴァイ課長と言いたくなるようなマンションに、エレンは何度も瞬きをした。
151 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:53:09.61 d
「…お邪魔、します」

 玄関を開けた瞬間にリヴァイの匂いがふわりと香った。
 本当にリヴァイの部屋に来てしまったのか、と信じがたいような気分になってしまう。
 今まで会うのはいつものホテルの部屋だったから、リヴァイの家に来るのはもちろん初めてだ。
 彼のことを知っていくのが怖くてセックスする以外で一緒にいることをできるだけ避けていた。
 だから、一緒にいる時間が長くなればなるほど、どんどん新しいことを知っていく。
 例えば吊革を掴むのは左手。
 エレンは電車が揺れる度にぶつかりそうになる手にいちいちドキドキした。
 それと、見かけによらず甘いものが好きらしい。
 コンビニでプリンを買っているのを見てしまって、少し笑いそうになった。
 そうやって一つずつリヴァイのことを知って行けるのは、良いことだと、嬉しいことだと思う。

「道は覚えたか?」
「えっと、はい。たぶん。ほとんど一本道でしたし、それほど駅から離れてないですから」

 リヴァイに促されてソファへと座る。広いリビングは綺麗に片付いていて、少し落ちつかない。

「じゃあ次は一人でも来れるな」
「はあ…」

 ぼんやりとした返事をすれば、リヴァイは何を気にすることもなく隣の部屋へと消えた。
 リヴァイは当然のことのように言ったけれど、一人でここに来るようなことがあるのだろうか。
 今自分がここにいることすら未だに不思議でならないのに、一人で?
 戻って来たリヴァイがリビングのテーブルにコトリと何かを置いた。

「エレン、鍵はここに置いておく。俺は先に風呂に入ってくるからお前は好きにしてろ」

 ソファから振り返ると、確かにテーブルの上に銀色に光る鍵が置かれている。
 わかりました、と答えると、リヴァイは風呂場へと早足で向かった。

「…帰る時は掛けて帰れってことかな」

 エレンはリヴァイのいない部屋でやっと肩の力を抜いた。

「ん、…っ」

 風呂から上がって来たリヴァイが隣に座ったと思えば、すぐに唇を塞がれた。
 やっぱりするのか、と冷静に考えながらも体はどんどん熱くなって、休んで欲しいと思うのにその手を拒むことはできなかった。
152 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:53:26.43 d
 後頭部に回った大きな手に引き寄せられて、口付けが深くなる。
 まだ少し濡れているリヴァイの髪から水滴がぽたりと落ちて、エレンのシャツを濡らした。

「っ、ふ…ぁ、リヴァイさ…っぁ…、は、あの…っ」
「…なんだ」
「その、手、を…」

 今まで伸ばせなかった手を。
 恐る恐るリヴァイの肩に手を伸ばすと、リヴァイが驚いたように何度か瞬きをして、ふ、と笑った。

「どうぞ?」
「…っ」

 腕を持ち上げられて、リヴァイの肩にのせられた。
 その余裕に、おじおじしていた自分が少し恥ずかしくなったけれど、また深いキスをされてしまえばその腕でリヴァイに抱きつかずにはいられなくなった。

「ん、んっ…ぁ、」

 エレンの体はリヴァイに触れられればすぐに反応してしまう。
 体は熱くなって、キスをして舌を絡ませただけでどうしようもなく興奮した。
 現にもうすでにエレンの中心は固くなりはじめているし、リヴァイの指がシャツの裾から入って肌を撫でる度に腰が揺れてしまう。
 もっと、いっぱい触って欲しい、そう欲張りになればなるほど、ぎゅう、と無意識にリヴァイに縋った。

「エレン…腕、少しゆるめろ…」
「え、ぁ…ごめ、なさ…っ」

 ハッとして慌てて腕を解くと、リヴァイの体がぐらりと傾いて、エレンの胸にぽすりと落ちた。

「え?リヴァイさん?」

 すう、と静かな寝息が聞こえてくる。
「寝てる…?」

 やっぱり相当疲れていたんだ。
 軽く背中を叩いてみたが、起きる様子は全くない。
 おそらく、エレンとホテルで会っていたあの日からずっと休まず駆けまわって、眠る暇もなかったのだろう。
 しばらくどうしようか考えたが、寝ているリヴァイを寝室へ運べるほど力はないので、このままソファに寝かせることにした。
 許可もなく入るのは躊躇ったけれど、風邪を引かせるわけにはいけないと、寝室に入って布団を何枚か持ってくる。
 布団からはリヴァイの香りがして、体の熱を取り戻しかけたが、ぐ、となんとか堪えた。
153 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:53:41.75 d
 ちゃんとベッドで横にならないと疲れはとれないだろうけれど、仕方がない。
 エレンは自分の非力さを悔やんで筋トレしようかな、なんて考えてみる。
 いくら鍛えてもリヴァイには勝てそうもないけれど。
 テーブルの上に置いてあった鍵で玄関に鍵をかけると、玄関ポストにそれを落とした。
 終電には十分間に合いそうだ。
 迷わずに駅まで来ると、あと少しも待てば電車が来そうだった。
 スマートフォンを取り出してメッセージアプリを開く。

『鍵はポストに入れておきました。ゆっくり休んでください。』

 すぐに既読がつくことはないだろう。
 セックスもせずに帰ったのは初めてだ。
 リヴァイの寝顔を見るのも初めてで、眉間の皺がなくなって少し可愛く見えた。
 それに、あんな風に人に寄りかかって寝てしまうなんて意外だった。
 それほど疲れていたのかもしれないけれど、他人にはあまり無防備なところは見せない人なのだろうと思っていたから。
 エレンはスマートフォンを仕舞うと、ホームにゆっくりと到着した電車に乗り込んだ。

・・・

 起きてスマートフォンを見ると昨日のメッセージに既読のマークがついていたから、朝はちゃんと起きられたのだと思う。
 少しでも疲れがとれていればいいけれど。
 しかし、会社でばったり顔を合わせて、疲れ云々というよりかは不機嫌そうなことにエレンは首を傾げた。
 明らかに先を急いでいるリヴァイに頭を下げ、その場を去ろうとした腕を掴まれ、人気のない所まで連れて来られた。
 壁に追い詰められ、リヴァイの腕に囲われて、ジロリと睨まれた。
 逃げられそうもない。

「え、と…あの、オレ何かしました…?」
「…帰るなら起こせ」
「でも、ゆっくり寝て欲しかったんです、けど」

 疲れて寝てしまったリヴァイを起こすようなことはしたくなかったし、彼のことを考えての選択だったのだが、ただ起こさなかったことを怒っているのか、勝手に帰ったことを怒っているのか、エレンにはわからなかった。
 リヴァイが、はぁ、と大きな溜息を吐く。
154 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:53:57.38 d
「…次からはいくら寝ていても起こせ」
「わ、わかりました」

 リヴァイが離れる。
 これまでこうして強引に腕を引かれた時は何かされることが多いから、何事もなく体が離れたことに少しホッとした。
 昨日は、キスはしたのにセックスできなかったから、今ここで体にそういう意味で少しでも触れられたら我慢が出来なくなりそうだった。

「それと、お前あの鍵の意味、わかっているか?」
「掛けて行けってことですよね」
「…違う」
「え?」
「まぁいい。次渡した時はそれ使って家で待ってろ。あと返さなくていい」

 時計を見ながらそう言って去っていくリヴァイの背中を見ていた。
 鍵の意味。
 返さなくていい、と言うのはつまりエレンにくれるということなのだろうか。
 もしかして、あれは合い鍵だったのだろうか。
 確かにリヴァイが使っていた鍵はキーケースについていて、エレンに渡したものとは違った。
 あれは合い鍵だったのか。
 だとしたらそう言ってくれればよかったのに。
 でも、合い鍵なんて大事なものは信用のおける人にしか渡すものじゃないと思う。
 例えば、恋人、だとか。

「……、恋人」

 口に出した瞬間、ぶわわ、と顔が熱くなる。
 はっきりしない、実感が沸かない、なんて言ってきたのに、リヴァイが自分のことを恋人だと思っているかもしれないと考えただけで急に恥ずかしくなった。

「なんて単純…」

 エレンはその場に座り込み、思わず笑った。
 うだうだ考えていた。
 自分は女じゃないから守られたくない、なんて意地を張って、そんなことを考える自分はリヴァイの恋人ではいられないのではないかと思っていた。
155 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:54:13.87 d
 だけど、やっぱりそんなのは考えすぎていただけだった。
 男だ、女だ、なんて関係ない。
 エレンはリヴァイという人が好きで、好きな人に恋人だと思ってもらえただけでこんなにも嬉しくてたまらない。
 自分よりも弱い存在だから守るんじゃない、好きな相手だから守るのだ。
 エレンだって好きな相手を守りたいと思うし、心配だってする。
 それはきっとリヴァイだって同じことで、お互いにそう思って、気持ちのうえで対等になれるのが恋人なのだと思う。
 いつかも言ったかもしれない。
 エレンは長らく、恋というものをしていなかった。

「はは、久々すぎて忘れてた」

・・・

 忙しい日が続いて、リヴァイともなかなか連絡がとれなかった。
 それも一段落して、社食で少し遅い昼食を食べ終え、一息ついているところだった。

「イェーガーさん、お疲れ様です!ここいいですか?」
「ああ、お疲れ。どうぞ」

 正面の席に座ったのはリヴァイの課の子だ。彼女は休憩しに来たのか、手には甘い匂いのするカップを持っていた。
 彼女と話すのも久しぶりだ。楽しそうに話すのをエレンはただ合槌をうちながら聞いていた。

「イェーガーさんもしかして恋人できました?」
「…え、なんで?」
「なんか…うーん、落ちついたっていうか…いや前から落ちついた感じではあったんですけど、うーん、とにかく前と何か違う気がします、いい方向に」
「そうかな」

 どう言ったらいいのかわからなくてはっきりしない彼女はいつかの同期の姿と重なるものがあってエレンは、はは、と笑った。
 変わったのかどうか、自分ではわからない。
 でも、あの日から心がすっきりしたような気はしている。
 いつもどこかで抱えていた不安はいつの間にか気にならなくなっていた。

「じゃあ今日ご飯行きませんか?恋人いないならいいですよね?」

 ぐ、とこちらに身を乗り出して言う彼女に「えっと、」と戸惑った声を出してしまった。
156 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:54:31.83 d
 すると肩にトン、と手が置かれて反射的に顔をそちらに向けた。

「仕事しろ」
「課長!」

 リヴァイだった。
 エレンの肩に手を置いているくせに、その言葉は彼女に向けて言っているものだった。
 そしてそのまま自然にエレンの隣へと座る。

「今休憩中です。って課長、また邪魔する気なんですか?」
「ああ?別に」

 言いながら、ちらりと横目で見られた。

「予定がねぇなら付き合ってくれるんじゃねぇか?」
「え、」

 女と二人でご飯を食いに行っても構わない、と言われているようでエレンは少しショックだった。
 リヴァイはエレンが女とセックスすることも構わないと言っていたし、こうやって時折、手離すようなことを言うのだ。
 好きだと告げた日にそんなことを言うのは止めて欲しい、と言ったのに、未だにそれを許す真意がわからない。
 ふと、どうしたいんだ、と少し苛立つエレンの手に何かが触れた。

「っ、」

 リヴァイの指だ。
 まだ二人はエレンの前で会話を交わしていると言うのに、テーブルの影に隠れて何食わぬ顔で触れてくる。
 ああ、もう。口では「付き合ってくれるんじゃねぇか」なんて言っておいて、行かせる気なんか少しもないではないか。
 掌に冷たい、金属の感触。それは紛れもなく、リヴァイの部屋の鍵。

「もう!冷やかしにきたんですか?」
「ちゃんと用事があってきたが、もう済んだ」

 立ち上がったリヴァイがエレンを見下ろして、少し笑った。

「課長もちゃんと仕事しないと最近できたって言う恋人に愛想つかされちゃいますよ!」
「ああ…それはねぇだろ。お前もそう思うよな?エレン」
「えっ、そ、そうですね…」

 ああ、ああ、もう、本当に。
 エレンの返答を聞いて満足そうに去っていくその背中に飛びついてやりたくなった。
 クソ、とエレンは心の中で呟く。
じわじわと顔が熱くなっていくのを止めるのに躍起になった。
157 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:54:46.75 d
「それで、今日どうですか?」
「ご、ごめん…予定、できたから…」
「なんだ、残念です」

 次渡した時はそれ使って家で待ってろ。
 そう言われたことを、エレンは忘れていなかった。
                                         



 リヴァイがいつも使っているのとは違う、何もついていない鍵で中に入った。
 リヴァイが帰ってくるまで何をしていたのか思い出せないけれど、玄関が空いた瞬間に中に引きずり込んでキスをしたのは覚えている。
 珍しくリヴァイが驚いたような顔をして、体勢を崩していた。
 どうしてか、堪らなく触れたくなった。
 今までずっと触れて欲しいと思うばかりだったのに、今日は自分からリヴァイに触れたくて頭がくらくらした程だった。
 寝室に連れて行かれて、両手を握られたままベッドに座ったリヴァイがこちらを見上げてくる。

「冷や冷やしました。あんなこと言って、オレを試して面白がってるんでしょう?」

 リヴァイの上に乗り上げるようにして跨った。
 自然と腕は彼の頭を抱きこむ形になる。

「リヴァイさんは、まだオレが女を抱いてもいいと思ってるんですか?」
「お前は俺とセックスするが、男が好きなわけじゃねぇだろう?男なんだから女も抱きたくなって当然だ」

 そう言いながら背中に回った手が骨をなぞるように撫でられて、反射的に仰け反った。
 リヴァイはわかっているのだ。
 抱かれる側のエレンが自分で男であることを忘れたくないと、ただ女のように扱われるのが嫌だと思っていることをちゃんとわかっている。
 だから、こうしてそのチャンスを与えるようなことを言うのだ。
 …そんなこと言うから、セフレだと思われるんですよ。
小さく呟いた声はリヴァイの耳にも届いていると思う。

「リヴァイさんはオレ以外も抱きたくなるんですか?…ぁ、」

 首筋をれろりと舐められて、小さく喘ぐ。

「俺はお前しか抱かない」
「でもオレは女とセックスしていいって?」
「男はひっかけるなよ」
「…オレだってリヴァイさんだけです」
158 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:55:02.69 d
 リヴァイだからセックスしたいと思う。
 抱いて欲しいと思う。
 それは間違いなくリヴァイを好きだからで、好きな人に他人とセックスしてもいいなんて言われたら嫌に決まっている。
 本当は自分のことを好きじゃないのかもしれない、と思ってしまうのは当然だ。
                                          
「リヴァイさんはそうやってオレに選択肢を与えようとするけど、そんなの必要ない。もっと縛ってください。…じゃないとオレはどうしていいかわからなくなる…」
「お前を全部、俺のものにしていいのか?」

 じっと顔を見上げられた。

「…好きな人には全部あげたいと思うし、好きな人は誰にも渡したくないって思うのが、普通なんじゃないんですか」
 男同士で好きだ何だ、と言い合うのはどうしても恥ずかしくて顔を背けてしまう。
 けれど、恋人同士であるならどうだろう。
 無償に好きだと言いたくなるし、触れていたくもなる。

「お前はすんなり帰っちまうし、合い鍵を受け取らねぇからその気はないんだと思っていたが…」
「それはリヴァイさんの言葉が足りないんですよ…!」
「……まぁいい。もうお前は俺のものでいいんだな?」

 はい、と言おうとしたその唇を塞がれて、それに応えるようにリヴァイにぎゅうっと抱きついた。



 唇が腫れてしまうかもしれないと思う程にキスをして、自分よりも分厚いリヴァイの手で肌をなぞられ、敏感な部分を擦られて何度も達した。
 今までシーツを掴むしかなかった手でリヴァイに目一杯抱きついて、抑えなくなった声で何度も「好き」とこぼす。
 やはりリヴァイとのセックスは気持ちが良い。
 思いが通じたとなれば、尚更、気持ちが良かった。

「あ、ああっ…ん、んぅ、リヴァイ、さん…っ」

 もう下半身はローションや体液でぐちゃぐちゃで、あんなにきつく閉じていた後孔もリヴァイの舌と指に翻弄されてだらしなくヒクつき、開いたままになっていた。
 すぐに熱いリヴァイのモノで塞いでくれると思ったのに放っておかれて、もの欲しそうに疼いてしまっている。
159 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:55:17.82 d
 仰向けに寝かされ、赤く熟れた乳首に吸いつかれた。
 じゅう、っときつく吸い上げられて背中がビクビクと跳ねあがる。
 快感を押さえつけるように、リヴァイの頭を抱え込めば、また吸い上げられて、カリッと噛まれた。
                                          
「ああっ…んっ!…、はぁっ…、ぁ、噛まな、で…っ」
「でも今のでまたイッただろう、エレン」
「ん、ゃ、…も、おかしく、なりそ…だからっ、入れてください…っ」

 何度もイかされたし、寸止めにもされた。
 もう乳首だけでも達してしまうほど、体中が敏感で、脳が痺れている。
 このままじゃ気を失ってしまいそうだった。
 自ら足を上げて、リヴァイを見上げる。
 余裕をなくして歪むその顔に興奮した。

「アッ…、すご、い…ぐちゅぐちゅ、してる…っ」

 後孔の窄まりに指を伸ばして、ぐずぐずに蕩けてヒクつくそこを見せつけるように開いた。
 我慢できずに少しだけ中に入りこんでしまった指に、粘着質な液体がくちゅりと絡みついた。

「ここ、リヴァイさんので、奥まで、いっぱいにしてください…っ」

 はぁっ、と切羽詰まった呼吸が聞こえて、熱くぬめった後孔に熱く、固くなった性器が押し付けられる。

「ぁ、っ、んっ〜〜〜……っ!」
 
 そのまま躊躇いもなく、ぐ、と腰を進められて、リヴァイの性器が根元まで内側にぐぢゅんっと突っ込まれた瞬間、全身に電気が走ったみたいにガクガクと震えて、大きすぎる快感に、たまらずリヴァイの背中に爪を立てた。

「あっ、あ…、ぁ…ゃ、すご、い…入れただけ、なのに…っ気持ちいい…っはぁ、」

 体に力が入らないのに、後孔はリヴァイの熱をぎゅうっと締め付けて離さない。

「あっ、ん、リヴァイさん…っ熱い、オレの中でびくって、してる…っは、ぁ…っ」
「お前…っ、そりゃわざとか?」
「な、何…っアッ!…ぁ、まだ、奥っ…」
160 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:55:33.65 d
 足を抱えられて、折りたたまれるようにされると奥まで入ったと思っていた性器がもっと奥まで入り込んできた。
 熱い、大きい、固い。
 隙間なくぴったりと埋まる熱は少しの動きでも敏感に反応して、締め付けてしまう。
 耳元で、「悪い、動く」と余裕のない声が聞こえて、え、と思った瞬間には媚肉を強く擦られた。

「アアアッ…〜〜〜っ、っ、ぁ、く、ぁ…っ」

 全身がスプッスプッと震え、中でイッてしまったのがわかった。
 リヴァイにしがみついていないと、自分が今どこにいるのかがわからなくなってしまいそうで、必死にしがみついた。
 ああ、気持ちいい、すごい、死んじゃいそう。

「アッ!あっ、ん、は、あぁっ…!リヴァイさ…っリヴァイさん…っすき、です…っ」
「ああ、っ俺も好きだ」
「い、いっぱい…っしてくださ…っ…ぁ、んぅ、あ、はぁっ」

 性器を出し入れする度に、ぐぢゅ、ぢゅぶ、と恥ずかしい音が聞こえてくる。
 でも繋がっているのだと実感できて興奮した。
 顔を近づけて、キスをせがんだ。

「ん…、食べちゃう、みたいなキス、してください…」
「は、なんだそれ」
「ん、好き、です…っ」

 思えば、あの最初のキスでエレンはもうリヴァイのことを好きになっていたのかもしれない。
                                          



おわり (笑)

内容ごちゃごちゃで本当すいませんでした
ありがとうございました!(大爆笑)
161 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:55:43.82 d
それは当たり前なんかじゃなく、


by sekaE@春コミ西1B17b



「いってぇ……」

 二日酔いでズキズキ痛む頭を抱えて目が覚めたリヴァイはあたりを見回した。
 普段は枠と言われるほど酒で酔うことのないリヴァイだが、繁忙期により連日の疲れが溜まっていたことと、接待の飲みで相手方にしこたま飲まされたことが原因で昨日は珍しく酔っていた。
 何とか帰ってきたはいいものの、そこで力尽きてソファーで寝てしまっていたらしい。床に投げ出したままのスーツのジャケットを見て顔を顰める。
「何でそのままになってんだ…?」
 いつもなら同棲している大学生の恋人、エレンが見咎めるだろう。皺になるからハンガーにかけろ、とよく言われている。
 最近は疲れを理由にエレンに任せてしまっていたが。そこでやけに静まり返った部屋が気になった。時計が指さす時刻はまだ早朝、エレンが居て朝食を用意している時間だ。
 はっとしたリヴァイはテーブルに置かれた一枚の紙が目に入った。
「……どういうことだ」
 
 “さよなら”
 
 その紙にはエレンの字でたった一言そう書かれていた。
162 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:55:58.92 d
      * * *

                                      
 事の発端は昨日の朝だった。


「リヴァイさん!俺の話聞いてますか!?」
「…あ?」
 いつもの様に朝食を済ませて家を出る前だった。ぼうっと出勤後の最優先事項について考えていた時のことだ。
 エレンが自分に対して何か言っていたのだが、それをリヴァイは聞いていなかった。
「今日はなるべく早く帰ってきてほしいって言ったんですよ!」
「悪い、聞いていなかった」
「……本当に悪いと思ってますか?」
 エレンは苛々とした口調で聞いていなかったリヴァイを責める。
「最近いつもそうですよね。繁忙期で忙しいのはわかってますけど話くらい聞いてくれてもいいんじゃないですか!?」
「だから悪かったと言ってるだろう」
「全っ然、心が込もってません!謝っときゃいいとでも思ってんでしょう!」
 いつになく突っかかってくるエレンに対してリヴァイも苛々してくる。
 連日の業務の忙しさで疲れはピークだ。話を聞いてなかったことくらい甘く見てもいいのではないか。
「ったくうるせぇな」
「なっ!?」
「時間だからもう行くぞ」
「ちょっと!リヴァイさん!」
 まだ話は終わっていない、と言うエレンを無視してリヴァイは家を出た。
 これ以上話していてもお互い苛々しているしヒートアップするだけで時間の無駄だ。
 リヴァイは合理的な判断をしたと自分に言い聞かせつつ徐々に頭が冷えてきて、他に言い方はなかったのかと今更ながら後悔していた。
163 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:56:20.32 d
 その後、リヴァイは出社して昼飯を取る時間も無く仕事に没頭していた。
 かろうじてゼリー飲料を口にした程度でどっと疲れつつその日の業務を終えると、今度はエルヴィンに捕まって無理やり接待に連れて行かれた。
 さすがにエレンとあんなことがあったから今日は早めに帰ろうと身を粉にして働いていたというのに冗談じゃない。
 リヴァイは断ったがある企画で関わった先方に気に入られていたらしく、ほぼ無理やりエルヴィンに連れて行かれることとなった。

―――不本意だが、エレンも仕事なら仕方がないと理解してくれるだろう。

なんて罪悪感を感じながら、リヴァイはその日の接待に身を投じていた。だから……まさか、エレンがリヴァイのマンションから居なくなっているとは思いもよらなかった。


      * * *


「リヴァイ、酷く疲れているようだが大丈夫か?」
「……誰のせいだと思ってやがる」
 あの後、慌てて連絡を取ろうとスマートフォンを取り出せば、一件メールが入っていることに気がついた。
日付は昨日の昼、エレンからのメールで、開いてみれば“朝はごめんなさい、帰りを待ってます。”という謝罪と帰りを待つメールだった。
昨日の昼忙しさにかまけてメールをチェックしていなかったことが仇となった。急いでエレンに電話をかけてみるものの何度かけ直しても繋がらない。
結果出勤の時間になり、慌てて支度をして出てくることになった。
164 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:56:35.30 d
 急いでシャワーを浴びたものの時間が無かったリヴァイはアイロンが掛けてあるワイシャツがどこにあるかもわからない。
 仕方なく室内干しになっていたワイシャツを着て放り出してあった昨日来ていたスーツに袖を通し出勤することとなった。
 昨日早く帰らなかったことは悪かったかもしれないが何も出ていくことないだろう。
 しかも電話は繋がらず、着信拒否をされている。
 満足にシャツも見つけられない自分の不甲斐なさを突然出て行ったエレンへの不満に転嫁させていた。
「昨日はすまなかったな。早く帰りたがっていたというのに」
「わかっていたなら早く帰らせろくそが……」
「いや、先方がな……しかし昨日はお前もだいぶ飲まされていたな」
 リヴァイは出勤早々エルヴィンに絡まれてただでさえ最低の気分がどん底まで落ちている。
 二日酔いで気分も悪いというのに朝に起こった出来事で憔悴しきっていた。
「昨日お前早く帰りたがっていたが、エレンと何か予定でもあったのか?」
「……昨日は早く帰って来いと言われていた。あと、その朝ひと悶着あった」
「ひと悶着?」
「エレンの話を聞いていなくてな……怒らせた」
「それはまた……些細な喧嘩だな」
 学生時代からの付き合いだったエルヴィンは幼馴染で恋人であるエレンのことを知っている。
 エルヴィンからそう聞かれてリヴァイはふと、そういえば何故エレンは昨日早く帰って来いと言ったのだろう、と思った。
「昨日は3月30日……あー…」
「どうかしたか?」
「昨日は…あいつの誕生日だ……」
「……それは…」
 顔を青くしたリヴァイを見てエルヴィンは言葉を失う。恋人の誕生日を忘れていたなど、“些細な”ことでは済まされない。
165 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:56:51.69 d
「だからあいつ…部屋を出て行ったのか……」
「そうだったのか!……それは悪いことをしたな…」
 よりにもよってこんな大切なことを忘れていたなんて。
 エレンが怒って出ていくのも当たり前だ。そもそも昨日の朝の時点でおめでとうの言葉があって然るべきなのに、すっかり失念していた。
 エレンはそのことを言及しなかったがおそらく気にしていただろう。だからいつもなら突っかからないような些細なことに突っかかってきたのだ。
 しかも、早く帰ってきてほしいと言ったのも誕生日の些細な“お願いごと”だったにちがいない。
「くそ…なんて詫びれば……」
「……今日を越えれば業務も落ち着く。早めに帰すから、エレンと会ってくるといい」
「……エルヴィン」
「昨日は俺も悪かったからな」
 とりあえず、エレンの携帯にはつながらないのでエレンの実家に掛けるしかない。それで直接会いに行って詫びよう。
 そうは思ったものの誕生日のプレゼントすらない状態だ。
 帰りに急いで見繕っていくべきか、と頭を抱えながらリヴァイはその日の業務に当たった。


      * * *


「おい、なんでてめぇは俺の家に突然転がり込んでんだ」
「いーだろべっつにー、彼女もいねぇんだしよぉ」
「余計なお世話だこの野郎」
 エレンはリヴァイと同棲しているマンションから必要最低限のものだけ持ってジャンの一人暮らしのアパートに転がり込んだ。
 勝手にソファーを占領し、ジャンの本棚から抜き取った漫画を読んでいる。深夜の突然の来訪にジャンは心底迷惑そうだ。
「何だって誕生日の深夜にこんなところに来てんだよ。愛しのリヴァイさんとの夜はどうした」
「……帰ってこねーからいーんだよ」
「あ?」
「あの人、俺の誕生日なんか忘れてるし」
 今のリヴァイさんの仕事が繁忙期に入っていることはわかっている。
 ここのところは夜遅くに帰ってきて朝早く出勤していくし、休みの日となれば泥の様に眠っていた。
 そのことはわかっていたからエレンも邪魔をするつもりは無かったし極力支えになろうと家事もこなしてきた。
166 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:57:06.89 d
 それでもここのところリヴァイが帰ってくるとスーツは放りっぱなしだし、前はやってくれていた食器洗いもしてくれない。
 食べたら皿はそのままテーブルに置きっぱなしだ。
 見かねてせめて皺になる前にスーツはハンガーにかけてほしい、とか皿はシンクまで運んで水に浸しておいてほしい、と言うのだが、ちっとも守ってくれない。
 工夫を凝らしてリヴァイに守ってもらおうともしたのだが効果は無かった。
 エレンが大学生になってだいぶ経つ。
 甘えられているのだと最初は思っていたが最近は体のいいホームヘルパーなのではないかと思い始めた。
 だって最近、セックスもしていない。忙しくて疲れているとはいえ、一緒に暮らしている恋人がもうずっと肌を触れ合わせていないのだ。
 会話すら成り立っておらず、リヴァイはエレンの話に適当に相槌を打つのみ。これで本当に恋人の同棲だと言えるのだろうか。
 学生のエレンには社会人であるリヴァイの大変さはわからない。
 わからないなりにせめて邪魔にならないように恋人として支えようと積極的に家事をこなしてきたつもりだったし、疲れているリヴァイに文句を言うつもりは無かった。
それでも、せめて自分の誕生日くらいは二人で一緒に恋人らしい時間を過ごしたかった。
 正直忘れられていたことは少し悲しかったし、その日の朝はそれで“早く帰ってきてほしい”というエレンの話を聞いていなかったリヴァイに対して突っかかってしまった。
 それでも一緒に居られればそれでいい、と思い直してメールを送ったというのに。
 日付が変わっても帰ってこなかったリヴァイについに堪えられなくなったエレンは部屋を飛び出し二駅ほど離れたジャンのアパートまでやってきた。
「……一緒に暮らしたら、もっと毎日が楽しいんだと思ってた」
 エレンとリヴァイは家が近く、家族ぐるみでの付き合いが昔からあった。
 だからリヴァイが年の離れたエレンの面倒を見るかたちでよく一緒に居たのである。
 小さい頃からずっと憧れだったリヴァイ兄ちゃん。運動もできて頭も良くって喧嘩も強い。
 とにかく格好良くって大好きだった。
 それがいつから憧れから恋に変わったのかは覚えていないが、少なくとも中学の思春期には自分の彼への想いは定まっていた。
 彼女が居たところを見た事もあったし、男でガキの自分に希望は無いだろう。
167 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:57:22.83 d
 全てが順調にいっていると思っていたから、まさか一緒に暮らし始めてこうなるとは思わなかった。
 マンネリもいいところでまさか今まで忘れられたことのない自分の誕生日を忘れられるなんて。
「よくわかんねぇけど、喧嘩したのか?」
「……喧嘩にすら、なってなかったかもな」
 あの人、途中なのに仕事に行っちまったし。
「……悪かったな、夜遅くに。実家に戻るのもこの時間じゃ無理があって。昼間になったら実家に帰る」
「まぁ、別にいいけどよ。あの人に連絡とか一応入れた方がいいんじゃねぇか。心配するだろ」
「いいよ、どうせ俺の連絡なんか見てないと思うし」
 どうせ自分のことなんか気にしていない。携帯に連絡が来ることを期待したくないのであえて着信拒否にした。
 これなら最初から着信が来ないとわかっているので諦めもつく。
「もう駄目なのかな……」
 漫画を上に乗せて顔を隠す。あの人のことが好きなのに、傍に居たいって思うのに。
 こんな日々がもうずっと続いていて、それがエレンにとっては辛かった。

 ―――結局、リヴァイさんにとって俺はどうでもいい存在だったのかもしれない。

一緒に暮らしているのに、前よりも心が遠く離れているように感じた。


      * * *


 リヴァイは重い足取りで帰路に着いていた。時刻は夕方、かなり早い時間に業務を終えることができた。
 ついでに明日有給をもぎ取って、あとはエレンに会いに行くだけだと一先ずエレンが帰っているだろう彼の実家に電話をかけた。
 ところがエレンは実家には帰っていないらしい。何かあったのかと聞いてくるエレンの母に対して何でもないと誤魔化して切るとリヴァイは一気に落ち込んだ。
 エレンは今どこに居るのだろうか。場所を知ろうにも未だ着信拒否をされている。
 唯一エレンの友人であるアルミンの連絡先が手掛かりになるかもしれないが、明らかに自分が悪い上にエレンに避けられているとなれば彼にもエレンの居場所を教えてもらえないかもしれない。
 そう思うとアルミンに連絡をすることもできず、リヴァイは独りマンションに帰るしかなかった。
168 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:57:38.16 d
「……ただいま」
 自分でロックを解除し部屋に入る。やはり部屋は薄暗く誰も居ない。リヴァイはため息をついてドアを閉めた。
 思い返してみれば最近の自分は酷かった。仕事が忙しい、疲れていると言ってろくにエレンのことをかまってやれなかった。
 前まで嫌がられるほど頻繁に盛っていたというのに今は肉体的疲れでとんとご無沙汰だった。
 しかも、一緒に暮らしていて自分が働いているからといってエレンに家のことは全部任せっきりだ。
 一人暮らしの時は自分で全てできていたことなのに、エレンに甘え過ぎていた。
 エレン自身も「家賃を払ってもらっているから」と様々な家事を請け負ってくれてはいたが協力するところは協力しようと約束していたのに。
 ワイシャツの場所がわからないとか、どんだけだ。自分の愚かさに嫌気がさす。
 デートもしていない。前にエレンと二人で出掛けたのはいつだったか。そういえば、最近エレンはどんな話をしていただろう。
 エレンの最近の様子が思い出せない。こんな様子ではエレンの欲しいものが浮かぶはずもなかった。
 愛想をつかされても仕方がない。
 レポートで忙しい時期もあっただろうに全部家のことはやってくれていた。
 自分のことばかりでエレンのことを考えてやれていなかった。
 エレンが当たり前にくれる気遣いに、笑顔に、温もりに。
 自分は安心しきっていたのかもしれない。
 夜遅くに帰ることが多くてエレンに先に寝ることを言いつけて、エレンの寝ているベッドに潜り込んで抱きしめればその温もりに安堵する。
 それで日々の忙しさも乗り切れた。繁忙期が終わるまでだから、と自分だけ一方的に甘えて満足していた。
 エレンが物わかりよく何も言ってこないのをいいことに。
 あまつさえ誕生日すら忘れていたのだから救いようがない。
 昨日の朝のあれはエレンの我慢の限界を知らせる悲鳴だったのだ。それなのに自分は、なんて最低なことをしてしまったのか。
169 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:57:55.85 d
「くそ……」
 もう何もかも後の祭りだ。現実逃避にベッドに沈もうかと寝室に向かう。そこでベッドに身体を投げ出そうとして、エレンに口を酸っぱくして言われていたことを思い出した。

『スーツは皺になっちゃうんでちゃんとハンガーにかけてクローゼットにしまってください!』

 リヴァイはジャケットを脱いで埃を払う。潔癖の気があるリヴァイの部屋がこれだけ清潔に保たれているのもエレンのおかげなのだ。
 リヴァイは苦い思いでハンガーにかけてしまうべく、クローゼットを開いた。
「……これは」
 クローゼットの扉の内側にテープで貼られた小さいメモ用紙。そこにはエレンの字で『よくできました!ご褒美にハグ一回!』と書かれている。そこでリヴァイはふとエレンが少し前に話していたことを思い出した。

『リヴァイさんがちゃーんと俺の言ったことを守ってくれたら、ご褒美あげます!』

 リヴァイははっとなってジャケットをクローゼットに突っ込んでリビングに走った。キッチンへ行くと生ごみに捨てられた昨日のご馳走が目に入る。
 それに心を痛めつつ、食器棚を開けてみるとそこにはまた紙がある。その紙には『食器の片付けありがとうございます!ご褒美にキス一回です!』と書かれていた。
 リヴァイは他にも思い当たる様々な場所を探った。
 ごみ袋の置いてあった場所には
『ゴミだしありがとうございます!ご褒美にひざまくら一回!』、掃除機には『自分で掃除するの久しぶりですよね?ご褒美に肩たたき一回!』、洗濯用洗剤の箱の内側に張られた紙には『洗濯機回してくれるんですね!ご褒美に一緒にお風呂一回!』
と。

 ―――俺はどうしようもないクソ野郎だ。
170 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:58:12.44 d
 エレンはこんなにもリヴァイと一緒に暮らすことに努力してくれていた。
 それなのにその甲斐もなく、何もしようとしないリヴァイに対して何を思っていただろう。
 誕生日の朝になっても“おめでとう”の一言すらなく、“うるさい”とまで言ったリヴァイに。
 あんなにいつも慕ってくれていた愛しい恋人に、自分はどこまで酷いことをしていたのだろう。

「……打ちのめされてる場合じゃねぇ」
 リヴァイはスマートフォンを取り出すと急いでアルミンへと電話をかけた。体裁を気にしている暇など無い。
『もしもしリヴァイさん?どうし』
「エレンがどこに居るか知らないか!?」
『えぇっ?』
 矢継ぎ早なリヴァイの問いにアルミンが驚いたような声を上げた。
「喧嘩して部屋を出て行った。全面的に俺が悪い。エレンからは着信拒否されている」
『うわぁ、そんなことが…』
「今すぐ会って謝りたい。だが実家にも帰っていない。心当たりはないか?」
『うーん、しいて言うなら……ジャンのアパートですかね?』
「教えてくれ!」
 エレンはアルミンには何も言っていなかったらしい。アルミンはリヴァイの必死の追及に、すぐにジャンのアパートの場所を教えてくれた。車に乗り込んでリヴァイは急ぐ。
 もう手遅れかもしれない。……それでも、別れを告げる紙と一緒に置かれていなかった鍵と、前にプレゼントしたペアリングに希望を持っていいのなら。諦めるわけにはいかなかった。


      * * *


「おい、エレン!お前いつまで寝てんだよ!」
「んあ!?」
 ジャンに身体をゆすられてエレンは目を覚ます。深夜にジャンのアパートに来たエレンは結局明け方まで眠ることができず、ようやく眠りについて気づいたら夕方になっていた。
「うわ、やっべえ。もうこんな時間かよ」
「ぐーすか寝すぎだろお前」
「わり、すぐに支度してここ出るわ」
 勝手に借りていたジャンの部屋着を脱いで着替える。身支度を済ませたエレンはさっさとジャンの部屋を出た。
「悪かったな」
「いーからとっとと仲直りしろよ」
「……おぉ」
 エレンが苦笑いで手を振るとジャンは微妙な顔をしつつガチャリとドアを閉めた。
 それを見届けてから、エレンは俯いて歩き出す。これから実家にでも帰ろうか。そう思っていた。
171 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:58:25.07 d
「―――エレン!」
「え?」
 そう思っていた矢先、エレンを呼ぶ声がした。声の方を見ようと顔を上げれば、リヴァイが走って眼前まで迫っていた。
「り」
「エレン!」
 驚いて立ち止まったエレンを、リヴァイは思いっきり抱きしめた。
「リ、ヴァイさ…」
「すまなかった!」
 声を大にして謝ったリヴァイには必死さが窺い知れる。エレンは目を白黒させた。
「え、あの」
「俺が悪かった!昨日はお前の誕生日だったのにそれを忘れて接待になんか行って!話も聞いてやらんし家事は全て任せっきりだった!」
「いや、その」
「お前がやってくれるのをいいことに何もしないでとんだ最低野郎だった!」
「リヴァイさん!声が大きいです!」
 これでは周辺に丸聞えだ。エレンは慌ててリヴァイの口を手で塞いだ。もがもがと口を動かしているリヴァイにため息をつきながら、冷静になったエレンは言った。
「とりあえず、ここで話しているのは周りの迷惑になるんで……一緒に帰ります」
 マンションへ。そう言ったエレンはリヴァイの車に乗り込んだ。


「エレン、すまなかった」
 マンションに戻ってきて開口一番にリヴァイは再びエレンに謝罪した。
「最近の俺は、忙しいからってお前を放りっぱなしだった。挙句家事も全部お前に任せてだらけていた……ワイシャツがどこにしまってあるのかすら、わからなかった」
「……ワイシャツは箪笥の引き出しの一番下です」
「お前が“ご褒美”を用意してくれていたのにちっとも聞いていなかった」
「ああ、気づいたんですね」
「……昨日の朝も、お前の誕生日を忘れていたくせに逆ギレして、帰りも遅くなって、すまなかった」
 その言葉に唇を引き結んだエレンは俯いて、リヴァイから視線を逸らした。そのことに胸が締めつれられる。……そんな顔をさせている自分はやはり最低だ。
172 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:58:45.09 d
「お前が与えてくれるもの、全てに安心しきって甘えていた……お前にこんなに我慢させて、酷いことをして、出て行かれるのも当たり前だ」
「……」
「お前に愛想を尽かされても仕方がないことをした……だが、それでも俺はお前と別れたくない」
 どんなにみっともなくともリヴァイはもうためらうことは無い。エレンを強く抱きしめた。
「もうスーツは放り出さねぇし、食器も片付ける。洗濯だってするしゴミ出しだて喜んでやる。お前は何もしなくていい……だから、傍に居てくれ…」
「っ」
 エレンはその言葉を聞くと、リヴァイにしがみついて声を震わした。
「お、俺…ずっと苦しかった!」
「……ああ」
「昨日も、ただ一緒に居るだけでよかったのに…リヴァイさん、帰ってこないし」
「……すまなかった」
「一緒に暮らしてるのに、遠くて……さ、寂しかったっ」
 泣いてしゃくりあげながらリヴァイにそう言うエレンには罪悪感と共に愛おしさが込み上げてくる。
 こんなにも自分のことを一途に想ってくれる愛しい恋人に辛い思いをさせていたなんて。抱きしめて背中をさすれば、エレンは声を上げて泣いた。

 ―――もう二度と、こんな思いはさせない。

リヴァイは強く心に誓った。


      * * *


「俺も悪かったんです。もっと口に出して伝えるべきだった」
 ひとしきり泣いて落ち着いたエレンは泣きすぎて目を腫らし、鼻を鳴らしながら言った。
「リヴァイさんは仕事で疲れてるんだから……忙しいんだから、邪魔しちゃいけないって言い聞かせて我慢してたけど……本当はこうなる前に言うべきだったんです。“寂しい”って」
 気持ちは言葉に出して伝えなきゃわかりませんよね、とエレンは笑った。
「お前は俺を思ってくれていたからだろう……何も悪くない」
「それでも、言わなかった俺も悪いです……一緒に暮らしてるんだから」
 エレンはいつの間にこんなに大人びたんだろうか。リヴァイは改めてエレンのことを見返す。エレンはすっきりとした顔をしていた。
「……着信拒否して、すみませんでした」
「俺の方こそ、すまなかった。これからはお前の言いつけは守る」
「はは、リヴァイさんて意外とだらしなかったんですね。一緒に暮らしてみてわかりました」
「申し開きようもねぇ…」
173 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:59:00.44 d
 頭を下げるリヴァイにエレンは笑う。今まで年上で完璧なイメージしかなかったリヴァイだったが、実際は少し違った。
そして、それもいとおしかった。
「……エレン、今更だが、誕生日おめでとう」
「はい」
「明日は有給を取った。埋め合わせ、といったらあれだが、明日は好きなところに連れて行ってやるし、何でも買ってやる」
 リヴァイがそう言うとエレンは首を横に振る。
「そういうのいらないんで、明日は一日中家に居て、ずっと一緒に居たいです」
「〜〜〜お前は!」
「へっ?」 
その言葉にリヴァイはたまらなくなってエレンをソファーに押し倒した。
「これ、全部消化していいか?」
「あっ」
 リヴァイが見せたのはエレンが“ご褒美”を書いたいくつものメモ用紙だ。顔を真っ赤にしたエレンが無言でゆっくりと頷くとリヴァイはエレンに口付けた。
 その後、二人は久しぶりの濃厚な夜を過ごすこととなった。



―――それ以降、二人の同棲生活は少し変化した。

 リヴァイは積極的に家事をするようになったし、エレンに感謝のキスとハグを贈るようになった。どんなに仕事が忙しかろうとも、エレンとの時間を大切にした。
 一方エレンはというと、寂しい時は素直に言うようになり、リヴァイが家事を手伝ってくれたり嬉しいことをしてくれた時は、自分からキスを贈るようになった。
 どんなに距離が近くなろうとも、お互いがお互いを思いやることを忘れない。一緒に居る日々を大切にするようになった。

当たり前のように与えられるそれは、かけがえのないものなのだから。


―――Happy birthday, Eren!!



End.(大爆笑)
174 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:59:16.13 d
とあるカフェの午後の話

     <リヴァエレ>


正月を過ぎて、今年は暖冬だと言われているが、それでもやはり寒いものは寒い。
やっと訪れた週末の土曜日はあいにくの曇り空で、少しばかり風が強くてより寒さを感じる。
それでも、やはり恋人と一緒だと心が満たされていると暖かく感じるものである。
エレンはやっと出会うことができた前世からの恋人、リヴァイと週末のデートを楽しもうと、いつものカフェに来ていたのだが、少々困った状態になっていた。

「ほら、エレン。これもうまいぞ」

差し出されるフォークには、エレンの好きなガトーショコラが食べやすいように乗せられてエレンの口元が開くのを待っていた。
差し出しているのはもちろん、エレンの恋人、リヴァイ。

「あ、ありがとうございます、リヴァイさん。でも、自分で食べれますから」
「俺が食べさせてやりたいんだ。ほら、口開けろ」

早くしろと口元に軽くフォークを持ってこられてしまえば口を開くしかなく、エレンは甘さが控えめでほろ苦いビターのチョコレートの美味しさを感じながらも、内心焦っていた。

「うまいか」
「ん、おいしいですよ。リヴァイさんも食べてください」
「俺はいい」

あまり甘いものが好きではないリヴァイなので、強く勧めることはしないが、それならばケーキ屋がメインの
この店に来る必要はないというのにエレンが甘いものが好きだからという理由で、リヴァイは休日になるとこの店に来たがるのだ。

リヴァイとエレンの住むマンションから徒歩10分の場所にあるこの店は、メインがケーキ屋で、併設したカフェも落ち着いた雰囲気が人気の店で、平日はもちろん、休日ともなるとかなり混雑する。
ケーキの美味しさはもちろんだが、飲み物の種類が豊富で、どれを選んでもハズレがないと人気の店なのだ。
だが、不思議なことにリヴァイとエレンがこのカフェに入店する時に待たされたことがない。
175 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:59:31.94 d
いつもなぜか窓際の中央の『予約席』とプレートが置かれた席にすぐさま案内され、ゆっくりと二人の時間を楽しむことができるのだ。
    
「エレン。こっちも好きだろ」

濃厚なミルクを使ったプリンがたっぷり乗ったプリンアラモードに手を伸ばしたリヴァイがスプーンですくってまた口元に運ぶ。

「えーと、その……」
「ほら、食べろ」
「んぅ……」

口の中に入れられれば、美味しいと思う。本当に思うのだが少しばかり恥ずかしい。

「やった!今日はこの席でラッキー!」
「相変わらずラヴラヴねー」
「見てよ。彼氏のあの嬉しそうな顔」
「ってか、ケーキの甘味を感じなくなったわ」

周囲がざわりとなるが、原因は間違いなく、リヴァイ。そしてエレン。
実は、この店で店員はもちろん、客ですらエレンたちの顔を知らないものはいないというくらいに覚えられてしまっていた。
いや、それどころの話ではない。現在、カフェは満員。
しかも本来カフェで相席などありえないというのに、席という席はすべて埋まっている状態で、そのことに誰も文句も言わなければ、不満もないようだ。
    
「先に来ててラッキーだったね」
「この席ならばっちり見えるわ」
「実況中継、してあげないと」
「あ、店の宣伝来てるよ」
「店員さん、ナイス!」

ツイッターがすごい勢いで拡散していく。
カフェの店員は、なぜか店の宣伝を打ち込む。「甘い甘い時間をお過ごしください」と。
実はこれ、知るものが知るあのカップルが来ているぞという暗号でもあった。個人情報流出が叫ばれる中、店員が苦肉の策で編み出した方法で、意外にもこれが好評なのだ。
『これ以上、あのカップル見たさに人が増えられると座る席がなくなる』というのが理由である。
あのカップルというのはもちろん、リヴァイとエレン。
外は極寒の1月だというのに、この店だけは春……というには少々暑苦しいかもしれないが。
176 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 03:59:49.98 d
前世の記憶を持って生まれたエレンは、遠い遠い昔に恋人だったリヴァイを捜していた。
リヴァイも記憶を持っていたので、必死になってエレンを捜してくれていたのだが、なかなか出会うことができず、エレンが大学に進学するために上京し、一人暮らしを始めたころ、ようやく再会することができた。
壁に囲まれた世界で、巨人を倒すために命をかけて戦い続けた日々の中、エレンは調査兵団の希望であった兵士長リヴァイに恋をした。
共に戦う仲間としての信頼が深くなっていくにつれて思いは強くなり、溢れだしそうになった時にリヴァイも同じ思いを持っていることを知った想いを伝えあい、恋人になってもおもわしくない戦況の中、共にいることが出来ないまま命を落とした哀しい過去。
この平和な日常で、再びリヴァイに会えたことは、エレンにとって最高の喜びだった。
リヴァイも同じだったのだろう。
あの頃、伝えることのできなかったエレンへの想いを、隠すことなく伝えてくれる。
過去の世界でリヴァイは無口な人だった。
だがそれは彼の立場がそうさせていただけのことで、本来のリヴァイはそれほど無口というわけでもないのだ。
他愛ない話もするし、冗談だって言う。エレンに対して惜しみなく言葉で愛情を伝えてくれる。
そう。実はそれが少しばかり問題だった。

調査兵団にいた過去の世界で、リヴァイは本当に苦しんでいた。
次々と死んでいく仲間や様々な思惑をかいくぐって戦場に立たなければならないリヴァイは、エレンに気持ちを伝えることが出来なかったことをひどく悔やんでいたのだ。
その反動なのか、今リヴァイは本当にエレンへの気持ちを余すことなく伝えてくれる。行動にも躊躇いがない。
………それが二人きりだろうが、周りに人がいようが、往来であろうが。
たとえ渋谷のスクランブル交差点のど真ん中であろうとも、リヴァイはエレンを可愛いと思ったら、素直に口にしてしまうし、抱きしめる。
羞恥心がどこかに消えてしまって影も形もないのだ。
あれ、リヴァイさんってこんなに素直な人だったっけ?人前でもこんなにくっつくような人だったっけ?
あれ?
あれ?
違う。この人、俺の知ってるリヴァイさんじゃないと本当の意味で理解するまでに半年かかった。
エレンはエレンで相当浮かれていたので仕方ない。
177 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:00:05.29 d
ようするに、リヴァイは恋人であるエレンに対して、周囲がドン引きするほどの甘い言葉を臆面もなく言い放つ、ちょっと……、いや、かなり恥ずかしい人になっていたのだ。
「お前の手は柔らかいな」
「リヴァイさんと比べたら、ですよ」
「俺の好きな柔らかさだ」

ガト―ショコラとプリンアラモードをすべてリヴァイの手によって食べさせられたエレンは、ようやく恥ずかしさから解放されたとホッとしたが、片手はリヴァイの手によってテーブルの上で柔らかく握られたままになっている。
ふにふにと手の甲を突いてきたり、少し強めに握ってきたり。とにかく触れているのが嬉しいとでもいうように、離してくれない。

「これからどうします?買い物でも行きましょうか」
「そうだな。買いたいものがあるなら行こう」
「特にこれといってあるわけじゃないんですけど、たまには出かけたいところとかないですか」
「お前と一緒ならどこでもいい」
「一緒ですよ。せっかくの休みだし」
「そうだな。やっとお前と一日中一緒にいられる」

お前誰だよ、と思ったあなた。あなたは正しい。
だが、このリヴァイは正常運転であり、しかもこれくらいは序の口である。ボクシングでいうならジャブ。
軽い軽いジャブだ。
このカフェでは有名となりつつある二人の会話を周囲の人間が耳を澄ませて聞いているのだが、エレンしか眼に入っていないリヴァイはそんなものは関係ないし、エレンはエレンでまさかそこまで注目されているとは思っていなかった。
さすがにリヴァイに食べさせてもらう時は周囲の眼が気になったが、自分たちの会話を聞いて身悶えしている人がいるとは思っていない。
                  
「ねぇ、あの二人って一緒に暮らしてるんでしょ?」
「そうよ。半年前にリヴァイさんがエレン君を必死に口説き落として暮らし始めたの」
「なら、ずっと一緒にいるんじゃない」
「バカね、仕事で離れてる間が辛いのよ」
「どんだけ……」

リヴァイとエレンの座る窓際のテーブルを中心に、すべての席は埋まっている。
若い女性ばかりなのには、もちろんこの店がケーキ屋のカフェという理由があげられるが、それだけではない。
彼女たちの目的は、間違いなく、リヴァイとエレンであった。
178 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:00:20.89 d
ストーカーにならない程度の情報は共有され、この店の常連客は二人が一緒に位していることや、好んで食べるこの店のメニューくらいは把握している。
家を付きとめたり、あとをつけたりという行為は厳禁だ。
これは徹底されている。
あくまでも、この店で客としてこっそり聞き耳を立てて楽しむ。
それがこの店の客としての正しいあり方だと彼女たちはルールを順守していた。

「あー、この二人の会話を聞いて、来週も頑張れる気がするわ」
「ブラックのコーヒーがシロップの原液飲んでる気分になるのに、やめられないのよね」

こそこそと交わされる彼女たちの会話は、エレン達の耳には入らないようにひそめられている。
突然、リヴァイの手が、エレンの手を持ち上げて手の甲に唇を落とした。

「たまに正面に座ると、お前をまっすぐ見ることが出来ていいもんだな」
「リヴァイさん…、だから今日は隣に座らなかったんですか」
「ああ。だが、こうやってテーブル越しにしかお前に触れられないのは辛い」
切ない表情でリヴァイが握っているエレンの手を両手で包み込んでしまう。
赤くなったエレンは恥ずかしそうだがどこか嬉しそうだ。
背筋が寒くなるほどにくさいセリフだというのに、許されてしまうのはアレである。いわゆる但しイケメンに限る……というやつだ。
                  
「すごいわね…。私、今日初参加だけど、まさか本当にこんな人いると思わなかったわ」
「初参加なの?ラッキーじゃない。でもTwitterとかではかなり有名でしょ」
「都市伝説みたいなものかと思ってたの」

今日初めて参加した女性は、とんでもない美形が、超可愛い少年に甘い言葉を囁くというTwitterが賑わっていることを知り、友人に誘われてこの店に辿りついた新参者だった。
午前中からこの店に入店し、ケーキを楽しみつつ友人と話が盛り上がって長居していたら、二人が現れて、気が付けば周囲の席がすべて埋まっていた。

「カッコいいとは聞いてたけど、あそこまでカッコいい人と思わなかったし、恋人もあんなに可愛い子だと思わなかったわ」

さらに言えば、ここまでリア充爆発しろと思えるとも。

「まだまだ初心者ね」
「大丈夫よ。そのうち爆発しろなんて思わなくなるから」
「むしろもっとやれって思うようになるわ」
179 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:00:36.89 d
この店に訪れる女性は下は10代から50代まで様々な年齢層で、中には当然お腐れ様もいる。
お腐れ様率は高い。だいたい比率でいえば6対4といったところか。
ちなみにこの対比はお腐れ、乙女系といった2種類に大きく分けられる。
この分類がよくわからない初心者のために簡単に説明すると、お腐れは、まあ、わからない人はいないだろう。
男同士のカップルをこよなく愛し、カップルでないものまで脳内でカップルに返還させる特殊能力を保持した女性の尊称である。
最近は市民権を得たかのようにその数を増殖させている(異論は認める)
次に乙女系。
 これは乙女ゲームをこよなく愛す、二次元の世界に嫁やら夫やらがいる女性のことでもあるのだが、中には本当に純粋に自分もこんな甘いことを囁かれたいという願望を持った一般人も含まれているので要注意だ。(異論は認める)
一見、この女性たちにつながりなど何もない。
服装も違う、年代も違う、趣味、嗜好も違う。
なのに、彼女たちの一体感というものはすごかった。

「これを見ないと落ち着かなくなってしまったのよ。もう、中毒よね」
「わかる…!全身を駆け回る甘味がクセになるのよ」

周囲のざわつきなど耳に入っていないリヴァイは今日もエレンに思うがままの言葉を伝える。

「夕食は俺が作るからな」
「たまには俺が作ります。リヴァイさん、仕事で疲れてるのに…」
「お前がうまそうに食ってくれるのが俺の疲れを取ってくれるんだ。お前はただ座って待ってくれてりゃいい」
「俺も、たまには作りますよ」
「お前のこの手が、荒れることを想像するだけで気分が悪くなる。洗いものもするなよ」
「いや、1週間に1回もさせてくれてないじゃないですか。洗濯だって俺、一緒に住むようになって1回もやってないのに」
「お前がする必要はない。クリーニングに任せろ」
「下着とか、肌着くらい俺、洗います」
「それは俺の役目だ」

エレンは生活をするうえで必要な家事を一切やっていない。
リヴァイがやらせてくれないのだ。

「どんだけ過保護なの」
「手が荒れるって、今の洗剤、荒れないよね」
「炊事、洗濯やってるの、彼氏なんだ」
「羨ましいー。あたしの彼氏なんか、何にもしないのに」
「ってか、彼氏いるだけいいじゃない」
180 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:00:52.80 d
エレンの手をまだ離さないリヴァイは、正面で向かい合って座っているのがもどかしくなっているようで、しきりにエレンの手を引っ張っていた。

「リヴァイさん、引っ張らないで」
「こっちに来ないか?」
「いかないですよ。今日は向かいあわせが良かったんですよね」
「もう十分だ。やっぱりお前が隣にいねぇと落ち着かねぇ」
「我慢してください。これ、飲み終わったら出ましょう」
                  
まだ残っている紅茶を示してリヴァイを説得するエレンは、困った顔をしながらも幸せそうだ。
恋人に甘い我がままを言われて喜ばないわけがない。

「今から買い出しに行きましょうか。ちょっといいスーパーで買い物しましょう」

リヴァイの好きなワインを買って、それから二人で家に帰ろうと。

「荷物は持つなよ。俺が持つ」
「そんなたくさん買い物しないから大丈夫ですよ」
「お前は俺の手を持ってろ」

それは手を繋げと言っているのだが、こんなセリフ、テレビかゲームの中でしか聞いたことがない周囲の女性たちは身悶えた。

「待って…、心臓が痛い」
「いきなり投下してくるから、背中がぞわぞわする」
「あのいい声で、俺を持ってろ、なんて卑怯すぐる……!」
「ああ……、何で私、ホットココアなんて頼んじゃったんだろう。砂糖の味しかしない」
「言われてみたい……、あ、ううん、本気で言われたら引く」
「あの彼が言うから許されるのよ」

世界の真理、ただし、イケメンに限るの発動である。

紅茶を飲み終えたエレンが席を立ち、出口に向かうために足を進める。
リヴァイはエレンよりも出口に近い席なので、エレンが通り過ぎた後に立ち上がるのかと思いきや、横を通り過ぎようとしたエレンの腰を掴み、そのまま引き寄せて自分の隣に強引に座らせてしまう。
                  
「ちょ、リヴァイさん」
「お前が悪い」

エレンの肩に顔をうずめて、甘えるように眼を閉じて擦り付け、独特の色気のあるあの低音ボイスで囁いた。
181 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:01:03.90 d
「腹が減った。俺の好物が喰いてぇ」
「好物ですか?じゃあ、ついでに買って帰りましょう」
「俺が喰いたいのはとびっきり甘いこれなんだが」

ちょん、とリヴァイの指がエレンの唇をつつき、リヴァイの言っていることを理解したエレンの顔が真っ赤に染まる。
ガンッ、ガコッ。

「腰にキた……」
「ダメ。顔があげられない……凄すぎる」
「んー、これこれ。この背中を這い上がる感覚が癖になるのよ」
「まだまだイケるよぉ。こいこいっ」

慣れていない新参者はここでテーブルに突っ伏した。
恥ずかしくて顔があげられない、腰にきてテーブルに突っ伏すしかないなど、理由はあるが、常連客はまだ眼を輝かせている。
これが常連客の慣れというものなのか。
「こんなところで何言ってるんですか。ほら、出ましょう」
「もう少し」
                  
エレンの腰を引き寄せ、まだリヴァイは離す気がないようだ。

「家に帰ってからでいいじゃないですか」
「いやだ。今から買い物に行くなら、こうやって抱きしめることは出来ねぇだろ」
「だから、家に帰ってから……」
「エレン」

リヴァイがエレンの顔を覗き込み、唇が触れそうなほど顔を近付ける。

「お前の唇は俺とキスすることと、俺に愛してるって言うためにあるんだ」
それ以外、今は聞きたくない。

いや、そこは食べることも入れてやってくれ。本来の使用目的が完全に除外されている。
ガツンッ、ドンッ。
テーブルに頭を打ちつける音と、壁にぶつけた音が店内のそこかしこから聞こえてきた。

「鼻からシロップが出そう……」  
「吐く……。蜂蜜を吐く……」
「これは……、つうこんのいちげき……」
「子宮が疼いたわ」
「こんな攻撃が来るとは……」

歴戦の勇者……ではなく、常連客もテーブルに突っ伏す見事なリヴァイの攻撃。
カフェの店内は、テーブルに突っ伏す女性客にあふれていたが、店員は気力を奮い立たせ、脚を踏ん張り続けていた。
182 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:01:20.15 d
今まで、すべての光景をこの目に焼き付けてきたこのカフェのウエイトレスとして、私は負けない、と何と戦っているのかわからないが彼女は、立ち向かう。
だが、相手は強敵。
                  
「好き…ですよ。じゃなきゃ、一緒に住んでません」
「俺はお前のことが好きなんじゃねぇ。愛してるんだ」

クリティカルヒット。
ウェイトレスは400のダメージを受けた。

「もうダメ……。腰が抜けて……」
「全身が練乳に漬かってる感覚が……」

新参者たちはすでに戦闘不能状態だ。
常連客もすでにヒットポイントは残っていない。
今日もこのカフェで、甘さにやられた女性たちの屍が大量生産されてしまうのだろう。

「俺もだよ。リヴァイさん。こうやって一緒にいられるの、嬉しい」

少しばかり拗ねてしまったリヴァイにエレンも恥ずかしさを堪えて小さく囁く。耳が異常に鋭敏になっている女性たちはもちろん聞き逃しはしない。
そして本日、最大の攻撃が投下された。

「あと長くても70年しか一緒にいられねぇんだぞ。少しでも長く一緒にいてぇじゃねぇか」

リヴァイのエレンに甘えるような声音に、ついにウエイトレスの膝が崩れる。
あと70年。
それは今から死ぬまで一緒にいることは決定なんですね。
しかも70年しかと言いましたね。
短いんですか?
70年は短いから足りないと言っているんですね。
ありがとうございます。
膝と腰が同時に砕けたウェイトレスに、その場の誰も責めることなど出来ないだろう。
彼女はよく頑張った。そう褒め称えてやりたい。
ようやくリヴァイが納得したのか二人で席を立ち、会計を済ませるためにレジに向かったのを、壁に縋りながら必死に立ち上がって「ありがとうございました」と震える声で送り出したは、カフェの店員として優秀だった。
                                          


手を繋ぎ、二人寄り添って歩く後ろ姿を見送った店内では、店中の女性客が脱力し、その後、ブラックコーヒーの注文が殺到することとなる。
平和な休日の光景であった。
183 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:01:38.31 d
それはイケナイ愛情表現♡

by かみやゆすら


 本当にツいてない。
 ツいてない日は徹頭徹尾ツいてないもんだと思い知らされた。
 エレン・イェーガー十六歳。
 この世のなにもかもが極彩色に見える、花の高校二年生である。
 それなのに、だ。今日は最初からまったくもってツいてなかった。不運ばかりに見舞われた。
 今日ほどツいてないことなんて、一生のうちにそうそうあるものではない。
 エレンは押しこめられた病院のベッドの上で、真っ白い天井を見上げながらふうと嘆息した。
そもそも発端はなんだったか。朝からの己を振り返る。
 朝、寝坊した。登校するため慌てて自転車に乗って家を出たら、五分もしないうちにみるみる空模様が変わり、あっという間に真っ暗になったかと思うと、嘘みたいな土砂降りの夕立になった。
 朝なのに夕立ってなんだそれ、ありえんのかよ、なんて悪態を吐きつつも、自転車を漕ぐ脚は止めなかった。
 雨宿りなんかしてたら完璧に遅刻するからだ。
 生活指導に釘を刺されていて、これ以上一日だって遅刻してみろ、進級できんからな、などと脅されていたことを思い出す。
 進級できないとなると、母カルラが角を出して怒り狂うのは目に見えている。母ちゃんには弱い。世の男どもの常に、エレンも当て嵌まる。
 仕方ねえな、着いたら体操着にでも着替えるか、なんてびしょ濡れのまま学校を目指していたら、今度は目の前に猫が飛び出してきた。しかもひょろくて小さい仔猫である。
「嘘だろ?!」
 絶対に! 何が何でも! 轢きたくない!
 キュッと急操作したハンドルは、間一髪のところで仔猫を避けた。
 けれど、濡れたアスファルトは細いタイヤをするすると滑らせる。
 ずしゃあっっと横滑りした挙句、乗っていたエレンごと吹っ飛ばして盛大に倒れてしまった。
「いってえええええ!!」
 気づいた時には地面とお友達。
 もうすでにびしょ濡れだったから、自分の身は諦めがつくものの、前かごに入れていた通学かばんもずっぽりと水たまりに浸かってしまった。
184 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:01:53.92 d
「ああああああ! チクショウ、母さんの弁当!!」
 慌てて拾いにいく途中で、さきほど自分が避けた仔猫に気づく。
 生後間もないキジトラは、豪雨のせいでびっしょびしょになっていた。
 冷えてしまったのか小刻みに震えている。
(やべえ、これ病院連れていかなきゃ死んじゃうフラグか?!)
 仔猫は冷えることに大層弱い。エレンも昔、猫を飼っていたことがあるのでわかる。
 こんなチビのうちに体温を奪われてしまえば、あっという間に儚くなってしまう。
 そっと抱き寄せると、案の定仔猫は抵抗する気力もなく、エレンの腕のなかに収まって丸まった。
(進級か! このちっこい猫か!)
 エレンは本当に本気で悩んだ。とてつもなく重い二択だった。
 しかして、うんうん唸りながら悩んでいたエレンの耳に、別方向から小さな鳴き声が聞こえてくる。
 にゃう、と掠れた微かなそれは、チビ猫が蹲っていたのとまったく逆の車道側。
「は?!」
 声のする方へバッと目をやると、そこには同じような大きさのキジトラがもう一匹。
 兄弟なのかもしれない。
 そう悠長に考える間もなく、そのもう一匹は車道へぴょこんと飛び出してしまったではないか。
「ばっかやろ!」
 そこからはもう、考える余地もなく身体が動いていた。
 地面を蹴る。
 身を躍らせて腕を伸ばす。
 どうかこの手が届きますように、と強烈に願ったところで、エレンの意識はブラックアウトした。
185 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:02:09.62 d
(痛え……)
 ふ、とそう思いついたところで、エレンの意識はふわり浮上した。
 なんだかよくわからないが、身体のあちこちが痛む。
 肘や肩、背中のあたりがじわりと痛い。それから下半身。
 どうも足の感覚がない。
 どこかに寝かされているらしいことはわかったが、頭もぼーっとしているためいまいち状況はわからない。
 そのうちに足音が近づいてきて、見知らぬ女性の声があがった。
「先生、患者さんの意識戻りました!」
 バタバタっと離れていく気配。そのすぐ後に、今度は人数を増やして近づいてくる足音。
 なにやら近くで機械を操作するような音がして、エレンはうっすらと瞼を開けた。
(男の……人……)
 じわじわと開けた視界で、こちらを覗きこんでいる男の姿。
 すっきりと撫でつけた髪。汚れひとつない眩しいほどの白衣に聴診器。
 小柄で少し目つきの悪いその人は、ふ、と安堵の溜息を漏らして見せた。
「生きてて良かったな、死に急ぎ高校生」
「……は?」
 ぱちぱち、と瞼をしばたかせる。少しずつ見えてきたのは、自分が真っ白な部屋へ寝かされているということ。
(病院か)
 あー、そっかそっか。やっぱりなー。なんて暢気な感想が巡る。
 仕方ない。車道に飛び出したのは自分だ。車に轢かれてお陀仏、なんて結果にならなかっただけマシだ。
 生きてるだけで儲けもん。そんなフレーズが頭に浮かんで消える。
「イェーガーさん、左足の腓骨骨折、並びに右手指基節骨骨折で入院決定です」
「え?」
「聞こえなかったか? 左足の膝下と、右手の指が折れてるって言ったんだ。ぽっきり。見事に」
「はあ……」
「とりあえず今日はこのまま入院してもらう。お前の意識が戻らないうちにお母さんがいらしたが、ついさっき入院用の準備をするために帰宅なさった。詳しい説明はまた後で、お母さんが戻られた時にさせてもらう」
「はあ……、そうですか」
「なんだ、素直だな。まだ麻酔が効いてるか?」
 ぼんやりするのは麻酔のせいなのか、と納得する。効果が切れたらきっと痛みに悶えるのだろう。
186 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:02:25.56 d
「俺、足と手、骨折したってことですか?」
「そうだな」
「車に轢かれた?」
「いいや、それは免れた。居合わせたドライバーのテクニックに感謝しろ。お前は自分から幹線道路の中央分離帯に突っ込んで、反射板に激突して怪我したんだ」
「マジでか」
「まったく、運動神経がよくても判断力がないと困るな」
 腕を組んで呆れたように嘆息する。
「で、入院すんの?」
「そうだ」
「そっかー」
 仕方ねえな、と苦笑すると、白衣の先生は驚いたように瞠目した。眇められていた目元が和らぎ、印象が柔らかくなった気がした。
「それでいいのか、お前」
「だって仕方ないじゃん。怪我しちゃったもんは」
 でも先生には面倒かけてごめんなさい。
 そう言って首だけぺこりと動かしたら、先生はまるで珍しいものでも見るかのように目を見張った。
「……」
「あー、先生」
 はっきりしない頭で、ひとつだけ気になることを思い出す。
「なんだ?」
「猫は?」
 あいつらは無事だったのか。そこだけは確かめておきたい。あんなちっちゃい猫たちだ。俺なんかの無駄に丈夫な体とは違う。
 俺の言葉を聞くと、先生はさも可笑しそうに片眉を跳ね上げた。
「骨折して死にかけた自分より猫の心配か?」
「悪いかよ」
「いや、面白い」
「はあ?」
 面白がられる筋合いはない。ムッと唇を尖らせると、先生は手をのばしてふわふわと俺の頭を撫でた。それも至極優しい手つきで。
「お前が意識を失ってもまだ猫を抱いて離さないもんだから、駆けつけた救急隊員が二匹とも保護をして警察へ渡したそうだ。いまのところ拾得物で預かってくれているそうだぞ」
「そっか」
 いまも寒さに震えているのかと思っていたから、これでひとまず安心できた。ふう、と安堵の嘆息をつく。
 母さんに相談して、うちで引き取れないか頼んでみよう。それから忘れていたけど進級を逃した件も正直に白状しよう。
187 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:02:41.49 d
 こっぴどく叱られる覚悟をしつつも、自分が守りたかった命の無事を聞き、ほっと安心する。
「今夜は熱がでるかもしれん。薬は出しておく。遠慮せずに具合が悪くなったらいつでもナースコールするように」
 ぽんぽんと頭の天辺をあやすように撫でられる。
(優しい先生でよかった)
 ありがとう、と呟くと、白衣の医師は目尻を細めた。
「ああ、お大事に」

 などという、まったくツいてなかった昼間の回想をしながら、エレンはひとり痛みと闘っていた。
 時間は真夜中。病棟はすっかり静まり返っており、時折廊下をひたひたと歩くナースだか警備だかの足音しか聞こえない。
(うう……痛え……)
 全身が熱を孕んでだる重く、折れた足に至ってはずきずきと派手に疼く。
 昼間、医者の先生が言っていたことは本当だったな、と妙なところで納得する。
 あともう少しだけ我慢してみて耐えられないようなら、恥ずかしいけどナースコールしようと思った時だった。
 個室の引き戸がするりと開いた。と、同時に小さく声がかけられる。
「イェーガーさん、入りますよ?」
「……っ?」
 暗闇に姿を見せたのは、昼間の医師だった。
「ああ、起きてたのか」
 ぱっちりと目の開いたエレンを認めると、やっぱりなという顔をした。
「せんせ……いたい……」
 ふにゃりと弱音を吐いたエレンに寄り添うと、額の汗を拭ってくれた。ひやりとした掌が気持ちいい。
「ああ、そうだろう。ナースコールがないと聞いたから眠れてるのかと思ったが、やっぱり違ったか。耐えてもいいことなんかなにもない。さっさと俺たちを呼べばいいものを」
「……まだいけるかと思って」
「馬鹿。つまらん我慢大会なんかするな」
 そう呆れつつも、医師はてきぱきと処置をしてくれた。最初からこの状況を見越して準備してきてくれたのだと思う。
「あと少しだけ待て。薬が効いてきたら楽になる」
 うん、と頷いたら、いい子だというようにまた頭を撫でられた。
 なんだろう。これ、とても安心する。
「痛みが引いたら眠れるだけ眠れ。明日の朝、また看てやるから」
「先生、名前教えて」
「俺のか? リヴァイだ。外科医のリヴァイ。お前の担当医だ、覚えとけ」
「うん」
 胸の中で、いま聞いたばかりの名前を反芻する。
188 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:02:56.59 d
 リヴァイ先生。
 優しくて頼れる、俺の担当の先生。
 今日は朝からまるでツいてない日だったけれど、良かったことがあったとしたら猫たちが助かったこととそれから――。
(リヴァイ先生に担当してもらえたことかもな)
 そんなことを考えながら、エレンはうとうとと眠りの世界へ引き込まれて行った。


(安心したって、そう思ったばっかなのに!)
 詐欺かよ! と脳内で叫んだエレンは、急転直下の事態に混乱していた。
 入院三日目の夜。エレンの様子を看るために病室を訪れたリヴァイが、とんでもないことを言い出したのだ。
「やりたい盛りの高校生なのに、右手がそれじゃ不自由だろ。手伝ってやる」
 白いギプスに包まれたエレンの右手を差し、真顔でずいと迫ってきた。
「はあ?!」
 なにを言っているのだろう。なんのことだろう。なんとなく薄ぼんやりと想像はついたが、はっきりと形にして考えてはいけないと頭の中で警鐘が鳴る。
「なに? なんなの、先生!」
 また具合を悪くしているのではないかと、心配して様子を見に来てくれたのだとばかり思っていた。この三日あまりの検査や処置の丁寧さで、すっかりリヴァイに心を許していたエレンだったから、この混乱は凄まじい。
「なにじゃねえよ、言葉通りだ。溜まってるんじゃないかと心配してるだけだろ」
「たまっ、たまってるって……!」
「違うのか、病室でそんな雑誌見てるくせに」
 そんな、と言いながらエレンの枕元にあったグラビア誌を指す。
「これは! そういうのじゃなくて……!」
 昼間、見舞いに来てくれたクラスメイトのジャンとコニーが、面白がって置いて行ったものだ。
 その右手じゃ抜けるもんも抜けねえな、とかなんとか笑いながら。
189 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:03:11.84 d
「水着のグラビアか。お前、このアイドルが好きなのか? 乳でけえな」
 ペラと捲られて、カーッと赤面した。
「違う! 好きじゃない!」
 いや、これは嘘だ。
 おっぱいに憧れるのは、あらゆる高校生男子の通る道ではないだろうか。
 昼間、その写真集を捲りながら、股間に感じるものがあったことは絶対に言えない秘密である。
 確かに抜きたいと思った。エレンだって、骨折をしている以外は健康な男子なのだから当然だ。
 けれど思いとどまった。
 いまは怪我に障るかもしれないと思ったからだ。
 それなのに、このわけのわからない担当医は「抜いてやる」などとほざいている。
(冗談じゃねえ!)
「ほう、乳は好きじゃないのか。じゃ、なんだ。ケツか」
「うるせえな! 俺の嗜好がなんだっていいだろ!」
「いや、よくない」
「え?」
 そういうことが治療に関係するのか? と一瞬だけ思ったが、いや、そんなはずはない、と頭を振る。
「っいや! とにかく先生には関係ないから!」
 無事に動く左腕をバリケードのようにして身を守る。
 夜中の病室でする攻防では絶対にないけれど、いまは自分の身を守るのが最優先だ。
「関係ある」
「へっ? なんで?」
 大真面目に言われたから、毒気を抜かれた。つい普通に聞き返す。
 すると目の前の男は、薄く形の良い唇をすうっと引いて楽しげに笑んだ。
「俺はお前に一目惚れしたんだ。好きなヤツの好みくらい把握しておきたいだろ」
「……はあっ?!」
 いまなんと言われたのだろうか。嘘か、冗談か、さもなくば新手のギャグか。
 聞き間違いでなければ、一目惚れなどと頭の湧いた単語が耳に入った気がする。
(なに、なんなのこれ、からかってんの、正気なの、詐欺なの、この先生アタマ大丈夫かよ!?)
 ベッドに横たわって寝ているはずなのに、背中に冷たい汗が伝わった気がする。
(そうだ! 俺、こんな身体で逃げらんねえ!)
 走って逃げようにも、足はこの有様。立派なギプスにガチガチに固められ、挙上されている。
 これでは逃げ場などどこにもない。
(マズイ! ヤバい!)
 危険を察知する赤いランプがエレンについていたなら、きっともう忙しなく点滅しているのだろうと思った。
190 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:03:27.74 d
「先生、マジで! なに言ってんのかわかんないから!」
「まあそう言うな。大丈夫だ、ちょっと手伝ってやろうってだけだから」
「ちょっとってなんだよ!」
「ちょっとって言ったらちょっとだ。お前の気持ちいいことしかしねえよ」
 ベッド脇に立ったまま、薄がけの布団をさらっと剥がす。
「ちょっ、待って! なに!」
 慌てている間に、パジャマの腰からするりと手を挿し入れられた。骨ばった男らしい掌にぎゅっと股間を握り締められ、急所を押えられたショックで硬直してしまう。
「っ!」
 下着の上からガシッと掴まれたそこを、次にはやわやわと揉みこまれる。
「ぁッ!」
 小さく声が漏れた。
「ほう、いい声出すじゃないか」
 リヴァイの瞳がキラリと光ったように見えた。
「違う! 脊髄反射!」
 枕の上で頭をほとほとと振り乱し、やめろ、いやだと繰り返す。するとリヴァイは耳元に直接口をつけ、言うにことかいて「すらっとして形のいいペニスだな」と吹き込んできた。
 かあっと顔に血が上る。日常ではあまり耳にしない直截な単語。それだけで己の股間を凄まじく意識してしまう。
ついには下着の上から押さえられていたそこが、ぴくりと反応してしまった。
「おい、いやなんじゃなかったのか? 硬くしてるぞ」
「……ッ!」
 幹を辿るように、根元から先へ向けてにゅくにゅくと扱きあげられる。
 そうしているうちにもどんどん血液がそこへ集まり、芯を持って首を擡げ始めるのがわかる。
 違う。これは自分の意思じゃない。そう反論したいけれど、いま口を開けば不本意な嬌声が漏れそうで怖かった。
(先生の手、なんでこんなに熱いんだよ!)
 じわりとした熱と、驚くほど巧みな指捌き。
 下着ごしに根本の叢をすりすりと擽られて、身悶えるほど焦れったい。
 撓り、完全に勃ちあがったそれを悦ぶように、今度は裏筋から辿られる。
191 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:03:42.45 d
 ねっとりした指の動きに、電流のようなビリッとした痺れが背中を伝わった。
(やべ……気持ちいい……っ)
 正直な腰がぶるりと震える。
 すっかり臨戦態勢になってしまったエレンのエレン自身も、これ以上ボクサーパンツの中に収まっているのは窮屈だと訴える。
 悔しいけれど、もう後に引けないところまで引きずり出されてしまったと悟った。
(チクショウ、イキたい、もっと強く触って欲しい)
 絶対に口には出したくない恥ずかしい欲求と攻防する。ここまで来てしまったら、下腹部に溜まった熱を吐き出してしまわないことには治まらない。
 乱暴なまでの衝動が湧きあがる。下唇を噛んで耐えていると、リヴァイはもう一方の手を伸ばし、やっている行為とはかけ離れた優しい指先でそこに触れた。
「噛むな、傷つくぞ」
 それは最初の夜、薬を飲ませてくれたときと同じ手つき。優しい人だと思った、最初の印象を思い出す。
(酷くは……されないかな……)
 ふいに舞い降りた思考が、エレンをがっしりと捕らえる。
(酷いことや痛いことされないんなら、このまま流されちゃっても……)
 若い身体は熱の出口を求めていた。理性の糸はいままさに焼切れようとしている。
 一回だけなら、抜いてもらうだけなら。気持ちいいし。もう戻れないし。このままイキたい。イカせてほしい。
 拒絶の言葉ばかり考えていた脳内が、快楽でぼんやりと霞みはじめる。
 そこへ来て、リヴァイの指先が少し強めにエレンを刺激した。
「……ッア!」
 腰が引けるほどの快感。体内を電流のように這い上がる。
 あと少し。あともう何回か強く扱いてくれれば、この荒れ狂う欲望から解放される。
「ぁあ、……っく!」
 はやく、と思わず口に出しそうになったところで、エレンのペニスを弄んでいた手がいきなりゆるゆるとした緩慢な動きに変わった。
「えっ」
 残念そうな声が漏れる。発した後でしまったと思ったがもう遅い。
 目の前の男は、にやりと悪い顔で笑った。
「イキたいか?」
「……ッ」
「睨むなよ。ちゃんと責任もってイカせてやるから。それもいままでで一番、最高に気持ち良かったって言わせてやる」
 ゆっくり横へ引いた唇の端で、柘榴色の舌がぺろりと顔を覗かせる。
 あまりに艶めかしく見えて、エレンはもう目が離せなくなった。
192 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:04:02.06 d
 リヴァイの片手はゆるゆると股間を刺激し続けている。
 そして空いていたもう一方の手を使い、パジャマの前ボタンをプチプチとひとつずつ開けていく。
 露わになる素肌。開けたそこへ、リヴァイは躊躇なく顔を伏せた。
「アッ……!」
 ねろり、と熱くて滑った感触が肌を滑る。舐められているのだ、と理解したときにはもう、彼の舌はエレンの胸の上をぬ、ぬ、と卑猥な仕草で辿っていた。
「っ、……ッつ!」
 声を殺さねばならないほど、官能的な感触。
 肉厚な舌は、エレンの胸の真ん中を躊躇なく進むと、今度は喉元から左の鎖骨へと移動する。
 骨の真上を辿られたとき、ぞわぞわっとした震えが走った。
(ヤバい、なに、なにこれ……っ)
 下肢を直撃するような快感。くすぐったいのとも少し違う、動悸が一気に跳ね上がるような熱が生まれる。
 鎖骨を辿った舌は、ぴちゃ、と淫らな水音をたてながら首筋を這い上がる。
「あっ、あっ、やっ」
 皮膚の薄い場所を攻められ、本能的に首を竦めて逃げようとするも、それは許されなかった。
 ぬかるむ舌だけではない。それと同時に、彼の鼻先で表皮を擽られる。
 進む先に耳朶を見つけたリヴァイは、ふふっ、と息だけで笑った。それを耳から直接吹き込まれ、エレンはとうとう泣きそうになる。
「あっ、んんっ、せん、せ……っ」
「力抜いていい。痛いことも、お前が嫌がることもしない。約束する」
「んっ、んう、う、ほん……と……っ?」
「本当だ。大丈夫。気持ちよくなればいい、エレン」
「う、う……あ、んっ」
 にゅくり、と耳殻から尖らせた舌が挿し入れられた。その先の小さな穴を、舌の先端で抉るように動く。
「ああぁぁぁ……っ」
 ぐちゅ、じゅっ、にゅ、と、はしたない水音が頭いっぱいに響き、まるで脳ミソそのものをいやらしく舐められているかのように錯覚した。
「あっ、あっ、あっ」
 穴を十分探った後には、耳殻の軟骨をこりこりと味わうように唇で食まれた。痛くはない絶妙な力加減で。
「お前はいい匂いがする」
193 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:04:25.09 d
 耳の裏に鼻を埋め、すうと深呼吸をしたあとでそんなことを言われる。
 もう頭がおかしくなってしまったのではないかというほどの酩酊感を味あわされる。
「エレン、こっちの腕あげてみろ」
「ん……」
 ぐったりした身体は、もう彼の言葉に逆らう気力がなかった。
 言われるがまま、怪我をしていない左手を枕の方へ移動させる。
片腕だけ万歳をさせられたような、そんな奇妙な格好になる。
「薄いな」
 脇の下の茂みを見てそう言ったのだろうか。
 リヴァイは目を細めて嬉しげな顔をし、次の瞬間にはそこへ顔を埋めた。

「んんんんん〜〜ッ!」
 さり、という感触の後で、ぬろ、と熱が追いかけてくる。
「ああああんっ、い、やっ、いやぁ……!」
 窪みにそって執拗に舐めあげられた。何度も何度も伸ばされた舌がそこを行き来する。
 敏感な皮膚は、縦横無尽に動き回る舌の感触を逐一拾い上げる。
 ぬるぬるする熱。ぴちゃぴちゃと卑猥な水音。
 あげた腕をリヴァイががっちりと固定しているから、エレンには感覚を逃がす術はない。
 震えて悶える。ゾクゾクする。気持ちいい。
 滴るほどの唾液にまみれた後で、薄生えごとぢゅっと吸われたときには、エレンの下肢でとぷっと熱が溢れた。
 そこを握ったままのリヴァイが目を細める。
「少し出たな」
「……っはあ、あっ、うう……」
「でもまだ足りないだろう?」
 慣れない快感に溶け、すっかり考える力を失ったエレンは、欲望のままコクンと頷いた。
「可愛い。可愛いな、エレン」
 リヴァイのブルーグレーの瞳がきらりと輝く。
 もうすっかり従順な獲物に満足しているのかもしれない。
 薄く整った彼の唇が唾液でてらてらと濡れているのを目にした時、エレンは逆らうというコマンドを捨て去った。
「こっちも可愛がってやる」
 そう言って彼の舌が伸ばされたのは胸。
 お飾りのようについていた小さな乳首を、まるで美味だと言わんばかりにしゃぶられる。
194 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:04:46.48 d
「んあああっ、あっ、あう、そこっ(笑)」
ビリビリした刺激が下腹を直撃する。
 口腔内でころころ転がされぷっつりと勃ちあがったそこの先端を、舌でこそぐように弄ばれる。
 生まれて初めて体験する感覚。
「……は、あんっ、ああ……せんせ、そこ、や、なに……っ(笑)」
「気持ちいいか? 男の乳首も性感帯だ、覚えとけ(笑)」
「う、んんっ、あっ、あぁ、……もちい……ぃ(笑)」
 じゅるっと吸いあげられた。もっと、というようにエレンの背がびくびくと撓る。
 充血した乳首が薔薇色になるまで堪能される。
 リヴァイはその後で薄い腹をぬらぬらと舐め辿り、臍へも舌を挿し入れた。
「あぅ……は、あ……(笑)」
 腹の内深く。内臓までしゃぶられているような錯覚。皮膚の薄い腹を何度も舐め啜った後で、リヴァイの頭はエレンの下生えへと移動した。
「エレン、まだイクなよ(笑)」
 そう言ったかと思うと、次の瞬間には熱く滑った口腔内へ迎え入れられていた。
「〜〜ッ!(笑)」
 身悶えするほどの快感。
 火傷しそうなほどの熱に包まれ、エレンはあまりの衝撃に呼吸を止める。
(なにこれぇっ!(笑))
 狭くてぎゅうぎゅう圧迫される洞。体験したことのない感触。
 瞼の裏で快感の火花がチカチカと点滅する。
 ずっぽりと咥えこまれていた。
 やわやわと動く彼の唇が、そして舌が、エレンの欲望を丸ごと深く包み込む。
 彼の鼻先が腹に当たっている。それほど深くまで飲み込まれ、エレンは背を弓のように反らせて震えた。
「……アアアアア……!(笑)」
 じゅっ、じゅぽっと水音をたて、彼の口がエレンの勃起を上から下までくまなく愛撫する。
「あっ、あああっ、せんせっ、それっ、あっ、イっちゃう、イっちゃう!(笑)」
 追い上げられるような悦楽に、内股が痙攣する。
 もう出してしまいたい。いますぐにでも白濁を放ってしまいたい。
 なのに、意地悪なリヴァイの指に根元を戒められている。
 堰き止められた熱が、出口を求めて身体の中で荒れ狂う。
「イ、きた、ぁいっ、せんせぇ、ねっ、も、もっ、やだぁ……!(笑)」
 下腹に伏せるリヴァイの後頭部を、左手でぐっと掴んだ。
195 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:05:02.52 d
 けれど彼は動くのを止めてはくれない。痛いほどに嵩を増したペニス。
 その皮膚の張りを楽しむように、何度も何度も幹を舐めあげる。
 そして、幹に走る血管を舌先で執拗に舐め辿る。
 粘る音は彼の唾液なのか、エレンの先走りなのかもう判別はつかない。
 彼の頭が卑猥な上下動をするたびに、綺麗に撫でつけられていた前髪がはらりと落ちてエレンの皮膚を擽る。
 まるで底なし沼だと思うほど奥深くまで飲み込まれて、エレンは自分の腰が浮くような錯覚を覚えた。
 いや、事実浮いていたのかもしれない。痛いほど張った先端が、こつんこつんと行き止まりを突いていたのだから。
 本能の欲求が、エレンのすべてを支配していた。
「うううう、もっ、むりっ、せんせえっ、イキたい! イカせてっ!」
「ん、もう、少し」
 泡立つほどにぐじゅぐじゅとこねくり回され、終いに先端の丸みをざらりとした舌の表面で撫でられたときには腰が砕けてしまうかと思った。
「あああ、んっ、やだっ、むりっ、も、ダメだからぁ!」
「もうちょっと」
 まだ舐めたい、と聞こえてきた時には、エレンの顔はいまにも泣き出しそうに歪められた。
 舐められすぎて、充血したペニスはもう痛いほどだ。
 彼の口の中で揉みくちゃに捏ねまわされ、まるで感電したかのようにビリビリと疼いている。
 気が狂う。このままでは、焦らされすぎて発狂してしまう。
 とろりと蕩けたエレンの瞳には、生理的な涙が溢れた。
「せんせっ、お願いっ、あああ、あんっ、も、うっ、むりぃ……イキたっ、イキたぁいぃ……!」
「ん、む……あともうちょっと……」
 ちゅぽ、と唇を外し、リヴァイはさも楽しそうに薄く笑う。
 その瞳と視線が絡まった瞬間、エレンの中の何かが爆発した。
「う……うえ……え……」
 ぶわっと盛り上がった涙を止める術はなかった。
「えっ、ック……うえ、ええぇぇっ」
 まるで幼児のように、手放しでしゃくりあげる。
「ふえええぇ、んん、や、だぁっ、も、やだって、言ってるのに……ぃ!」
 えっく、ひっくと喉が鳴る。取り繕う余裕もなく、真っ赤な顔で泣きじゃくる。
「もうさきっぽ痛いからぁ……! せんせっ、イキたいぃ……!
196 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:05:19.67 d
 それを見て、リヴァイはさも楽しそうに片眉を跳ね上げた。
「限界か、よくできたな」
 根元を戒めていた指を緩める。反射的にびゅくっと滴が溢れ出す。
 でもまだ足りない。もっと出したい。最後の最後、枯れてしまう一滴まで。
「ああっ」
「イけ、エレン」
 リヴァイはもう、意地悪をしなかった。先端にキスをしながら搾り取るように即物的な動きで扱き上げる。
「ああああっ、クるっ、すごいのっ、クるよぉっ! あああアアアッ……!」
 えも言われぬ絶頂感が身体の中を雷のように駆け抜ける。
 爪先までビリビリと痺れる。ナイアガラの滝へ身を躍らせたような、どこまでも落ちていく浮遊感。
 エレンの放埓は、一滴も余さずにリヴァイの中へ消えて行った。
 残滓ですら惜しいというように啜られ、エレンはビクビクと四肢を震わせながら、恍惚とした顔のまま意識を手放した。


「救急に運び込まれたお前を見て、好みだなと思った」
 数秒か、数分か、数十分か。
 しばらくして意識を取り戻したエレンを確認すると、リヴァイは幾分ホッとした顔を見せた。
 そして悪びれもせず、こんなことをのたまった。
「最初は顔が好みだなと思っただけだったんだが、その後で言葉を交わしたら、ますます俺の好みだと思った」
「はあ……」
「可愛いなと思ったら、もう駄目だった。お前を舐めたくて舐めたくて……」
「……先生ってだいぶキワいんですね」
 呆れる以外の感情が見当たらない。
 ベッドの上から彼を見上げる。涼しい顔をしている医者が、まるで宇宙人のように思えてくる。
(好みだからってあんなことするヤツはそうそういないと思う)
 ついさっきまでの自分の痴態も思い出し、エレンは目元を赤く染めながら唇を尖らせた。
 怪我をして動けなかったとはいえ、ナースコールを押すなどと逃れる手段はあった。
 けれど、途中で理性を押し流され、性欲に負けてしまった自分もはっきりと覚えている。
 気持ち良く抜いてもらった。
 この事実だけを考えれば、リヴァイひとりを糾弾するには後ろめたさが残る。
197 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:05:37.00 d
 行為の最中エレンはこのままここで犯されてしまうのかと思った。
 男同士のあれやこれやを、知識としては知っている。
 そういう話題に事欠かない高校生だ。
 あんなとこ使うセックスなんて無理に決まってる、なんて笑いながら同級生と雑談をしたこともある。
 一生使う予定のなかったそこを開かれてしまうのかもしれないという怯えはあった。リヴァイはそうしなかった。
(なんなんだよ…)
 彼に呆れると同時に、自分にも呆れている。
 目を覚ましたとき、エレンのパジャマはきちんと直されていて、その下の素肌にも違和感は残っていなかった。
 意識を失っている間にきっとリヴァイが始末をし、清拭までしてくれたのだろうと思う。
 この人なら酷いことはしなさそうだ、と最中に思った。
 そもそも、最初の印象が「優しそうなお医者さん」だった。
(ヤバい、なにこれ……)
 頬が火照る。意味がわからない。
 エレンは左の掌で、熱い顔半分をぺちりと覆った。
「せんせ……」
「なんだ」
「先生は……いいの?」
「なにがだ?」
「その……抜かないで……」
 彼の股間をちらりと見やる。男の欲望は身を持って知っているつもりだ。
 自分を気に入ったというのなら、彼にもそういう欲求を向けられても不思議ではない。
「俺だけで、いいの?」
 おずおずとしたエレンの申し出の意味を察し、リヴァイはふっと笑った。
「お前だけでいいって言ったろ」
「でも……」
「気にするな。ああでも、どうしてもお前が気になるって言うなら……」
「言うなら?」
 なんだろう、と鸚鵡返しする毒気のないエレンの顔を見て、リヴァイは目を細める。
「お前の怪我が治ったら、さっきのをもう一回したい」
「っ!」
 うぐ、と喉が詰まる。
 さっきの、と言われて、エレンの頭は反芻してしまった記憶のあれやこれやで沸騰寸前になる。
「あんな……っ!」
「ああ、あんな、だ。俺は死ぬほど楽しかったぞ」
「〜〜っ!」
「エレン、舐めたい」
「せんせっ!」
「舐めさせてくれるよな?」
 リヴァイは赤く艶やかな舌を覗かせ、薄い下唇をゆっくりと擦り舐めて見せる。
「!!」 
 さも満足げに笑むリヴァイの前で、エレンは自分の身体の奥深い場所がジンと痺れるのを自覚した。
198 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:05:52.50 d
続・銭湯へようこそ

by かみやゆすら


「リヴァイさんの腹筋、まじチョコモ○カジャンボだった」
 しみじみとした口調で吐露する男子高校生は、深い溜息を吐いて肩を落とした。
 哀しい訳ではない。悔しい訳でも。
 ただ、人間はあまりに深い感銘を受けると、手放しで喜ぶようなことにはならないのだと、齢十五にして悟ってしまっただけ。
「はあああああ」
 牛乳パックから伸びるストローを浅く咥えたまま、エレンは校舎の屋上から青い夏空をふり仰ぐ。
 そのなめらかな頬は、熟れた林檎のごとく真っ赤に染まっている。アーモンドのような形の良い瞳はうるうるに潤み、まるで恋する乙女のような風情。
 悩ましげな嘆息を何度も繰り返しながら、行き場のない感動に身悶えていた。
「…深刻なんだか笑っていいんだかわからないんだけど」
 持参した弁当をつつきながら、向かい合うアルミンが苦笑する。
 幼馴染とのランチタイム。屋上の一角を三人で陣取り昼食を取るのがエレンたちの恒例となっていた。
 この高校には冷房設備がない。熱気の籠もる教室にいるより屋上にある大きな時計塔の下で日陰に入り、風に吹かれている方が断然涼しい。
 グラウンドからは野球部が練習している声。吹奏楽部が練習するヘタクソな楽器の音も聞こえてくる。
 夏休み真っ最中のいま夏期講習に参加しなくてはいけない鬱屈もあるにはあったが、それよりもエレンは「理想の肉体」に出会った感動をいまだ引き摺っていた。
 母の作ってくれた弁当を前にしながら、今日何度目かの溜息を吐く。
 エレンの事情をよく呑み込めていないアルミンは小首を傾げつつ苦笑している。
 そしてもう一人の幼馴染ミカサは、仁王もかくやという憤怒の表情のまま、漆黒のオーラを撒き散らしながら静かに特製タマゴササミサンドをもっしゃもっしゃと咀嚼していた。
「そんなにすごかったの、リヴァイさんて人の筋肉?」
「ああ。アルミンもあの腹筋を目にすればわかる。すげえものに出会っちまったんだ、俺は。あんな理想的な人間が存在するなんて、夢にも思わなかった」
 すごい、とんでもない、信じられない、とひたすらうわ言のように繰り返すエレンを、アルミンは珍しいものを見るといった表情で眺めていた。
 筋肉フェチではないアルミンには、理解しがたい世界である。
199 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:06:08.86 d
「チョコモ○カジャンボって、表面ボッコボコじゃない。そんな人間、本当にいる?」
「いるよ! アルミン、いるんだよ!」
 見せてやりてえ! と拳を握ったすぐ後に、いやでも迂闊に見せるのはもったいない! と、まるで宝物を独り占めしたい幼児のような台詞を放つ。
 くねくねと身悶えしたかと思うとまたも空を仰ぎ、悩ましい溜息を吐く。いまどき小学生でも、こんなにわかりやすい憧憬の表し方はないのではないか。
 しかし残念なことに、エレンが大好きなリヴァイさんのチョコモ○カジャンボとやらは、アルミンに対してはまったくもって無価値だった。
「いや、いいよ。別に見たくないし」
「俺もさあ! 最初は信じられなかった!」
 差し込まれたアルミンの冷静な感想は黙殺された。完全に無視である。
「ちょ、エレン……」
「信じられなかったけど、俺はこの目で見たんだ!」
 すっかりリヴァイの肉体に魅了されているエレンの勢いは止まらない。
 呆れる友人をよそ目に、その思考は理想の筋肉への賛辞で埋め尽くされていた。オーバーなくらいの身振り手振りを交えて、その感動をなんとか伝えようとする。
「アルミンは見たことないだろ。完璧なバランスの人間を!」
「は? え……っと……」
「大体、筋肉ってものは動いてるうちについてくるってのが理想なんだよ。一部分だけ無理矢理バルクアップして、不自然に強調したりするもんじゃない。スポーツや力仕事で自然と培われた肉体! これこそが本来の筋肉の在るべき姿だと、俺は思う!」
 エレンの熱弁に、アルミンはよくあるボディビルダーの姿を思い浮かべた。曰く、リヴァイさんとやらの肉体は、そういうものたちとは種類が違うらしい。
 幼馴染の筋肉マニアっぷりはよく知っているつもりだったが、その中にも好みというものがあるとは想像したこともなかった。
 新しい発見をした、という意味で「へえ」と感嘆の声を漏らすと、なにを勘違いしたのか友人は語りの熱量を上げた。うっかり火に油を注いでしまったのだ。
200 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:06:24.40 d
「そういう意味で、俺はリヴァイさんの肉体は最高だと思う。まず無駄がない。主張しすぎない大胸筋も理想的だし、三角筋から上腕二頭筋の流れの美しさも文句なしだ。それから僧帽筋と広背筋の繋がり方と言ったらもう……!
 ほら美術室にあんだろ。デッサンに使う真っ白い石膏像。ああいう芸術的な美しさがあるっていうかさ、ほんとに全体が完璧なバランスなんだよ!」
 立て板に水のごとく、すらすらと賛美の言葉が流れ出る。
 エレンの美術の成績を知っているアルミンは、その口から「美しい」という単語が出たことにまず驚いた。
「はあ……そうなんだ……」
「そう! そうなんだよ! わかってもらえるか、アルミン!」
「う、うん、……多分」
 迫る勢いに気圧されながらもかろうじて笑顔で答えたが、多少引き攣っていたのはご愛嬌。心許ない返答にもエレンが満足気な顔をしてくれたのだから、ここはそれでよしとしよう。
 アルミンは大人しくこの話を聞くことが一番早く解放される道なのだと、直感的に悟っていた。触らぬ神になんとやらだ。
「俺が見たリヴァイさんの身体ってのは、そういうものなんだ。いままで見てた筋肉が農薬バリバリで品種改良された野菜だとしたら、リヴァイさんは自然なままのものってことだ。わかるだろ!」
「へ、へえ、そっか」
「それにあの人の腹直筋ときたらさあ! ガチガチに硬いだけじゃない。柔軟さも兼ね備えてんだよ。マジすげえ!」
「柔軟って……エレン、もしかして触ったの?」
「柔らかさなんて触ってみなきゃわからない。なら、触ったってこと? エレンのその指で、どこのだれかもわからないオッサンの汚い腹を直接触ったってこと?」
「ミカサ、お前なんてこと言うんだ! 汚くねえよ! リヴァイさんの腹筋は綺麗だよ!」
「いいえ、汚い。絶対。そうに決まってる」
「風呂入った後だったし、汚くなんかない! そんでリヴァイさんのことを悪く言うな! 俺、誘惑に負けてついガン見しちゃったのに、あの人『気にするな』って許してくれたんだぞ!」
 覗いたんだ、という嘆息混じりの感想は、アルミンの胸の内だけに消えた。
「それに、そんなに筋肉好きならって、触らせてまでくれる優しい人なんだ。あの時の腹筋の感触、マジ神がかってた」
「……ちょろイェーガー」
 ボソッと漏れたアルミンの本音を、ミカサは黙殺した。
201 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:06:34.43 d
「腹筋なんて、私だってついた。エレン、そんな汚い男の腹よりも、こっちのトレーニングの成果を見て」
 セーラー服の裾を躊躇なく捲り上げようとするミカサを慌てて制止するのは、必然的にアルミンの役目になる。
「ちょっと! 落ち着いて、ミカサ!」
「止めないでアルミン。エレンの目を覚まさせないと」
 ギャーギャー言い合うふたりをよそに、エレンはその場ですっくと立ち上がる。
「ミカサの腹筋がすごいのは俺も知ってる。でもな、あの人は腹筋だけじゃねえんだよ。大胸筋も上腕二頭筋も、それに……だ、だ、大臀筋も……!」
 言っちゃった、恥ずかしい、と顔を両手で覆う。
 赤らめた頬を確認するやいなや、ミカサがもう我慢ならんと立ち上がり、飲みかけの牛乳パックをぐしゃりと踏み潰した。
「ダメ、絶対。エレンはそのチビともう会ってはダメ。二度と。永久に。金輪際。銭湯のバイトも辞めるべき。すぐに。いますぐ。たったいま」
 エレンが言い難いなら私が言う、とポケットから携帯を取り出し、いまにもハンネスにコールせんばかりの勢いを見せる。
「バカ! やめろ、ミカサ!」
「エレンに悪い虫がつく前に、打てるべき手はすべて打つ」
「はあ?! なに言ってるのかわかんねえよ! とにかくやめろ! リヴァイさんは虫なんかじゃねえ!」
「エレン、あなたは筋肉に弱い。弱すぎる。精神的な意味でも、物理的な意味でも」
「物理ってなんだよ」
「細すぎるってこと」
「はあっ!?」
「もしも、その汚い中年腹筋男があなたに邪な気持ちを抱いていたとしても、あなたは自分の力では逃げられない。いいえ、むしろ仮説なんかじゃない。
もうすでにそのオッサンはエレンをそういう目で見ていると考えるべき。そうでもなければ、自分の腹筋をわざわざ触っていいなんて言う人間はいないと思う」
 アルミンは胸の中で、「ごもっとも」と頷く。
「邪な腹筋男にあなたが捕らわれたとして、抵抗して勝てると思う? 押さえつけられたりした時に、腕力で敵う? 無理でしょ。負けるに決まってる。だから弱いと言った。私は間違ってない。絶対に」
202 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:06:50.31 d
 だってあなたは、私にも勝てないから。
 涼しい顔でそう続けたミカサを見つめ返し、エレンはぐぬぬと口をへの字に曲げた。
 言い返せなかったのだ。
 実際、格闘技を始めてからのミカサは強い。
 並みいる同年代の男性陣も、もうミカサには勝てないほど強い。
 何度も試合を応援しに行ったのだから、エレンもそれはよくわかっている。だからミカサの言うこともよく理解できる。
しかし理解できるからこそ、とてつもなく悔しかった。
 自分のことを弱いと言われたことだけではない。リヴァイという人間をそんな風に言われたことが、心底悔しかった。
 あの人はそんなんじゃない。そんな風にこき下ろされていい人じゃない。
 ふつふつと負けん気が湧きあがる。
「クッソ! 見てろよ! 俺が強くなりゃいいんだろ?! お前にもリヴァイさんにも負けないくらい鍛えれば文句ないんだろ?! なら、強くなったうえで証明してやるよ。リヴァイさんはいい人だって!」
 覚えとけ! と、まるで某新喜劇のチンピラのような台詞を残し、エレンは肩を怒らせて屋上から走り去った。
 熱情の滾りにまかせて突っ走ってしまったことで弁当の残骸を残したままにしてしまい、代わりに片付けさせられたアルミンに小言と拳骨ひとつ食らうというオマケつきの昼下がりになった。


「リヴァイさん、お願いがあります!!」
 男湯の暖簾をくぐった顔を見るや否や、エレンは座っていた番台から声を張り上げた。
「は?」
 風呂屋に足を踏み入れた瞬間名前を叫ばれた男の方は、驚いたようにぴたりと動きを止める。
 脱衣所にいた他の客たちも、何ごとかと入口を注視する。
 皆エレンの顔は知っているので、またあの元気な坊主がなにかやらかし始めるらしい、と興味津々の顔つきである。
「いらっしゃいませ、お待ちしてました! どうぞどうぞ、今日もゆっくり風呂入ってってください! でもその前にお願いがあります!」
203 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:07:07.99 d
 いそいそと番台から降りたエレンは土間で固まったままの男の前に立ち、きっちり腰を九十度に曲げて頭を下げた。
(断られて元々だ)
 その覚悟を胸に、今日一日考え続けてきたことを口にする。
「俺に筋トレつけてください!!」
 言った。言ってやった。人知れぬ達成感に胸がすく。
 そんな清々しい気持ちを味わうエレンとは対照的に、困惑を浮かべる男がひとり。
「……はあ?」
 暖簾をひらりと押し上げた手もそのままに、リヴァイは形の良い唇から気の抜けた声を漏らした。
「なんだって?」
「俺に! 筋トレ! つけてください!」
 勢い込んで言ってしまったから、聞き漏らされたのかもしれない。
 そう思ったからもう一度ゆっくり区切って一語ずつ繰り返したのだが、リヴァイはますます訝しげな顔をした。
「ちょっと待て、言ってることはわかる。いや、日本語はわかるって意味だ。が、内容がさっぱりわからん」
「俺、リヴァイさんみたいな身体になりたいんです! いますぐ! で、腕っぷしも強くなりたくて! 無理なお願いだとわかってますが、そこをなんとかお願いします!」
 再度の最敬礼。
 断られては話にならないと、切実に懇願する。
(理想の肉体を持つリヴァイさんにこそ、指導してもらわねえと!)
 ミカサに対する一方的な宣言の後、エレンは考えに考えた。
 自身の肉体を鍛えあげるために必要なのは、なによりもまず適切な指導を受けることであると。
 細いと酷評された己の身体を一から作り直すためには、自己流なんかでちんたらやっている場合ではない。
 そして一番に思いついた指導者こそ、他でもないリヴァイ本人だったのだ。
204 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:07:23.73 d
「どうしても! お願いします!」
 完全に体育会系のノリで声を張り上げる。
 しかして勢いだけは一人前だが、いろんなことをすっ飛ばしている。
 案の定、面食らったリヴァイは困惑したように目を眇めた。
「おいおいおい、ちょっと落ち着け。説明になってない」
 深々と下げられた頭の天辺をぺちりと叩く。
 そして土間から一段あがると、ポケットを探り小銭をエレンに握らせた。
「ほら、まず入浴代」
「あ、こりゃ毎度どうも」
「で、なんだって? 鍛えたいだ?」
「はい! ぜひリヴァイさんに指導してもらいたくて!」
 脱衣所へ移動する間もリヴァイの後ろをぴったりと追い、きゃんきゃんとそればかり繰り返す。強くなりたい、もっと鍛えたいと訴える姿はまるで仔犬のようである。
 リヴァイ以外の入浴客たちは早々に状況を察し「エレンの筋肉好きがまた始まった」と苦笑した。
「俺、どうしても見返したいヤツがいるんです。だからそいつより強くなりたいんです」
「ほう。しかしお前、それなりにトレーニングしてるって言ってたじゃないか。それじゃ駄目なのか」
「駄目なんです! そいつキックボクシングやってて、俺なんかよりもよっぽどできあがった身体してるから、ちょっとやそっとじゃ追いつけない! お願いします! 俺の理想の肉体であるリヴァイさんならきっと、効果的なトレーニング指導してくれると思ったんです!」
 必死に訴えるエレンの話を聞いていたリヴァイは、そのうちひとつフム、と頷いた。
「なんだかよくわからんが、とりあえずお前の要望はわかった。だがな、俺はまず風呂に入りたい。お前もまだバイト中だろ」
 脱衣所の籐かごに持参してきたタオルを引っかけ、リヴァイはそのままシャツの裾に手をかける。
 いまにも上半身のシャツを脱いでしまいそうに見えた。
 それを見て、エレンの頭も幾分冷える。
 入浴の邪魔をしてはならないと、雀の涙ほど残っていた番台としての理性が働いた。
「あ、はい。そうでした。すみません」
「営業終了後にもう少し詳しい話を聞かせてくれ。時間あるか?」
「はい、そりゃもう! よろしくお願いします!」
 一刀両断に断られなかった。彼がお願いを聞いてくれる可能性はまだ残されている。それだけでもエレンの胸は躍る。
205 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:07:39.32 d
 営業終了まであと一時間ほど。
 時計の長針が一回りするのを、エレンはそわそわしながら待った。
 あまりに待ちきれず、リヴァイの衣類が残された籐かごの前を無駄にうろうろする。
 その光景は他の常連客たちに、「エレンに飼い主ができたらしい」と思わせるには十分な仔犬っぷりであったという。


 暗い夜道をふたり並んでそぞろ歩く。
 下町の住宅街だ。
 夜十時を過ぎれば人通りもほとんどなく、町内の道は時折横切る猫くらいにしか出会わない。
 風呂上りのリヴァイと並んで、エレンは自宅方面へと向かっていた。「家まで送るから、その間に話をしよう」と彼が提案してくれたからだ。
 高校生である自分へ配慮してくれたリヴァイが、ますます慕わしく思える。そして憧れの人とふたりきりで話ができるというシチュエーションにも単純に喜んでいた。
「で、エレン。鍛えたいとか言ってたが本気か?」
 リヴァイは面白がるような顔をしていた。さっきの訴えを、まだそれほど真剣に受け止めていないのかもしれない。
「本気ですよ。本気じゃなかったらこんなこと頼まないです。俺、マジで鍛えたいんです」
 決意を込めた瞳でリヴァイを見る。彼はそれに感心したようにふむと頷いた。
「ほう、悪くない」
「マジでお願いします。リヴァイさん、前にアドバイスくれたじゃないですか。俺の腹筋の仕方とか。そういうのでいいんで、効果的な筋トレ教えてください。サボらずちゃんとやりますから」
「サボらずやるのは当たり前だが……、アドバイスだけでいいのか? それだけでお前は一人でこなしていけるのか?」
 畳みかけるように言われ、ウッと言葉に詰まる。
「や、ります」
 多分、と続けそうになった弱い心を叱咤し、エレンはぐっと顎を引いた。
(やるんだ。やらなくちゃ勝てない。なんとか結果を出してミカサを見返してやらないと、このままじゃリヴァイさんの名誉も守れない!)
 自分が弱いと言われたことは事実だから仕方ないとしても、こんなに優しいリヴァイを誤解されたままというのはどうしても納得がいかなかった。
 ぐっと握り締めた拳に気づいたのか気づかなかったのか、リヴァイはしばらく考え込むように沈黙した。
 そして次の角を曲がればエレンの家が見える、というところまで来て、「提案だが」と口を開いた。
206 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:07:55.02 d
「最初だけ、俺と一緒にトレーニングするってのはどうだ。やり方さえ覚えちまえばあとはひとりでもできるだろう。だが、最初に間違った方法を覚えるのだけはまずい。その後に続くものの意味がなくなっちまうからな」
 願ってもない申し出である。一も二もなく飛びつく。
「お願いします! てか、いいんですか?! ほんとに?!」
「ああ、そのくらいなら俺にも協力できる。自宅にいくつかマシンもある。それでよければ使うといい」
「自宅にマシン!? なんだそれすげえ! いつ行けばいいですか! 明日ですか!」
「別にすげくはねえが……、お前本当にいいのか、それで」
 こちらの勢いに押されたのか、リヴァイは呆れたように片眉を跳ね上げた。
「いいのかって、なにがですか?」
 あ、明日はまずかったですか、と続けると、彼は苦虫でも噛み潰したような顔をした。
「危なっかしいってよく言われないか、お前」
「はあ?」
 いったいなんのことを話しているのか見当がつかなくて首を捻ると、リヴァイは小さく嘆息してそれ以上を言葉にすることはなかった。
「まあいい。次の土曜にでも来い」
 そう言って携帯を取り出し、アドレスを交換した。
 この番号の先で彼と繋がれるのだと思うと、エレンの心は軽やかに踊る。
(リヴァイさんが直接稽古つけてくれる! やった!)
 喜びで頭がいっぱいになる。
「よろしくお願いします!」
 嬉しさを込めて叫ぶ。気合を入れ過ぎたエレンの声は夜の街に響き渡り、ご近所さん数軒の電燈が灯ったとか灯らなかったとか。

 かくして土曜。
 リヴァイの自宅マンションへ招かれたエレンは、玄関で開口一番「つまらないものですが!」と叫んだ。
 エレンが両手で捧げ持つのはメロン。白い紙箱に入った、少々お高いやつだ。
「なんだこれは」
「メロンです!」
「いや、メロンはわかる。箱にそう書いてある。そうじゃなくて、なんでこんなもん…」
 困惑するリヴァイにメロンをぐいと押しつけ、エレンは深々と頭を下げた。
「近所の八百屋のおっちゃんに、一番甘そうなやつ選んでもらいました! 今日はご指導よろしくお願いします!」
「は? あ、ああ……それはいいが……」
「これはほんの気持ちです! あ、ちゃんとシガンシナ湯でバイトした給料で買いましたから、気兼ねなさらずに!」
207 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:08:10.75 d
 どうぞ、どうぞ、と勢いよく言うエレンに押され、リヴァイはメロンとエレンを一緒に招き入れることとなった。
 シガンシナ湯から徒歩五分に位置する真新しいマンションの一室。
 リヴァイの自宅は2LDKで、エレンの家と比べると飾り気のないシンプルなインテリアだった。
 それがとても新鮮で、「大人の男の部屋って感じだな」とついそわそわしてしまう。
 リビングダイニングと寝室、そしてもう一部屋がマシン専用の筋トレルーム。わざわざ床や壁を補強して設置したと聞いた時には、贅沢ですね、とエレンは感嘆の声をあげた。
「贅沢かと言われたらそうかもしれんが、独身で他にはこれといった趣味もないおっさんだからな。まあこのくらいはできる」
 案内された筋トレルームの扉を開けるや否や、エレンは驚いて叫んだ。
 八畳ほどの部屋にマシンが数台並んでいた。まるでどこかのスポーツジムと錯覚するほど本格的だ。
 シットアップベンチ、フィットネスバイク、床に転がっているのはダンベル。角柱の骨組みにラックやベンチが装備してあるマシンの名前はわからないが、バーベルシャフトに大きなプレートが設置してあるからにはベンチプレスを行えるものに違いない。
 個人宅にある設備としては夢のような豪華さで、エレンはアーモンドのように大きな瞳を零れんばかりに見開いて興奮した。
「やべえ! すげえ! かっけえ!」
「……落ち着け」
「落ち着いてられませんよ!すごい! これでリヴァイさんのあの肉体が作られてるのかと思うと、俺!もう…!」
 言葉にならない感激を、小刻みに震えて表す。
 気持ちを素直に体現するエレンを、リヴァイがますます好ましく思っているとは露ほども想像していない。
「リヴァイさん、どれから使うんですか?」
「どれ、じゃねえよ。最初からマシンなんぞ使わせるか。まずは柔軟だ、柔軟」
「へ?」
 部屋にあるマシンには目もくれず、リヴァイは細長いヨガマットをフローリングの床へ敷いた。
「ストレッチすっ飛ばして筋トレなんかやってみろ、早々に怪我をする。ストレッチで身体を解したら、次は身体を温めるためのウォーミングアップとしてジョギングや縄跳びだ」
「へえ」
「今日は基礎中の基礎からやるぞ。お前のペラい身体を見る限り、先は長そうだ。せっかくやるからにはそれなりの効果があるように教えてやる」
208 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:08:26.48 d
 リヴァイが本気で指導してくれようとしている。
 それがひしひしと伝わり、エレンは背筋をびしりと正した。
「はい! よろしくお願いします!」
 己の体力の限界を知る土曜は、こうして幕を開けた。
 すっかり床に伸びたエレンに、「今日はここまでだ」とリヴァイが告げたのが午後四時。トレーニングを初めて約二時間後のことである。
「はあっ、はあっ、はあ……っ!」
 まだまだ息の荒いエレンとは対照的に涼しい顔をしたリヴァイは、汗だくになったエレンの頭をポンと撫で、「よく頑張った」と労ってくれた。
「初日にしちゃやれた方だ。お前、ガッツあるな」
「はあっ、はあっ、ありっ、が、とうっ、……ざまっ」
 大の字に寝転がったまま、指一本も動かせない。それほどみっちりとしたトレーニング指導を受け、エレンはいま充実感を味わっていた。
(すっげえ辛かったけど、すっげえ楽しかった!)
 身体はあちこち痛むが心は弾んでいる。
 宣言通りストレッチから始まったメニューは、まず軽いウォーキングをこなし、息が上がるほどの縄跳びを経て、柔軟体操へ移行していった。「まだ若いくせに案外硬いな」などと言われながら、これまで意識したこともなかったような関節をぐいぐい刺激されて悲鳴をあげた。
 筋肉の作りや繋がりを説明されながら受けるトレーニングはとてもわかりやすく、そのすべてをいちいちメモに控えることも忘れなかった。
(しっかり覚えて忘れないようにしねえと!)
 手取り足取り教えてもらえるのはいまのうちだけ。
 リヴァイもそう言っていた。
 覚えられるだけ吸収して、文字通りしっかりと身に着けていきたい。
 熱心に受けた基礎メニューレッスンがみっちり二時間。
 着ていたTシャツはすっかり汗にまみれ、濡れそぼっている。
 疲れ果ててはいるが、充実感が凄まじい。
 やりきったという達成感とともに、リヴァイからの思わぬご褒美を受け取ることができたからだ。
(あ〜、やっぱリヴァイさんの身体ハンパなかった……)
 トレーニングの終盤、自宅でもできる腹筋運動について指導を受けていたときだ。
 リヴァイは唐突にトレーニングウェアを脱ぎ捨てた。
 上半身裸となってエレンの前で動きの見本を見せてくれたのだ。
209 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:08:42.07 d
「この運動によってどこの筋肉が動いてるのか、しっかり確かめておけ」
 裸体となった自分の身体を一部分ずつ指し示しながら、身体を動かして見せた。
「ただ闇雲に動いてるだけじゃもったいねえ。必ず頭も使え。その運動がどこの筋肉のどの部分に作用しているのか、そこを意識しながら動くことは重要だ」
「はい!」
「たとえば腹直筋。一概に腹筋と言っても範囲は広い。肋骨の真ん中あたりに始まり、終点は恥骨まである」
 そう言いながら自分の胸の真ん中あたりから臍の下までを指ですすっと撫で下ろす。
 エレンがチョコモナ○ジャンボと表現した八つの隆起。その真ん中を彼の指が通る。
(リヴァイさんの腹筋リヴァイさんの腹筋リヴァイさんの腹筋…)
 その完成された肉体を見て、思わず生唾を飲み込んだエレンはまったくもって正直な人間であると言わざるを得ない。
「いいか、エレン。腹筋てのはな、上の方では呼吸に働き、下の方では腹圧に係わる」
「へえ」
「まず自宅でクランチをやる場合、手伝ってくれる人間がいなければシットアップは無理だろ?」
「あ、はい。足首を押さえててもらうやつですね」
 一般的な腹筋運動をイメージする。
「そうだ。だからひとりでやる場合はこういうやり方が有効になる」
 そう言ってリヴァイは床にあおむけになり、膝下だけを低めのベンチの上へ乗せた。
「両手は腹の上でも頭の下でもいい。まずはこの状態で、自分の腹を覗き込むように身体を丸める」
「丸める」
「間違っても上体をがっつり起こそうとするなよ。顎や首から動かし始めるのもNGだ。ゆっくり息を吐きながら自分の腹直筋を丸めるように刺激する。これが正しい基本のクランチだ」
 そう言いながら、エレンの目の前で実践して見せる。
 それは確かに彼の言う通り上体を丸める運動。
 けして派手な動きではないのに負荷がかかるたびリヴァイの腹直筋がぐぐっと収縮して盛り上がる。
 確実にそこへ効いているのだということが目で見て理解できエレンは感嘆の溜息を吐いた。
「丸められる限界まで来たら、そこで息を吐ききって体制をキープする。身体を戻す時は息を吸いながら、なるべくゆっくりやるといい。
それから繰り返す場合は背中を床にべったりとくっつけるなよ。自分で決めたセット数をこなすまで、床すれすれで浮いた状態にしておけ」
210 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:08:58.91 d
「エレン……」
「俺、いまだからほんとのこと言いますけど、幼馴染にリヴァイさんのこと悪く言われて悔しかったんです。だから見返してやろうと思って、俺も鍛えたかったんだ。なのに、そのリヴァイさん本人からそんなこと言われると……」
 ぐっと唇を噛んだ。
 なにをそのくらいのことで、と笑われるかもしれない。
 けれどエレンは本気で悔しかった。
 自分が好きになった人のことを、たとえ本人であろうとも卑下するようなことを言ってほしくなかった。
「リヴァイさんはすげえ人だって、俺は思ってます」
 真っ直ぐ見つめる。
 床にへたばったままで格好がつかなかったけれど、それでも気持ちを伝えたい一心で真っ直ぐに彼の目を見あげる。
「こんな風呂屋のバイトにも優しくしてくれるし、一円の得にもならねえのにこうやって筋トレ教えてもくれるし、面倒見がよくて真面目でカッコイイ人です。俺の……俺の憧れの人だから……リヴァイさんは」
 自信をもって欲しかった。
 誰かわからない他人に評価されなくても、自分はこんなに慕っているということを知って欲しかった。
 リヴァイは虚をつかれたかのように、しばし無言でこちらを見返していたが、しばらくしてふっと頬を緩めた。
「まいった」
「へ?」
「お前に言われると、俺みたいなおっさんにもそれなりの価値があるかのように思えてくる。不思議だな」
「だから! リヴァイさんに価値がないなんてそんなことねえって言ってるのに!」
 聞いてました? と唇を尖らせる。不服だ、と顔で表すと今度は声を漏らして笑われた。
「はは、エレン。お前すげえな」
「え?」
「勘違いしちまいそうだ」
「え……?」
 なんのことかと聞き返す前に、リヴァイはすっと立ち上がる。
「そろそろお前の持って来たメロンが冷えてるころだぞ。食うか?」
「あっ、はい。でもあれはリヴァイさんにお土産で……」
「一人暮らしのおっさんがあんなもん丸々一個消費できるか。半分に割って真ん中にバニラアイス入れてやる。食ってけ」
「っ、はい!」
 慌てて身を起こし、部屋を出る彼を追いかけた。
 リヴァイの背中が、なんとなく嬉しそうに見えた。
211 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:09:14.67 d
 そう思いついてしまったら、急に気持ちがそわそわ浮足立つ。
 今晩、彼が銭湯にやってきたらチラシを見せよう。
 もし風呂に来なかったならメールすればいい。
 予定を聞いて、一緒にどうかと誘ってみる。そして彼が、
「いいぞ、付き合ってやる」
 と応えてくれたら――。
 そこまで想像して、エレンは突然耳の辺りがカーッと熱くなるのを感じた。
 首筋から頬、耳にかけてじわりと熱を持つ。
「なんだ、これ」
 頭の中で彼の答えを想像しただけだ。いつもの彼の声で。彼の口調で。
 なのに、なぜだか突然羞恥心が湧きあがった。
 おかしいな、あっ残暑ってやつか、あはは、と独り言ちて手のひらで顔をパタパタと仰ぐ。
 身の置き所がなくて咄嗟に壁時計を見る。
 午後四時。風呂は開いているが、客はまだ常連のじいさんたちだけだ。
「あ、い、いまのうちに飲み物の補充しとくか……」
 そそくさと在庫の箱を手に取る。
 十分後、どう見ても内容の偏ったドリンクケースが完成していた。
 スポーツドリンクがやたら多く見えるのは、きっと気のせいに違いない。


 異種格闘技フェスティバルとやらは、シガンシナにある公立体育館を貸し切って行われた。
 近所にあるジムやら道場やらが何軒も集まり、夏休み最後のお祭り騒ぎとしてこのイベントを企画したらしい。
 体育館内では試合が行われているが、体育館の外では本物の夏祭りさながらに出店が並び賑わっていた。
 親子連れも多い。輪投げやスーパーボール掬いの店の前には、小さいながら列もできている。
 イベントのタイトルにそぐわない、かなり長閑な雰囲気だ。
「リヴァイさん、腹減りませんか? 牛串売ってますよ」
 隣に歩く男の服をちょいと引っ張り、エレンは出店の方を指差した。
「あっ、チョコバナナもある! あっちは焼きそば。やべえ、いい匂い」
 体育館の入口へ辿り着くまでに、何度となくエレンが足を止める。
 必要以上にきょろきょろしてしまうのは、リヴァイとふたりきりなのが妙に落ち着かないからだ。
「食い物は後だ。先に観戦席に収まらねえと、お前の知り合いの試合も終わっちまうぞ」
「そうなんですけど」
 つい、と頭を掻いて笑う。
 リヴァイも釣られたように頬を緩めた。
 きっと呆れているに違いない。
212 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:09:24.44 d
 毎週土曜日は筋トレの日。
 面倒見のいいリヴァイは、結局毎週末ごとにエレンを自宅に招いてくれた。
 そのたびに新しいトレーニングを教えてくれたり、一緒になって身体を動かしてくれる。
 一人黙々とするトレーニングよりも、ふたりでメニューをこなす方が楽しい。
 それに気づいてからは、エレンも毎週土曜を心待ちにするようになっていた。
 すっかりそれが定着した頃。シガンシナ湯でのバイト中、ミカサに一枚のチラシを渡された。
「異種格闘技フェスティバル・イン・シガンシナ…?」
 躍動感のあるフォントでイベントタイトルが打たれている。
 試合での対決を煽るように、いかにもな赤い炎の演出つきだ。
 小首を傾げると、ミカサは気のせいか頬をうっすらと染めて「エレンに観に来てほしい」と言った。
「え、お前が出んの?」
「うん。ジムで出場選手を選んで、その中のひとりに入った」
 まるで学園祭の芝居でヒロインに抜擢されたような、そんな恥じ入った顔をしながら、ミカサはモジモジと頷いた。
「へえ、すげえじゃん」
「面白い組み合わせの試合も多い。きっとエレンも観て楽しい」
「ふうん?」
「私だけじゃない。エレンが気に入ってたキックボクシングの先生も出る。だから、良かったら…」
 言われて思い出した。ミカサの通う道場に見学に行った時、好みの体つきをしたトレーナーがいたことを。
 いまの自分はリヴァイ以外の筋肉に興味がない状態が続いているため、そんなことはすっかり忘れていたのだが。
「ああ、あの人か」
「そう。土曜だからちょうどいい」
「は?なにがちょうどいいんだ?」
「チビとの予定が潰せ、いや、週末の昼間だから。シガンシナ湯のバイトの邪魔にもならないかと思って」
「そっか、うん。じゃあ行ってみる、かな」
 エレンが来てくれるなら十倍頑張る、と拳を握り、心なしか弾んだ足取りで女湯の掃除へ戻っていった。
 その背中を見送りながら、ふうんとチラシの日付を確認する。確かに土曜日だ。
(リヴァイさん、格闘技が趣味って言ってたけど、こういうのも好きかな)
 いつもなら土曜は彼とトレーニングをする日。
 嫌いでなければ誘ってみてはどうか。もしも彼がOKしてくれたら、一緒に出掛けられるのではないか。
213 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:09:42.19 d
 勇気を出して格闘技イベントへ誘った日、なんと風呂屋の暖簾をくぐったリヴァイも同じイベントのチラシを手にしていた。
 彼曰く、出場するジムの友人から回って来たらしい。
 エレンを誘ってみようと思っていた、と言われ、またもムズムズするような落ち着かなさを味わった。
 同じチラシを突き合わせ、番台横でふたり一緒に噴き出す。
 気が合うというのかなんというのか、まさしくグッドタイミングだったと言わざるを得ない。
 かくして待ち合わせた当日。
 予定としては試合を観戦した後でリヴァイの自宅へ行き短いトレーニングに勤しむことになっている。
 最近ではエレンもそれなりにスタミナがついてきた。リヴァイのペースにも食らいついていけるようになってきたし、トレーニング負荷も最初より少しずつ大きくしている。
 結果的なことを言えば、まだリヴァイほどの肉体ができあがるには程遠いのだが、それでも初心者から初級くらいにはクラスアップできたと思う。
(このまま続けて、計画通りペライ身体とおさらばだ!)
 夢の実現まであと少し。
 隣を歩く男をちらと見る。目標としているのは他ならぬ彼。
 出店にはあまり興味のなさそうな顔で、ゆったりと会場入り口へ向かい歩いている。黒い半袖Tシャツから伸びる、恐ろしく整った腕が眩しく見えた。
(前腕筋までバランスがいいってリヴァイさんマジ神がかってる)
 逞しい上腕二頭筋はもちろんのこと、鍛える人間が多くない前腕までが男らしいバランスで伸びている。筋の流れがわかるラインがあまりに理想的で、エレンは「半袖の夏、万歳」と心の中で涙ながらにサムズアップした。
「空いてる席を探せ」
「はい!」
 会場内はそこそこ混みあっていた。階段状になっている観客席の約七割が埋まっている。
 ふたり並んで落ち着ける場所を探し、エレンは早々に陣取った。
 会場の中央にはリング。約六メートル四方の四角いマットの隅にはコーナーマット。
 そこへ四本のロープが渡され、かなり本格的な闘技場が作られている。
 小さな子ども同士の試合から始まり、出場者の年齢がだんだん上がって行くプログラムになっているらしい。
 中学生同士の試合が終わり、次は高校生の出番となる。
「あっミカサ!」
 リングサイドで上着を脱ぎ去った選手の顔を見て、エレンは思わず声をあげた。
214 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:09:59.17 d
 ジムの名前が入ったユニフォームに着替え、もういつでも戦いに臨めると言わんばかりの闘志を見せている。
 コールがかかればリングへあがり、試合開始となるのだろう。
 対して、試合相手としてリングに上がろうとしている選手は、女子ながらも上背がありかなり強そうに見える。
 ミカサが負けるわけがないとわかってはいても、思わず声援が口をついた。
「頑張れ、ミカサ!」
 広い体育館にいる大勢の観衆の中から、たったひとつの声が届いたとは思えないが、ミカサは二、三度首を巡らせると、視線をぴったりとこちらへ合わせた。
 バンテージを巻いた白い手をひらりと振って、心なしか嬉しそうな顔を見せる。
 が、次の瞬間、ミカサの顔は鬼の形相に変わった。
「えっ?」
 剣呑。不穏。物騒。そういう言葉がぴったり当てはまるような、凄まじく険しい表情。
 幼馴染の自分であっても、これまで見たことのないような顔だ。
(なんだ?)
 一瞬で様変わりした理由に思い当たる節がない。えっと、と困惑したまま隣の男に視線をやると。
「ひっ?!」
 こちらも負けてはいなかった。これまでに見たことのないような深い縦筋を眉間に寄せたリヴァイが、腕組みをして前方を睨みつけていた。
 ふたりとも、いまの一瞬にいったい何があったのか。
「ど、ど、どうしたん、ですか?」
「エレン、お前をこの試合に誘った友人というのはあの女か」
「えっ? え、はい、そうですけど……」
「ミカサ・アッカ―マン……、間違いないな?」
「は、はい……」
「なるほど」
 リヴァイの口からミカサのフルネームが出たことに驚く。
 えっと、お知り合いで?と続けたエレンの手のひらを、リヴァイは唐突に握り締めた。
「はっ?!」
 何の前触れもなく、右手が熱にぎゅっと包まれる。
 リヴァイさん、体格に見合わず手はおっきいんですね、などと暢気なことを考えている間に、繋がれた手はすっと胸の高さまで持ち上げられた。
 まるで誰かに見せつけるように。
「えっ、なにっ、えっ?」
 動揺している合間になにやらのアピールがあったらしい。
 リヴァイの視線の先で、ミカサが心底忌々しそうにリングサイドのパイプ椅子を幾つか蹴り倒した。会場に物騒な音が響き渡る。
215 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:10:14.47 d
 帯同していたジムのスタッフかが、慌てたように彼女を宥めている。
 ミカサはまるでいまにもリングサイドを駆け出し、どこかへ行こうとしているように見えた。
「えっ?! なに、あいつ何して……っ!」
「エレン、この試合が始まったら逃げるぞ」
「はあ?」
「ゴングが鳴ったらあいつも観念するだろ。さすがに試合放棄まではしないはずだ。そしたらすぐに立つ」
「へ? ええぇえ?」
 もうなにがなんだか訳がわからない。
「リヴァイさん、ミカサと知り合いなんですか?」
「知り合いもなにも、あいつと俺は従兄妹の間柄だ」
「えっ?! えええええええ!?」
 親戚! マジでか……、と呆然と呟く。
「合点がいった。お前があいつの言っていたエレンなんだな」
「言ってたってなんですか?」
「俺はな、エレン。お前に会う前からお前のことを知っていた」
「はあ……?」
 もうわからないことだらけだ。頭の中にはハテナマークが無数に飛び交っている。
「ちょっともうよくわかんないんで、俺にもわかるように説明してください!」
 軽いパニックを起こすエレンを宥めるように、リヴァイは繋いだままだった手にじわりと力を込めた。
 逃がさねえぞ、とでも言っているように。
「わかった、とりあえず俺んち来い」
 いつもより少しだけ熱っぽい声。膝の触れあう至近距離。そして繋がれた手。
 まるで口説かれているようではないか。
 はた、とそう思い至り、エレンの頬は途端にカアッと熱を持つ。
 そのタイミングで、体育館内にはカーン! と小気味いいゴングの音が鳴り響いた。
 高らかに試合開始である。
216 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:10:30.06 d
 自宅へ帰りつくや否や、リヴァイは玄関に施錠した。
 それもドアガードまでご丁寧に倒すという念の入りようで。
「ちょ、リヴァイさん!」
「このぐらいしとかねえとゆっくり話もできん。エレン、奥へ入れ」
「えっ、はい」
 背を押された先はリビング。仕方なしにソファーへ腰かけると、リヴァイも迷いなく隣へ座る。
(近い……)
 ついさっき妙な意識をしてしまったからか、距離が気になって仕方ない。偶然だとわかっていても、気持ちがそわそわと落ち着かない。
 反射的に身を少し引くと、なんとリヴァイは離れた分の距離を自分から詰めたではないか。
「へっ?!」
「エレン」
 たった一言。名前を呼ばれただけなのに、なぜだかいつもと違う。違って感じる。
 まるで大事なものを呼ぶような、そんな柔らかい声で囁かれると……。
(理由もないのに、ものすごく恥ずかしい気分になるじゃんか!)
「ちょ、あの……、リヴァイ、さん」
「逃げんな。話したい」
「は、い、えっと、逃げてない、です、けど」
「違う。こっち見ろ」
「え!」
 えっと、あの、その、としどろもどろになる。そう言われても、リヴァイをまっすぐ見ることがどうしてもできなかった。
 視線の行方に困り、意味もなくうろうろと部屋中を彷徨わせる。
(なんだ。なんなんだ。どういう空気、これ!)
 ミカサとリヴァイが従兄妹、というのはわかった。彼らが仲良しこよしではないことも何となく察した。
 でも、それがなんでいまこの現状に繋がるのだろう。
 ちら、と盗み見たリヴァイは、至極真面目な顔をしてこちらを見つめていた。
 困る。いや、なにが困ると聞かれても理由はうまく説明できないからもっと困る。
 エレンがいま一番困惑しているのは、リヴァイの態度よりも自分自身の羞恥心だった。
(なんで俺、こんな恥ずかしいんだ!)
 わからない。けれど、いまこの状況で逃げるのもおかしい。
「エレン?」
 窺うように呼ばれたのをきっかけに、よし、と腹を括った。
217 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:10:45.49 d
 俺も男だ。
 うじうじするのは性に合わない。
 ぐっと奥歯を噛み締める。
「あのっ、話っ、話をしましょう。えっと、説明、してくれるんですよね?」
 思い切って視線を合わせると、リヴァイは幾分かほっとしたような表情を見せた。
「ああ。ミカサの話な」
「あいつ、リヴァイさんの従兄弟だって」
「間違いない。歳の離れた俺の従兄弟だ」
「そうだったんですか。知らなかった。ミカサの口からリヴァイさんの話題が出たこともねえし……」
「そりゃそうだろ、あいつは俺のことを毛嫌いしてるからな」
「え?」
 嫌われている、という言葉がとても似合わないと思った。
 ミカサは身体を鍛えることが好きだ。ジムにも通うし、トレーニングだって喜んでこなす。
 身近にリヴァイのような肉体の持ち主がいたとしたら、嫌うどころか憧れを抱いてもおかしくないと思うのに。
「あいつはな、俺みたいな人間が心底嫌いだそうだ。ミカサが小学生のころにはっきりそう宣言された」
「そりゃまたどうして……」
「俺の身体が気に入らんらしい」
「冗談。リヴァイさんなら、ミカサの理想になってもおかしくないと思いますけど」
「完璧すぎて腹が立つ、そう言われたぞ」
「……」
 その気持ちはなんとなく察することができた。
「後から知ったが、思うように肉体改造できなくて悩んでた時期だったらしい。子どもの、ましてや女が身体を鍛えるのは難しい。嫌でも身体が成長する時期があるからな」
「ああ、そっか。そうですね」
「俺のようになりたいのに上手くいかない、これではエレンに振り向いてもらえない、と言われた」
「へ?」
 唐突に出てきた自分の名前にどきりとする。
「ミカサは昔から言っていた。自分が鍛えるのは『エレン』のためだと」
「……」
「友達であるその『エレン』とやらが逞しい身体が好きだというから、自分もそうなりたいんだと。俺はまた、変わった趣味の女子小学生もいたもんだと聞いてたんだが」
「女子……」
「すまん。ミカサの友人というからてっきり。名前の響きからも、疑いやしなかった。可愛いもんだと思ってたくらいだ」
「か、かわ……」
 ぐ、と喉元が詰まる。
(いやいやいや、なんで動揺するんだ、俺)
218 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:11:00.73 d
 誤魔化すように、ごほんとひとつ咳払いをする。
「俺、ミカサの前でリヴァイさんの話をしたことあります。でもあいつ、そんなことなんにも言わなかった」
 それどころか、こき下ろすような発言ばかりしていたように思う。
 だからこそ自分は発奮し、リヴァイに筋トレを頼むようなことになったのだ。
 自分が話題にする「リヴァイ」を、ミカサは従兄妹の「リヴァイ」と認識していたのだろうか。
 本人に聞いてみなければわからないことだが、「エレンが好みそうな体つきのよい」「名前がリヴァイ」とくれば、薄々勘付いていたのかもしれない。
「あ、だから俺に『もう会うな』ってしつこかったのか、あいつ」
 いつだったか学校の屋上で交わした会話が蘇る。
 もしかしなくても、ミカサは自分とリヴァイを近づけたくなかったのではないか。
 ぽろりと零した言葉を聞いて、リヴァイは苦い溜息を吐いた。
「そのへんは察してやってくれ」
「あ、はい」
 これでなんとなくふたりの関係性は理解できた。けれど、まだわからないことがある。
「でも、リヴァイさん。なんで俺の、えっと、手を……、手を握って?」
 まるでミカサに見せつけるような仕草だったと思う。
 あれを見て、ミカサの怒りがさらに燃え上がったような気がしたのだが、そのあたりがいまいち理解できない。
 どうして自分の手をリヴァイが握ることで、ミカサがブチ切れることになるのか。
 説明してほしい、と目で問うと、リヴァイはぐっとなにかを喉に詰まらせたような顔をした。
「それはな、エレン……」
 真剣な話を始める、という雰囲気になったところで、エレンの尻ポケットから高らかにロッキーのテーマが流れ出す。
 軽快な電子音が部屋の空気を一変させた。
「わ!」
 慌ててスマホを確認すると、ディスプレイにはミカサの名前。
「で、でんわ……」
「いまは出なくていい」
「でも」
 手の中の携帯はじゃんじゃんエレンを呼び出している。
 出るなと言われても電話は鳴るばかり。どうすりゃいいんだ。
 そのうち留守電に切り替わるんだったっけ。
 あ、音だけでも消せばいいのか?
219 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:11:16.05 d
 あわあわと持て余していると、リヴァイがそれをすっと取り上げ、プツッと応答拒否をした。
「あ!」
「いい。後でかけ直せ」
 そう言っているそばから、またも呼び出し音が鳴る。発信者はもちろんミカサ。
 鳴る。リヴァイが拒否する。
 それが四度ほど繰り返されたあと、「めんどくせえ」と言って、リヴァイはとうとう携帯の電源を落とした。
「チッ、時間がねえな」
「時間がない?」
「あいつのことだ、あっという間にここへ来る」
「ええ?」
「その前に、エレン。話しておくことがある」
 リヴァイの声は、いたって真面目なものだった。エレンもつられて背を正す。
「さっき俺がお前の手を握ったのはな」
「は、はい」
「宣戦布告だ」
「宣戦、布告?」
 それはリヴァイからミカサへ、という意味だろうか。
 考えているうちに、リヴァイはまたもエレンの手をそっと取った。
「!」
「お前がミカサの言っていた『エレン』と繋がったことで、合点がいった。それがわかった瞬間、俺はお前をあいつにやりたくないと心から思った」
「え……?」
 やりたくない、と。彼はいまそう言ったように聞こえた。
 意味を測りかね、ぱしぱしと瞬きをする。
 するとリヴァイはすっと視線を逃がした。どうにもその目元が赤いような気がしてならないのだが、これは目の錯覚なのだろうか。
「このところ俺の目はどうにもおかしくなったと思っていたが、独占欲を覚えるなんざ、もう決定的だ」
「へ、それ、は……」
「たいした取り柄もないこんな男に、無邪気に懐くお前が可愛いと思う」
「?!」
「ミカサには譲りたくない。言っている意味がわかるか、エレン?」
「えっ? えっ、あの、それは、えっと、もしかして……」
 好きとか嫌いとか惚れたとか腫れたとか、そういった話のことだろうか。
 いや、でもそうじゃないかもしれない。
 そうかもしれないけど違うかもしれない。脳内で否定と肯定が目まぐるしく乱舞する。
(リヴァイさんが、俺を、いやそんなはずは、ない、とは言い切れなかったら、じゃあありえたりするのか? だって元々は俺がリヴァイさんを、ってちょっと待て、俺がリヴァイさんをなんだっていうんだ!)
「……っ!」
220 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:11:50.95 d
 そうに違いない。リヴァイが憎からず思ってくれているとしても、きっと筋トレ仲間として可愛がってくれる気持ちからに決まってる。
 だって、彼の言葉を借りるなら、自分の方こそなんの取り柄もないただの高校生なのだから。
「リヴァイさんは俺みたいな初心者に付き合ってくれててあんまり楽しくなかったかもしれないけど、俺は毎週土曜日がすげえ楽しみでした。
 リヴァイさんと一緒にトレーニングするの楽しかったから。だってやっぱり理想の形が目の前にあるとモチベーションも違うし、リヴァイさんの組み立ててくれるメニューは頑張ればちゃんと成果も出たし」
 心配する必要はない、と伝えなければ。言葉を選びながら、エレンはさらに言い募る。
「だから、俺、ミカサが駄目だって言ったとしても、これからもリヴァイさんと一緒に筋トレしたいです!」
「お前…」
「ミカサが反対しても関係ありませんから。あいつは自分でジムに通ってるわけだし、俺のやることに口を出される筋合いはない。俺が一緒に筋トレしたいって思うのはリヴァイさんだけなんです」
 だから従兄妹と必要以上に険悪になる必要はないのだと、そこまで言い切ったところでエレンは目の前の男の異変に気づいた。
 まるで苦虫を噛み潰したような顔をしている。
 いや、銀紙の塊を奥歯で噛んだようなとでも言おうか。
「へ? ど、どうしたん、ですか?」
「……よくわかった」
「なに?」
「俺が悪かった。遠回しすぎた。お前のその筋肉に埋め尽くされた脳ミソをもうちょっと考慮すべきだった」
「リヴァ……ッ」
 名前を呼び終わる前に、エレンの視界はぐるっと天地がひっくり返った。
「えっ?!」
 見上げて気づく。
(あ、天井)
 それから覆い被さるようにして自分を見ているのは。
「リヴァ、イ、さ」
 まるで風のような早業だった。
 やっぱり筋力のある人は動きが違う、などと呆けたことを考えている間に、リヴァイは繋いでいた手を握る角度を変えた。
 そしてそのまま、エレンの手のひらを自分の腹筋へと押し当てる。
「あ、ひっ!」
 ゴツゴツとした感触。Tシャツ一枚を隔てた向こうに、リヴァイの神がかった腹直筋の存在をありありと感じる。
「かてぇ……」
 思わず感嘆を漏らすと、次の瞬間には容赦ない頭突きが降ってきた。
「いってえ!」
221 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:12:06.35 d
 瞼の裏にちかちかと星が舞う。
「いまのはお前が悪い」
「なんで!」
「そんなうっとりした顔でなんてこと言いやがる」
「はあ?」
 リヴァイの言っていることがよくわからくて首を捻る。そのうちに彼はエレンの上でゴホンとひとつ咳払いをした。
「エレン。さっきの話な、お前にもわかるように言ってやろう」
「え、はい」
「お前は俺との筋トレを楽しいと言ってくれたが、俺もお前と会える土曜をいつも楽しみにしていた」
「リヴァイさん」
「お前と一緒にいて楽しかったからだ。自宅の風呂が直っても、変わらず銭湯に通ってただろ。それも同じ理由だ」
 わかるな、と言われてコクンと頷いた。
「ミカサはお前が俺といるのをよく思わないだろう。だが俺は、これからもお前と一緒にいたい」
 今度は、わかるか、と問われ、エレンはまたも頷いた。
 リヴァイと一緒にいたいのは自分こそだったから。
「いい子だ。じゃあエレン、選べ」
「選ぶ?」
「そうだ。ミカサと俺と」
「えっ?!」
「正確に言おう。ミカサに反対されるままあいつの言いなりになって俺と離れるか、ミカサの言うことには耳を貸さず、これからも俺と一緒に週末の筋トレを続けるか」
 筋トレを、と言ったところで、リヴァイはなぜかエレンの手をより強く自らの腹部へ擦りつけたような気がした。そのゴリゴリした感触が心地良すぎて、うっかり喉がごくりと鳴る。
「お前、好きだろ?」
「え」
「俺の腹筋」
「あ……」
 わかってる、と言わんばかりにリヴァイがうっすらと笑う。
「お前が俺の身体目当てでも構わん。目的の齟齬は後々修正すればいい。どうだ、エレン。……俺を選ぶだろう?」
 俺を選ぶならこの身体は好きに触れ、と言わんばかりに、彼はエレンの手を腹筋から胸筋の上にまで滑らせた。
 なんという硬さ。なんというフォルム。
 これだ。これがまさしく自分の追い求めた筋肉。
(チョコモ○カジャンボとか言ってごめんなさい! やっぱお筋肉様だったっ!)
「俺っ、最初から言ってます! リヴァイさんがいい。リヴァイさんがいいです! ミカサがなんと言って反対しても、リヴァイさんと筋トレ続けたい。リヴァイさんと一緒にいたい!」
「エレン!」
222 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:12:23.73 d
by かみやゆすら

仲直りの方法は 


 むっつりと不機嫌な顔が、夜の暗い窓ガラスに映り込む。
 その顔に重なるようにして、ガラスの向こう側に輝かしい夜景が広がっている。
 宝石箱をぶちまけたような、とは使い果たされた陳腐な表現だが、いま見えているものにはまさにその言葉が相応しい。
 だがおそらく、キラキラと瞬く見事なまでのこの都会の夜を、世界中で自分だけが苦々しく見下ろしているのだと思う。
 そんなことを考えながら、エレンは唇をへの字に曲げた。
「いつまでそうやってぶすくれてるつもりだ」
 低い、こちらもまた不機嫌を露わにした声が聞こえる。
 それを投げかけられているのが自分だということはわかる。だってこの部屋には、自分と彼しかいないのだから。
 焦点を少し変えると、鏡のような窓ガラスには背後の様子も見えた。
 ホテルの一室。ラグジュアリーなインテリア。こんな豪華な場所、滅多に足を踏み入れられるもんじゃない。
 そしてその部屋の真ん中で仁王立ちをし、エレンの背中を見つめている男が一人。
 窓際の一人掛けソファーに身を沈めたまま動かなくなってしまったエレンを、どう扱うものかと思案している様子の恋人だ。
(リヴァイさんめ、こんな部屋で機嫌取りやがって)
 そう。ふたりは高級なスイートルームには似つかわしくない、痴話喧嘩の真っ最中なのである。
(こんなことじゃ許さねえんだからな)
 エレンは窓の外を見つめたまま動かなかった。もちろん返事なんてもってのほか。
「エレン」
「……」
 聞こえないふりを続けていると、背後の恋人は疲れたようにひとつ嘆息した。
「わかった。気が済むまでそうしてろ。俺は風呂へ入るからな」
 スーツのジャケットを放る音が聞こえた。そして、どこかのドアがぱたんと閉まる音。
 それを聞き届け、エレンは強張っていた肩の力をふうと抜いた。
 喧嘩なんかしたくてしてるわけじゃない。自分が少々意地を張りすぎているのもわかってる。
(でも絶対に許したくない。あんな名刺を持って帰ったあげくワイシャツにキスマークなんかつけられて帰りやがって!)
 会社の飲み会で遅くなると言った日、リヴァイは終電で帰宅した。エレンが出迎えた時にはいつになく酔っており、千鳥足の身体を支えてベッドまで連れて行ったほどだ。
223 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:12:37.33 d
 そこには丸っこい手書き文字で、「またキスしてくださいね! 気持ち良かった!」と。
(…………っ)
 エレンの理性が保ったのはここまでだった。
「なんっ……、なんっじゃ、こりゃああぁぁっ!!!」
 真夜中の絶叫は、マンション内にさぞ響いたことであろう。しかし肝心のリヴァイは目を覚まさなかった。
 その夜から今日まできっちり三日、エレンはリヴァイと口をきいていないのだった。


 濡れ髪を拭きながら、風呂上りのリヴァイは途方に暮れていた。
 理由は明白。誰よりも大事にしている恋人が、口をきいてくれないからだ。いや、口をきいてくれないどころか、まるでいないもののように存在を無視されている。
 いまも自分に背を向け、ただひたすらに窓の外を眺めるばかり。
(クッソ……なんでこんなことに……)
 三日前、身に覚えのない浮気を疑われ、朝起きた瞬間からブリザードのような冷たい視線にさらされた。
 ただテーブルの上に、赤い染みがついたワイシャツと呑み屋の名刺を並べられ、実に虫けらを見るような目で冷ややかに睨まれた。
(誤解以外のなにものでもねえって、どうしたら伝わるんだ。クソが)
 確かに名刺の店へ行った。同僚たちと飲み会の流れで、二次会と称し入った事実は認める。
 だが、エレンの想像しているようなことは断じてなかった。
 ワイシャツの赤い汚れは、口紅でも化粧品でもない。ラズベリーのソースを取り落した際についたものだ。
 あの日、飲み会メンバーの一人が誕生日だった。
 それを聞いた店側が機転を利かせ、小さなケーキを用意してくれた。
 酔っぱらっていた自分は手元を滑らせたらしく、あの染みができたという訳だ。
224 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:12:54.58 d
 横になるとすぐに寝息を立てはじめたパートナーの寝顔を、エレンは手のかかる子供を見るような顔で苦笑して眺めた。
「あ〜あ、珍しい。今日はちょっと飲み過ぎですねえ」
 脱力した身体からスーツを脱がす。皺になってはいけないから。
 そうやって重い身体をひっくり返しながらジャケットを脱がしたところまでは、優しい気持ちでいられたのだ。
「……なんだこれ」
 エレンには珍しい、地を這うような低音が零れた。
「もしかしてキスマークじゃねえの、これ?」
 リヴァイの白いワイシャツには、見事なまでに真っ赤な染みが残されていた。
 それも左胸の上に。
(いや、落ち着け。なんかのノリと勢いなんて、飲み会にはよくある話だ)
 深呼吸をしながら、他の異変がないかどうか目を配る。
 そしてワイシャツの胸ポケットに見つけてしまった。一枚の名刺を。
 それには明らかに女性が接客するタイプの店名が印字してあり、源氏名であろう名前が入っていた。
(クラブ……。リヴァイさん、そういうお店で飲んできたのか)
 エレンだって、頭ではわかっている。これがすぐに、イコール浮気ではないことくらい。
 社会人には付き合いだっていくらでもあり、リヴァイの希望でなくともそういう店に行くことがあるということも。
 でも、どうしても気持ちはもやもやとしてしまう。
 それはエレンのコンプレックスを刺激するには十分だった。
(女性にはどうしたって勝ち目がないのに……)
 リヴァイのパートナーになって何年経ったか。
 彼は「お前とは生涯を共にしたい」とまで言ってくれたけど、エレンはひとつだけ恐れていることがあった。
 やっぱり子供が欲しい。
 いつか、そんなことをリヴァイが言い出さないかと。
 人の気持ちは変わるものだ。いまはエレンを望んでくれているかもしれないが、リヴァイの気持ちがいつまでも変化しないとは誰も言いきれない。
 それだけが、酷く怖い。
(いや、リヴァイさんにも事情があるはずだ。こんなことで取り乱さずに、明日ちゃんと話を聞いて……)
 少なからず動揺している気持ちを落ち着けるように、深呼吸をした時だった。手にしていた名刺を、何の気なしにひっくり返した先にあったもの。
225 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:13:10.71 d
 それからあの名刺。あれこそ濡れ衣というもの。
(ありゃ俺じゃねえ。ナイルの野郎がもらった名刺だっつうのに)
 酔って調子づいたナイルは、一人のホステスを気に入ったようで終始デレデレとイチャついていた。
 まあ相手の女も満更ではない様子だったので放っておいたが、解散する時になってナイルが正気づいたらしく、「こんなもん持って帰ったら離婚の種になる」と青い顔をしながら、リヴァイのポケットに突っこんできたという顛末なのである。
(途中で捨てようと思いながら、すっかり忘れてた俺にも非がある。確かにあるが……)
 翌朝になって事態を把握し、リヴァイは青くなった。
 そして事細かに説明をし、迂闊だったこと、嫌な思いをさせてしまったことをエレンにひたすら謝ったのだが、こちらがどんなに弁解しようとも、聞く耳も持ってもらえなかった。
(強情すぎんじゃねえのか、あいつ)
 心を尽くして謝ったつもりだった。だがそれも受け入れてもらえないとなると、だんだん諦めが浮かんでくる。
 もしかしたらこれで終わりになるかもしれない。
 そんな嫌な想像も頭を過ぎる。
 元はと言えば、自分がエレンに参って始まった関係だった。
 十以上も歳の差のある美しい青年を、口説きに口説いてようやく一緒に暮らすまでになった。
 自分の気持ちは考えるまでもなくエレンにある。恥ずかしながら、首ったけと言ってもいい。
でも、おそらくエレンはそうではない。
(こんなうだつのあがらんオッサンを、あいつがいつまでも好きでいてくれる保証なんてなんにもねえ)
 心は移ろう。
 ただでさえ非生産的な男同士だ。
 世の男女のように、結婚なんていう確たる繋がりを与えてもやれない。
 口でいくらパートナーだと言っても、そんなものは泡と消えるシャボン玉のように儚く頼りないもの。
 エレンが自分に愛想を尽かしてもおかしくはない。
(クソ……)
 別れたくない。
 その一心で、リヴァイは最後にこの部屋を用意した。
 日常とは離れた場所で、もう一度ゆっくり話し合いをしたいと思った。
 それと同時に、ここ最近は仕事の忙しさにかまけ、エレンとふたりの時間をろくに過ごしていないことを思い出したのだ。
226 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:13:26.32 d
 環境が変われば、頑なな恋人も少しは軟化してくれるかと思ったのだが……。
(ダメか)
 エレンはこの部屋へ入ってからも、口をきこうとはしなかった。
 話しかけても答えない。
 ソファーへ身を沈めてからは微動だにもしない。
 ただ、一緒にはいてくれる。
(いまはこれまで、か……)
 リヴァイは濡れたタオルを椅子の背に放り、窓際へと歩み寄った。
 背を向けたまま、石のように座るエレンがいる。
「もう遅い。お前も風呂に入ってこい」
「……」
「エレン」
「……」
 やはりというか、反応はなかった。
 胸が痛む。
 ここまでさせるほど、自分がエレンを傷つけたということなのだ。
 突きつけられた現実に、リヴァイは目の前が暗くなった。
(もしも……、もしもこれでエレンが別れたいと口にしたら、受け入れてやるしかないか……)
 最悪の想像に頭痛がする。
 とにかく今日はもう遅い。なにもかも明日にしようと諦め、エレンに声を掛けた。
「先に寝る」
 それにすら、返事はなかった。
 リヴァイは嘆息し、ベッドルームに移動した。
 朝起きたらエレンが隣にいてくれるといいと願いながら、キングサイズのベッドを半分使って横になった。


(あったかい……?)
 ふわふわと柔らかいものに包まれている。
 深い眠りの底にいた意識が、だんだんと浮上する。エレンは長い睫毛を震わせながら、ゆっくりと瞳を開けた。
(ベッド……いつの間に……)
 昨夜は意地を張ったまま、リビングからベッドルームに移動することがどうしてもできずに、そのままカウチソファーで横になったはずだ。
 ホテルの部屋などセントラルヒーティングだから、その程度で風邪をひいたりすることもない。
 そう思って目を瞑ったはずなのに。
 目が覚めてみたら、ベッドに横になっていた。
 ご丁寧に、肌触りのよい毛布まで掛けてある。
(リヴァイさんか)
 他にいないのだから、そう考えるのが自然である。
 おそらくエレンが寝入った後、ここまで運んでくれたのだ。
227 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:13:41.94 d
 さっきまでの焦燥感をポッキリ根元から折られ、エレンはぱちぱちと瞬きを繰り返した。
 無駄に引き摺っていた毒気も抜かれ、促されるまますとんと椅子に座る。
 カリッと焼いた薄めのトーストと、ドライフルーツの入ったシリアル。
 エッグスタンドには眩く白いポーチドエッグ。カリカリベーコンとマッシュルームソテー。
 瑞々しいグリーンサラダは彩りも良く、フルーツボウルまでついて、まるで完璧なイングリッシュブレックファーストだ。
 エレンの側にはオレンジジュースとミルクのグラス。リヴァイの席にはティーコゼーを被ったポット。
 そしてテーブルの真ん中に、ひときわ光る金色の――。
「どうした、腹減ってないのか」
 一点を見つめたまま固まってしまったエレンに、リヴァイは訝しげに声をかけた。
「お前、昨夜もろくに食ってねえだろ」
 ちらと見る。リヴァイの眉間には深い皺が寄っていた。
(心配してくれてる)
 そのくらいの感情は手に取るようにわかる。
 これでも自分は、彼の恋人なのだから。
 まるでハンストでもしているみたいに心配されて、エレンは気持ちが温かく浮上していくのを感じた。
(リヴァイさんが、俺を……)
 そうすると、まるで条件反射のように腹が鳴る。
 現金なほどグウと鳴った音を聴いて、リヴァイは安堵したように唇を引いた。
「お前が怒る気持ちもわかるが、とりあえずいまは置いとけ。飯食ったら……」
 話をしよう、とでも続けるつもりだったのか。
 リヴァイも自分のカトラリーを手にしようとして、エレンの反応に気がついた。
「……」
 エレンはナイフもフォークも手に取らない。
 それどころか、ぱかりと大きく口を開けて見せた。
「エレン」
 困ったような妙に照れたような、そんな顔を一瞬だけ見せて、リヴァイはさっとカトラリーを手にした。
 次にはわざと、むっと怒ったような表情をし、
「どれだ」
 と、テーブルに並ぶ皿を睨みつけた。
228 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:13:57.46 d
by かみやゆすら

五日間の英雄


 学校から帰ったらランドセルはチェストの上、学帽はウォールフックの定位置に。
 外遊びで服が汚れていたらすぐに着替え、汚れ物は脱衣所のランドリーバスケットに入れておく。
 それから手洗いうがいをして、ようやくオヤツ。
 オヤツはダイニングテーブルで食べる、というルールがある。食べ終わったら手を洗い、今度は宿題に取り掛からなくてはいけない。
 宿題が終わったら、洗濯物を畳もうと計画している。そのあとで時間があれば、掃除にも挑戦したい。
 今日エレンがやりたいこと、やるべきことは山積みだ。
(リヴァイさんが帰るまで、ちゃんとやらなきゃな!)
 自分一人だってできる。なにひとつ、心配はないと証明しなくてはいけない。
 いまのエレンにはその理由がある。
 まずはこいつをやっつけねば。
 エレンはランドセルから引っ張り出したプリントの束を睨みつけ、鉛筆を握り締めて宿題との戦闘を開始した。


「エレン。四、五日留守にするぞ」
 誰より大好きな同居人がそんなことを言い出したのは、一週間ほど前のこと。
「なんで? どこ行っちゃうんですか?!」
 まるで今生の別れかと言わんばかりに取り乱すエレンを、リヴァイは「落ち着け」と宥めた。
「出張が決まった。一応、小学生のお前を一人置いて行けるかと抵抗したんだが、今回は仕事の内容的にどうしても俺が行かなきゃならんらしい」
「そんな! 誰がそんなこと決めたんですか!」
「エルヴィンだな。采配してんのはアイツだから」
 知った顔を思い浮かべ、『アイツ、俺が大きくなったらふくしゅうしてやる』と物騒なことを考えるエレンに、リヴァイは面白そうな顔で鼻を鳴らした。
「四、五日くらい大丈夫だろう? お前ももう来年は四年。高学年の仲間入りだしな」
「やだ! 俺も一緒に行きます!」
「馬鹿言え。学校があるだろ。平日だぞ」
「うう……」
「俺の留守中、夕方にはハンジが来るように手配してある。飯の心配はないし、夜も泊まって行くように頼んであるから、お前は普段と同じ生活をしてりゃいい」
 そう言って、リヴァイはこの出張を不動のものだと宣言した。
 エレンとリヴァイが一緒に暮らし始めて五年。
 それは実に初めてのことだった。
229 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:14:12.87 d
 双子の妹であるミカサが、生まれた時から重病に侵されていたという不幸が事の発端だった。
 エレンが四歳になったころ、日本では行えないという手術を受けるため、ミカサと両親は渡米を決意した。
 ただ、いつ現れるかわからないドナーを待つ日々にもなる。
 幼い子供ふたり、しかも一方は病人を抱えて、無事に成し遂げられるだろうかという不安に、両親は悩まされていた。
 そこへ名乗りを上げたのがリヴァイだった。
 エレンの母の弟、つまりエレンたちの叔父であるリヴァイは、エレンを預かろうと言ってくれた。
 いつ終わるかわからない不安定な生活を異国で送るくらいなら、エレンの将来のことも考え、日本で継続的に生活をさせる方がいいと主張してくれた。
 いまになれば少しはわかるのだが、それには経済的な問題も含まれていた。リヴァイはそれも含め、自分が預かると提案したのだ。
 エレンが両親の手元を離れれば、それだけ両親の負担も減る。
 ただでさえ、ミカサの手術費を工面するだけで精一杯だった両親たちだ。
 下げられるだけの頭を下げ、苦渋の決断でエレンをリヴァイに託した。
 そこから始まった新しい生活。
 エレンは呆れるほど呆気なく、リヴァイとの日々に馴染んだ。
 それどころか、両親たちよりもよっぽどリヴァイの方に懐く始末。
 それも仕方ないことだった。
 生まれてこのかた、両親は病弱なミカサを優先してきた。
 それが当たり前だと、兄である自分は我慢しなくてはと、幼いエレンなりに理解もしていた。
 でも寂しかったのだ。
 自分だって、父や母の腕に抱かれたかった。
「我慢できるわよね、お兄ちゃんなんだから」
 そんなことを言われない生活をしてみたかった。
 リヴァイと暮らしてみてわかったことは、彼の目に入る子供は自分だけだという事実。
 話をするときも、食事をするときも、いつでも自分とだけ向き合ってくれる。
 そんな当たり前のことがひどく嬉しくて、エレンはあっという間にリヴァイに夢中になった。
 リヴァイの言うことはなんでも聞くし、幼いなりにリヴァイになにかしてやりたいとも思い、いじらしいまでに尽くした。
 そんな健気なエレンを、リヴァイも可愛がらないわけはない。
 両親と離れて約五年、エレンとリヴァイの二人きりの生活はそうして穏やかに過ぎていた。
230 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:14:28.92 d
「ごちそうさまでした!」
 ぱちん、と両手を合わせ、深々と一礼をする。
 向かい合って食事をしていたハンジは、驚いたようにパチパチと目を瞬かせた。
「おやまあ、これまた綺麗に食べたもんだね」
 エレンの前に並んでいる皿は、主菜も付け合せも見事に平らげられている。
「生野菜、平気だった? サラダのレタス、ちょっと多かったかなって思ってたんだけど」
 ハンジの心配をよそに、エレンは首を振って見せた。
「大丈夫です!」
 リヴァイが出張に出かけた最初の夜。
 夕方にやってきたハンジは、エレンの好物であるハンバーグを作ってくれた。
 ハンジとはもう何度も一緒に遊んだことがある。
 リヴァイの腐れ縁だというこの人は、叔父と甥の奇妙な二人暮らしにも適度な距離で寄り添っていてくれる。
(リヴァイさんはハンジさんと仲良しだ。だから俺も仲良くするんだ)
 エレンは並々ならぬ決意の元、今回の留守番生活を開始していた。
「ハンジさん、ハンバーグおいしかったです!」
 自分の使った食器をそっと重ね、慎重な手つきで流しへ運ぶ。
 そして食卓へは戻らず、そのままリビングを飛び出した。
「俺、お風呂掃除してきます!」
 パタパタと軽い足音が遠ざかり、ハンジは箸を手にしたまま苦笑した。
「え? おやおや……」
 ついさっきまで食事の支度を手伝ってくれていたのに、今度は風呂掃除か、と感心する。
 ハンジが夕方ここへ到着した時にはすでに、乾いた洗濯物はきっちりと畳まれていた。
 その少し不格好な折り目は、エレンがやったものだと物語っていた。
231 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:14:40.41 d
 それだけではない。
 リヴァイ仕込みの掃除の腕で、家中がピカピカに磨き上げられていた。
 その上、聞けば宿題も明日の支度もすべて終わっているという。
 十にもならない子供が、こうもきっちりと物事をこなすことができるだろうか。
 ハンジの目から見ても、エレンが小さい彼なりに無理な努力していることは明らかだった。
(リヴァイとこんなに離れてることって初めてだっけ)
 幼い彼なりに、成すべきことに立ち向かおうとしているのかもしれない。
 エレンのそのいじらしさは、ハンジの庇護欲を掻きたてる。頑張ろうとしている少年の後方支援ができるように気を配ろう、と期間限定の保護者は相好を崩した。
 時計の針が午後八時きっかりを指す。
 風呂掃除を終えて戻ってきたエレンがリビングに戻ると同時に、ローテーブルに置かれていた子供用の携帯が鳴り始めた。
 飛びつくようにして手にしたのはエレン。
「もしもし!」
「エレンか?」
「リヴァイさん! お疲れ様です!」
 出掛ける前、毎晩必ず電話をすると言ってくれた。約束を守ってくれたことが嬉しくて、心が弾む。
「お仕事終わりましたか?!」
「ああ、いま引き上げてホテルに向かってるところだ。飯は食ったか? 風呂は?」
「ハンジさんの美味しいハンバーグ食べました! いまお風呂掃除も終わったとこです!」
「そうか、今日の宿題は?」
「終わりました! 明日の準備もすんでます!」
 まるで新兵が上官に答えるような勢いだ。
 思いのほか張りのある声を聞き、リヴァイも安堵したのだろう。
 電話越しに、ふっと笑う息遣いが聞こえた。
「やりゃできるじゃねえか。偉いぞ」
「えへへ」
 日焼けした少年らしい頬を桃色に染めながら、エレンは破顔した。
 褒められることは嬉しい。
 大好きな人に認めてもらったような気持ちになるから。
232 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:14:58.09 d
 今日一日を頑張って良かったと、そう思ったのだが――。
「俺がいなくても問題ないようだな。その調子であと四日、留守を頼むぞ」
「!」
 エレンは一瞬の間ののち、はいと元気よく答えてみせた。
(……問題なくないのに)
 内心ではそう思いながら。


 翌日も、エレンはせっせと動いた。
 朝はハンジに起こされる前にベッドから出たし、身支度も自分一人で整えた。
 朝食のあとには片付けを手伝い、登校前の忘れ物チェックも自分でやった。
 学校から帰宅すれば、昨日と同じように手際よく明日の支度もした。
 まるで文句のつけようのない完璧な小学生だ。
 ただ常日頃、リヴァイが在宅している時のエレンがこうであるかと言えば、実はそうではない。
 時々寝坊もするし、それなりに忘れ物もする。
 特に朝は、ぼんやりしすぎてうっかり歯磨きを忘れることもあり、何日かに一回はリヴァイに雷を落とされながら支度するという毎日だ。
 そんなエレンがこれだけ頑張る理由。
 それはひとえにリヴァイのために他ならない。
(リヴァイさんは俺に『留守を頼む』って言った。俺は男だ。俺はやる!)
 本当は、リヴァイのいない生活なんて考えられない。
 リヴァイがいなければ、いい子でいる意味などない。
 でも彼がそう望むなら、そういう子供でいたい。
 リヴァイが「留守番のできる子供」を望むのなら、自分はそれを成し遂げたい。
(だって、それがリヴァイさんの『必要な子』なら、俺はそうなれる)
 彼が喜び、満足してくれるのなら、エレンにとってもそれ以上嬉しい事はない。
 大好きな人の願いを叶えることなんて、お安い御用というもの。
 少々の寂しさなど、オヤツのドーナツと一緒に飲み込んでしまえばいい。
 胸の中でもやもやしているものなんて、サイダーのシュワシュワがきっと溶かしてくれるはず。
233 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:15:13.92 d
「俺はやれる。……うん」
 グラスを両手でぎゅっと包み込みながら、ひとりきりの静かなダイニングテーブルでエレンは唇を噛んだ。


 二日目の夕飯はエビフライだった。
 見たこともない大きなエビに、エレンは顔を輝かせて喜んだ。
 もちろん昨日と同様に、率先してハンジの手伝いもしたし、自分がやるべき宿題なども完璧に終わらせた。
 そして夜八時の定期連絡にはことさら力を入れて、「俺は大丈夫。リヴァイさんはお仕事がんばってください!」と言った。
 三日目。
 朝、学校に出かけるまでは問題なく済んだ。一人で起床できたし、忘れ物もしなかった。
 ただ、学校でクラスメイトと些細な喧嘩をしてしまったことだけが誤算だった。
「お前、親に捨てられたんだってな」
 両親と離れて暮らしていることを、どこからか耳にしたらしい。
 日頃からエレンが気に入らなかったのか、クラスメイトのそいつは殊更勝ち誇ったように大きな声で言いやがった。
 悔しかった。言い返したかった。
 できるなら、拳を振り上げて仕返しをしてやりたかった。
 でも、できなかった。
(もし、俺が喧嘩したってリヴァイさんが聞いたら……)
 振り上げた小さな拳は、半ズボンのポケットに乱暴に突っ込んだ。
 そしてそのまま、振り返らずにダッと走り出す。
(我慢だ、我慢!)
 心配をさせてはいけない。リヴァイはいま遠い場所で一人、仕事を頑張っているのだから。
(離れてても俺は平気だからって、リヴァイさんに証明してみせなくちゃ!)
 子供ながらも矜持がある。
(大切な人を悲しませるなんて、男のすることじゃねえ!)
 全力で走るエレンの小さな胸には、ただリヴァイの顔だけが浮かんでいた。
234 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:15:30.26 d
 四日目。
 ハンジはなんとなく、エレンの異変に気づいていた。
(そろそろ限界かね)
 元気とやる気の塊だった初日に比べ、いまはその勢いが削がれたように、時々ぼんやりとした顔を見せる。
 いまも夕食に向かいながら、苦手な人参を前にして食事の手を止めてしまっていた。
「エレン、お腹いっぱいになっちゃった? 多くよそいすぎたかな、残してもいいんだよ?」
「! だっ、大丈夫です! 食べられます!」
 はっと驚いたような顔をして、シチューの中に残っていた野菜をせっせと口に運び始める。
 ハンジはそのエレンを眺めながら、後でメールでもしてやるか、と考えていた。
 リヴァイ、あなたの可愛い子は食べちゃいたいくらい可愛いよ、と。
 それを受け取った友人が、眉間に皺を寄せるのを想像するだけで笑いが込み上げる。
 ささやかな親切として付け加えるなら、小学生にはこのあたりが限界みたいだよ、と書いておいてやろう。
 五日目。
 エレンは、それはもう風のような速さで学校から帰宅をした。
(今日はリヴァイさんが帰ってくる!)
 心が躍る。朝から気が逸って仕方がなかった。
(リヴァイさんが帰ってくる前に掃除機をかけて、乾燥機の洗濯物を畳んで、お風呂も掃除して……)
 やらねばならないことは山のようにある。
 昨夜の電話では、六時に帰宅すると言っていた。
 ハンジはもう来ないらしいから、一緒に夕飯を作ろうとも言ってくれた。
(リヴァイさんが帰ってくる!)
 小さな頭の中は、もうそのことだけで一杯だ。
235 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:15:45.79 d
 エレンはその勢いのままオヤツを頬張り、宿題を済ませた。
 四時半、部屋と言う部屋に掃除機をかけた。五時、洗濯物を畳み終えた。
 五時半、ギリギリ風呂掃除を済ませることができた。
 時計の針と睨めっこしながら、玄関の開く時をいまかいまかと待っている。
(他に、しとかなきゃいけないことは?!)
 可能な限り完璧な状態で、リヴァイを迎えたい。
 なんせ五日ぶりの帰宅だ。
 「任せた」と言ってもらったのに、「やっぱりリヴァイさんがいないとなんにもできませんでした」なんてカッコ悪いこと言えやしない。
 好きな人に喜んでもらいたい。
 そして、好きな人に褒めてもらいたい。
 シンプルで純粋な欲求こそが、エレンの原動力になっていた。
(そうだ!)
 時計の針がもう少しで六時を指すと言う頃、エレンはハッと思いついた。
 リヴァイはきっと紅茶を飲みたいと言うに違いない。
 いまならまだ間に合う。お茶の用意もしておこう。
(いつものティーポットとティーカップ、棚から降ろして……、お茶の葉の缶も出して……)
 キッチンの食品庫の前に脚立を運び、紅茶の缶を取ろうと手を伸ばした時だった。
 気持ちが急いたのか、指先に力が入りすぎたのか。
「あっ!」
 シルバーの四角いアルミ缶はエレンの手をすり抜け、まるでスローモーションのようにして床へ吸い込まれていく。
 ガッシャン! と派手な音を立てたと同時に缶の蓋が開き、中身がザザザと零れてしまった。
「ウソ!!」
 キッチンの床一面が茶葉で溢れている。
「そんなっ」
 さーっと血の気が引いた。
 よりにもよって、リヴァイが特に好きだと言っていた茶葉なのに。
「あ、あ……」
 ショックのあまり、身体が動かない。
 さらに追い打ちをかけるように、玄関ドアの開く音が聞こえてきた。
(ウソ! リヴァイさん帰ってきちゃった!)
 脚立の上でおろおろとする。床に降りれば茶葉を踏む。
 茶葉を踏んで歩くと部屋が汚れてしまう。でも降りないと片付けられない。
(どうしよう!)
 混乱のあまり指先が震えはじめたタイミングで、とうとうリビングのドアが開いてしまった。
「ただいま。……エレン?」
 それは、五日ぶりに見るリヴァイの姿だった。
236 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:16:01.39 d
(あ……リヴァイさん……)
 唐突に、鼻の奥がツンとした。
 出て行ったときとは違うスーツ、両手にはブリーフケースとボストンバッグ。
 たった五日しか離れていなかったのに、彼の姿がこんなにも懐かしい。
 失敗に混乱する中、会えて嬉しいという感情も上乗せされて、エレンは更にパニックになり硬直した。
 リビングを見まわして不思議そうな顔をしたリヴァイが、次にこちらに顔を向けるのは自然なことで。
 キッチンカウンター越しに目が合い、エレンは盛大に肩を揺らした。
「エレン? そんなところでなにやって……」
「こないでください!」
 それはあまりに悲壮な叫びだった。泣き出さないのが不思議なほどに。
 すべてが片付いた後で、リヴァイに「こっちが泣きそうだった」と言わしめるほどに全力な拒絶だった。
「……」
 くるなと言ったのに、リヴァイはお構いなしに歩を進める。
 そしてキッチンに一歩踏み入れた時点で、すべてを把握したらしかった。
 ピタリと止まり、床とエレンを交互に眺める。そしてしばしの沈黙。
「……っ」
 失敗してしまった。完璧にしたかったのに。
 リヴァイに喜んでもらいたかった。
 紅茶の用意まで気を回せたのかと、褒めてほしかっただけだった。
(なのに、失敗した!)
 悔しい。悲しい。情けない。
 いろんな感情が入り乱れて、みるみるうちにエレンの瞳を潤ませていく。
「〜〜っ!」
 この世の終わりかと思うほどの絶望感を味わっているのに、目の前のリヴァイはなぜかふっと頬を緩めた。
「エレン、そのままストップだ。できるか?」
「っ!?」
「動くなよ? 動いたらおしりぺんぺんの刑だからな」
237 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:16:17.02 d
 まるで冗談のように笑いながらそう言い残すと、リヴァイの姿は廊下に消えた。
 次にリビングに入ってきた時には、その手には掃除機が携えられていた。
 そしてガーッという機械音とともに、キッチンの入口からエレンの立つ脚立の足元にまで、みるみるうちに一本の道が出来あがったではないか。
 茶色い茶葉の海を割るようにそこを通り、リヴァイはエレンの目の前まで来た。
 脚立の上に立ったままだから、リヴァイと同じ高さで目線が合う。気まずくて俯こうとしたエレンを、リヴァイは優しく許した。
「ほら、こい」
 両腕を広げて差し出す。穏やかに笑いながら。
「お……怒ってないですか……」
「怒るわけねえよ。ほら、来るのか来ねえのか?」
「……っ! リヴァイさん!」
 脚立から、彼の胸へ飛び込む。
 ぎゅっと力強く抱き締められて、目眩がするほどの幸福感に包まれた。温かい。
「ごめっ、……ごめっ、なさ……っ!」
 漏れたのは鼻声。
 リヴァイのスーツに顔を埋めながら、エレンは小さな身体を震わせた。
「泣くな」
「泣いてっ、ませ……っ」
 少年の痩身を軽々と抱き上げたままリビングへ移動し、リヴァイはソファーへ身を沈めた。胸にはコアラのようにくっついて離れないエレン付きだ。
「紅茶を淹れてくれようとしたのか?」
「……はい」
「ありがとう。後でもう一回チャレンジしてくれ。エレンの淹れる紅茶が飲みたい」
 すん、と鼻を啜る音がした。
「ハンジから聞いたぞ。俺が留守の間、ずいぶん頑張ったみたいだな」
 ぽんぽんと頭を撫でられ、全身の力の抜けるような安堵感を覚えた。
(リヴァイさん……帰ってきてくれた……)
 それだけでこんなに幸せになる自分はどこかおかしいのかもしれない。子供心にも薄ぼんやりとそう思う。
 こんなにも安心できて、あっさりと自分を甘やかしてくれる腕なんて他にはない。なんて特別な人だろう。
238 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:16:34.16 d
「家のことから学校のことまで、お前一人で頑張ったらしいじゃないか。ハンジも褒めてたぞ」
「……」
「エレンがこんなに頑張れるとは思ってなかった。これなら俺も安心して出張に出られるな」
「……嫌です」
「エレン?」
「もう、置いてかないで」
 ぽろりと本音が零れる。
 五日ぶりにリヴァイの顔を見て味わった安堵の前に、もう貫き通す意地の欠片も残っていなかった。
「……じゃ、次は一緒に行くか」
「はい!」
 リヴァイはなにが可笑しいのか、声を出して笑う。
 その振動が逞しい胸からくっつけている頬へと伝わり、エレンもようやく少しだけ笑うことができた。
「お土産あるぞ。バッグの中に」
「……いらない」
「おいこら、せっかく俺が選んでやったのに」
「ウソ、いります。でもいまはまだ」
 リヴァイさんの抱っこがいいです、と甘やかに囁く。
「仕方ねえな」
 そう言いながらも、リヴァイもエレンを抱き締める腕を緩めようとはしなかった。
 細い身体を力いっぱい抱き、エレンの頭頂部を顎でぐりぐりと弄ぶ。
「痛いです、リヴァイさん」
「うるせえ。こっちも五日ぶりなんだぞ。……黙ってされてろ」
「はは」
 リヴァイの胸に顔を埋め、幸福な体温を胸いっぱいに吸い込む。
 うっとりと瞳を閉じながら、エレンは考えていた。
 次に口を開いたらこう言おう。
 もう絶対絶対、二度と離れたくないです、と。




リヴァエレ糞小説はほんと似たり寄ったりな終わりかたばっかりでサーセンwwwww
239 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:16:49.89 d
by かみやゆすら

今晩匿ってくれませんか


「今晩匿ってくれませんか」
 大真面目に言ったつもりだったけれど、俺の台詞を聞いた彼はまるで異世界の言葉を耳にしたと言わんばかりの不思議そうな顔をした。
 リアクションに困るんだが、とその精悍な頬に書かれている。
「一晩だけ。ダメですか?」
 顔の前でぱちんと両手を合わせ、拝む仕草をする。
 横に並んで歩きながらなので、その効力のほどはわからないが、これでも俺は真剣なのだ。
「……いったいなにに追われてるんだ」
「それは言えません。言ったらリヴァイさんの身にも危険が及ぶかもしれないんで」
「ほう、そりゃまたなんとも映画のような展開だな?」
「そうなんです。だからお願いします、リヴァイさん」
 珍しく俺の話に興味を持ってくれたようだったから、もしかしたらOKしてくれるのではと淡い期待を抱いたのだけれど。
「なにやら切羽詰っているらしいお前を案じる気持ちはあるが、こんな長閑な朝、どう見ても部屋着で、のんびり歩いて、コンビニに向かいながら、そんなこと言われてもな。エレン」
 スーツの男は呆れたように、横目で俺を一瞥した。
 やっぱり駄目か。がっくりと肩を落とすと、そんな俺を見て彼はさらに不思議そうな顔をした。
 母さんに叩き起こされ、開口一番「牛乳きれたからちょっと買ってきて」と言われたのが約十分前。
 頼む、と断る、の押し問答を繰り返すこと約二分。
 母さんに逆らうとは百年早い、と玄関からつまみ出され、同じタイミングでこの隣家の住人と顔を合わせたのが約五分前だ。
 ちょうど出勤のタイミングだったらしいマンションのお隣さんと肩を並べ、俺はコンビニへ向けて歩き出した。
 目的地は最寄駅までの途中にあるから、必然的に道中を共にすることになる。
 邪見にするでもなく同道を許してくれた彼を優しいなと思ったら、冒頭のような突拍子もないお願いが口をついて出ていた。
 今晩、この人の部屋に行きたい。
 まったく衝動的にそう思ったのだ。
240 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:17:05.41 d
「次はもっと面白い理由を作るんだな」
「ちぇ、ダメなんですか?」
「春休みで暇な学生と一緒にすんな。社畜はそんなに暇じゃねえんだよ」
 ガキは呑気なもんだ、と言う横顔は少し笑っていた。
 朝から笑いを提供できたのだとしたら、それはそれで結果オーライか。
 彼の部屋に行けないのは残念だけど、結果は薄々わかっていたからこのくらいで傷ついたり落ち込んだりはしない。
 片想いのメンタルは、そこそこ強くなければやっていられないのだ。
「リヴァイさん、帰り遅くなる? 忙しい?」
「まあな。年度末だから、それなりにやることはある」
「ふうん……」
 ではきっと、今日もそこそこの残業をするのだろう。
 彼の生活スタイルはだいたい把握している。
 エレンが生まれたころからお隣さんで、長く続く付き合いはもう家族とも言っていいかもしれない。
それくらいの親交はある。
 この感じだとこれ以上のワガママは言えないと察した。
彼の部屋へ行きたいのは山々だけど、決して煩わせたいわけじゃない。
 残念、と笑って見せる。これでこの話は終いだ。
「どうせ、うちにあるゲーム目当てなんだろ」
「あ、バレてる? リヴァイさん、鋭いから困る」
 俺はいつもの顔をして笑った。
 そう受け取られてるならそれでいい。本当のことなんて言えやしないから。
「リヴァイさんの言う通り、春休みで暇なんですよ。遊んでよ」
「もうすぐ高校生になるってのに、こんなオッサン相手にしてないでもっと楽しいことしろ」
「どんな?」
「そりゃお前……」
 と言ったきり、次の台詞が出てこない。
 多分彼は頭の中で、いまどきの男子中学生がなにを楽しむのか、などと考えているに違いない。
 歳の差がある。それもダブルスコアくらい。
241 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:17:18.48 d
 それこそオムツの時代から俺を知っている人だ。
 越えられないジェネレーションギャップがあり、家族同然であり、同性でもある。
 そういう如何ともしがたく、世界最強に手強いこの人に、俺はもう随分長い間片想いをしていた。
 もうラスボスと言ってもいい。この人を攻略できる最強魔術や必殺技などがあるなら、なんとしてでもその攻略法を手に入れたいところだ。そのためならお小遣い一年分をつぎこんだって構わない。
 肩を並べて歩きながら、横目でチラと彼を見る。
 社蓄、社蓄、と彼はよく口にするけれど、俺の目には今日も小ざっぱりと爽やかでかっこいい大人の男に見える。疲れ果ててクマがあるとか、やつれてよろよろしているとか、そんな姿はついぞお目にかかったことはない。
 濃紺のスーツには皺ひとつない。毎日変わるネクタイも歪みなくビシッとしているし、彼本人にも三十路とか嘘じゃねえのと疑うほどの張りがある。
(今日もカッコイイだけじゃんか、チクショ)
 いっそこの人が、本当に冴えないおじさんだったらどんなに良かったか。
 いつか、自分の知らない女性を連れて帰宅するのだろうか、とか。壁一枚隔てて隣り合わせてる彼の寝室から、あらぬ声が漏れ聞こえてきたらどうしようとか。
 もしも彼が冴えない、野暮ったいだけの男だったなら、そういう心配をしなくて良かったかもしれない。
 会うたびにこっそり彼の薬指をチェックすることも、実は心臓に負担がかかっているのだ。男子中学生の傷つきやすいメンタル舐めんな。なんて、一度くらい直球で吐きだしてみたいものである。
 今夜日付が変わると、俺はひとつ歳をとる。
 ついさっき俺を叩き起こした母さんに、「おつかい行ってくれたら、明日は一日王子様扱いしてあげるから」なんて言われたことが頭の隅に残っていた。
 さらに朝からリヴァイさんと鉢合わせたことが相まり、いつの間にか「匿ってくれ」なんて突拍子もない台詞が口をついて飛び出した。
 誕生日になにか特別なことがしたいと思ったわけじゃない。でも誕生日を口実に、願いをひとつ叶えられたらとそう思った。
 好きな人と一緒にいたい。一緒に過ごしたい。好きだから。
 それ以上でもそれ以下でもない。
 初恋は実らないとか、そんなことはよく知ってる。長年続く俺の不毛な恋バナを聞くたび、ミカサがそう繰り返すからだ。
242 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:17:37.10 d
 そんなことは知ってるし、実のところ期待もしていない。
 けれど今年の誕生日くらいは、許されるかなと思った。 
 カレンダーを一枚めくると、俺は高校生になる。
 新しい環境。
 新しい友人。
 新しい人間関係。
 きっと、これまでとは違う俺になる。
 そういう節目に、誰より彼と一緒にいたかった。
「あ、着いちゃった」
 目当てのコンビニの看板が見えた。
 大好きな人と偶然肩を並べることができた、棚ぼた的な朝のひと時もここでお終い。
(さっさと牛乳買って、帰ったら二度寝しよ)
 じゃあね、いってらっしゃいと彼を見送ろうとしたのだが、どういうわけだか隣の男も一緒にコンビニへ入る。
「あれ、リヴァイさんも買い物?」
「まあな」
 彼は勝手知ったるなんとやらでスイスイと店内を歩き、籠の中へぽんぽんと商品を放り込んでいく。
 ポテチ、チョコスナック、みたらし団子、それから牛乳と棒つきアイス。
「はあ? これから電車乗るのにアイス食べながら行くつもりですか?」
「違ぇよ」
 さっさとレジを通り会計まで済ませてしまった彼は、膨れたビニール袋をこちらにずいと突き出した。
「おら、これ持ってさっさと帰れ」
「は? え、これうちの?」
「牛乳はカルラさん。あとは春休みで暇してるお前のオヤツ」
「え、うわ、ほんと? いいの?」
 やったぁ、と素直に声をあげると、彼は器用に片眉をあげて満足そうにした。
「アイス溶けるから真っ直ぐ帰れよ」
「はぁい」
「今日はこれで我慢しろ」
「え?」
「明日はちゃんとしたプレートのついたケーキ買ってやるから」
「え、あ……」
 彼の台詞の意味が咀嚼できるまでに時間がかかってしまった。
「あ、えっと、その…………覚えてたの?」
243 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:17:52.77 d
 なんとなく罰が悪くなって、微妙に首を竦める。
 目の前の大人は、ますます満足そうにして唇を引いた。
「じゃあな、遅れるから俺はもう行くぞ」
「あっ、はい。うん、行ってらっしゃい。ありがとう」
 駅へ向うために一歩踏み出そうとした彼は、唐突に振り返る。
「いくら誕生日だからって、ガキの夜の外出は賛成できんな、エレン」
「あ、やっぱバレてましたか、あはは」
 気まずいのと気恥ずかしいのを誤魔化すように笑う。
 そんな俺を見て、彼は優しいのか意地悪なのかわからないような微笑を浮かべた。
「その代わり、日付が変わるころに電話してやる」
「!」
「いい子にしてろ、エレン」
 それだけを言い置くと、彼はもう颯爽とスーツの裾を翻して行ってしまった。
 取り残されたのは、茫然とする俺。
 それから、疼いて仕方ない恋心。
 大好きな背中が米粒になるまで見送りながら、俺は今晩ありったけの勇気を振り絞ることを心を決めていた。




 無防備な部屋着であんまりうろうろさせたくなかったので、わざとアイス買ってさっさと帰らせよう作戦をとったリヴァイさんなのでした。おしまい。




お〜わりっと(笑)スプー♡
244 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:18:08.33 d
カウントダウン

by かみやゆすら


 俺の担任は人気がある。
 それも、「とても」という副詞がつくほどに。
 リヴァイ・アッカ―マンというその人は、強面だし、背は小さいし、言葉遣いも結構乱暴。
 風紀の担当でもあるので、軍隊式かよ、と思うほど厳しい指導をする時もある。
 なのに、だ。
 まず、情に篤い。面倒見がいい。生徒の話は最後まできっちり耳を傾けてくれるし、一方的な意見を押しつけたりすることはない。
 理由に納得がいけばそれなりに融通してくれる柔軟さも持ち、些細なことでも親身になってくれるから人望がある。
 下手に生徒に媚びたりもしない。
 逆に俺の背中を見ろ、という硬派なタイプでもないが、身を持って礼節を教えてくれる。
 静かで凛としたその姿勢は尊敬に値し、多くの学生の模範となっている。
 そういった人柄もさりとて、担当教科のわかりやすさにも定評がある。授業は明瞭明快。
 無駄な部分はできる限り削いで必要な個所だけを際立たせてくれるから、内容を整理しやすい。
 万が一テストで上手くいかなくても、救済措置を取ってくれる。追試も補講も丁寧だ。
「テストは点数がすべてじゃねえ。理解できていない自分を理解するためにある」
そう言って。
 正義感も強い。いや、どちらかというと陰湿や陰険、そういったものが嫌いらしい。
 学生の時分なんてなんでもカラッと清々しくあるべきだと公言し、陰ながらいじめや嫌がらせの類を見つけた時には、大きな声では言えないようなペナルティを科すという噂だ。
 女子に告白されているところを目撃したことがある。
 あれはバレンタインだったか。
 上級生の女子だったと思う。
 小さな赤い包みを彼に向けて差し出し、俯き加減にぼそぼそとなにかを告げていた。
 教科職員室の前で扉から半分身を出した彼は、彼女にひとつふたつ返事をしたように見えた。
 女子生徒からの包みは受け取らなかった。
 それから生徒相手にきっちりと頭を下げた。
 その光景はひどく印象的だった。
 すまない、と言ったのだろうか。それとも、ありがとうと言ったのか。
245 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:18:23.91 d
 なんにせよ、彼は人の心を弄んだり、手酷く傷つけるような人
 間ではないということがよくわかった。年齢が違っても、立場が違っても、きっと誠実に受け答えしてくれる人なのだ。
 そんな場面を見たしばらく後、新しい学年へ移るとともに彼は俺の担任になった。
 一年、二年と、彼が自分の教科担任だったことはなかった。エレンは委員会活動に精を出すようなタイプではなかったし、風紀で咎められるような覚えもなければ接点などないに等しい。校内で見かけても、ああいるな、くらいにしか思わなかったものだ。
 それが目の前の教壇に立っている。
 不思議なもんだな、と思ったのを覚えている。
 鼠色の冴えない背広が、その日に限ってはしゃっきりと見えた。いつ見ても着崩したりしないそれは、まるで彼の生き方を映したようで生真面目だ。
 四月の風が心地よく窓から吹き抜ける中、彼は黒板へ自分の名前を書いた。白く浮き上がったそれは、とても几帳面そうな右上がりの字だった。
 初日のホームルームが終わり、三々五々生徒たちがばらけた後で、エレンはこっそりスマホを取り出し、黒板に残された彼の名前を写真に収めた。
 どうしてそんなことをしたのか自分でもよくわからない。けれど、彼の名前があっさり塵と消えてしまうのが惜しかった。
 三年ともなると受験戦争が本格化する。特別に進学校なわけでもないけれど、いまどきはほとんどの人間が大学ないしは専門的な学校への進学を選ぶ。
 エレンも御多分に洩れず、中堅どころの大学に焦点を絞り、それなりの勉強をしていた。
 高い志なんてものはない。こうなりたいとかいう具体的な将来の夢もない。
 多分珍しくもないような会社へ就職し、どこにでもいるような平凡なサラリーマンになり、好きなことや嫌いなことやどうでもいいことをしたりしなかったりしつつも生きていくのだろうと思う。
 平凡で平坦、それでいい。安定していれば尚いい。
 行ってみたい場所へ旅行に出かけられる程度の余裕があると文句なしだ。
 そんな面白くもつまらなくもない将来のために、学校と予備校を行ったり来たりする。
 受験対策用の勉強は主に予備校で賄えるから、学校では息抜きも兼ねて比較的のんびり過ごす。
 そういう俺を「危機感がなさすぎる」と評する教員もいる。
 でも彼は、そういう俺を知っても変わらなかった。
246 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:18:41.87 d
 手元の書類にボールペンでなにかを書きこむ。
 面談終了のチェックなのかもしれない。
 もう終わるのか。短いな、と思った。
 もっと話したいわけじゃない。
 そもそも話したいことなんて思い浮かばない。
 でもなぜか、いまのこの時間を手放しがたかった。
「……なあ」
 それは幾分砕けた口調に聞こえた。彼の目はこちらを真っ直ぐ見据えている。感情は見えない。
「はい」
「将来の夢とか、聞いてもいいか」
 彼は走らせていたボールペンをかたりと置き、机の上でゆっくりと指を組んだ。
「特にありません」
「ねえのに大学行くのか」
「……ないから行くんじゃないですかね」
 俺の答えをどう受け取ったのかは知らないが、彼は少し考えるような素振りをして小さく頷いた。
「そうか……そうだな」
 さっきまで誰もいなかった廊下に、人の気配がした。次の順番を待つ誰かが来たのだ。
 途端に口をついた。
「先生は夢が叶ったから先生になってるんですか?」
 どうしても聞きたいと思っていたことではなかった。けれど、いま聞いてみたいという衝動に駆られた。
 彼は唐突な質問に驚きもせず、ふむと小さく頷いた。 
「夢だったわけじゃねえな」
「へえ」
「どうしてかって聞きたいのか?」
「いえ別に……いや、聞いてみたい気もするけど……」
 もしも言いたくなかったりするなら無理強いしたいわけじゃない。
 そう伝えたかったのに、上手く言えない。言葉を探す俺を見て、彼は少しだけ笑った。
247 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:18:56.68 d
「どっちなんだ」
「えっ、と……」
 どっちでも。消えそうな声で続ける。
「……お前、面白い奴だな」
 机の上に投げ出された書類。
 彼の指がその一部をなぞる。節の高い人差し指で。つうっと。
 それから彼はもう一度俺を見た。
「お前らの背中を見送るこの商売も、存外悪くねえといまは思ってる」
 もらえた答えはそれだけだった。
 それからすぐに、教室の引戸が薄く開いた。次の生徒が顔を出す。
「先生順番まだぁ? 俺、部活あるから早く終わらせてほしいんだけど」
「ああ、わかった。……じゃあイェーガー、残り一年頑張れよ」
「……はい」
 なにかに浮かされたように席を立つ。その後はもう振り返らずに教室を出た。
 彼の指がなぞっていたのは、俺の名前だった。


 エレン・イェーガーは人気がある。
 それも老若男女問わず、と言っていい。
 均整のとれたプロポーション。
 いまどきの若者らしく小顔で手足が長い。
 顔は言わずもがな。
 印象的な大きな瞳を輝かせれば、どんな女子たちだってあっという間に頬を染める。
 飛びぬけて勉強ができる方ではない。得意不得意に波がある。
 校内の図書館へはよく通っているようで、おそらく興味のあることだけを追求していく性格なのだろうと思う。
 運動はよくできる。身体能力は高い。
 持久走など、根気の必要なものは途中で飽きてしまうらしいが、球技や瞬発力の必要な陸上競技などは嬉々として取り組んでいるようだ。
 しかし部活には所属していない。
 運動部連中から引手数多だろうに、彼は一つのスポーツに集中して精を出すということには興味がないらしい。
248 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:19:12.11 d
 その光景を見るだけで、彼が愛された子どもなのだということが手に取るようにわかった。
 なんということはない、ごく普通の光景だ。
 高校という場所柄、そんなものは彼らだけに限った話ではない。
 それでも印象的だった。
 邪気なく笑う彼の顔が澄んでいたからかもしれない。
 彼らは受験生である。
 これまでなら楽しく長期休暇を過ごしていたのだろう夏が、一転して闘いの季節になる。
 受験は彼らの生活を一変させる。大半の生徒が目の色を変え、勉強優先の生活を始めることになるからだ。
 夏休みだからといって教員たちも暇になるわけでもない。
 授業はなくても臨時の講義はあったし、部活の指導もそれ以外の雑用も腐るほどある。
 八月のある日、教科指導室にある効きの悪いエアコンに辟易し、一時退避のつもりで購買部へと足を向けた。
 あそこには校内で唯一の自動販売機がある。冷えた緑茶が飲みたい気分だった。
 コンクリ打ちっぱなしの渡り廊下を歩いて、三つに分かれている校舎の南館へ向かう。
「先生」
 不意に後ろから呼ばれた。
「……イェーガー」
 今日ここにいるはずのない人間が、そこにいた。
 たったひとりで。人気のない廊下に佇んでいる。あのいつもの飄々とした顔をして。
「なんだ、来てたのか」
「もう帰るとこですけど」
「補講か?」
「いいえ」
 じゃあなんでここにいる。
 そう聞く前に、彼の方がスクールバッグを僅かに持ち上げてみせた。
「図書館に返し忘れてた本があって」
 呼び出しがかかってしまったのだと、決まり悪げに白状した。
「……忘れんな」
 月並みな言葉しか出てこなかった。正直言って、注意するほどのことでもない。
「すみません」
 はは、と声を漏らして笑う姿が眩しく見えた。真っ白な半袖のワイシャツから、健康的に日焼けした腕が伸びる。
 確か、彼は自転車通学だったと思い出す。
 それ以上、どんな会話をすればいいのかわからなくなった。
 受験勉強は順調かとか、夏バテをしていないかとか、世間話の類は浮かぶ。
 けれどそのどれもが彼との会話には似合わないような気がして、普段からたいして饒舌でもない口が、いつも以上に重くなった気がする。
249 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:19:27.31 d
「先生、俺ね」
 不自然な空白を埋めたのは、彼の方だった。
「つい最近、生まれて初めて思ったことがあるんですけど」
 切り出したのは自分のくせに、少し言いためらうように小首を傾げる。
 その仕草がこれまでの彼らしくなくて、子どもっぽいのか大人びているのかよくわからなくなる。
「……なんだ」
 聞いてやる。言外に促すと、彼は目尻に綺麗な皺を寄せた。
「夏休み、嫌いだなって」
 なにかが吹っ切れたみたいに、からりと笑う。真夏の向日葵のように。海面の煌めきのように。
 それがクソみたいに眩しくて、俺は微かに目を背けた。その時彼がどんな顔をしたのかはわからなかった。
 季節が過ぎる。緩やかに。
 進む時間はなにかを育む。枯れるなにかもあるだろうし、また芽生えるなにかもあるのだろうと思う。
 エレンは受験生という一年が収束を迎えようとしているのを感じていた。
 今年が終わる。年が明ければいよいよ入試当日がやってくる。
 すでに推薦で受験を終えたクラスメイトたちは、幾分すっきりとした顔をして机に向かっていた。
 終業式を、ついさっき終えた。
 ひとりひとりに成績表が配布された。
 その他の配布物も手元で束になっている。あとは担任が「終了する」と言えば、今年最後のホームルームは恙なく終わる。
 彼は教室内をぐるりと見渡し、
「今年は年末年始の連休も気が休まる時がねえだろうが、なによりまず体調に気をつけてすごせ」
 そう言って、教壇の上の名簿をぱたんと閉じた。
 自由の合図を感じ取った生徒たちは、途端に緩む。
 ガタガタと椅子を曳く音、後ろを振り向いてお喋りを始める声、そんなものが雑然と鳴りはじめる。
 今年が終わる。また長い休みに入る。
 彼が言ったように、入試はこれからが本番だ。呆けている時間はない。
 けれどどうしても、埋められないなにかが自分を蝕んでいた。
 カレンダーを思い浮かべる。
 明日から十日ほどの冬休みだ。十日か、とはっきり数字にしたところで微かな寒気を覚えた。
 慌ててマフラーを首に巻いた。
 気休めにしかならないとわかっていたけれど。
 これは物理的な寒さじゃない。もう知っている。
 あの夏季休暇で、俺は知ってしまった。
250 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:19:42.72 d
 たいした用もないのに学校に顔を出し、当てもなく校内を彷徨う自分を。
 そして自分にそうさせた感情の名前を。
 荷物を纏めて教室を出る者たちが現れるころ、廊下から自分を呼ぶ声が聞こえた。
「エレン!」
 半開きになった引戸から顔を見せたのはミカサ。その後ろにアルミンもいる。
「なんだよ」
 廊下へ出ると、ミカサは手にスマホを握り締めていた。
「エレン。急いで帰るのでなければ、ひとつお願いがある」
「お願い?」
「そう。」
 なにやら思いつめたような顔でずいと迫りくる。
「写真を撮って欲しい。一緒に」
「写真?」
「そう、エレンとアルミンと私で」
「いまさらそんなもん、なんに使うんだよ?」
 写真なんか、あらためて撮影しなくてもこれまでに何度も撮ってきた。フォルダを覗けばきっと幾枚も見つかるはず。
 そう思って首を傾げると、ミカサは真剣な顔で携帯を強く握りしめた。
「入試に向けてお守りにする」
「お守り?」
「そう。写真があれば、追い込みが辛くなっても癒される。エレンたちも頑張ってると思って私も頑張れる」
「ふうん」
 そんなもんかな、と言うと、アルミンが後ろで「気持ちの問題だよ」と笑った。
「ミカサは寂しいんだ。明日から冬休みでエレンに会えないから」
「アルミン違う、私はただお守りに」
 そうだ、そうじゃない、などと言い合いを始めたふたりを眺めながら、どっちでもいいんだけどと呆れはじめた時、タイミングよく背後の扉が開いた。
「先生……」
 教室から出てきたのは名簿を携えた彼。これから職員室に戻るのだろう。
「どうした、イェーガー。こんなところで」
「あ、えっと」
 説明が難しい。咄嗟に口を噤むと、彼の姿を見つけたアルミンが嬉々として声をかけた。
「あっ、リヴァイ先生! お願いがあるんですけど、シャッター切ってもらえません?」
「シャッター?」
「はい、この三人で写真撮りたくて」
 先生にそんなこと頼むなよ、と思った。どうせ断られる。
 遊んでないでさっさと帰れ、そう言われるのが関の山だと。
 けれどそんな予想を彼はあっさり裏切った。
「構わんが」
「やった!じゃ、これでお願いします」
 差し出されたミカサの携帯を受取り、慣れた手つきでカメラのピントを合わせる。
251 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:19:54.65 d
 それを見て、胸が僅かにもやっとした。生徒のこういう頼みに、きっと彼は慣れている。
「三人ちゃんと入れてくださいね。受験のお守りにするんですから。ほらミカサ、エレン、早く並んで」
 促されるまま窓を背にして立つ。
 両側からミカサとアルミンに挟まれ、ぎゅうと身体を押しつけられた。
 彼はカメラのフレームに三人を入れたのだろう。画面を見ながら角度を変えたりしているように見えた。
「あ、もしかして逆光だったりして?」
「いや、大丈夫だ。……撮るぞ」
 パシャリと電子音が鳴る。
「そのまま続けて何枚か撮ってほしい。全部保存で構わない」
 ミカサの勝手な言い分にも気分を害することなく、「わかった」とシャッターを切り続ける。
 撮っては保存、を繰り返しながら、どことなく彼が楽しそうに見えた。
「団子になられるとクソみたいに可愛いな、お前ら」
 あとでこの写真俺にも送れ、そう言いながら薄く笑っている。
「先生、なんかいつもとキャラ違いません?」
 アルミンが茶化すと、彼は至極真面目な顔を見せた。
「馬鹿言え。俺は元々けっこう生徒を可愛いと思ってる。特に担当したことがある奴らは余計に」
「僕たちの教科担任だったの覚えてるんですか?」
「当たり前だろ。お前もミカサも優秀な生徒だった。入試も頑張れよ」
 これがお守りになるというなら写真くらいいつでも撮ってやるから、そう続いた台詞が決定打になった。
 もう顔をあげることができなくなった。作り笑いもダメだ。
 駄目だ。駄目になってしまった。
 自分の欲求がはっきり形になった。いまそれが見えた。
(この人の特別になりたいだなんて……)
 馬鹿だ。阿呆だ。つける薬もない。
 どこからどう見ても、なにをどうやって考えても、俺は大勢いる生徒の中のひとり。
 それ以外でもそれ以下でもなく、一対数十の構図の中、群衆に埋没するチンケなひとり。
252 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:20:12.26 d
 そんなことはわかっている。
 わかっているのに、幼馴染たちにまで嫉妬した自分が、どうしようもなく惨めに思えた。
 もう平気な顔なんかできはしなかった。
「……クソ」
 俯いて、消えそうに微かな声で漏らす。
「エレン? ……どうかした?」
 異変に気づいたミカサが訝る。首元のマフラーに顔を埋めるようにして、ふる、と首を振った。
「……もういいだろ、俺トイレ行きたいんだ」
「そうだったの、引きとめてごめん」
 絡められていた腕が離れる。それを合図に踵を返した。
 ミカサもアルミンも俺を止めなかった。それが唯一の救いだった。
 振り返らず、一目散に廊下を歩く。言い訳に使ったトイレを通り過ぎても足を止めることはない。
 あの場所から離れて冷静になりたかった。
 長期休暇が嫌だと、初めて思ったあの夏。夏休みが長すぎるなんて、生まれて初めて感じた。カレンダーを眺めながら、次に学校へ行くのはなんて指折り数え、どうして学校へ行きたいのかに気づいた時はひとり頭を抱えた。
 休暇なんかクソだと開き直り、勝手に登校したあの日。幾日かぶりに彼の顔を見たら、その日までのもやもやした気持ちなんてすべて綺麗に吹き飛んだ。
 先生。
 リヴァイ先生。
 他に大勢いる生徒のひとりじゃ嫌だ。
 彼の目に映る、たったひとりになりたい。
 シンプルな心の欲求が浮かび上がる。浮かび上がったそれに、俺は自分で答えを出して呟いた。
「そんなの無理だって……わかってる」
「なにが無理なんだ?」
「ッ?!」
 文字通り、飛び上がった。
 踵も爪先も、地球から一瞬離れた。それくらい驚いた。
 唐突に聞こえた声。振り向いたそこには、彼が立っていた。
 ついさっき、シャッターを切っていたときと変わらない顔で。
 追いかけてきたのだろうか。いつの間に。
「……」
「……なんだ、その顔は」
「……」
「そっちにはもうトイレねえぞ」
「……」
「漏れそうなんじゃねえのか」
「……」
「なんか言え」
 固まったまま動けなくなった俺を興味深げに眺めている。
「なんで……ここに……?」
「さあ、なんでだと思う?」
253 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:20:29.68 d
 質問に質問で返すのは意地悪だ。
 そう思って睨むと、彼は可笑しそうに片眉を跳ね上げた。
「で、なにが無理なんだ?」
「……先生には関係ない」
「そうか」
 拒絶したくせに、あっさりと引いてしまわれると、少し寂しい。
 そんな自分がつくづく嫌になる。俺はいつの間にこんな強欲な人間になってしまったのだろう。
 そんな自己嫌悪にまみれているこちらを知ってか知らずか、彼はおもむろにジャケットの内ポケットから携帯を取り出した。
「なあ、イェーガー。……俺と写真撮らねえか」
「は?」
「携帯で。さっきみたいに」
「誰が?」
「俺とお前が」
「なんで」
 混乱していた。
 何故この人がこんなことを言うのか。
 目的がわからなくて動揺する俺を、彼は有無を言わさずに引き寄せた。自分で聞いたくせに、返事も待たないで。
「わ、ちょ」
 強引に肩を抱かれる。少し身長差があるから、肩を組まれるというよりは二の腕をがっちり引き寄せられるという感じに。
「え、あの」
「撮るぞ」
 彼は器用に、並んだ俺たちを自撮りした。パシャ、パシャ、と何度か電子音が続けて鳴る。
「笑え」
「そんな、無理」
「なんで無理だ。笑え。お守りにすんだから」
「え?」
 少なくとも十回以上はパシャパシャとやったあとで、彼はようやく俺を解放した。すぐに携帯を覗き、写真を確認している。
「チッ、お前一枚も笑ってねえ」
「あ、当たり前ですよ、あんな突然……」
「お前の携帯だせ」
「え?」
「ほら、早く」
「は? はあ……」
 言われた通りに差し出すと、赤外線を使い勝手に写真を送りつけられた。
 たったいま撮ったふたりの写真だ。
254 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:20:54.42 d
〜これまでのお話〜

大学教授のリヴァイ(α)と大学生エレン(Ω)が紆余曲折を経て、番になりました。
リヴァイが発明した触手のテンタクル(またの名をオメガ専用防犯アイテム)と一緒に楽しく暮らしています。
3月30日、無事に20歳を迎えたエレンは……!?


オメガテンタクルBirthday0330



 リヴァイ・アッカーマン、バースタイプはアルファ。
 職業は大学教授。
 大学の生徒であった運命の番を見つけ、現在同棲中。
 番の名はエレン・イェーガー、バースタイプはオメガ。
 大学二年生。
 来月からは三年生へ進級する。
 彼と同棲を始めて一年経つが、大学を卒業するまでは役所に届け出もしない約束だ。
 もう自他共に認める夫婦のような生活をしているので、今さら法で縛ったところで何が変わるわけでもない。
 あぁ、エレンの苗字は変わるが。
 それだけだ。
 番の契約という、血よりも濃い絆を結んだ瞬間に、リヴァイはすでに覚悟をいろいろと決めていた。
 自身が研究する分野ではあったけれど、運命の番なんてものは半信半疑だった。
 どの文献やデータを読んでも、いまいちピンとは来なかった。
 それも今なら納得できる。
 運命の番というものは、言葉で簡単に説明できるものではない。
 血に引き寄せられるのだ。
 そのことが分かっただけでも、自分は成長したのかもしれない。
 隣にエレンがいて、とても充実した毎日を送っている。
 番馬鹿かもしれないが、なにしろエレンは可愛い。
 器量がいい。
 度量もあるし、内なる獣を飼っているような激情家なところが気に入っている。
255 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:21:12.15 d
 そんなエレンも、ようやく二十歳の誕生日を迎えた。
 三月三十日の桜舞い散る季節、エレンはこの世に生を受けた。

「やっと飲める!」
「とりあえず、いろいろと用意してみたが」

 エレンは瞳の奥をきらきらと輝かせて、はしゃいでいた。
 二人分のワイングラスと、リヴァイが運んできたビーフシチューを交互に見つめている。
 あんなに楽しそうな彼は久しぶりに見た。
 とくにここ最近は年度末ということもあって、リヴァイも忙しく、家に帰るのは夜遅くになる日が度々あった。
 エレンは健気にも自分を待っていてくれている時もあったが、大半が先に眠っていた。
 仕方がないのだが、しんとした室内が寂しくて、すやすやと眠っているエレンの頬をつついて遊んだりした。

「ううん!」

 寝ているのに、眉間に皺を寄せて怒られた。
 それでもめげずに、エレンの半開きの唇にキスをすると、

「おあえり……りばいさん……おやしみ」

 なんて、むにゃむにゃと喋って、すぐに寝息が聞こえてきた。
 寝顔が幼くて可愛い。
 本当は起こして、夜の営みとやらをしたいところだが、彼は滅多に承諾してくれない。
 同棲をしたばかりの頃は、よく体を繋げていたのに。
 それはもう獣のように、液体まみれになってエレンを抱き潰してしまった。
 それがアルファの性なのかもしれない。
 エレンだけが必要で、とにかく頭の中は彼のことでいっぱいになる。
 今は誘ってもだいたいが「NO」だ。理由を聞いても、

「どうせ三ヶ月に一度の発情期があるんですから、ヤらなくたっていいじゃないですか」

 と答えられてしまう。
 それはそれ、これはこれ、だ。
 リヴァイとしては、毎日抱いても抱き足りないのだ。
 でも彼はヒートがあるのだから、それ以外はセックスしたくないと言う。
256 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:21:27.41 d
 これがマンネリというやつだろうか。
 番なのに、エレンはあまりにそっけなくて心配になってしまう。
 まさか他に男ができたのか?
 もしくは女がいいのか?
 自分にはもう飽きてしまったのか。
 番の契約を結んでいるのだから、そんなことはない……と信じたい。
 リヴァイは毎晩ベッドで眠るエレンのうなじの匂いを嗅いで、何も混じってないか確かめた。
 自分の匂いとは違う男の匂いが混じっていれば、それはエレンが不貞をはたらいたということになる。
 でも、何の匂いも混じっていない。
 むしろ彼の甘い匂いに、興奮してしまった。
 おかげ様で、最近は右手が恋人である。
 エレンの寝顔を見つめながら、右手を動かした。
 彼は全く起きなくて、虚しさだけが募った。
 エレンのスウェットの胸元から、勝ち誇ったかのようなテンタクルが出てきた時は怒りでガラスケースに閉じ込めようかと思った。
 そう、リヴァイとエレンの住む家には、もう一匹(?)家族のようなものがいる。
 触手のテンタクル。
 薄紅色で半透明。
 スライム状でぬるぬるとしており、大きさなど体を変幻自在に変えられる。
 これはオメガであるエレンを外敵から守るため、リヴァイが発明した防犯アイテムだ。
 なかなか優秀だが、自分のアルファ遺伝子を移植してあるため、エレンが大好きという同じ特徴が生まれてしまった。
 アルファの男たちにいいようにされてきたエレンは、以前まで男性恐怖症だった。
 なので、この便利なテンタクルに依存してしまい、リヴァイは一度これを破壊している。
 その時のエレンの落胆と怒りときたら!
 リヴァイがいるというのに「番なんかいらない」と喚き散らされた。
 結局は無事に結ばれたが、今でもテンタクルは油断ならない。
257 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:21:44.69 d
 いわば、恋敵だった。
 扱いに困ってしまうが、背に腹は代えられないので、リヴァイがそばにいない時のエレンの警護を、テンタクルに一任している。
 最近のテンタクルは、リヴァイの言うことも聞かない。
 エレンの味方ばかりする。
 仮にも親はリヴァイだというのに。
 テンタクルはキュッキュッと体を鳴らして、エレンの体を這いずりまわっていた。

「……の、やろ」

 こっちはお預けを食らっているというのに、羨まし過ぎる。
 エレンいわく、最近テンタクルは乳首にはまっているらしい。
 普段から触手が吸い付いているせいか、エレンの乳首は敏感だった。
 全部、テンタクルのせいだ。
 リヴァイはチッと大きな舌打ちを一つ。
 すると、見ろよ、と言わんばかりにテンタクルは触手を器用に使って、エレンの上半身の裾を捲り上げた。
 寒い室内に、エレンの白い腹と桃色に膨らんだ乳首が姿を現す。
 テンタクルに悪戯をされているというのに、仰向けで寝ている彼は全く起きない。
 一発挿入しても、起きないのでは……?とすら思えてくる。
 本当はむしゃぶりつきたいところを、ぐっと堪える。
 しかし、触るくらい良いんじゃないか?
 その柔らかい乳首を転がして、舐めて、硬くさせて、吸い付くような肌を堪能して……頭の中はいやらしい妄想でいっぱいになる。
 エレンが足りない。
 やっぱり、彼に触れたい。
 いや、それは自分のプライドが許さない。
 エレンの意識がない時に触るなんて、フェアじゃない。
 自分の欲望だけで手を出すわけじゃない。
 欲求不満の自分を押し殺し、リヴァイはエレンの服の乱れを直し、羽毛布団をかけてやった。
258 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:22:00.35 d
 それからトイレで抜いた。
 恋人がいるのに、なんて虚しい。
 でも、今日はエレンの誕生日だ。
 記念日だ。
 今日くらいはエレンもセックスしてくれるのではないか、という甘い期待を抱かずにはいられない。

「何を飲む?」
「ワイン! あっ、リヴァイさん、チーズも用意してくれたんですか。それっぽい」
「サラミもある」
「わ、おつまみいっぱいじゃないですか」

 エレンが子どものような声を上げる。事実、自分よりはうんと年下で、子どものようなものだ。
 そう言うと、きっと彼は怒るだろう。
 エレンの二十歳の誕生日はどこかへ食べに行くか、と提案したが、彼は家が良いと言った。
 一番くつろげて、リヴァイと二人きりでいられるからだ、とはにかみながら答える姿は脳裏に焼き付いている。
 だから、今日の料理はほとんどリヴァイが作って、用意した。
 作っている最中、何度もキッチンにやって来て、テーブルの上の料理をつまみ食いしていくエレンを「こら」と叱った。
 そのたびに、嬉しそうに笑ってリヴァイの後ろ姿を眺めていた。
 これが幸せか、としみじみ思う。
 エレンへの誕生日プレゼントは、もう一週間も前に渡してある。
 彼の希望で、欲しがっていた有名ブランドのスニーカーを一緒に買いに行った。

「もっと高いやつでもいいぞ」

 と提案したが、

「これが良いんです。大事にしますね」

 と嬉しそうに靴の箱を抱えていた。
 いつから履いて行こうと悩んでいたが、結局四月から使うことに決めたらしい。

「誕生日おめでとう」
「へへ……ありがとうございます」

 二人で乾杯をして、グラスを傾けた。

「あ、おいしい」
「お前、酒は強いのか?」
「どうですかねぇ……でもなんか強い気がする」

 エレンはぐいぐいとワインを煽った。
 飲みっぷりがいいので、見ていて気持ちがいい。
 リヴァイも酒はザルなので、一緒に飲めるのなら嬉しい。
259 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:22:16.25 d
 同学年で一番誕生日が遅い彼は、この日を待ちわびていたらしい。
 これで大人の仲間入り。
 酒を嗜む年齢になった。
 浮かれていたせいなのか、何なのか。
 エレンは早々に酔っ払った。

「うぃ……」
「エレン、お前……顔が真っ赤だぞ。全然強くねぇだろうが」

 リヴァイが止める間もなく、エレンはすっかり出来上がっていた。

「えっ、オレ全然いけますよ! 大丈夫ですよ!」

 顔は赤いが、受け答えははっきりしている。
 だが、酔っぱらいの「大丈夫」は極力信じない。

「いいから、酒はストップだ。水を持ってくる」

 エレンから飲みかけのグラスを取り上げて、リヴァイは席を立つ。

「ぶぅ」

 不満そうに頬を膨らませている。

「そんな顔したって可愛くねぇぞ」

 可愛いけれど。
 しかし、リヴァイの考えは甘かった。
 自分が席を立った数分の間に、エレンは一升瓶を抱えて飲んでいたのだ。
 一体どこから引っ張り出してきたのか。
 リヴァイが隠し持っていた蒸留酒だ。

「馬鹿、お前何飲んで……!」

 慌ててエレンから瓶を奪いとった。
 心配したのは急性アルコール中毒だ。

「らいじょうぶ、らいじょぶれすって」

 エレンは先程よりも顔を真っ赤にして、ニコニコと笑っている。
 呂律すらまわっていない。
 体はメトロノームのように左右に揺れていた。

「気分は悪くないのか」
「ん、平気、れす」

 とろんと瞳をとろかせているエレンは、情事中を彷彿させた。
 相手は酔っぱらいだというのに、肌がしっとりと汗ばんで、色っぽい。

「ほら、水」
「飲ましてくらさい。んー」

 なんて言って甘えてくる。
 普段と全く違う様子に、理性がぐらつく。
 エレンはリヴァイに寄りかかり、唇を尖らせている。
 その唇にそっとキスをしてやって、水のグラスをエレンに持たせた。
260 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:22:37.03 d
「飲ましてくださいってば! ほら、口移し!」

 怒ったように服を引っ張る。
 酒が入っているせいで、大胆になっているらしい。
 甘えたになっているのか。

「わかった、わかったから引っ張るな。服が伸びる」

 リヴァイは仕方がない、とばかりに水を自分の口に含んでから、エレンの口の中へ上手に流してやった。
 濃厚な酒の香りがする。
 エレンの舌は発熱しているかのように熱い。

「ん……ふ……あ、これ酒じゃない……」

 しゅん、とエレンは眉尻を下げて、悲しそうな顔をする。
 とても酷いことをしているような気になるが、これは仕方がない。

「当たり前だ。水を飲め」
「はぁい」

 二回、三回と口移しを続けた。


「ふふふ……水ぬるい……」

 変な笑い方をして、エレンはソファにもたれかかった。
 ご機嫌だ。
 酔い方は可愛らしいので、しばらくの間エレンを見ていたい。
 本当は今日くらいセックスしたかったけれど、またお預けだろう。
 こんな状態の彼を組み敷くなんて、罪悪感に悩まされそうだ。

「……おしっこ」
「トイレ行けるか」

 エレンの腕を引いて立ち上がらせようとするが、彼の四肢に力は入らない。

「無理……ここでする……」
「馬鹿言え、こんなところで漏らす気か!?」
「テンタクルー……おいでぇ」

 エレンが呼ぶと、ぬるぬるとキッチンの方からテンタクルが触手を使ってやって来た。
 今日は体内に入れず、放し飼い(?)にしていたのだ。
 テンタクルの見た目は気持ち悪いスライム状の触手だが、エレンの言うことには従順だ。

「テンタクル、餌だぞ」

 そう言って、エレンはスウェットのズボンのゴムを引っ張った。服の中に入れ、と促している。
261 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:22:50.52 d
 テンタクルはにゅるん、とその服の中に体を滑りこませる。

「おい……エレン。まさか」
「ん……出すぞぉ……ちゃんと飲めよぉ」

 しょろ……と軽い水音がリビング内に響き渡る。
 だらしなく足を広げた状態でソファに座り、その体勢のまま、しょろしょろしょろ……と排尿の音が聞こえていた。
 彼はグレーのスウェット着ていたが、見た目には何の変化もない。
 股間のあたりに漏らしたような跡は一つも見えない。

「ん……んっ、はぁ」

 色っぽいエレンの吐息と、じゅるじゅると何かすするような音が混ざる。
 後者は間違いなく、テンタクルがエレンの尿を吸い取る音だ。
 テンタクルの餌は、主人の体液である。
 それはもちろん尿も例外ではない。
 テンタクルは喜々として、エレンの股間に張り付き、餌を吸い取っている。

「おしっこ、いっぱいでちゃった」

 エレンは体をもぞもぞと動かせて、排尿が終わったことを知らせる。
 少しだけ……ほんの少しだけ、ここで粗相をしてしまったエレンを見てみたいと思ったのは秘密である。

「お前……だらしねぇ下半身しやがって」

 リヴァイは大きく舌打ちする。
 すると、エレンは大きな瞳を動かして、

「あれ? どうした、テンタクル。まだメシ足んねぇの」

 と、リヴァイに向かって語りかけた。

「……あ?」
「仕方ねぇなぁ……ほら、おっぱい飲むか?」

 エレンは上半身の裾を捲り上げて、自ら乳首を露出させた。
 いつぞや夜中に見た彼の白い腹が、また露わになった。

「お、おい、ちょっと待て。エレン」
「? どうしたんだ、いつも飛びつくのに。おっぱいいらないのか?」
「……いる」

 素直に答えてしまったが、そうじゃない。問題はそこじゃない。
262 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:23:09.05 d
「エレン、待て。俺はテンタクルじゃない」

 エレンはどうしてそうなったのか、リヴァイをテンタクルだと思い込んでいる。
 会話が咬み合わない。
 どこをどう見たら、自分とテンタクルを間違えるのだ。

「うん、わかった。今日もセックスごっこしような」

 エレンはとろけた顔で、リヴァイの頭を撫でてくる。
 愛おしげに滑る彼の指先に、苛立ちが芽生える。

「……お前、いつもテンタクルと何してやがんだ」

 自分が居ない時、そんないやらしい行為をしていたのか。
 自分の誘いは断るくせに、テンタクルはいいのか。
 いや、テンタクルとしているからリヴァイとする必要がないのか。
 ほぅ、面白い。
 リヴァイはテンタクルになりすますことに決めた。
 これで普段から、彼がどんな生活をしているのか分かる。

「おいで、おっぱいやるから」

 エレンはリヴァイの後頭部を、自分の裸の胸に引き寄せる。
 準備万端に服の裾を鎖骨まで捲り上げて、リヴァイを待っている。
 自分の目の前に、エレンの乳首があった。
 弄られすぎて敏感なそれは、ふっくらとしていて愛らしい。
 彼の甘い匂いが、より濃厚になる。
 リヴァイはそっと唇を寄せて、待ちわびた尖りを吸い込んだ。

「んっ! きょ、きょうは強くねぇか……お前……そんなにこれが欲しかったのか?」
「あぁ、そうだよ」

 リヴァイは強めにエレンの乳首を吸った。
 舌先でとんとんと弾いたり、ねっとりと舐めたり、時折歯を立てたり、強く吸い上げたり。
 開いた片方の乳首はリヴァイの指先が、悪戯を仕掛けた。
 指で弾いたり、手のひらで乳首を転がしたり、乳輪を軽く引っ掻いたり、胸全体を強く揉んだり。
 触手にはできない愛撫を施してやった。

「はぁ……あ、んっ……今日のはっ、違い過ぎ……! んんっ」

 エレンの唇から、嬌声が溢れ始める。
 違って当然、テンタクルではないのだから。
 むしろ、同じと言われたらプライドが傷つく。

「ん、はぁ……よしよし」

 エレンの乳首から母乳が出ることはないが、彼の手のひらが温かくて気持ちよかった。
 自分が幼い子どもになったような気すらしてくる。
263 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:23:26.70 d
 テンタクルが足先のズボンの裾から、ひょっこりと顔を出した。
 床に広がって、ソファの上でいかがわしいことをする二人を見上げている。
 リヴァイはそっと、エレンの股間を撫でた。

「あっ」

 もじもじと太ももを擦り合わせている。
 間違いなく、服の下でそこは硬くなっていた。
 リヴァイはエレンの胸に吸い付きながら、スウェットのズボンの中に手を滑り込ませた。
 すべすべの肌に、柔らかな下生えを感じる。
 一時期、パイパンにハマって全部剃っていたこともあったな、と思い返す。
 剃らなくともエレンの陰毛は薄いので(しかもふわふわで手触りがいい)、生えていたって全然問題ない。
 エレンなら濃くても問題ないが。

「んん……きもちぃよ、テンタクル……」

 エレンは慣れているのか、腰を浮かせて自分からズボンと下着を脱ぎ捨てた。
 それから律儀に足を大きく広げた。
 片足はソファの背もたれに引っ掛けて、丸見えである。
 明るいリビングの下、色素沈着もない美しい裸体が目の前に晒される。
 エレンの陰茎は赤く、ぬるぬると光っていた。
 リヴァイは指で輪を作って、ごしごしと扱き始めた。

「あっ、テンタクル……いいっ……リヴァイさんの、手みたいで……すげぇ」

 エレンの体は熱い。
 まだ、自分をテンタクルだと勘違いしているのか。

「いつも俺の誘いは断るくせに、ずるい奴だな」
「うぅ……ごめんなさい……ゆるして」

 半ば熱に魘されたように、エレンは呟く。
 そっと忍び込ませた、足の奥……そこはびしょびしょに濡れそぼっている。
 ――挿れたい。
 エレンに包まれたいという欲望に火が付いた。

「テンタクル……もう、いいだろ……入って来いよ……」

 自分から、くぱ、と蜜孔を広げて誘ってくる。
 普段からテンタクルにこんな表情を見せているのかと思うと、腹が立ってくる。
 テンタクルに人間のような感情はないが、それでも面白くない。
264 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:23:50.74 d
 リヴァイは一瞬の罪悪感に目を瞑り、早急に前立てを緩めた。
 数回扱いてから、ぴたり、とエレンのアナルの縁に当てる。
 もう何もしなくとも、彼の媚肉が飲み込んでしまいそうだった。

「あつっ……おまえ、こんなになっちゃったのか……?」

 いつもとは様子の違うテンタクルに、エレンはきょとんと首を傾げている。

「……犯してやる」

 リヴァイは半ば無理やり、エレンの中へ自身を押し込んだ。
 いつもはもっと入念に前戯をするのに。

「く、ああっ……あっ!」

 エレンは海老反りになって跳ねた。
 よほどの衝撃だったのだろう。

「つ、貫かれてる……オレっ……あぁ……テンタクル、お前でかさも長さも、リヴァイさんみたいっ、良いっ」

 乱暴にされて、エレンは喜んでいる。

「テンタクル、エレンのちんぽも弄ってやれ」

 リヴァイは良い子にしているテンタクルに声をかけた。
 了解、とばかりにそいつは触手を伸ばしてきた。
 天井を向いて透明な液体を止めどなく流しているエレンのペニスを、にゅるん、と飲み込んでしまった。

「ひぁっ……な、なに……」

 テンタクルはリヴァイの指示を上手に理解して、オナホのように彼の陰茎をねっとり包み込む。

「休憩している暇は無ぇぞ、エレン」

 ギシ、ギシ、ギシ、……とソファが悲鳴を上げて揺れ始めた。
 リヴァイが激しく律動を開始したのだ。

「中出ししてやろうか。それとも顔射がいいか」
「んあっ、あぁうっ、あっ、前も、後ろも、やばいっ」
「前と後ろじゃねぇだろ……? お前のここは」
「オレのっ、ちんちん、と、お、おしりっ……」
265 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:24:13.81 d
 ぎゅう、と胸が締め付けられるような不思議な感覚。
 こんなに淫乱で可愛い男が、自分のものだと証明したい。
 エレンの体の弱い部分は知り尽くしている。
 そこを徹底的に突いてやった。

「あっ、あっ、あっ……あ、出るっ」

 熱を持ったその体が大きく跳ねた。
 その瞬間に、エレンの精子がぴゅっ、ぴゅっ、と飛び出す。
 テンタクルは新しい餌を見つけて、じゅううう、と音を立てて吸い上げた。

「んああっ」

 達したばかりの更なる刺激に、エレンは甲高い悲鳴を上げた。
 ――潮、噴くか?
 ちょっとした好奇心が芽生えて、再び彼の前立腺を突く。
 テンタクルもペニスへの刺激を止めない。
 濡れ過ぎた結合部は、ぐちゅっ、ぐちゅっ、と恥ずかしい音を垂れ流している。

「えっ、ちょっと、だめだっ……それ以上したらっ、出ちゃうから!」
「何が出るって?」
「し、しお……! ああっ、恥ずかしいからっやだっ! 見るな! はぁっ、あっ……」

 エレンの腰が浮く。
 そして、ペニスの先端からびゅーっと勢い良く透明な液体を噴射した。
 それはテンタクルが吸い上げる間もなく、リヴァイの腹にかかった。
 部屋着がぐっしょりと濡れて色が変わってしまったけれど、とても良い気分だった。
 テンタクルは不服そうに、萎えたエレンのペニスに纏わり付いている。
 潮噴いた瞬間、リヴァイは少しだけ中で射精してしまった。
 予想外の動きをした体内に、我慢ができなかった。
 ゆっくり腰を引いて自身を抜き取ると、エレンのアナルは寂しそうにひくひくしていた。

「潮噴いたな、エレン」
「はぁ、はぁ……ん、だから出るって言った……」

 エレンは全身しっとりと汗をかいて、桜色に染まっていた。
 頬だけが赤く、熟れたように艶めいている。
 どことなく全身色っぽい。
266 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:24:28.83 d
「……だったらどうする?」

 わざとそう言ってみると、エレンの両目は零れそうになるほど、大きく見開かれた。
 それからすぐに、キッと獣のように睨み上げてくる。

「絶対許さない」

 エレンは急に起き上がった。

「テンタクル、リヴァイさんを拘束してくれ」

 テンタクルは勝手にリヴァイの命令を解除して、キュキュッと触手を触れ合わせて鳴いた。
 エレンのペニスから移動して、俊敏な動きでリヴァイの両手を封じる。
 本当にこいつはリヴァイよりもエレンの命令を優先しやがる。

「……今度は何だ」

 リヴァイは動じない。
 後ろ手にテンタクルが両手を封じ込んでいる。
 ちょっと力を加えれば、簡単に解けそうだったがリヴァイはあえてそうしない。

「浮気は絶対許せねぇんで。これ……オレ以外の奴に挿れたんですか?」

 皮肉げに唇を歪めて、リヴァイの剛直を数回手で扱いた。
 その唇に吸い付きたいと思っているのだから、自分もだいぶ呑気である。

「駄目ですよ、オレのものなんですから」

 エレンはリヴァイの体を押し倒した。
 後ろ手に縛られた腕と、それを拘束するテンタクルが潰れた。
 もっとも、テンタクルは変幻自在なので、さほどダメージは食らっていないだろう。
 ギュッ、と変な音が聞こえたが、たぶん……大丈夫なはずだ。

「誰と性行為したのか言ってください」
「……言ってどうするんだ」
「……そいつ……どうしてやりましょうね」

 エレンは危険とも言える笑顔で、含みを混ぜる。
 まるで人を襲いそうな声音だ。
 ぞくぞくする。
 この獣のような思いは、まっすぐ自分に向けられているのだから。
 こんなに興奮することはない。

「教えない」
「……ふん、どうせ……どっかの尻の軽い男、引っ掛けてきたんでしょう。いや、相手は女性? 全く、腹が立つったら」

 チッ、とエレンは舌打ちを一つした。
 そのやり方が、リヴァイにそっくりだった。
 一緒にいるので、段々と癖が移っていたのかもしれない。
267 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:24:49.34 d
「……リヴァイさん、よーく見ててください。今から、このガチガチのちんぽがどうなるか」

 エレンは片足を床に付き、足を広げてリヴァイに跨る。
 自分から騎乗位の体勢で、リヴァイのペニスを挿れてくれるらしい。
 恋人の大胆さに、こちらも興奮してしまう。
 ゆっくりと腰を落としていき、いやらしいエレンの後孔は難なくリヴァイを飲み込んでいく。

「あぁぁ…すげ、奥までくる…はぁっ」

 彼は白い喉元を晒して、快感に震える。
 根本まで入りきった時、エレンは呼吸がすでに乱れていた。

「悪さをするちんぽは、お仕置きですよ!」

 エレンは腰をグラウンドさせ、妖艶に振り始めた。
 ぱちゅ、ぱちゅ、と水音と肌が触れ合う音は、よく響いていた。
 発情期でもないのに、淫らに乱れていく。
 時にゆっくりと、時に激しく動いて、エレンはリヴァイを責め立てる。
 いつの間にこんなテクニックを身につけたのか、彼の中は精子を絞りとるみたいにうねった。

「ねぇ……リヴァイさん。オレと……その浮気相手の奴、どっちが気持ちいい? 教えてくださいよ」

 エレンは腰を振りながら、質問する。

「どうだったか……忘れた」
「! オレの方が気持ちいいだろ! ほらっ、どっちが気持ちいいのか、言えよ!」
「……エレンの方が気持ちいい」
「当たり前です! オレの中はリヴァイさんの形になってるんだから……! ほらっ、早く精子出して!」

 エレンの体内は、リヴァイの射精を促した。
 それに流されて、勢い良く彼の中に射精した。
 ドピュッ、ドピュッ、と濃い精子がエレンの最奥に注ぎ込まれる感覚。

「うっ……」
「はは……いっぱい、出しましたね」

 ちゅぽ、という可愛い音を鳴らして、リヴァイのペニスを引き抜いた。
 とたんに、粘り気のある白い液体がとろとろと溢れる。
268 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:25:04.89 d
「ほら……すごい……こんなに濃い」

 いやらしい顔をしたエレンは、白濁液を掬いあげて自分のペニスになすりつける。
 自分がどんなに卑猥なことをしているのか、分かっているのか。

「今の気分はどうです?」
「……最高だ」
「なんですか、それ……オレのことは飽きたくせに」
「飽きねぇよ。そもそも浮気なんかしてねぇからな」
「……嘘だ」
「俺はお前以外と性行為をしたいと思わねぇ」
「……オレが淫乱でも?」
「俺相手限定だったら、最高だ」

 エレンはそっと屈みこんで、リヴァイと唇を重ね合わせた。
 間近で見る彼の顔は、すこし照れくさそうだった。

 ギュウ、とリヴァイの下から聞こえて、エレンが「あっ」と声を上げた。

「テンタクル、ごめんな」

 リヴァイが体を起こすと、もういいでしょ?と言わんばかりにテンタクルがにゅるにゅると姿を現した。
 エレンは気まずそうに、床へ足をつく。
 その後孔からはとろとろと精液と彼の愛液が混ざったものが、溢れ出た。
 上に捲りっぱなしだった上半身の服の裾も引っ張って、元の位置に戻した。
 下半身だけ何も穿いていないという卑猥な格好だ。

「せっかくの誕生日なのに……」

 食事そっちのけで、自分たちはこんなことをしている。
 前にもこんなことがあった気がする。
 中途半端に食べたテーブルの上の料理を、エレンは申し訳無さそうに見つめた。

「エレン」
「ん? はい?」

 おつまみ用のサラミを口に咥えて、リヴァイを振り返った。

「続き」
「えっ、まだ? だって、どっちも射精したじゃないですか」
「射精したら終わり、なんてルールは無ぇだろ」

 目の前にある白い双丘を、リヴァイは包み込むように撫でた。
 エレンの尻は美しい曲線を描いている。

「ん、変な触り方して……」
「頼む」
「……仕方がないなぁ」

 エレンは二、三枚サラミを食べてから、ティッシュを二、三枚取った。
 足の間を流れるものをティッシュで拭ってから、ソファに腰掛けた。
269 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:25:20.55 d
「オレの誕生日なのに」
「ちょっとぐらい、おじさんの相手してくれてもいいだろう」
「いつもしてるじゃないですか」

 言いながら、エレンの手はリヴァイのペニスへと伸びる。
 指先でくりくりと亀頭を弄り、裏筋をくすぐった。
 また天を向いて硬くなっている。

「もっとだ」
「どうして欲しいですか? また、おっぱい吸いたい?」

 エレンは人の悪い笑みを浮かべている。

「酔っ払ってる間の記憶はちゃんとあるんだな」

 リヴァイは口角をひっそりと上げる。
 先ほど、酔っ払った彼の胸にむしゃぶりついたのを、ちゃんと覚えているらしい。
 いや、むしろそれを促したのはエレンの方だ。こっちに非はない。

「ふふ……リヴァイさん、すげぇ赤ん坊みてぇだった」
「じゃあ、お前がママになるか?」
「……なりません」

 エレンは拗ねたように唇を尖らせた。頬が赤い。
 彼の体はオメガだ。
 今は学生であるとはいえ、いずれ母になれる体を持っている。
 それに、リヴァイはいつか……自分の子どもを孕んで欲しいと願っている。
 もちろん、それはエレンが了承してくれたらの話だ。
 嫌だ、と言われたら……仕方がない。
 自分一人の問題ではないのだ。
 エレンに断られたからと言って、愛情が冷めるわけじゃない。
 それとこれとは別の話だ。

「……そうだな」

 リヴァイは呟き、隣のエレンの体にもたれかかった。
 肩から伝わる、熱いほどの体温が心地良い。

「今はまだ、です」

 エレンがぽつり、と囁いた。

「な、なんにも考えていないわけじゃありませんから! そ、そりゃあ、オレたち番なわけだし……」
「……ありがとうな」
「なんでお礼言うんですか! お礼言われるほどのことじゃないですよ。恥ずかしいじゃないですか!」

 照れる彼を見ていると、こちらにもそれが伝染して照れくさくなる。
270 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:25:35.60 d
「なぁエレン……いつも、どうやってるんだ」
「え、いつもって……?」
「いつもテンタクルと、イイコトしてるみてぇじゃねぇか。俺をテンタクルと間違えるくらい」
「そ、それは……」

 エレンが目に見えて、うろたえ始める。
 忘れたわけじゃないだろう。
 酒を飲んでもしっかりと記憶がある彼なら。

「テンタクル使って、いつもやってること見せてくれよ。セックスごっこってなんだ?」
「無理! 無理無理無理! ほんっとに無理ですからっ」
「テンタクル」

 リヴァイが呼ぶと、テーブルの下にいたテンタクルは触手を伸ばしてエレンを捕らえた。
 本当に今日は人使い……もとい触手使いが荒いので、後で休ませてやらねばなるまい。

「ちょっと、おい、テンタクル! 今日はしないって!」
「いいじゃねぇか、すればいい。今日も」

 今日も、のところを強調して言うと、エレンは泣きそうな顔になった。
 テンタクルはいつものように、キュッキュッと触手を鳴らしながら、エレンの上半身から服を抜き取ってしまう。
 明るいリビングで、今度こそ全裸となってしまった。
 室内は一応暖房が効いているはずだが、エレンは寒そうに震えた。
 いや、寒くて……というよりは、興奮に震えているようだ。
 半透明の無数の触手たちが、一斉にエレンの体を包み込む。
 初めて触手を見た時、エレンはかなり怯えてぎゃんぎゃん泣き叫んだものだ。
 それが今やどうだ。気持ち良さそうに身を任せている。

「あっ……へんなとこ触るなって、ん……」

 触手はエレンの体を拘束するのではなく、優しく愛撫している。
 さわさわと全身を撫で擦ったり、つんと勃起した乳首に吸い付いたり、足を広げてペニスを苛めたり、ひくつくアナルに入り込んではすぐに出て行ったり……決定的な快感を与えない。

「んんっ……はぁ……リヴァイさん、見てる……?」
「おう、見てるぞ。いつもこんなことやってんのか」
「……うん。留守番……してる時……こうやって」

 言いながら、エレンの手は自分の陰茎に伸びる。
 テンタクルの触手と一緒にぬるぬると扱き始める。
271 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:25:46.08 d
 これはただの自慰だ。
 リヴァイの目の前でオナニーショーをしているようなものだ。
 普段、どうやって自分の体を慰めているのか、丸わかりだ。
 エレンの指先の動きは辿々しく、けれど、とても大胆だった。
 ペニスの先端を指で弄るたび、広げたアナルの縁が収縮していた。
 テンタクルの体が半透明なため、何もかも透けて見える。

「恥ずかし……リヴァイさんに、見られてる……ううっ……は、ぁ」

 エレンに気づかれないように、ごくりと唾を飲み込む。

「テンタクル……いつもの、あれ、やって……」

 心得たように、テンタクルの形状がうねうねと変化する。
 想像以上に大きい。
 それはまるで人間の形だった。
 エレンはテンタクルが創りだしたその巨大な人形に、抱きつく。
 腕だけでなく足まで絡ませて、密着する。
 ――これがセックスごっこかよ。

「ん、はぁ、テンタクル……んちゅ」

 あろうことか、エレンはその人形にキスまでしている。
 熱に浮かされた顔をして、ちゅ、ちゅ、と唇を吸い付かせ、舌でぺろぉ、と舐めたりしている。
 見せろ、と言ったのは自分だが、なんだか面白く無い。

「あっ、あっ、あっ、……腰っ動いちゃう……あっ」

 エレンはテンタクルにペニスを擦り付けるように、腰をへこへこと振った。
 半透明なテンタクルの体に、熱り立ったペニスが押し付けられているのが見える。
 ぬるぬると滑って、気持ちいいらしい。
 エレンは、だんだんとその行為に夢中になっていく。
 リヴァイがここにいることなど、忘れてしまったかのようだ。
 テンタクルを押し倒し、覆いかぶさるような格好でエレンは淫らに腰を揺らめかせる。
 リヴァイの方に向けられた尻は濡れそぼって、糸を引いている。
 おそらくテンタクルではなく、エレン本人の愛液だろう。
 寂しそうなアナルがリヴァイを誘っている。
 苛立っていたリヴァイは、そっとエレンの背後に音もなく近づいた。
 それから一気に、逸物をエレンの中へ挿入した。

「あああっう!」

 突然の挿入にびっくりしたエレンは、海老反りになって嬌声を上げた。
272 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:26:04.85 d
「あっ、なっ、なんで、ちんぽ……いれる、のぉっ!」
「嫌だったか?」
「う、嬉しい……本物が一番いいっ」

 エレンは、嬉しそうに笑い、腰を高く上げた。
 もっと深くまで入ってきて、と促されているようだ。

「早くっう……動いて、……一番奥に、注ぎ込んで……っ」
「このスケベ野郎め。テンタクルといつもあんなことしやがって」

 リヴァイもまた律動を始める。

「だって、アッ、止まんねぇんだもん! エッチいっぱいしたくて、も、わけわかんな……リヴァイさん、いつも、仕事おせぇし……オレ、いつもっ留守番でっ……!」
「あぁ、そうだな……悪かった」
「リヴァイさんのっ、精子がっ、欲しい、よぉ……」

 もう我慢なんてできるはずもない。
 狂ったように、永遠にエレンと繋がっていたいとすら思う。

「アァ……やば、すごいのっ……くるっ……! あ、あ、……んんんっ」

 エレンの中がリヴァイを締め付ける。あっけなく、また達してしまった。
 精液全部、一滴残らず、彼の中に注ぎ込んでやった。
 ぽた、とエレンの白い背中にリヴァイの汗の雫が落ちた。

「ひ……あ……メスイキした……ぁ」

 エレンはすっかり雌の顔で、ぐったりとしている。
 どうやらドライでイッたらしい。
 しかし、これにはテンタクルが大ブーイングだ。
 エレンの下から出てきて、うねうねと無数の触手を動かして抗議の意を唱えている。
 言葉は喋らないが、なんとなくニュアンスは伝わる。

「テンタクルの餌が不足してるってよ」
「えぇ……もう無理です……出尽くした。もうなんにも出ない……」

 汗をびっしょりとかいたエレンは、ぐったりとリヴァイに寄りかかっている。
 テンタクルはエレンの体にまとわりついて、その汗をちゅうちゅうと吸い始めた。
 エレンは疲れきって、テンタクルの望むようにさせている。

「なんか……今日、いっぱいエロいことした気がする……」
「俺もそんな気がする」
「ん……眠い……」

 エレンの双眸は、とろん、と微睡んでいた。
 視界の隅ではテンタクルがご機嫌に、きゅ、と触手を擦り合わせていた。
273 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:26:27.62 d
***

「リヴァイさん……おはよう、ございます……」
「おはよう。声がガラガラだな」

 リヴァイが朝食用のウィンナーを焼きながら振り返った。
 エレンの体はきちんと綺麗になり、昨日とは違うルームウェアに着替えている。

「リヴァイさんが体……綺麗にしてくれたんですか」
「あぁそうだ」

 フライパンを傾けて、ころころ……と皿の上に転がす。

「……今日何日ですか」
「三十一日」
「うわ……オレの誕生日終わった……」

 エレンは足をずるずる引きずるようにして、キッチンの椅子に腰掛ける。
 それすらもしんどそうだ。

「昨日のケーキ、残ってるぞ。手つけてない」
「オレ思ったんですけど……リヴァイさんとセックスすると、食事が疎かになる」

 今度は卵を二つ取り出して、目玉焼きを作り始める。
 あ、失敗して黄身が割れた。

「食欲よりも性欲が勝るんだろ」
「餓死しそう」
「しねぇよ。これからメシにするぞ」
「オレ、黄身割れた方でいいですよ」
「なんだ、割れたの見えてたのか」
「勘です」
「そうか。残念ながら二つとも黄身は割れてる」

 皿にレタスとミニトマトを添えたら、なんだかぐっと朝食らしくなる。

「ねぇ、リヴァイさん」
「なんだ」
「オレのチン毛知りません?」
「あぁ、昨日捨てといた」
「捨てといた、じゃないですよ! なんてことしてくれたんですか! ツルッツルじゃないですか! またパイパンになってる!」
「案外、気づくのが早かったな」
「さっきトイレ行ったらびっくりですよ。なんですか、アレ」
「パイパンだろ」
「知ってますよ! オレが昨日寝た後に、剃りましたね!? 危ないじゃないですか! オレが寝返りとかして、チンコ切れたらどうしてくれるんです!?」

 怒るところはそこか、とリヴァイは内心思う。

「大丈夫だ。動かないよう、テンタクルに四肢を押さえつけてもらったから」
「くだらないことにテンタクル使って……ただの便利アイテムじゃないですか」
「なかなか楽しかったぞ。剃毛」

 しょりしょり、と泡と一緒に剃るのが快感だった。
 綺麗になった股間はまるで子どものようで、背徳感も増した。
274 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:26:56.94 d
かみやゆすら


「…探している資料があるんだが、調べてもらえるか」
「あ、はい。何の資料ですか?本の名前とか、解りますか」
「本の名前、というか…ウォール時代のことが書いてある文献を探しているんだ」
漠然としたリヴァイの要求をどう受け取ったのか、図書委員は目をぱちりと瞬かせる。そうしてこてんと小首を傾げた。
その動作を困惑と受け取ったリヴァイは、遠慮なしにまた溜息を吐く。やっぱり一年坊主には荷が重たかったか。
「ああ、いい。自分で探すから」
彼に頼るのは諦めて、今の時間内で出来る限り探してみようとリヴァイは踵を返しかけて、くいと袖口を引かれる感覚に足を止める。
振り返れば、遠慮がちに、だがしっかりとリヴァイの制服のジャケットを握り締める手。
潔癖のきらいがあるリヴァイにとっては余り好ましい動作ではなくて、多少の不快感が袖口でざわめいた。
「…てめえ、何しやがる」
「先輩、ご案内します」
リヴァイがぐっと睨みつけてやっても、図書委員は小首をこてんと傾けて少しも怯まなかった。
凛とした声がはっきりと告げてきた言葉に、リヴァイはくいと片眉を上げる。
検索システムを使うような素振りはなかったし、まさか一年のくせに蔵書の場所を覚えているとでもいうのだろうか。それとも当てずっぽうか。
「…場所、わかるのか」
「はい」
リヴァイの問いにひとつ頷いてカウンターから出てきた図書委員は、迷いなく足を図書室の南側へと向けた。
そうして振り返ってこちらの様子を窺ってくるから、一瞬の戸惑いはとりあえず置いておくとして、リヴァイは彼についていくことにする。
リヴァイより少し背の高い、細身の背中。僅かに頭頂部に残った寝ぐせがひょこひょこと揺れるのを何となく眺める。柔らかそうな髪だから、寝ぐせも付きやすいんだろうか。
そんな風にとりとめもなく考えていたら、前を歩く彼はどんどんと図書室の奥の方へと進んでいく。リヴァイにとっては初めて足を踏み入れる領域だ。
ただでさえ静かな空間なのに、奥まったこの場所では更に音は遠ざかって、何だか世界から切り取られたような錯覚を抱く。
棚が並べられた間隔は狭く、譲り合ってようやく人がすれ違える程度の幅しかない。
隙間なくびっしりと並べられた本が左右から迫ってくるように感じられて、リヴァイは思わずごくりと息を飲んだ。
「先輩、ここです」
涼やかな声が前方から静かに届いて、リヴァイは周囲に散らしていた視線をそちらへと戻す。
275 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:27:35.86 d
おいおい図書委員としてそれはいいのか、と多少気になったけれど、午後の授業がもうすぐ始まろうという今、図書室にはもう自分達以外いないことを見て取って、リヴァイは肩を竦めるだけでそれを流すことにした。
「せんぱーい、学生証貸してください」
先程より随分気安くなった口調で、図書委員がリヴァイを呼ぶ。制服のポケットから取り出して渡すと、男にしては華奢な指が丁寧にそれを受け取った。
慣れた手つきでカードリーダーに通せば、パソコンの画面にリヴァイの情報がぱっと表示される。
画面をちらり、そうして手元の学生証をちらり、小首をこてんと傾けた図書委員の視線の動きが気になって何となく追いかけていると。
「リヴァイ、せんぱい」
小さな、小さな声で彼に名を呼ばれてはっとする。
彼の視線は既にリヴァイが借りる本に移ってしまっていて、きっと自分の呟きをリヴァイが拾ったことにも気づいていないんだろう。それでも、聞こえてしまったその響きがどうしようもなくくすぐったい。
いよいよ自分の頬の熱さを自覚して、リヴァイは慌てて彼から目を逸らした。
「貸し出し期間は一週間です。忘れずに返してくださいね」
手続きを終えた図書委員が重ねた本の上に学生証を乗せて、すっと差し出してくる。もごもごと口の中で了解の返答を呟いて、本を受け取った。
腕に伝わる、四冊分の重み。これがあれば課題はどうにかこなせるだろう。
リヴァイの用件はその時点で終わってしまって、だからさっさと教室へ向かえばいいのに何だか立ち去りがたくて、リヴァイは呆然とする。何だろう、この感覚。
「…先輩?」
こてんと、小首を傾げて彼が不思議そうな声を出した。何か、何か言わなければ。
「…名前、」
「…はい?」
「お前、名前、教えろ」
自分の口から飛び出した言葉の余りのたどたどしさに、リヴァイは言った瞬間に頭を抱えたくなった。もうちょっと言いようがあっただろうに、何を緊張しているんだ俺は。
今すぐ消えてしまいたいリヴァイの心境など知る由もない目の前の彼は、一瞬の間の後に、ふんわりとまた花の咲くような笑みを浮かべた。
「…エレン、エレン・イェーガーです。…また来てくださいね、リヴァイ先輩」
エレン、と舌の上で聞いたばかりの名前を転がしてみる。それが何だか癖になりそうな響きで脳に焼き付いて、リヴァイは腕の中の本をぐっと抱き締める。
きっと自分はまた図書室を訪れるだろう。
276 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:27:51.30 d
図書委員としての仕事もそっちのけ、予鈴も聞こえなかったくらい本選びに没頭しているエレンに声を掛けるのが躊躇われた結果、授業には完全に遅刻してしまいそうだ。
けれど、今のリヴァイにとってそんなことは些細なことだった。
「うわっ、わっ、昼休み終わっちゃう!手続きしちゃっていいですかっ」
「ああ、頼む」
確か一週間前も似たような台詞を聞いたなあなんて思い返しながら、リヴァイは何となく満たされた気持ちで小首をこてんと傾けたエレンの作業を眺める。
並べられた三冊の本はどれもリヴァイがまだ読んだことのないものだった。完全にエレンの好みが反映されたそれ。
本の中身そのものよりも、それを読めばエレンの内面に迫れるような気がして期待が膨らんでいく。エレンは、本を通してどんな世界を見たんだろうか。
「おい、エレン」
「へ、あ、はい」
忙しく手を動かすエレンに遠慮なしに声を掛ければ、やや上の空の返事があった。
顔を上げてこてんと小首を傾げる仕草はもう何度も見たことのあるもので、きっとエレンの癖なのだろう。
「お前、受付当番はずっと水曜なのか」
「えっと、その予定です、けど」
「じゃあ来週も来る。その次も。…来るから、本を用意しておいてくれるか」
お前が好きな本をもっと知りたいから。リヴァイの言葉に、エレンはぼんと音がしそうなくらいの勢いで頬を赤らめた。――おいおい、なんだその反応。
予想外のエレンの様子にリヴァイは少しばかりうろたえるけれど、それはやっぱり顔色には表れない。
「今度は一週間猶予があるからな。…期待してるぞ」
内心の動揺を抑えつつ、にやりと笑みを浮かべてリヴァイがそう言うと、エレンは上気した頬のままこくりと頷く。
「…先輩が来てくれるの、待ってますね。本と一緒に」
柔らかな笑みとともにそっと呟かれた言葉は、ちょうど鳴り響いた午後の授業開始を告げるチャイムに掻き消されることなく、リヴァイの耳に届いて甘く響いた。
                                         



続く(大爆笑)
277 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:35:57.29 d
 オレには憧れている人がいる。
 違う学校の上級生だ。
 前に絡まれているところを助けられてから、オレはすっかりその人のファンになってしまった。
 とはいえ、オレとは違う学校なうえに上級生となったら接点など無きに等しく、オレはその先輩と同じ学校に通う幼馴染に、先輩の情報を流してもらうので精いっぱいだった。


***


 オレはエレン・イェーガー。
 根子学園に通う一年生だ。
 属性は猫。
 根子学に通うのは、ゆくゆくは猫仙人になるか猫神を目指すためである。
 猫なんて上級十二神はもちろん、稲荷校の連中の足元にも及ばないけれど、それでも仙籍か神籍を得れば、あの人に少しでも近づけるんじゃないかと考えた末のいじましい努力の末である。

 先輩と幼馴染が通っている干支校は、この世界きっての超エリート校だ。
 そこに入学出来るものは限られていて、それも生まれたときから決められているというのだから堪らない。
 どんなに努力したって、成績が良くたって、そこには入れないのだ。
 あの馬面でさえ入学を許可されたのに。

 干支校に入れるのは、、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二種類だけ。
 生まれたときの姿でそこに入れるかどうかが決まる。
 幼馴染のアルミンは子組だ。
 昔から頭が良かった。
 猫と戦ったってネズミはいつだって知恵で切り抜けるんだ。解せぬ。
 もう一人の幼馴染のミカサは寅である。
 虎女怖いと言ってたのはオレの父さんだ。
 父さんは狐だ。狸顔だけど狐だ。
 そして母さんは虎だった。
 父さんはいつだって母さんには頭が上がらない。
 そんな二人の間から生まれたオレは何故か猫だった。
 なんで、どうして、と思うよりも先に、父さんと母さんは『可愛いは正義』をモットーに文字通りオレを猫かわいがりしてくれた。
 それは有難いと思ってる。
 たとえヒエラルキー上では下の上くらいなのだとしても、親の愛情はとてもうれしいものだ。
 そんな二人の愛情を受けて育ったオレの自慢は、つやっつやの毛並と手入れの行き届いたぷにぷにふわふわの肉球である。
 先輩に出会うきっかけになったのも、つやっつやの毛並と手入れの行き届いたぷにぷにふわふわの肉球のおかげだった。
278 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:36:13.07 d
 近隣でも美人猫として有名だったオレの毛並は光の加減によってまるで金粉でも散らしたようにきらきらと輝いて見える。
 長い手足にすらりとした細い尻尾。
 毎日母さんと父さんに毛繕いしてもらってるから、さらさらのふわふわで、肉球だって風呂上りにクリームを塗ったり朝起きてマッサージしたりで、綺麗な桃色のふにふに肉球だ。
 母親譲りの金眼も、きゅっと切れ上がった眦も、自分で言うのもなんだが確かに美人猫の条件を満たしていると思っている。
 そんなオレが良からぬ連中に狙われるのも当然で、遊びの帰り道、公園の植え込みに引きずりこまれたオレは複数人によってたかって甚振られた。

「にゃっ……! にゃあ! やめろよ! 離せよ!」
「いいじゃねえか少しくらい! 触らせろよ!」
「あー、いいわー、この肉球のにおい……いつまでも嗅いでいてえ……」
「腹毛もっふもっふー♪」
「にゃああああああっ!!!!!」

 父さんと母さんが愛情込めて毛繕いしてくれているのに、こんな獣たちに好き勝手触られて、オレは気持ち悪さに毛を逆立てさせた。
 それでも抑え込まれては、思うように爪も出せず、あれよあれよと服を剥かれて抵抗を封じられる。

「なあ、発情期まだなんかな?」
「シャンプーのにおいだけだよな」
「あー……くっそ、こんな美人猫、めったにいねえのに」

 あ、こいつら交尾する気だ。
 そう思ったら我慢が出来なかった。
 にゃあにゃあととにかく暴れて叫んで、誰でもいいから助けを呼ぶ。
 その瞬間だ。
 ふ、と体が軽くなった。
 え、と思って目を丸くしていたら、オレを押さえつけていたやつらが全部吹っ飛んだ。

「……え?」
「大丈夫か」

 その声にオレは跳ね起きた。
 毛を逆立てて威嚇の声を上げる。

「おい、助けてやったのにその態度か」
「…………」
 見れば、彼は有名な学校の制服を着ていた。
 黒光りする綺麗な鱗。銀色の瞳。
 つやつやさらさらの綺麗な黒髪はすっきりと刈り上げられていて、服を着ていても分かるその肉体の厚みに、オレは目を奪われたんだ。
279 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:36:31.77 d
「おい」
「ぴゃっ!?」
「大丈夫か、と聞いている」
「え? あ、は、はい!」

 そうだ、オレは襲われそうになっていたんだった。
 それも貞操の危機だ。
 慌てて脱がされかけていた服を着て、改めて彼に向き合う。
 オレを襲った連中は公園の隅で山積みになっていた。

「あの……ありがとうございました。助かりました」
「いや。あいつら確か、伊達イタチ校のやつらだろ。あいつら柄悪いからな。気をつけろ」
「は、はい! あの!……お名前、を聞いてもいいですか……?」
「……リヴァイだ。リヴァイ・アッカーマン」
「リヴァイ……さん……」

 これがオレとリヴァイさんとの出会いだった。

 リヴァイさんは干支校の巳組だった。
 アルミン情報によると、父親はアナコンダで母親はサンゴヘビだという。
 なんだよそれ、最強の組み合わせじゃねえか。
 それを実証するかのように、あの人は干支校最強って言われてる。
 それもそうか、剛力+強毒じゃな。
 本当は辰組なんじゃないかってくらい、学校でも恐れられているそうだ。

 因みに腹立たしいんだけど、幼馴染以外での友達はほとんどが干支校である。
 馬面のジャンは午組、ヒストリアは卯組、ユミルは酉でライナーは丑、ベルトルトが未で、こいつらが一番納得いかないんだけど、あのコニーとサシャまでもが干支校だ。
 ちなみに申と亥である。
 マルコは戌だった。
 もう一人の仲間のアニは、稲荷校で、現在稲荷神になるための修行中だ。
 成績もいいらしく、ゆくゆくは伏見に籍を貰えるらしい。すげえ。

 そんなこんなで、オレはあの時以来ひっそりとリヴァイさんに恋をしている。

「おい、エレン」
「にゃっ!?」

 思わずピンと尻尾が立った。
 驚いて振り返れば、そこにいたのはリヴァイさんだ。
「リヴァイさん! どうしたんですか?」
「ああ、もうすぐ卒業だからな。試験対策に参考書買いに来たんだ」

 掲げられた本に、オレは納得がいった。
 ここは本屋だ。
 本を買う以外に用事なんかないだろう。
280 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:36:48.15 d
 そうか、もうそんな時期か。
 少しさびしくなる。
 干支校に入った者は、卒業試験に合格後官庁に入ることになっている。
 この人もどこかの部署に配属されるのだろう。
 どこか気になる。
 近いところがいいな。
 遠いと、会えなくなるから。

「お前は?」
「あ、オレも参考書を……」

 苦手な教科が足を引っ張り、先日の実力テストの結果がよろしくなかった。
 このままでは進級も危ういと先生に言われ、自助努力することにしたのだ。
 いつまでも子組のアルミンに頼ってばかりではいられない。

「どんなだ?」
「えっと……社会、と物理……」
「歴史?」
「地理です」

 あれはイケナイと思う。
 合併だ戦争だ独立だで、毎年いろんな地名が変わってるのだ。
 あと記号。
 あんなの覚えられるか。字で書け。

「そんなもん暗記だろうが」

 そういいながらもリヴァイさんは幾つか参考書を抜き出して、オレの手に載せてくる。

「試験だろう? この辺丸暗記すれば大体どうにかなる」
「……暗記……」
「なんだ、猫は覚えるのが苦手か?」

 なんたって三日で忘れるもんな、と言われてオレはむっとした。
 失礼な。
 リヴァイさんに助けてもらった時のことは死んだって忘れませんよ。

「冗談だ」

 そういいながら、彼の少し冷たい指先が首の下をくすぐってくるので、オレは思わずゴロゴロと気持ちよさげに咽喉を鳴らした。

「……ちょっと時間あるか?」
「はい」

 こしょこしょ。
 擽られながら囁かれたら、断れないじゃないか。
***


 リヴァイさんに助けられたとき、なんとかして連絡先だけは聞いておいたんだ。
 オレは猫だから、逆立ちしたって干支校には行けないけど、幼馴染が二人干支校に行くんだと言えば、色々教えてやると言われて連絡先を交換した。
 けれども立ち入ったことは聞かない。幼馴染のためだというスタンスを崩さない。
 あくまで先輩と後輩。
 その立ち位置はずっと変わらない、変わっちゃいけないと思ってた。
 なのに。
281 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:37:04.05 d
「あ、あんっ……にゃんっ……」

 服の中を這いずる手に、オレは思わず啼いた。

「いい匂いさせやがって……」
「にゃあ……」
「気づいてなかったのか?」
「にゃ、にゃにを……?」

 頭がぼんやりする。
 体がぽっぽと熱くなって、リヴァイさんの肌の冷たさにうっとりしちゃう。

「発情期だろ」
「にゃあん…………」

 へにょ、と尻尾が垂れた。
 力なく二本のしっぽが交互にリヴァイさんの身体を叩く。
 あれから誘われたリヴァイさんの部屋で、オレはベッドに押し倒されて、身体に触れられている。
 好きで、あこがれてて、恋してる人に触られて、オレはここのところずっと身体の内側に燻っていた熾火が燃え上がったのを自覚した。

「は……発情……き……?」
「本当に気付いてなかったのか?」
「ちょっと……身体、おかしいなって思ってたけど……」
「……まあ、とにかくよかった。間に合って」
「間に……?」
「あそこで会わなかったら、他のやつらに手を付けられてたのかと思うとな」
「リヴァイしゃん……?」
「結構待ったぞ、エレンよ」
「にゃあん……」

 薄毛の間にちまっと存在する乳首を吸われて、オレはたまらず甘えた声を出した。
 そんなとこ、吸ったってメスじゃないんだからミルクなんて出ないよ?
 けれどリヴァイさんの長くて先が二つに割れた舌が、くるくると絡みつくようにそこを虐めてくるから、気持ち良くてくすぐったくて、にゃんにゃん啼くしかないんだ。
 そのうちにズボンも脱がされて、気が付けば素っ裸。
 根子学に通うようになってから漸く二股に割れた尻尾にも、リヴァイさんの綺麗な胴が絡みついて、鱗がじょりじょり、気持ちいい。

「なあん…………にゃあ……いやあん、ああん」

 シーツの上でごろごろ身悶えるオレの身体を絡め取るように、リヴァイさんの長くて黒くて綺麗な身体が巻き付いてくる。
 気持ち良くて思わず耳がぴくぴくしちゃう。

「エレン……エレン、この時を待ってた……お前に発情期が来るのを、どれだけ待ちわびたことか……」
「にゃあん……? リヴァ……にゃん…………?」
「お前を、俺のものにすると決めていた」
282 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:37:19.40 d
 助けたあの時から。
 耳元でそう囁かれて、オレはぶわりと毛が膨らんだ。
 目がかっぴらいて、髭がふるふる震える。
 伸ばした四肢がぴぃんと強張って、まるで走るトラックの前に放り出された状態になってしまった。

「う、うそ……だって、だってリヴァイさん、そんなそぶり一つも……」
「仕方ねえだろ。好いた惚れたつったって、お前はまだ発情期も来てねえネンネだったんだ。手ぇ出したら、いくら干支校でもただじゃ済まねえ」
「にゃっ……ら、らって…………でも、オレ……」
「好きだろ? 俺のこと」
「…………っ!」
 
 ぼん、と顔から蒸気が噴き出すようだ。
 知られてた。
 オレの気持ち。
 どうしよう、恥ずかしい。
 死んじゃう。
 猫なのに、巳の人に恋をしてしまったなんて。
 立場も種族も違いすぎるのに。

「馬鹿。気にすんな。俺もお前を気に入ったと言っている」

 この綺麗な毛並みも、いい匂いのする肉球も、きらきら光るでっかい目も、実に俺好みだ。
 すりすりと黒曜石のような鱗を擦り付けられて、体中に巻き付かれて、オレは逃げ場をなくしてしまった。
 恥ずかしい。
 ほんとに恥ずかしい。
 でも、嬉しい。

「にゃ……にゃあ…………?」
「いやか?」

 嫌じゃないです。
 嬉しいです。
 初めての発情期で、リヴァイさんに相手をしてもらえるなんて。
 でも、オレ。

「……オレ……牡です…………」
「知ってる。ついてるもんな」
「にゃあ! しゃ、しゃわらないで!」

 思わず尻尾がピンと強張った。
 リヴァイさんの長い尻尾の先がそこに絡みついてきたから。
 そのままぐじゅぐじゅと扱きあげられて、オレは猫特有のみっともないペニスを曝け出すことになってしまった。
 濃桃色の、小さなとげのついた小さなちんこに、リヴァイさんの硬い鱗が当たって気持ちいい。
 思わず腰が揺れちゃう。

「ああん……にゃあん…………にゃうう……」

 ぐるりと巻きついた長い身体が、ずりずりと微妙に動いてオレの性感を刺激してくる。
 やだ、気持ちいい。
 鱗、当たって、リヴァイさんの、長い舌があちこち触って、耳の中とか、口の中とか、気持ちいい。
283 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:37:30.20 d
 かぷ、と項を甘噛みされて力が抜ける。
 あ、これ知ってる。
 ここ噛まれると力抜けちゃうんだ。
 あれ、もうすぐオレ、リヴァイさんに種付けされちゃうの?牡なのに?
 そう思ってたら、お尻の穴に何か挿入ってきた。

「なああああああん!!!」

 びっくりして逃げようと思っても、身体はリヴァイさんにぐるぐる巻きにされてるし、項を噛まれて力は入らないしで、なあなあと情けない声を上げるしかない。

「心配するな。お前の家には連絡してある」
「い、いつの間に…………」
「当たり前だろう? お前を貰い受けるんだから」
「にゃっ…………ああ、ああん!」

 ごりごりと中を刺激されて、ぷしゅっと射精してしまう。
 やだ、お尻に入れられてイっちゃうなんて、オンナノコじゃあるまいし。
 でも、気持ちいい。
 猫同士の交尾は、オンナノコがとげとげに刺さって痛いって聞くけど、リヴァイさんのはちっとも痛くない。
 そりゃ、形状が違うから当たり前なんだろうけど。
 でも、お尻ぬこぬこされて、気持ちいい。
 また勃ってきちゃった。

「あ、あん、あん、にゃん!」
「何度でも吐き出せばいい……俺も……」
「にゃああん」

 身体の奥に熱いものが広がった。
 リヴァイさんに射精されちゃった。
 どうしよう、熱い。
 これで終わりかな、って思ってたら、一度抜かれてまた入れられた。
 その都度長い身体がギリギリ締め付けてきて、気持ちいいのと苦しいので気が遠くなる。

「寝るな」
「だって…………気持ちいいです……あん……あと……くるし……」
「悪い。ちょっと加減ができなかった」

 思わず蛇の力で巻き付いてしまったといったリヴァイさんは、今度は反対方向にゆるりと絡まってきて、また身体のあちこち触りながら挿入れてきた。

「にゃ…………」
「耐えろ。蛇の交尾は数日続く」

ん?

「……にゃっ!?」
「猫のお前にはきついだろうがな。まあ許せ」
「にゃにゃっ!? や、ああっ……ああああっ!」
284 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:37:47.94 d
 そんなの、聞いてない……。

 何度も何度も吐き出されてお腹がパンパンになって、お日様が昇るのを三回見たくらいでオレはやっと解放された。
 起き上がるととろりと尻からリヴァイさんの精液が零れる。
 それを勿体ないって思ってても、どうしようもないことだ。だってオレは牡だもの。
 子種を宿す部屋は持っていないから。

「身体、大丈夫か?」
「は……はい……怠いですけど、少し休めば……大丈夫だと思います」

 長いこと絡みつかれていたからか、全身がギシギシ言ってる。
 疲労感も半端ない。
 でも、それ以上にオレは満たされてる。
 幸せだ。
 オレの初めてを貰ってもらえたし、好きだって言ってももらえた。
 この三日間は、オレにとって最高の思い出だ。
 これだけできっと、生きていける。

「あの、リヴァイさん」
「なんだ」

 暖かく濡らしたタオルを持ってきてくれたリヴァイさんは、それでオレの毛繕いをしながら返事をしてくれる。
 優しいリヴァイさん。
 大好き。
 でも、オレは所詮猫で、この人は巳。
 いずれもっと上のクラスに行く人だ。
 猫は猫らしく立場を弁えよう。

「オレ、頑張って根子学卒業して、立派な猫仙人か猫神になりますね!」
「……は?」
「そしたら、オレを使役してください!」

 上級十二神の一に入るリヴァイさんなら、猫でも狐でもイタチでも狸でも、神籍か仙籍を持つ他の種を使役することができる。
 オレはそれで満足しておくべきだと思った。
 この人には、そのうちとてもきれいな蛇のお嫁さんが来るはずだ。
 きらきら七色に光る鱗の人かもしれない。
 水の中を優雅に泳ぐトロピカルな蛇かもしれない。
 どちらにせよ、猫のオレは隣にいることは許されない。
 だったらせめて、リヴァイさんの配下の末席にでも加えてもらえたらと、根子学に通っているのはそんなささやかな野望もあったからだ。
 オレの尻尾は順調に2本に分かれてる。
 順調に履修すれば、二年後にはオレも卒業だ。
285 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:38:04.49 d
 肉球を拭おうとしてぴたりと止まったままのリヴァイさんの手を、ぺろりと舐める。
 忠誠を誓うのって、こうするんだよな?

「リヴァイさん?」

 返事のないリヴァイさんにちょっと不安になったオレは、その銀の目を覗き込む。

「なあん?」
「……いや、なんでもない」

 何やら複雑そうなリヴァイさん。
 もしかしたら、オレ呆れられたのかな?
 不安になったのを察したのか、リヴァイさんの手がまたオレの顎をくすぐってくる。
 ヤメて、ほんとにそれ、気持ちいいから。
 ゴロゴロ言っちゃうから。

「……ほんとにお前、かわいいな……」
「……にゃあん……」

 ごろごろ、ごろごろ。

「心配しなくても、ちゃんと貰ってやる。だから卒業しろよ、根子学」
「はあい……にゃあん…………」



 オレはこのとき知らなかったんだ。

 まさか、蛇の精子が二、三年もお腹の中で生きてるなんて。


***


 それからオレは無事、根子学を卒業した。
 卒業後すぐに、結婚した。
 所謂、デキ婚ってやつだった。
                                          



くっそこーん(大爆笑)
286 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:38:20.73 d
ほけんしつの、おもちゃ。【リヴァエレ】

       ポン子(笑)
                                        


 こほん…と軽く咳をした。
 少しのどがいがらっぽい、けれど痛いというほどでもない。
 昨日応援合戦でジャンと張り合って大声を上げ続けたせいだとエレンは思い、もう一度だけ咳払いをする。

「風邪か?イェーガー」

 声をかけられて驚いた。
 背後に化学のアッカーマン先生が居るとは思わなかった。
 エレンは少しきょとんとしてそれから首を振る。

「いえ、ちょっと喉が涸れたみたいです」
「そうか、だがそういうところから風邪になったりする。これでも舐めとけ」

 ぽんと手渡されたのは、透明なフィルムに包まれた黒い飴。
 きっとのど飴だ。
 学校に菓子類を持ち込むのは原則禁止だが、のど飴やトローチなら認められている。

「ありがとうございます」

 無愛想で強面のアッカーマン先生が、気さくにこんなものをくれるとは意外だった。
 エレンのクラスの授業は担当していないが、怖いと評判だ。
 なんというか、人馴れぬ獣が自分にだけ寄ってきたような、そんな意外さがある…といったら言い過ぎだろうか?
 黒く光る飴玉を口に放り込むと、甘さの奥に独特な薬の香りとほのかな苦味がする…こういった風味は嫌いではない。
 そういえばあの先生、オレの名前知ってたんだな…そんなことに気付いて、更に意外に感じる。エレンとの接点はほぼない。
 言葉だってはじめて交わした。
 思ったより生徒のことを見ているのかもしれない。
 エレンはその味をじっくりと確かめながら、午後の授業に向かった。

「あれ…?」

 エレンは保健室の扉を開けて驚いた。
 保険医のペトラ先生の代わりに居るのは、小柄な背中、刈上げた髪…。
 先ほどのリヴァイ・アッカーマンだ。
 リヴァイは椅子を軋ませながらこちらを振り向いた。

「どうしたイェーガー、のど飴は役に立たなかったか?」
「…はい、熱が出てきたみたいです」

 あれからすぐに席に着いたエレンは、時間がたつごとに熱っぽくなるのを自覚した。
287 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:38:35.89 d
 体が熱くなって頭がふらふらする。
 早退するにしても、どの道あと一時間。
 それならば保健室で少し横になりたい。

「養護の先生はどうしたんですか?」
「今日は午後から休みだ。俺が養護教諭の資格も持っているから代わった、俺は今日はもう授業がないしな」

 ペトラ先生は優しいけれど、この人はどうだろう?

「放課後まで寝かせてほしいんですけど…」
「それを決めるのは俺の仕事だ。熱はどうだ?」

 そういいながらリヴァイが手のひらをエレンの額に当ててきた。
 今時こんな方法が当てにならないことぐらいエレンでも分かる。
 けれども、その手に触れられてゾクゾクと悪寒が走った。
 これはかなり重症に違いない。

「熱があるな」

 手を離しながらリヴァイが言う。
 だからそう言っただろうに。

「そっちのベットに横になれ。…そうだ、何なら5時まで待ってくれれば家まで送るが?」

 奥のベットに腰掛け制服のジャケットを脱ぎながら、エレンはぽかんとした。
 また意外な一面を発見した。

「辛そうだぞ」

 確かに。
 横になって掛け布団をかけた、その布の感触だけで何かざわざわとする。
 こんな症状は初めてだ。

「でも…良いんですか?」
「別に車なら多少の寄り道も苦じゃねえ」
「ありがとうございます。じゃあ…おねがいします」

 このまま満員の電車に乗って、更に歩いてなんてできそうもない。
 その返事を聞いてリヴァイがベットのカーテンを閉めた。
 その表情は逆光になっていて分からない。
 そうこうしている間にも、体が熱くて汗が出るのにゾクゾクと寒気がする。
 どんどん熱が出てきているみたいだ。
 それから…それから体の芯が妙な具合に火照って……その、えっちな気分になる…。
 荒く息を吐きながら、エレンはぼんやり思出だした。
 以前クラスメートが風邪を引いたとき、体が妙に熱くて、それをムラムラしているのだと脳が勘違いしてどうしようもなかったということを。
 これもきっとそんな感じなんだろう。どうしよう、一度トイレに行って…そう考えていたときだ、カーテンが少し開けられた。
288 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:38:51.81 d
「ずいぶんと息が苦しそうだが、大丈夫か?」
「はい寝てれば大丈夫です…あの…ちょっと便…」

 そこまで言いかけて、大きな手がぬっとこちらに向けられぎょっとする。
 嫌だ、怖い。
 何故だろう触れられたくない。
 大きな手のひらがエレンの額に触れる。
 じくっ。
 エレンの中に新たな熱が生まれる。

「本当だ、また熱くなったみたいだな」

 何故この教師はいちいち触れて確かめるんだろう?
 心なしか額に触れる手がいたずらに髪をもてあそぶ。
 弄られた毛先の根元がくすぐったいような気がする。

「襟元を緩めたほうがいいんじゃないのか?」

 体がだるくて、かろうじてジャケットは脱いだけれど、制服のネクタイもボタンもきっちり留めたままだということに気がついた。
 そのネクタイに手を伸ばされてあわてる。

「じ、自分でできますから!」

 手を避けようとして半身を起こして、ゾワッとした。
 衣服が体にこすれる感触、普段は少しも気にかけないその感触が、今刺激としてエレンの体を取り巻いている。

「どうしたイェーガー、おとなしく横になってろ」
「あ…!」

 胸を押されて思わず声が出た。

「?どこか痛かったか?」
「!!」

 男の大きな手がエレンの胸元をまさぐってくるのを、唇をかんで耐える。
 ゾワゾワゾワゾワ。
 肌は粟立つのに、その奥に熱があるのは何故だろう?

「ん…大丈夫…だから離して…」
「だが辛そうだ」
「あん!」

 声を上げて、頬がかっと熱くなる。
 胸の粘膜に大人の指先が触れ、思わずあられもない声を上げてしまったのだ。
 こんな声出したことがない、なんだろうこの感覚は。
 その時、リヴァイの喉がごくりと鳴り、瞳が恐ろしい色を浮かべるのをエレンは目撃した。
 この人は、何だか危険だ。
 この状態は風邪とは違う、何かがおかしい。
 この男から、何かもらった…。

「ぜ、先生、さっきの飴って本当にただののど飴なんですか?」
「そうだが。何だと思うんだ?」
「だってあれをもらってから体が…おかしい、です」
「ほお、どんな風に?」

 リヴァイは楽しむようにエレンのわき腹を撫でる。
289 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:39:07.42 d
「あ…それ止めてください…」
「なあ、イェーガーどんな風におかしいんだ?俺から何をもらったと思う?」

 さわさわさわさわ、くすぐったいような感覚がわき腹から全身に広がってゆく。
 つま先までがむずがゆく、足指に力がこもる。

「やめ…ろ」
「なあ、イェーガー言ってみろよ」
「や…止めろって言ってるだろう!」
「ほお、生意気だな」

 不意に硬さを持ちつつあった両の乳首を、シャツの上からつままれ、エレンは背中をのけぞらせて悲鳴を上げた。

「んあああああ」

 リヴァイの手が容赦なくくにくにと乳首を揉む。

「や、止めて!それ」
「止めてくれって言ってるような顔じゃねえな」

 どうしてこんな場所が敏感になるんだろう…。
 リヴァイが指を動かすたびに、エレンの体が揺れてしまう。

「乳首で感じるなんて、女みたいだな」
「!!か、感じてない。嫌な…だけ…」

 リヴァイの手を退かそうとその腕をとっても、存外しっかりとした体躯の男はびくともしない。

「ほお、本当に嫌か?」

 もはや声も出なく、エレンはこくこくと頷く。
 リヴァイの手が離れ、エレンはほっとした。
 そうしてすぐキッと睨みつけた。
 この男、とんでもない。
 絶対弾劾してやる。

「あ!あんた、教師のくせに生徒にこんなことしていいと思ってんのか!?」
「まずいな」

 だがリヴァイは顔色一つ変えず、言い放つ。

「だがお前が何も話さなければ大丈夫だ、イェーガー」

 リヴァイの白衣のポケットから、真っ白な包帯を出されたとき、エレンは本能的な危機を感じた。
 ベットから飛び出そうとするが、体にうまく力が入らない。
 あっという間に捕らえられ、白い柵に腕が固定されてしまう。

「!な!!」
「その声も抑えてもらわねえとな」
290 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:39:23.81 d
 口の中にガーゼが詰め込まれる。
 これからもっと恐ろしいことが始まるのだ、エレンは体全体で抗おうとするが、両腕を捕らえられていてはそれもままならない。
 もともと両腕が自由でも力がかなわなかったのだ、いまやリヴァイはエレンのささやかな抵抗などものともせず、ネクタイが締められたままなのに、胸元のボタンだけが外されてゆく。
 リヴァイがその外したボタンだけシャツを広げれば、ツンととがったエレンの色づいた乳頭が顔をのぞかせた。
 はっと息を呑む。
 恥ずかしい。
 屈辱だ。
 こんな場所を性的な意味合いで覗かれるなんて思ってもいなかった。
 それなのに首もとのネクタイがそのままなのが余計に意味を深めている気がして、いっそこれも取って欲しいと思う。
 チュッとそこを吸われ、エレンは身悶えた。

「んー!んん――!!」

 びりびりと体を刺すような快楽に貫かれ、エレンは身悶えした。
 口をふさがれていて良かったのかもしれない、さもなければどんなはしたない声を上げていたことだろう。
 男の乾いた唇の感触を、その場所が鮮明に感じ取る。
 そこだけ神経をむき出しにされてしまった気がする。

「気持ちいいか?こんなに敏感になっちまいやがって、布越しじゃ物足りなかっただろう?」

 そう言うとリヴァイは笑いながら、赤い舌を出し見せ付けるようにチロチロとそこを舐める。

「ん"ん"ん"ん"ん"!!」

 片方の手でもう一方の乳首も弄られ、快楽を逃がそうとエレンの足が独りでにばたついた。
 胸で受けた快楽が、体の中心に集まりだす。

「そんなに好いか?ここだけでイケるんじゃねえのか?」

 わざとぺちゃぺちゃと音を立てながら、リヴァイがそこをねぶる。
 唾液で濡れた乳首は蛍光灯の下で淫靡に光を反射した。

「んふ……」

 たまらずに熱い吐息が口の端から漏れる。
 ガーゼで塞がれた口の中は息苦しくて仕方がない。
 きっとあの飴には、何かおかしなものが入っていたんだ。
 苦しい…体中の熱が一箇所に集まってゆく。
291 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:39:37.36 d
 もうやめて、そんなところばかり弄らないでと情けなくも懇願したくなる。

「んん…んふ…ふ…」

 エレンから漏れる声も随分大人しくなっていった。
 もう頭の中がどろどろになりそうだ。
 ただ息遣いだけが荒くなってゆく。
 それなのにリヴァイはチュッチュと音を立ててエレンの聴覚まで犯そうとしている。

「こっちももうイッパイイッパイだな」
「−−−−−−−−−!!!!」

 リヴァイの膝が、熱く張り詰めたそこに触れた瞬間、エレンの下肢に爆発したかの様な衝撃が走った。
 …達したのだ。
 エレンの表情で、体の痙攣で悟ったのだろう、リヴァイがにやりと笑う。

「初めてのくせに、乳首だけでイッたのか?淫乱な体だな」

 重く怠い頭を振り、エレンは抗議する。
 けれどもリヴァイは小さく笑い、ポケットから更に桃色の何かを取り出した。
「え〜今日、ペトラ先生休みなんですか?」

 カーテンの向こうで半分ふざけて、半分本気で落胆する男子生徒の声がする。
「いいから黙って腕を出せ」
「はい」

 話の内容から察するに、バスケット部の上級生二人が怪我をした下級生を連れてきたらしい。
 もう部活動の時間なのだ。
 エレンは必死で声をかみ殺す。
 けれども時々鼻にかかった声が漏れてしまう。

「奥のベット、誰か寝てるんですか?」

 その言葉にびくっと体が震える。
 続けてリヴァイが答えた。

「ああ、熱がある。魘されてるんだから構うなよ」

 絶対、絶対にこんな姿を見られるわけにはいかない!今やエレンの脚は大きく開かれ、腕と一緒に包帯で固定されている。
 さっきまで口をふさいでいたガーゼはもうない。
 そして、エレンの開かれた脚の間からは、桃色のコードが延びている。

「寝てるの男?女?」
「お前らには関係ない」

 上級生らしい二人が下卑た笑いを漏らした。
 カーテンのこちら側に漂う青臭い匂いは、向こうには届いていないらしい。
292 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:39:53.02 d
「なあ、なんかこの声って…」
「言うなよ、おい」

 二人の会話が聞こえてくる。
 その途端、エレンの体の中に埋め込まれた玩具がひときは強く震えた。
 このモーター音はエレンの胎内でだけ響いているらしい。

「ふっ…!」

 リヴァイがポケットに入れたリモコンで、振動を一瞬強く変えたのだ。
 なんて悪趣味な
 カーテンの向こうの二人が、動きを止め息を呑んだのが見える。
 彼らに発見されれば、この苦しくて痺れるような地獄から開放される。
 思い切って、エレンから助けを求めればいい。
 そう、エレンは被害者なのだから。

「んあっ」

 けれどもエレンは唇を嚙み、どうしようもない責め苦に耐える。
 こんな姿を人に見られるのだけは絶対に嫌だ。
 その時、カーテンの隅に指が入り込むのが見え、息が止まる。
 こいつら覗くつもりだ!熱くなっていた体が一気に冷える。
 ゆらゆらと布地が揺れ、そっとカーテンがめくられてゆく。
 …ああ…何か言ってやりたいが、今はまともな声を出せない。
 カーテンをめくる上級生の、押し殺した笑い声が気配で伝わる。

「何してる!構うなと言ったろう?」

 鋭い声が飛んできて、すぐさま指が引っ込められた。
 リヴァイの冷たい怒りに二人が縮み上がっているのが分かる。

「休んでいる生徒を保護するのも俺の役目だ。怪我の手当ては終わった、とっとと出て行け」

 すみませんとぽつんと呟く声がして、扉が開く音とともに少年達は出て行った。
 エレンはほっとしたが、同時に絶望もする。
 これからもっと恐ろしいことをされるのだ。
 カチッ。これは扉を施錠した音…。
 シャッ!勢いよくカーテンが開かれると、笑顔のリヴァイが現れた。

「休んでいる生徒を保護するのも俺の役目…か。今の言葉どう思う?」

 この男、面白がっている、言葉で嬲る気なのだ。
 エレンはキッと睨みつけてやった。

「なあ、イェーガー。この姿を見せてやってもよかったかな?」
「この…変態教師!犯罪者!!…あんっ!!」

 玩具の振動を最強にされ体が震える。
293 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:40:14.66 d
「そんな格好で喘ぎながらののしられても…だな」
「だ、誰がこんなことを…んん…止めて…もう、止めて…や…あっ!あん〜〜!!」

 雄芯の先端から飛び出した飛沫は、勢い良くエレンの腹と顔を汚す。

「何回イキたい?イェーガー」

 エレンにのしかかりながらリヴァイが聞いた。
 その首筋から、獰猛な雄の体臭がする。

「先生…何で…」

 何故こんなことをするのか?
 自分に何の恨みがあるのか?
 けれどリヴァイはそれには答えようとせず、エレンの胎内に挿入した玩具を引き抜いた。

「う…ん〜〜」

 ずるりと抜き出される感覚までもが、エレンにゾクゾクとした快感を与える。
「扉は施錠をした、俺は校舎を巡回していることになっている。…なあ、誰にも邪魔はされないぞ」

 はっとエレンは息を呑む。
 さっきから覆いかぶさってくるリヴァイの、熱く張り詰めたものがズボン越しにエレンの尻に当たっているのだ。
 まさか…青ざめるエレンにリヴァイがにやりと笑いかける。

「分かるか?」

 エレンのむき出しにされている脚の間に、リヴァイが熱く張り詰めたものを当てると、そのまま擦り付けてきた。

「は……んん……」

 じれったいような刺激にエレンの足指がきゅっと縮こまる。
 後孔と性器の間、そんな場所を押されて妙な気持ちになるなんて。
 そのまま性器と後孔も擦られて声が漏れた。
 ひくひくと後孔が震えるのが自分でも分かる。
 刺激とともに、さっきの玩具を引き抜かれた胎内がじくじくと熱を持つ。
 まるであの感覚をもう一度欲しているように…

「可愛いな、こんなに乳首を赤くして、おったてて」
「ん…ぐ…可愛く…ない」

 可愛いなどという言葉は屈辱以外の何者でもない。

「さっきイッた時の声は可愛かったぞ。女みたいに鼻にかかって」
「馬鹿にするな!」
「そうか…それじゃあ残念だな、お前はこれからここに俺を咥えこんで…」

 エレンの白い尻に無骨な指が這う。

「それから攻め立てられて女みたくアンアン啼かされる。そうして俺の女になっちまうんだ。なあ、エレン」
294 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:40:32.80 d
 初めて名前で呼ばれたその部分が、甘く色を含んでいる。

「な、ならない」
「もう、後ろでイクことを覚えたのにか?」

 赤い舌を出して、リヴァイがエレンの頬にかかっていた精を舐めた。
 悔しくて目をぎゅっと閉じる。
 リヴァイはおもむろに、スラックスのジッパーを下ろした。
 その音がやけに生々しく耳に響く。

「!!」

 ジッパーから取り出されて物を見て、エレンは言葉を失う。
 赤黒く怒張したそれは、エレンの知るどれよりも大きい。

「嫌だ…そんなの…無理」

 蕾に雄をあてがわれ、その熱さに体が震えた。

「無理!無理だって、止めろ…あ!……ん――――――――――――」

 非情な力によって、体の中を暴かれる。
 この体はエレンのものなのに、この場所はエレンの領域なのに、男はなんの断りもなく理不尽に侵入してくる。

「嫌…痛い……あ、あ、やだあ、入っちゃやだ!入っちゃダメ」

 泣き喚いて抵抗しても、リヴァイはただ息を荒げるだけだった。
 侵入される違和感と痛みもだが、想像もしなかった場所に侵入されて、これから自分がどうなるのか分からず恐ろしい。
 先端をゆっくり飲み込まされたと思ったら、そこから容赦なく熱い楔がエレンの胎にずぶずぶと埋め込まれた。

「は―――――――――――――――!」

 自分の腹は裂けて、血に塗れているのではないだろうか、このまま殺されるのではないだろうか?
 エレンは半ば意識を飛ばしていた。
 唇から舌を出して、はっはと犬のように息をする。
 苦しい、胎がぎゅうぎゅうで苦しい。
 ぼろぼろと涙がこぼれた。

「ほら、全部挿入ったぞ。えらいなエレンは」

 わざと子供をあやすような言葉遣いで、頭と頬を撫でられる。
 欺瞞だと分かっていてもすがり付きそうになる。

「あ…お願い。熱いの…抜いて…」
「熱いか?お前の中もクソ熱い。この熱さがたまらなくなるんだ」

 そんなのは嘘だ、信じない。
 そう思った瞬間、乳首をきゅっと摘まれた。

「ひゃっ!」
「好きだな、ここ。すげえ締まる。もっとも痛いくらいに狭いけどな」
「あ…」
295 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:40:49.57 d
 エレンの中で、リヴァイが更に大きくなり戸惑う。

「んあ!」

 今度は乳首に歯を立てられて、思わずのけぞってしまった。
 口と指で両方を刺激するのを止めてくれない。

「はな…離せ…離して…んっ」

 自分でも体の中心が熱くなるのが分かる。
 さっき玩具で刺激された部分がじゅくじゅくと熱を持って疼いてゆくのを感じて、エレンは青ざめた。

「やっ…いやら…こんなの…」

 なのにどんどん中が熱をもってゆく。
 それがリヴァイにも伝わっているのだろう、耳元でくすりと笑われた。

「動いて欲しいか?エレン」

 エレンはあわてて首を振る。

「お前の胎は動いて欲しくて、ぞわぞわ動き始めたぞ。すげえなお前のここ」

 平らな腹をリヴァイの手が撫でる。
 それすらぞくぞくする。

「うそ…そんなの」
「うそじゃない、もう堪らねえな」
「あん…」

 リヴァイが腰をぐいと動かすと、エレンのじゅくじゅくと疼いていたソコが硬いもので抉られ、悲鳴が出る。

「正直になれエレン」
「あっ!…んあっ!んんっ!」

 細切れに腰を揺らされ、脳みそが蕩けそうになる。
 欲しい、もっと欲しい…それは砂漠で水を求める飢餓感にも似ていた。
 でも分かっている、求めてしまったら堰が壊れたようにその更に奥を求めてしまう。

「思った以上に強情だな、イェーガー」

 今となってはその呼び方はされたくなかった。
 それは生徒であった自分に付随するものだ。

「ふあ…!!」

 リヴァイが腰を引いたかと思うと、思い切り突かれ体中に電気が走る。

「あ…!ふぁ…!ダメ…や…ダメ…!」

 激しく腰をグラインドされて、何度も突かれて、エレンは泣き叫んだ。
 ダメ、このままじゃ自分は確実におかしくなる。
 無理やりせき止めていたものが、あふれ出てしまう。

「ここがそんなに好いか?エレン」
「あん!やめて!…おかしくなる…や…やん、それ以上は、もう…あ…あっ!あっ!やら…あん〜〜〜〜!!」
296 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:41:10.31 d
 自分の中の、快楽の堤防が決壊したことをエレンは感じた。
 もうどうでもいい、頭の中が痺れて体が求めるものにただ忠実に従いたい。
 もっともっと、気持ち好さで満たして欲しい。
 このまま壊れてしまいたい。
 腰ががくがくと動き、リヴァイの雄を、もっと気持ちの好い場所へと導く。

「あっ…あっ…先生…好い…もっと…アッカーマン先生…」
「ああ、エレン。くれてやる」

 気がつくと、エレンの口の中もリヴァイの舌で蹂躙されていた。
 エレンも夢中で吸い付く。
 上と下、両方の粘膜を擦られ、ぐちゃぐちゃに掻き回され気持ちよさに涙が出る。
 じゅぷじゅぷという卑猥な水音さえ心地よく、エレンはわざと音を立ててリヴァイに吸い付いた。
 エレンを支配しているリヴァイを、更にエレンが支配しているような気持ちになる。
 この戒めを解いて、手足を男に絡めたいが、その手間さえ今は惜しい。

「病み付きになりそうだエレン。止まんねえな」
「ん…んふ…あ…いい…ちょうらい…もっと、あ…」

 目の前に星が瞬きだす。
 絶頂が近いことを本能的に知る。

「あ…先生…もうらめ…あ…やら、もっと…」
「ああエレン、いつだって好きなだけくれてやるから、イケ」
「あ、いく……あ、もう…ああ、あああああん―――――――――――」

 骨まで痺れるような、一際強い快楽を受け取り、エレンは体を震わせながら達した。
 胎の中が、びくびくと蠕動しているのが自分でも分かる。
 体が貪欲に、少しでもリヴァイを感じその存在を搾り取ろうとするように。

「―――はっ…ああ、エレン。気持ちが好い…ああ」

 エレンの中で大きく熱く膨れたリヴァイが、破裂したのを感じた。
 熱い渦がエレンの更に奥へと侵入する。

「んあ…先生…あつい」

 気が付くと二人とも汗だくでベットの上に横たわっていた。
 白いシャツが汗で濡れて肌が透けて見える。
 エレンの中からリヴァイが引き抜かれ、そっとため息をつく。
 後孔がじわっと熱くなり、そこから白濁がこぼれた。
 まだ頭がふらふらする。
 リヴァイは起き上がるとベットに腰掛け、エレンに背中を向けた。
297 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:41:36.30 d
「先生…どうして…?」

 けれどもリヴァイは何事もなかったかのように手早く衣服を整えると、教師の顔に戻ってゆく。

「さ、イェーガー家まで送るぞ」
「!!」

 殴ってやりたいが、体に力が入らない。
 まともに歩けそうもないから、言われたとおりにするしかないだろう。


「イェーガー、今度の金曜化学室の掃除を手伝え」

 車から降りようとしたとき、不意にリヴァイに手を握られた。

「行くわけがない」
「何故?」
「…今日のことは、あんたがおかしな薬をオレに盛ったんだ」

 目の前の男の正気をエレンは疑う。
 だが、リヴァイは涼しい笑みを浮かべ、ジャケットから端末のタブレットを取り出した。

『あ…先生…もうらめ…あ…やら、もっと…』

 再生された声に、エレンは青ざめる。
 できればもう二度と聞きたくない、自分が口にしたなんて信じられない言葉。
 目の前の悪魔のような男はくつくつと笑みを漏らした。

「随分気持ちよさそうだけどな。にしてもお前、本当に好い声で啼くな」
「この…!」

 反抗しようとした次の瞬間、エレンは強い力でシートに押し付けられた。

「なあ、エレン。俺のものになれ」

 傲慢だと思った男の懇願するような声に言葉を失った。
 その瞳は意外なほどに苦しさを帯びている。
 きっと、これだって嘘だ。
 エレンが否定の言葉を言いかけたとき、噛み付くように唇を塞がれた。
 背中に回された手が熱く、エレンは拒否することを忘れた。





              END(爆屁)
298 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:46:38.06 d
 
×××ゲーム!【リヴァエレ】
  
by コヤマ

プロローグ


「ようこそお越しくださいました。リヴァイ・アッカーマン様、エレン・イェーガー様」

 恭しく頭を垂れる男の、なんと胡散臭いことか。
 後ろに立つエレンも不信感を露わに、執事のような男を睨んでいる。
 兵士ではあるが、まだ子どもと言っても差し支えない少年だ。
 リヴァイの言いつけを守り、離れず一定の距離を保って背後に控えている。
 エレンはいろいろと目立ち過ぎる。
 器量が整っていることもあるが、巨人化出来る少年として有名なのだ。
 出来ることならば、トラブルは避けたい。
 市街地での巨人化など、以ての外だ。
 万が一の事態が起これば、人類最強と名高いリヴァイがエレンを殺すことになるだろう……というのは表向きの理由である。
 リヴァイはとても巧妙に、周りに悟られないように、エレンを大事にしていた。
 エレンもまた、ずっと憧れていた人物への想いが恋愛感情へ移り変わることに、時間はかからなかった。
 リヴァイとエレン、上官と部下、人類最強と危険因子……二人は恋人同士である。

「さぁ、どうぞ中へ」

 不気味な笑顔を貼り付けた執事は、馬鹿がつくほど大きい館の中へと案内する。
 ここは首都ミットラスの一画に大きな屋敷を構える貴族の家である。
 贅沢の限りを尽くした館に、エレンは見るからに辟易していた。
 リヴァイも胸糞悪い気持ちを露わに、小さく舌打ちをした。
 広すぎて少しだけ寒い館の中は、変な香の匂いがする。
 趣味が悪すぎる。

「……兵長」
「分かっていると思うが……貴族の機嫌を損ねるなよ」
「それはもちろん承知しています……でも、この屋敷、なんか変じゃないですか?」

 声を潜めて会話を交わす。
 立体機動装置の装着は許されなかったが、いつも通りの兵団服だ。
 背中には自由の翼を背負っている。
 何か有事があれば、すぐさま行動に移せる準備はできている。
 しかし、それも市街地での話だ。
 今のような貴族の屋敷の中での戦闘など、もちろん許されるはずもない。

「空気が淀んでいます」

 エレンは気丈にしているが、不安なのだろう。
 目線は先程からあちこち泳いでいる。
299 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:46:53.43 d
 リヴァイとエレンを招待した奇特な男は、調査兵団へ贈られる資金の大部分を占めている。
 万年資金不足の調査兵団にとって、この男の機嫌を損ねることは存続の危機すらある。
 金を持て余し、暇を持て余し、何やら楽しげなゲームを思いついたという。
 この屋敷の主は、そう言ってリヴァイを指名した。
 いつもであれば調査兵団団長であるエルヴィンとリヴァイ、ハンジあたりでクソ面倒な挨拶に伺うところだ。
 それなのに、今回ばかりは『リヴァイ』と『エレン』を名指ししてきた。
 一体何を考えているのか分かったものじゃない。
 貴族の道楽など、命を賭けて最前線で戦う兵士に分かるはずもなかった。
 ただ、いつも資金援助をしてくれる男が、

「ゲームをしましょう。負けてもあなた方に損は一切無し。勝てば、大金をお送りするとお約束します」

 なんて手紙を寄越した。
 胡散臭いが、無下にもできない。援助に加えて、さらに金が手に入るというのだから。
 向こうがプレイヤーとして指名してきたため、エレンにもこの話をした。

「行きましょう! こんなチャンス滅多にありません! オレで良ければ、行かせてください」

 なんて、朗らかに答えた。
 青臭い、あまりに急いた判断だ。
 けれどまぁ素早い判断は嫌いじゃない。
 エレンは調査兵団資金のため、動いてくれると言う。
 ここまで来たら、リヴァイも渋ってはいられない。
 どちらにせよ、断ることなど出来ないのだ。
 リヴァイとエレンは指定の日時に合わせ、馬車に長時間揺られ、この貴族の屋敷まで足を運んだ。
 豪奢な屋敷内は薄暗く、人の気配がない。
 不気味すぎる。
 リヴァイは神経を研ぎ澄まして、前を歩く執事の一挙一動を見逃すまいとした。
 やがて、執事は大きな扉の前で足を止めた。
 ノックを三回。

「旦那様、四人目です」

 ――四人目?
 リヴァイとエレンは同時に、眉間に皺を寄せた。
300 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:47:08.76 d
「おぉ、ようやく来たか。入れ」

 扉の向こうから、貴族の声が飛んで来る。

「おい、四人目というのは?」

 執事が扉を開ける前に、リヴァイは鋭く尋ねた。

「……すぐに分かります。どうぞ、ゲームをお楽しみください」

 そう言って執事は勢い良く、重厚な扉を開け放った。

「……え?」

 声を上げたのは、きっと隣のエレンだ。

『レディース・アンド・ジェントルメン! あっプレイヤーに女性はいませんね! ジェントルメン・アンド・ジェントルメン! ハラハラドキドキ中出しゲームへの参加、誠にありがとうございます!』

 馬鹿みたいな声が、ぐわんぐわんと響き渡る。
 司会は一体誰だ、と問わずとも、声からしてこの館の主で間違いない。
 変装のつもりなのか、黒のハットに銀色のマスクをつけている。

「一体これは……どういう状況だ」

 リヴァイは低音で、唸るように呟いた。

「なんだこれ……オレ……オレが……一、二……四人も……いる!?」

 エレンも動転しているのか、声が震えている。
 この部屋には自分たちを含め、同じ顔が四つあった。
 ドッペルゲンガー? それが四人も?
 年齢に差はありそうだが、顔つきは全く同じである。
 服装は違えどもリヴァイが四人、エレンが四人いる。
 だから執事は先ほど、『四人目』と言ったのか。

「司会さーん! 四組目の方々にご説明してあげてー!」

 楽しげな声を上げているのは、特等席から高みの見物をしている貴族の男たちの一人である。
 初老と言っても差し支えない大人たち、が子どものような声を上げて、キャッキャと囃し立てている様は不気味だった。

「そっちの若い子のスリーサイズおしえてー!」

 エレンは不快感を露わに、声の方を睨む。その顔色は真っ青だ。
 睨まれた貴族の男たちは怯むどころか、歓声を上げている。
 駄目だ、狂っていやがる。
 晩餐会用の広い室内には、ギャラリーが壁伝いにぐるりと囲んでいる。
 おそらくこの屋敷で働く者たちだろう。
301 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:47:25.72 d
 コック、庭師、御者、身分問わず楽しげに拍手したり、わぁわぁと何やら叫んでいる。
 けれど、皆男たちばかりだった。
 ざっと見渡しても、女性は一人もいない。
 この屋敷の主が司会進行をするという異質な空間。
 来賓席には同じ貴族の豚どもがワイングラスを片手に高笑いをしている。
 きっと面白い見世物があるから、と招待状を送ったのだろう。
 話の流れは容易に想像できる。
 けれど、自分たちと全く同じ顔をした人間の存在は、全く分からない。
 想像もつかない。

『これは失礼、四組目さん! では今日の主役たちをご紹介しましょうか! 本日は四組のカップルにお越しいただきました。未来?
パラレルワールド? 時空の歪みなど、なんのその! まずは……ダイヤチームのアルファリヴァイさんと、オメガエレンさんです! 今よりも約二千年ほど未来に生きている方たちです』
「アルファ? オメガ?」
「二千年ほど未来……?」

 紹介された一組のカップルは、見たこともない上等な布で出来た服を着ている。
 間違いなく顔はリヴァイとエレンだ。
 けれど、自分たちよりも年上に見える。
 アルファリヴァイは優雅に椅子に座り、紅茶を飲んでいた。
 ずいぶん余裕がある。

『ダイヤチームのオメガエレンくんには、子宮があります。もう発情期は終わったんでしょうか?』

 司会者がノリノリで質問すると、オメガエレンはギッと睨みあげた。
 その表情はエレンそのものだ。

「お前……殴られてぇのか」
『ご機嫌斜めですね! アルファリヴァイさんは四十歳、オメガエレンさんは二十五歳! いいですねぇ! 熟してきましたねぇ』

 エレンはじぃっと、オメガエレンを見つめていた。
 その顔には明らかに「子宮?」という疑問が浮かんでいる。
 その視線に気づいたのか、オメガエレンはこちらを見た後、恥ずかしそうにパッと視線を逸らした。
 エレンが成長したら、きっとあんな感じになるだろう。
 身長も伸びて、頬もシャープになり、今よりも肉厚な身体になり……でも瞳だけは変わらない。
302 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:47:42.69 d
 未来の恋人を見ているようで、なんだか落ち着かない。
 嬉しいような、気恥ずかしさがあった。
 晒された無防備なうなじには、匂い立つような色香がある。
 本当にあの細い身体に子宮があるのだろうか。男なのに?
 リヴァイもエレンにならって、興味津々な目つきで見つめてしまった。
 心なしか、細い体に比べて尻は大きい気がする。
 ぴったりとした服を着ているので、尚更身体のラインが強調されていた。
 少年のエレンよりも、太腿や尻の肉付きは良い。

「……見過ぎです」

 隣のエレンは低い声で、リヴァイのジャケットを引っ張った。
 完全に機嫌を損ねている。
 面白くなさそうな顔で、こちらを睨んでいた。

『はい、お次は未来繋がりのハートチーム!リヴァイプロデューサーとアイドルえれりんです!うわぁ女装男子だ! 可愛いっ!』
「よ、よろしくお願いします!」

 えれりん、と紹介された少年は、勢い良く立ち上がり、勢い良く各方面へおじぎをしていた。
 貴族の少女が着るようなふわふわのスカートを穿いている。
 レースがふんだんにあしらわれたピンクの丈が短いミニドレスだ。
 すらりと伸びた足には白のニーハイソックスを着用していた。
 頭のてっぺんにはドレスと同じ色の大きなリボンが揺れている。
 あまりに深々と礼をするものだから、スカートの中が丸見えだった。

「は……え、男?女?」

 エレンが口をあんぐりと開けて、硬直する。
 顔はエレンそのものなので、動揺が隠せないらしい。

「オレは男だ!きょ、今日は新しい仕事だって言うから、ちゃんとセットして来たっていうのに……なんで、オレが四人もいるんだ?」

 えれりんが頭のリボンを揺らしながら、つかつかとエレンの方へ歩いてきた。
 ヒールを履いているせいか、エレンよりも背が高い。
 短い裾から覗く足は筋肉質で、細くとも間違いなく男の足である。

「男?男なのに、なんでスカート穿いてんだよ」

 エレンは遠慮なく公衆の面前で、えれりんの短いスカートをがっつり捲り上げた。

「ギャーッ!馬鹿、何するんだよ!パンツ見えちゃうだろ!」

 えれりんは慌ててスカートを押さえた。
 後ろの方ではギャラリーの野太い歓声が轟いている。
303 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:48:03.21 d
「うおおおおおおっ! えれりん! えれりん可愛いよ! えれりん!」
「えれりんのパンティ可愛いよ! 白のレース可愛いよ!」
「……お前、なんで女のパンツ穿いてんの……」

 エレンがかなり引いた顔をして、えれりんをわずかに見上げる。
 えれりんは女性用の白のレースのパンツを穿いていた。
 もちろん男なので、前はぱんぱんに膨らんでおり、窮屈そうだった。

「アイドルなんだから、仕方ねぇだろ!リヴァイプロデューサーが用意してくれたんだ!」

 エレンはすかさず隣のリヴァイを振り返る。

「……俺じゃない」

 とんでもない濡れ衣だ。
 エレンは立場も忘れて、般若の顔をリヴァイに向けていた。
 その間にえれりんは、小走りでリヴァイプロデューサーと呼ばれた男の傍に駆け寄る。
 プロデューサーの方も、リヴァイと同じくらいの年齢だと思う。
 けれど、その眼差しは甘やかである。

「大人しく座っていろ」

 そう言って、自分の隣にえれりんを座らせる。その行動はとても紳士的だ。
 表情に現れたりはしないが、えれりんへの労り、慈しみ、愛情が仕草で示されていた。
 リヴァイたちの時代にはない、真っ黒な上等な服を着ている。

「……優しそう」

 ぽつり、とエレンが呟いた言葉は聞き逃さない。

「あ?」
「い、いえ、なんでも……」
『はいっ! お次は愛憎溢れるスペードチーム! キングリヴァイさんと、その騎士ブリリアントエレンさんです! ひゅー! クール!』
「キング? 兵長が、王様……?」

 エレンは頭にクエスチョンマークを浮かべて、キングリヴァイを見つめている。
 ソファに悠々と腰掛けて、ワイングラスを傾けている。

「いつまでこんな茶番を続ける気ですか」

 ブリリアントエレン、と呼ばれた彼は隣のエレンよりも三つほど年上かもしれない。
 不機嫌そうに、司会者に扮した館の主を睨んでいる。
 キングもブリリアントも揃いの濃紺の服を着ている。
 ロングコートには金の装飾が施されており、とても上等な服であることは間違いない。
304 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:49:31.59 d
 ブリリアントはブルーのシャツに、ストライプのベスト・スラックス、黒のブーツを履いている。
 黒と濃紺で合わせられた服には気品が漂っていた。

「オレはこんなところに閉じ込められるなんて、うんざりです。さっさと帰ります」

 しびれを切らしたブリリアントエレンは立ち上がり、この場を去ろうとする。
 その腰には剣が下げられていた。
 いつでも応戦できる、と誇示しているようにも見えた。

「まぁ、待て。キャンキャン吠えてんじゃねぇよ。弱く見えるぞ」

 キングリヴァイは余裕の表情で、赤ワインのボトルを見つめている。
 どうやらあの酒が気に入ったらしい。

「なっ……誰が弱いと? この場で証明しましょうか!」
 ブリリアントエレンは頬を赤らめて憤った。怒った表情はどこか色っぽい。
「騒ぐだけなら、酌でもしろ」
「……ご自分でどうぞ」
 ブリリアントエレンは拗ねたようにぷい、とそっぽを向いてしまう。けれど、彼の隣にどっかと座り込んだ。
「じゃあ、そこの」
 キングリヴァイが、兵団服を着たエレンを指だけで「こっち来い」と招いている。

「え? オレ?」

 エレンは呼ばれるとも思わず、目をぱちぱちさせながら自身を指差した。

「そう、そこの可愛いやつ」
「……オレ、男ですけど」

 ムッとした表情をしたまま、エレンが渋々近づいていく。

「酌してくれ」
「はぁ……」

 エレンは真剣な面持ちで、ワインのボトルをキングリヴァイのグラスに注いだ。
 その一連の流れを、ブリリアントエレンはじーっと瞬きもせずに見ている。

「見ろよ、若ぇな。まだ処女か?」

 高そうなワインボトルを慎重にガラステーブルへ置いたエレンの尻を、キングリヴァイが撫で上げた。

「ひぁっ! な、なにするんですか!」

 キングリヴァイは自分の上官と瓜二つであるため、下手な対応も出来ない様子だ。

「ほぅ……良い反応をする」

 キングリヴァイの片眉が上がった。
 次の瞬間、煌めくものが彼の顎に添えられた。
305 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:49:46.44 d
「殺されたいんですか?」

 瞳孔の開ききった瞳で、ブリリアントエレンが小型ナイフをリヴァイに突きつけている。
 音もなく間合いを詰めたのだ。
 ナイフを突きつける動作も俊敏で、目で追いつけなかった。
 彼は間違いなく、手練だ。
 
「……構ってほしいのなら、そう言えよ」
「しんじゃえ」

 キングリヴァイの耳元に、ブリリアントエレンは熱を孕んだ声で囁く。

「エレン」

「はい!」
 リヴァイも鋭く呼びつけると、エレンは駆け足で戻ってきた。

「離れるな、と言ったはずだ」
「も、申し訳ありません」
『それでは最後に! クラブチームの調査兵団の人類最強リヴァイ兵長さんと、その部下である人類の希望のエレンさんです! リヴァイ兵長、いつ部下に手を出したんですか!?』
「なっ……てめぇ、兵長を侮辱してんじゃねぇっ!」

 エレンがギロリと司会者を睨みあげ、今にも跳びかかって行きそうだった。

「エレン」
「しかし……」

 リヴァイがその一言で窘めると、エレンは渋々と背後に控えた。

『では、四チーム出揃ったところでゲームの説明をしましょうか! ルールは簡単! パートナー以外の人に中出ししてはいけません! パートナーチェンジ中出しゲームです!』

 集められた八人は、皆動揺に「はぁ?」と言っていた。
 盛り上がっているのはギャラリーだけである。

『あなたがたは皆、エレンさんであり、リヴァイさんです。全員偽物ではありません。自分と全く同じ顔の人間が四人いると思ってください! 深いことは気にしちゃ駄目!』
「おい、ちょっと待てよ……中出しって……」
『そーです! えれりん! リヴァイさんはパートナー以外のエレンに、勃起した状態で五十回パコパコしていただきます! 中出ししたらあなたの負け! 見事中出しを我慢出来たリヴァイさんには、賞金百万円をあげちゃいます!』
「百万円……」

 と、目を輝かせたのはダイヤとハートチーム。

「ひゃくまんえん……?」
306 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:50:01.51 d
 通貨が異なるため、価値がわからないのはスペードとクラブチーム。

『ご安心ください、キングリヴァイさん、ブリリアントエレンさん、リヴァイ兵長、エレンくん。あなた方の世界の通貨で換金させていただきますから!』
「それは良いとして…自分以外のエレンと、相手がセックスするところを見ていなくちゃいけないのか…?」

 顔を青ざめたのはブリリアントエレンだ。

『ふふふ…ご心配ご無用!あなたも自分のパートナー以外のリヴァイさんとセックスすることになるんですから!』
「いやだ…」
 声を上げたのは、エレンだ。

『あっ、エレンさんたちは何回イッてもいいですよ?頑張るのはリヴァイさんたちです!自分の恋人以外の中で射精しないように頑張ってくださいね!絶対五十回ピストンしてください!このゲームが終わるまで、皆さんは帰れませーん』
「オ、オレ、妊娠しちまう…避妊薬を…」

 オメガエレンが司会者に告げる。

『それはあなたに当たった人次第ですね!オメガエレンさんは締め付けないように頑張ってください!もし孕んじゃったりしたらぁ…ねぇ?』

 口元だけ見えるマスクをした司会者は、ニタァといやらしく笑った。

『そうそう。もし射精を我慢出来た方が二人いた場合…百万円は山分けとなります!全員我慢出来てしまった場合は、四等分!つまり一組二十五万円となるんですねぇ。
賞金が減ってしまいますねぇ。これはエレンさんたちも、アナル引き締めてペアになった男の射精を促しちゃうしかないですね!』

 司会者がぐるり、と四者四様の表情をしたエレンたちを見回した。

「…要は射精しなければいいんだろう」

 静かに呟いたのは、キングリヴァイである。

「…はぁ!?正気ですか!?こんな馬鹿げた茶番に付き合うとでも?」

 声を荒げたのは、パートナーであるブリリアントエレンだ。

「出口は一つしかありません。八人であの扉を突破すれば…」
『この扉はちょっとやそっとじゃ開かないカラクリになっていますよ。それこそ、ダイナマイトぐらいの威力じゃないと壊れません!』
「だいなまいと……?」

 ダイヤとハートチームは難しい顔をして、スペードとクラブチームは首を傾げている。
 ダイナマイト、がどんなものか分からないのだ。
307 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:50:16.85 d
 トランプの柄で分けられたチームは、文化がだいぶ違うらしい。
 もっとも、自分たちの認識に一番近いのはスペードのキングとブリリアントのチームだ。

『それに…ごく一部の方は、お金にお困りではないですかぁ?いいんですか?援助を受けられなくなっても』

 その言葉にぐうの音も出ない。
 この貴族に逆らうことは、調査兵団解体を意味すると言っても過言ではない。
 考えれば考えるほど堂々巡りで、頭が痛くなってきた。

『ほら、そろそろ身体が熱くなってきたんじゃないですか?ね?この館には催淫効果のある香が焚かれていますからね!』

 そう言われると、だんだんと身体が熱くなってきた気がする。
 隣のエレンに至っては、顔がぽっぽっ、と真っ赤だ。

『…では、ゲームスタートといきますか! 組み合わせはこちらで決めさせて頂きました!まずはエレンさん…パートナーのリヴァイさんのちんぽをしゃぶって、勃起させてくださーい!』

 ピーッとホイッスルが響き渡った。
 エレンはふらり、と傾いで、リヴァイの前に両膝を付いた。

「兵長…失礼します…」

 辿々しい動きで、エレンはリヴァイの腰布をずらす。

「エレン、無理をするな」
「無理なんてしていません…!」

 恋人同士になって、まだ日が浅い。
 性行為だって片手で足りるほどしか繋がったことがない。
 相手はまだ子ども…それでも手を出してしまったわけだが。
 フェラチオもまだ一回しかさせたことがない。
 それもさせているのが辛くなって、自分が早々に止めさせたのだ。

「あの…しゃぶるって、フェラチオでいいんですよね」

 エレンは真剣な表情で問いかけてくる。
 躊躇いもせず、彼はリヴァイの下履きからペニスを取り出した。
 こんな明るい場所でセックスもやったことは無い。
 周りにはギャラリーがそれこそ固唾を呑んで、凝視している。
 股間を膨らませた者や前のめりにこちらを見ている者もいる。
 いつも人目を気にして、夜中にこっそりと、声を潜めてセックスをしていたというのに。

「こ、こうですか?」

 エレンはおずおずと赤い舌先を伸ばして、ぺろ、と亀頭を舐めた。
 その拙い動きに、どうしようもなく愛しさがこみ上げてくる。
308 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:50:32.93 d
「おい。そこの悪人面、フェラはこうやるんだよ」

 近くにいたえれりんが、エレンへ声をかけた。
 慣れているのか、見本を見せてくれるらしい。

「お前も同じ顔だっての…」

 エレンはジト目で睨んだが、それでもえれりんの様子をじぃっと観察している。
 えれりんはリヴァイプロデューサーの陰茎をぱくりと口に含んだ。
 舌でねっとりと舐めあげる。
 それから竿を片手で扱きながら、先端をじゅうっと強く吸い上げていた。
 頬の形が変わるほど、強く。
 しかし、視線だけはリヴァイプロデューサーをうっとりと見つめていた。
 えれりんはフェラチオが得意のようで、陰嚢を優しく転がしたり、裏筋を舐めあげたり、深く咥えこんで頭を前後に動かしたりと、様々な性技をエレンに見せた。
 彼の動きには迷いがない。
 こんな衆人環境でのフェラチオに…慣れているのか。

「ふん…お前、本当に嬉しそうにしゃぶるな?」

 リヴァイプロデューサーも目を細めて、えれりんの頭を撫でた。

「ん、だって…オレ、これ好きだから」
「フェラが?ちんぽが?」
「ふぁ、ん…どっちも。リヴァイプロデューサーにご奉仕できて、んちゅ、うれしい…」
「お前はビッチだからな。俺以外にハメてもらえるから、嬉しいんだろう」
「そんなことない……」

 ぽ、とえれりんの頬が薔薇色に染まる。

「兵長…びっちってなんですか?」

 反対に、エレンが至極真面目な顔をして問いかけてくる。

「…ボランティア精神が多い奴のことだ」

 とてもじゃないが、無垢なエレンに真実を言えるはずもなかった。

「あいつすげぇな…女みてぇにチャラチャラしてると思ったけど。オレもビッチになりますね!」
「…いや、違う、エレン」

 エレンもえれりんのフェラを見よう見まねでやっている。
 その表情がだんだんと蕩けてきて、こちらも腰に来そうだった。

「んぐ……」

 喉の奥までリヴァイの陰茎を咥えこんでいる。
 苦しそうに顔を歪ませて、目尻には涙が浮かんでいる。
 けれど、決して止めようとしない。
 潤んだ瞳でリヴァイを見上げたまま、顔を前後に動かしている。
 リヴァイも声をかける余裕はなくなった。
309 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:51:07.60 d
「若い子いっぱいで嬉しいですか?」

 オメガエレンは慣れたように、アルファリヴァイのペニスをしゃぶった。
 二人は呑気に会話を交わす余裕すらあるようだ。

「嫉妬か」
「オレは嫉妬するよりも、嫉妬されたいんですけどね」

 アルファリヴァイは少しだけ皺が増えた目元をしていた。
 四十代の精悍な顔つきだ。
 けれど、精力が衰えたわけじゃない。
 むしろ、絶倫と言っても差し支えない。

「嫉妬ならいつもしている」
「どうだか……」

 アルファリヴァイの性感帯はもう知り尽くしている。
 それは逆もまた然りで、オメガエレンの性感帯も知り尽くしている。

「お前も若い奴を喰いたいだろ?」
「…早漏は嫌い。オレが気持ちよくなれません」
「俺が遅漏だって?」
「だって、オレたち身体の相性は良いじゃないですか。ぴったり」
「お前が満足しているなら、良かった」
「リヴァイさんこそ…オレに飽きて、若い子にハメたいんじゃないんですか?このでっかいちんぽ」
「鍵穴が合わねぇよ。俺のペニスの形になった奴じゃねぇとな」
「へへ……いくら相手が全員リヴァイさんでも…オレの番はあなただけなんです」
「可愛いことを言う」
「最悪だ…信じらんねぇ。なんでオレが膝をつかなくちゃいけねぇんだ……!」
「…問題はそこか?」

 キングリヴァイは悠々とした態度で、ソファに腰をかけている。
 その視線の先にはブリリアントエレンが頭を抱えて、その場を行ったり来たりと忙しい。

「しゃぶるのが嫌じゃなくて、膝をつくのが嫌だって?」
「……えぇ嫌ですね!」
「お前……変わってるな。もっとすげぇこと、しただろうが」
「オレのプライドの問題です」
「俺は屈辱に歪む顔も好きだぞ?」
「……サディスト?」

 ブリリアントエレンは眉を顰めながらも、リヴァイの足の間に潜り込む。
 渋々といったふうに、両膝を床につけた。

「サディストじゃねぇよ。愛した奴のいろんな顔を見たいと思うのは、普通のことだろう?」
「オレはフェラしてる時の顔見られたくない。見ないで」
「見るなと言われたら、見たくなる」

 ぎろりとキングリヴァイをひと睨みしてから、半勃ちのそれをおずおずと口に含んだ。
310 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:51:22.62 d
「オレは……んむ、これ、苦手なんだ……」
「見ろよ、あそこのピンクのひらひら着たエレン。すげぇぞ」

 キングリヴァイはえれりんを親指で示して言う。
 おそらくここに集められたエレンの中で、一番フェラチオがうまかった。

「よそ見するなよっ!」

 ブリリアントエレンは顔を真っ赤にさせて、怒鳴った。
 他のエレンと比べられていると思い、腹が立ったのだ。
 普段は憎しみにも似た愛情のせいで、素直になることなんてできない。
 嫉妬の炎がすぐに全身を覆い尽くしてしまう。

「かみちぎってやる……」

 言葉とは裏腹に、ブリリアントエレンは赤い舌を伸ばして裏筋を舐めあげる。
 なんと言おうとも、健気なものだ。
 目尻には涙が浮かんでいる。

「可愛い奴」
                                       
『さぁ……皆さん。そろそろ準備はよろしいでしょうか? 組み合わせが決まりました!』
311 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:51:37.99 d
@アルファリヴァイ×ブリリアントエレン

「やめろっ!」
「お前……とんだじゃじゃ馬だな」
「オレはジャンじゃねぇ!」
「ほら、挿れるぞ」
「そ、そんなの入らない……」

 ブリリアントエレンはアルファリヴァイの逸物を見て、恐れ慄いている。
 彼は仰向けに寝転がった状態で、下半身のスラックスはアルファリヴァイに脱がされてしまった。
 隠し持っていたナイフも全部没収されて、丸腰状態である。
 もちろん、靴底の仕込みナイフも見破られ、靴も脱がされた。
 アルファリヴァイの逸物を見てから、悪態をついていたブリリアントエレンは急におとなしくなった。
 先ほどまで「殺してやる」だの「絶対許さねぇ」だの喚きまくっていた。
 自身の濃紺のコートの上に寝転がされ、あられもない姿で足を開かされている。
 プライドの高い彼にとって、かなりの屈辱だろう。

「お前のパートナーも大変だな」
「うるさい……っ!」
「上の服は脱がすのもったいねぇな」

 と言い、上半身のベストとネクタイは少しも乱されていない。

「……まぁ確かに後ろの孔は、狭そうだな。普段キングとしてんだろう?」
「あんたに話すことは何もない」

 ブリリアントエレンはつん、とそっぽを向く。
 それに少しも気を悪くした様子はなく、アルファリヴァイは律儀に用意されていたローションを手に取った。
 見たことがないのか、ブリリアントエレンはきょとん、とその容器を見つめている。
 とろ、とローションを手に垂らし、晒されたブリリアントエレンの秘所に手を伸ばす。
 ひんやりとした感触に「ひあっ」と彼が声を上げた。

「冷たいか? じきに馴染む」
「そのとろとろしたやつ……なんだよ……丁子油?」
「似たようなもんだ」
「ぅ、あ」

 ローションの力を借りて、つぷ、とアルファリヴァイの指が一本埋め込まれていく。
 中はひくついて、熱い。

「お前はどこが好きだ?」

 ぐりぐりと中を刺激して、彼が一番気持ちいい場所を探す。

「は、ん……」

 吐息混じりの可愛らしい声が漏れ出してくる。
 顔を逸らして、ひっそりと指を噛んでいる。
312 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:51:54.03 d
「お前はこっちも開発してるのか?」

 アルファリヴァイの指がシャツの上を滑り、胸の尖りを探る。
 もどかしいのか、青年は腰をくねらせた。

「自分で、前のボタン開けろ」

 耳元で囁くと、ブリリアントエレンは目に涙を溜めたまま、ベストのボタンに手をかける。
 こちらは心置きなく、彼の陰茎に手を伸ばす。

「ぅ、ん……ふ……」

 ベストの前を開け、シャツのボタンを開けると、日にあたっていない白い肌が現れた。
 白磁の肌とはこのこと。
 まだ十代の肌はみずみずしく輝いている。

 小さな淡い色の乳首は、しっかりと勃起している。

「……綺麗な体だな」

 ギッ、とまたブリリアントエレンが睨む。そんな表情さえ扇情的なのだ。

「舐められたりするのか?」

 アルファリヴァイは、ちろりと赤い舌を出して唇を舐めた。
 たったそれだけで理解したかのように、ブリリアントエレンは自らシャツを捲って乳首を露わにした。
 そこへねっとりと、舌を這わす。

「んっあ、ちくび……」

 ベッドの中では相当可愛らしい反応を見せるらしい。
 キングもきっと、ブリリアントエレンとのセックスは楽しいだろう。
 普段はツンケンしている彼が、これほどしおらしくなって喜ばない男はいない。
 ――もちろん一番可愛いのは俺の番だが。
 番の若い頃そのものであるブリリアントエレンの反応は、悪くない。
 先程から股間が張り詰めていて、苦しい。
 呑気にそんなことを考えながら、ブリリアントエレンの乳首を強く吸う。
 歯で軽く噛んだり、舌でねぶってやると、面白いくらい体が跳ねて甘い声があふれた。

「お前ここ好きか?」
「もっと……噛んで」
「ほぅ……お前は痛い方が好きなのか」
「ひゃうっ!」

 強めに噛んでみると、明らかに反応が違う。
 普段からなかなか激しいプレイをしているようだ。

「なんだ、噛んだだけでイッたのか」

 ブリリアントエレンのペニスの先端から、白い液体が溢れ出している。

「ちがう……今のは、事故だ……!」
「じゃあ、そろそろ覚悟を決めてくれるか?」

 体勢を正常位にして、すべすべな足を抱える。
313 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:52:10.16 d
 アルファリヴァイは、ゆっくりと腰を押し進めた。
 その圧迫感に、ブリリアントエレンは息を飲む。

「あっ……あ、あ……きつ……」
「下の口は慎ましいな?」
 アルファリヴァイの指は、ブリリアントエレンの下生えを優しく撫でた。
 さりさりとした感触を楽しんで、指先で弄ぶ。

「あんなに嫌だって騒いでいたくせに、しっかり勃起してるじゃねぇか」
「ふ、ぅ……」

 恥ずかしさのあまりか、ブリリアントエレンは顔を真っ赤にして泣き出した。
 もっと苛めてやりたくなってしまう。

「お前、可愛いな。普段から甘えられねぇんだろう」

 アルファリヴァイには歳相応の余裕がある。
 思えば自分は四十代で、今組み敷いている青年は二十歳に届かないだろう。
 ――犯罪みてぇだな。

「違う……オレは別に甘えたくなんか、ない」
「いいんだぞ? 俺はキングじゃねぇんだ。みっともねぇ姿見られても構わねぇだろう?」
「うぁ……広げんなぁっ……キング……」

 小さな声で、彼は自分のパートナーを呼んだ。
 アルファリヴァイは、キングリヴァイよりも饒舌だった。

「五十回だったな」

 ブリリアントエレンの太腿を抱えて、ゆっくり抽送を開始した。
 電光掲示板に、一、二……とピストン回数が表示されていく。

「でかっ……い……裂けちゃう」

 男として成熟したアルファリヴァイの男根は、太い。
 いつもこれで番であるオメガエレンを悦ばせているのだ。
 年が違えば経験も違う。

「裂けねぇよ……だが、お前の中きついな」
「早くイッちゃえ、……早漏……」

 ブリリアントエレンは己の役目を思い出したかのように、自らも辿々しく腰を振り出した。

「残念、俺は遅漏だ」
「ひっ、あっ……奥っ」

 アルファリヴァイは奥へ奥へと穿っていく。
 彼の中はきつく締め付けて、離そうとはしない。

「ばか、そこ、アッやめっ、イッ……!」

 彼の良いところを見つけて、ごりごりとえぐってやるとブリリアントエレンは簡単に達した。
 白濁液は彼の濃紺の制服を淫らに汚していた。
314 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:52:26.16 d
「気持ちよかったか?媚薬の香も焚いているからな、気にする必要はない」
「も……やだ……やめて……」

 強気な瞳に涙を溜めて懇願する。

「やめねぇよ。お前もセックス好きだろ?」
「好きじゃない……すきじゃないけど……んっ、く」

 必死に奥歯を噛んで、喘ぎ声を押し殺している。
「……なぁ、ブリリアントエレン。俺のバースタイプはアルファなんだが……アルファって知ってるか?」
「?ん、しらないっ」
「アルファの精子は特別でな……雄でも雌でも孕ませることができる」

 もちろん、アルファにそんな能力などあるはずない。
 わざと声を低くして、赤い耳元で囁いた。
 それだけでブリリアントエレンの肩が跳ねた。

「はらませ……?」
「そう。お前も孕ませてやるからな? 赤ちゃんできるんだ」
「……っ、や、いやだっ」

 ブリリアントエレンは信じたようだ。
 暴れれば、暴れるほど中がきつく、ぎゅうぎゅう締め付けられていく。

「はっ……」

 思わず薄く笑っていた。
 なるほど、これは苛めがいがある。
 肌と肌のぶつかる音が響く。
 ブリリアントエレンの下に敷かれたコートはもうぐちゃぐちゃだ。

「んっ、あ、……ひっ、あああっ」

 普段の言動に似合わず、可愛らしい喘ぎ声を漏らす。

「くっ……すげぇ、締め付け……」
「ああっ、ど、どうしよ……やだ……気持ちいい……ごりごり、奥ぅ」

 わけも分からず、ブリリアントエレンはよがる。
 抑えていた喘ぎ声はだんだん大きくなっていく。
 律動も激しくなっていく。

「またイッちゃう!あんっ」
「俺もイきそうだ……」
「おまえはっ……らめ、らからな!中出ししたらぁ……ころしゅ……」

 呂律が回ってない。
 ころしゅ、と言われたって恐くもなんともない。

「ほら、締め付けたら、イッちまうぞ」
「いやぁ……ひ、んっ……あぁ、も、いくいくっ……!」

 ブリリアントエレンの腹が大きく波打ち、また達した。
 中がうねるように、アルファリヴァイの男根を締め付けた。
 ブリリアントエレンは自らの白濁液で、自分のシャツを汚してしまった。
 真っ白な精子は、この服に良く映える。
315 :
名無し草 (スプッ Sd8f-yaXI)
2016/06/29(水) 04:52:41.54 d
「……悪い。出した」
「う、うしょだろ……中、あ……ああ……出てるぅ……」

 しくしく泣きながら、ブリリアントエレンは下腹あたりを撫でた。
 アルファリヴァイが腰を引き、埋め込まれたペニスを引き抜いた。
 一緒にとろ……、と中から残滓が零れた。
 慎ましやかなブリリアントエレンのアナルはひくひく、と蠢きまだ物足りなさそうに蠢いている。
 電光掲示板を確認すると、回数は四十七回で止まっている。

『おーっと! アルファリヴァイさん、ブリリアントエレンさんに中出ししてしまいました! 残念!』

 司会者のノリノリな声も部屋中に響き渡った。

「あー……百万円は無しか」
「呑気なこと言ってんな! 孕んじゃったらどうするんだよ!」

 ブリリアントエレンは四つん這いの姿勢になり、自分のアナルからアルファリヴァイの精子を指で掻き出し始めた。
 自らの指を後孔に埋める際、小さく「ん……」と鼻にかかった声を上げたのは聞き漏らさない。

「早く……出さないと……あっ」

 これは何のサービスだろう、とアルファリヴァイは呑気にその光景をじっと見つめる。

「くぅ……ん」

 ブリリアントエレンの尻穴からは白濁液が溢れて、太腿を伝って流れていく。
 卑猥な光景だ。
 これを無意識でやっているのだから、恐ろしい。

「なぁ……ブリリアントエレン。真剣になっているところ悪いが……アルファの精子が他人を孕ませるという話は、嘘なんだ」
「はっ!?」

 驚愕の瞳で、ブリリアントエレンは顔をこちらに向けた。

「まぁおかげで可愛い反応を見ることが出来たわけだが」
「し、しね! 許さねぇ!」

 顔を真っ赤にして、弱々しい右ストレートをかましてくる。
 それをやすやすと手のひらで受け止めて、彼の手を握る。

「今度はキング相手でも素直になれそうだろ?」
「……ばかじゃねぇの」

 そう憎々しげに呟いたブリリアントエレンはなかなかしおらしく、耳や首まで真っ赤に染まっていた。
739KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
★スマホ版★■掲示板に戻る■全部前100次100最新50
rm
lud20160804211245cこのスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/nanmin/1466905021/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | 動画:Youtube fc2 Tube8 xvideo pornhost >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「【腐女子カプ厨】巨雑6482【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>166枚 」を見た人も見ています:
アナル尻ま●こ その12 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>6本->画像>10枚
おしり丸出し画像【未フルヌードの芸柏l限定】16©bbspink.com ->動画>4本->画像>396枚
℃-uteヲタ「先っちょだけでいいから」愛理「先っちょだけ?」 [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>16枚
おっぱい発言でこれはダメかもわからんけど娘。を共有しよう [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>14本->画像>225枚
【綺麗な】平塚千瑛 【姉ちゃん】 ©bbspink.com ->動画>4本->画像>28枚
【東方神起】ユノ雑談part33【うのたん】©2ch.net->->画像>50枚
【訃報】 藤村 俊二さん死去 [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>7枚
尾素抹山Twitterヲチスレ7[無断転載禁止]c2ch.net [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>109枚
【悲報】山木梨沙、稲場愛香が東京に来ているのにも関わらず譜久村とメシを食う ->->画像>6枚
モーニング娘。'17を見た嫌儲民の反応 「まじでブスだな」「こんなしょぼいヴィジュアルで売れるわけないわ」 [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>6枚
人前でオナニーさせられました->->画像>9枚
死後の世界 ってありえないよな [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>8枚
朝ドラのヒロインに選ばれた子と大河直虎で姫様やってる子とャjー損保のCM出てる子 [無断転載禁止]©2ch.net->動画>2本->画像>12枚
【徹底討論】℃-uteとは何だったのか?【解散前夜】 [無断転載禁止]©2ch.net
【アンチ】寝取られアンチスレ part23【NTR】[転載禁止] [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>1枚
【ヤングタウン】山?会長、ヤンタンの新レギュラーを森戸にしたら出来レースにも程があるからな!俺はもうハローを見放すぞ? ->->画像>6枚
柴咲コウの画像 part2->動画>26本->画像>1670枚
けものフレンズ「ようこそジャパリパークへ」が売れていますが、このままだと歌番組にかばんちゃんが出れないのでメンバーに入れました [無断転載禁止]©2ch.net [222623506]->動画>4本->画像>59枚
29歳ニートだけどそろそろ就職しないといけない、自動販売機の飲料補充ならやれそう [無断転載禁止]©2ch.net
「彼女と公園のすべりだいなうって使っていいよ。」の女、通称・愛理たん、本名と経歴、実家が特定される [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>16枚
【モーニング娘。13期メンバー】 加賀楓応援スレ Part72 【かえでぃー】 ->動画>60本->画像>155枚
一人で行くHello!Project 2016 SUMMER 〜 Sunshine Parade 〜 & 〜 Rainbow Carnival 〜 Part27©2ch.net->->画像>32枚
【AKB48】福岡聖菜応援スレ☆36【せいちゃん】©2ch.net->->画像>634枚
私の妻で抜けますか?->->画像>69枚
【悲報】なんJでAV女優の同級生が情報落としたせいで特定される [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>26枚
精神病患者するーするん、パキシル3錠一気飲みで武道館参戦! ->->画像>8枚
ハロヲタがハロと佐藤勝利くんを語るスレ 126ちょり [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>34枚
【MHW】ガンランススレ 砲撃28発目 ->->画像>48枚
【使用済み下着】ホワイトムーン72 買い手専用 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>9枚
【SATOYAMAチャンネル】「矢島舞美が小田原「きまつり」訪問!-前編-」動画公開してるぞ!->動画>6本->画像>10枚
和地つかさ part4 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>6本->画像>147枚
美人画像スレ ©bbspink.com ->動画>14本->画像>75枚
こいつ絶対ムッチムチでエッロエロやろっていう女 ©bbspink.com ->->画像>2枚
◆視聴率情報提供専用スレ2945◆ ->->画像>4枚
神戸で起きた山口組抗争で亡くなられた楠本勇浩さんのご本尊 [無断転載禁止]©2ch.net->動画>2本->画像>26枚
【メシウマ速報】 パトカーから逃げていた犯罪者、街路樹に衝突し横転して2人死亡w ->->画像>6枚
相撲バカのやくみつるが白鵬を叩くくらいなんだから、白鵬って本当に真っ黒なんだろうなw ->->画像>4枚
浅田真央応援スレpart7978 [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>10枚
本物のレイプ動画28 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>53本->画像>212枚
渡辺さとみ [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>117枚
演奏技術の高さ そこらへんのスタジオミュージシャン>>>越えられない壁>>>神バンド [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>2枚
生理痛とか生理休暇って甘えじゃないの? [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>2枚
【でかどる】藤子まい【まいたそ】オフィシャル [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>10枚
絶対に許されないし認めないセンター段原。そもそもJuiceメンバーとして認めてないし、早くやめてほしい [無断転載禁止]©2ch.net
ゲイのTwitter☆71 [無断転載禁止]©2ch.net->動画>6本->画像>296枚
こぶしTO図鑑 [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>14枚
【弥生賞・中山牝馬S】今週の競馬スレ【金鯱賞・フィリーズレビュー】 ->->画像>26枚
お前ら中学時代のちんこのサイズ覚えてる? [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>1枚
【一瞬】浮ネのにまるみえなビデオその17【見えた】->動画>4本->画像>64枚
【式姫Project】ひねもす式姫 Part16 ->->画像>40枚
【ポロリ】SEX以外の裸晒しシチュスレ11【微エロ】->動画>4本->画像>211枚
【小中学生】♪美少女らいすっき♪ 353 【天てれ・子役・素人など】©2ch.net->動画>2本->画像>46枚
夫婦のどちらかが植物人間になっても、法的には勝手に離婚できないんだろ? 地獄やんけ。どうすりゃいいの。 [415892989]->->画像>5枚
【MHW】 ガンランススレ 砲撃15発目 ->->画像>30枚
やなふなとおぜちぃという最強カップルが2組も同居するグループがあるらしい ->->画像>20枚
みくりんから本日はモバメ50通着弾中 ->->画像>8枚
アンジュルム応援スレッド Part302【和田&中西&竹内&勝田&室田&相川&佐々木&上國料&笠原&船木&川村】 ->動画>22本->画像>120枚
嗣永桃子はやっぱり群を抜いて凄い! Part365 ->->画像>36枚
19:30までについたレスの数だけファミチキ買ってくる [無断転載禁止]©2ch.net
今後「ハロプロ20周年の新たな試み」でありそうな事 [無断転載禁止]©2ch.net
スマートフォンリズムゲーム『ハロプロタップライブ』★246 [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>118枚
政府「Jアラートを英語・中国語・韓国語でも発信するよ」 まだやってなかったのか [545512288]->->画像>6枚
辻ちゃんのハンバーガーショップができたらしいけどもちろんハロヲタは全員すでに行ってるよね? ->->画像>48枚
フライドポテト悲鳴、ポテトが死亡リスク2倍に、誰がポテトを○すの?(⊃д⊂)( ☆∀☆)フライドポテトが危険だぞー! [無断転載禁止]©2ch.net
【仮装通貨】子宮系総合68【サオコイン】 ->->画像>4枚
ZOZOTOWN社長「ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ 宅配会社がお前ん家までわざわざ運んでくれてんだ 感謝のない奴は二度と注文すんな」 [284827678]->->画像>12枚

人気検索: 陸上 二次ブルマ 繝舌Ξ繧ィ child porno 発育 繧峨>縺吶▲縺?22 二次 パンツ 洋 あうロリ 繝代う繝代Φ繧ェ繝翫ル繝シ 女子小学生水着 10 years old nude
06:08:17 up 32 days, 11:58, 5 users, load average: 2.96, 3.39, 3.31

in 0.065967082977295 sec @0.065967082977295@4.2 on 121020